古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

護衛艦・くらまが退役しました。

3月22日付でヘリコプター搭載護衛艦・くらま(艦番号・144)が退役しました。就役したのは1981年3月27日なので36年間の長期勤務でした。心より「お疲れさま」と労をねぎらいたいと思います。
「くらま」は「しらね」級(5200トン)の2番艦ですがヘリコプター搭載護衛艦としては「はるな」級(4700トン)の系譜にあります。であれば帝国海軍からの伝統で「はるな」「ひえい」「こんごう」「きりしま」と高速戦艦4兄弟の名前を踏襲しなければならなかったのですが、内局の官僚が艦艇に関連する書類の決裁を受けに当時の金丸信防衛庁長官のところへ行った時、艦の名前の由来を尋ねられて「大型護衛艦は山の名前になっています」と事務的に答えたため、いきなり「だったら自分の選挙区である山梨県の『しなね』にしろ」と書類の「こんごう」を斜線で消して、よこに「しらね」と書き込んだのだそうです。このため当時の海上自衛隊の信条であった「伝統墨守」=帝国海軍の踏襲が崩れてしまいました。次の山下元利防衛庁長官は滋賀県が選挙区でしたが、すでに「ひえい」はあるため「こんごう」だけを用いるよりは隣接する京都の「くらま」に落ち着いたと言うことでした。補足すれば「こんごう」「きりしま」はイージス艦で実現しています。
しかし、「くらま=鞍馬」と言う名称を持つ帝国海軍の艦艇はあまり華々しい戦歴を有してはいません。初代は日露戦争後に建造された巡洋戦艦ですが、第1次世界大戦の青島攻撃とシベリア出兵の時に輸送業務に当たっただけで、ワシントン条約の主力艦の削減によって解体されたのです。
2代目は第2次世界大戦に参加した後の雲龍型航空母艦として起工されましたが資材不足により中止、姿を現わすことなく終わりました。
海上自衛隊としては不本意な名称でしたが、「長官の意向」と言う葵紋の印籠を掲げられては致し方なく受け入れたのです(当時は制服組が長官の前に出るのは呼ばれた時だけだった)。とは言っても憤懣やる方ないようで「海上自衛隊が帝国海軍の伝統を継承し、海外でも高く評価されていることが気に入らない内局の官僚が嫌がらせに金丸を焚きつけた」と恨み節を複数の佐官クラスの幹部から耳にました。
そんな「くらま」はやはり不吉な護衛艦で、就役して1年半後の1982年10月13日に佐世保基地でボイラー爆発事故を起こし、さらに2009年10月27日には観艦式の帰路、関門海峡で韓国のコンテナ船に正面衝突され、艦首を大きく破損しています。
この事故は当地の目の前で起きたため全国区のニュースの後のローカル版でも詳細に報じられていましたが、「原因は海上自衛隊にある」と勝手な推測を断定的に強弁し(インタビューを受けた海上保安官も否定しなかった)、海上自衛隊が関係した過去の事故を羅列する念の入れようでした。
ところが原因は海上保安庁の海峡を航行する船舶の管制誘導をコンテナ船の乗員が理解できず、減速をせずにコースを外れたことと判明しました。こうなると面白くないのかニュースでは全く取り上げられなくなり、顛末は不明のまま忘れられてしまいました。
この事故の修理で戦列から離れていたことが理由なのか、「くらま」は、前年の1980年3月15日に就役し、2015年3月25日に退役した兄弟艦の「しらね」よりも1年長く現役を勤めています。
ちなみに「くらま」は2005年11月のスマトラ沖地震への災害派遣だけでなく、2001年11月から2002年2月までのソマリア沖での海賊対処、さらに2004年の10月10日から12日までの間、中国の原子力潜水艦が浮上せずに国際海峡を航行し、日本の領海を侵犯した国際法違反に対する海上警備行動に出動しています。その点では武勲を残さなかった初代の汚名を灌ぐことはできたのかも知れません。
ついでに言えば初代はイギリス国王の即位を祝す観艦式に遠路はるばる回航していますが、「くらま」も1998年にロシア海軍創設300周年を記念してウラジオストックで開催された国際観艦式に参加しています。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/29(水) 09:25:58|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

振り向けばイエスタディ777

美恵子は今夜もスナックのママさんだった。客たちが唄うのは相変わらず「世界に1つだけの花」ばかりだ。この歌の発売は3月だったので、半年も聞かされ続けていることなる。おまけに有線でも流れるため最近では理容師の仕事をやっていても無意識に鼻歌が出てしまう。
「ナンバーワンにならなくてもいい もっともっと素敵なオンリーワン・・・」確かに客たちはカラオケで唄うことが練習になるのでかなり上達しているが、それを毎日聞いている側としては耳にタコを飼っているようなものだ。ところが今夜はタコが転げ落ちるような別バージョンを聞けた。
「ママさん、今日は外国の友達を連れて来たよ」馴染みの客・喜屋武(きゃん)がドアを開けて声をかけた。沖縄で外国人と言えばアメリカ兵と相場が決まっている。しかし、喜屋武は輸入雑貨店を経営していてアメリカ軍との取引の話をしたことはない。それでも美恵子は胸の中で「英語の挨拶は『ハロー』で良かったのか」と思案し始めた。すると客に続いて丸顔のアジア人男性が顔を出した。
「台湾の劉さんだ」「ニィハオ」「いらっしゃいませ」劉と紹介された男性の広東語の挨拶に美恵子は応じられなかった。ちなみに中国語の挨拶として知られている「您好(ニンハオ)」は丁寧語=敬語であって通常は「你好(二ィハオ)」と言う。
「ママさん、俺のボトルはまだあるよな」「はい、ございます」美恵子としては台湾の客が「一見さん(いちげんさん=一回だけの客)」であることは判っているが、国際交流を担っているような気がしていつになくよそいきの言葉遣いになっていた。
「ママさん、似合わないからいつも通りで良いさァ」「はい、かしこまりました」客の要望でも即座に反応できるほど美恵子は器用ではない。人並み以上に器用なのは手先だけなのだ。それでもグラスに水割りを作る前に「ストレートが好みではないか」を確認する気配りはした。
「カンパーイ」「カンペイ」乾杯の音頭は日台の変則合唱だ。そこで喜屋武は美恵子にウーロン茶を飲むように勧めた。飲み屋で女性が飲む缶のウーロン茶は1本1000円になることがあり、油断できないのだが、酒を飲めないママさんのこの店では原価の2倍弱・200円だ。
「劉さんは日本語も話せるんだけど聞く方が得意なのさァ」「ふーん、だったら返事がイエスかノーになるように話しかければ良いんだ」「イエス」劉は早速、美恵子のアイディアに同調した。
この方式は思いの外に意思疎通には有効で美恵子と劉=劉青然(リュウシャオゼン)は急速に親しくなった。確かに日本語的な曖昧さがないので、相手の気持ちをその場で確認できるのだ。数杯目の水割りを作っている美恵子に劉が声を掛けて来た。
「ママさん、とっても素敵な女性です」「イエス」美恵子の厚かましい返事を聞いて喜屋武が吹き出したが、劉は真顔でうなずいた。その時、有線放送がまた「世界で1つだけの花」を流し始めた。
「おう、シ―シェシャン・ウェイイ―デ・ホワですね」劉の広東語ではそれが正しいのか判らない。そこで美恵子はナプキンとボールペンを渡して漢字にしてもらった。
「世界上唯一的花」勉強が苦手な美恵子にもそれが「世界に1つだけの花」の漢訳であることは判った。劉がSMAPの歌に合わせて口ずさんでいるので、美恵子は自分で100円を用意してカラオケを操作した。間もなく「世界で1つだけの花」のイントロが流れ、美恵子はマイクを手渡した。
「一起種世界上 這唯一的花 我們全部 都是唯一 オンリーワン 在街角花店 司以看見花的笑■・・・」劉は画面に流れる日本語の歌詞は判らないようで真剣な顔で美恵子を見ながら唄っている。美恵子も応援するように小声で合わせていく。しかし、1番だけで記憶が途切れてしまったようで、劉は申し訳なさそうにマイクを返した。
「困ったように笑いながら ずっと迷っている人がいる 頑張って咲いた花はどれも 綺麗だから仕方ないね・・・」2番を美恵子が引き継ぐと今度は劉が小声で合わせてくる。隣りで喜屋武は1人で水割りを口に運んでいるが、不満そうな顔はしていない。接待としては成功なのだろう。
「太阳下風雨里天空于自己」「ナンバーワンにならなくても良い」「我們全部是唯一」「もともと素敵なオンリーワン」日台の変則デュエットはこうして大成功で終わった。すると劉が「ダイ・ライグァン」と繰り返し始めた。またナプキンに書かせたが「鄧麗君」では判らない。すると劉が曲を口ずさんだ。それは「時の流れに身をまかせ」、つまりテレサ・テンのことだ。
今夜は「我只在乎你(時の流れに身をまかせ)」「愛人」「つぐない(償還)」「空港(情人的■懐)」とダイ・ライグァン=テレサ・テンのヒット・パレードが繰り広げられた。
ん1・岡田奈々イメージ画像
  1. 2017/03/29(水) 09:23:33|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

意外に身近な芸能スキャンダル

ジュノー・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリになり、仮面ライダー・カブトの準主役、ヒミツの花園、マイフェア・ボーイ、GTOなどに出演して、芸能人の運動会のマラソン大会でのみ活躍していた真珠湾攻撃当時の連合艦隊司令長官の姓と日露戦争の第3軍司令官の1文字・読みと共通する氏名=本名を持つタレントが所属事務所を解雇されたそうです。
普段はこの手の話題には全く興味を持たないのですが、野僧はこの本人を保育園時代から知っていて、頻繁に実家に遊びに来ていただけに少しだけ関心を持ちました。
本人はかつての妹の親友の息子で愚息1の同級生でもあり(=中学校へ転校してから苛めたメンバーの1人)、何よりも実家の至近距離に住んでいたのですが、野僧が実家と縁を切っているので最近は音信不通でした。ただし、芸能界入りした頃は実家の近くに住んでいたため親以上に妹が有頂天になって多少は迷惑を被っていたのです。
兎に角、グリコのカフェオーレのCMに出演するようになると「本人のおかげで売り上げが伸びたように思わせなければいけない」と箱単位で買っては飲み切れない分を小庵に押しつけ、森永「ダース」のCMでも同様のことになりました。特にレオパレスのCMで藤原紀香さんと共演すると当時は借家住まいだったため、顔を見るたびに「レオパレスのマンションを買え」と迫るので大変に困ったものです。おまけに「視聴率を上げなければいけない」と対象年齢の子供もいないのに仮面ラーダーや馬鹿馬鹿しいドラマを見ることを強要され、番組が終わると内容を確認する電話が掛ってくるので点けておくだけにもできなかったのです(視聴率だけならチャンネルを合わせておけば十分なはずですが)。
親友の息子でもこれだけ舞い上がったのですから、これが自分の息子であればどうなったのかと想像しただけで嫌になります。考えてみればウチの愚息1が冬季オリンピックのバイアスロン強化選手の選考会で好成績を収めた時には「後援会を作らないと」と言い出したそうですから中学生以来の「おっかけ」癖が慢性化しているのでしょう。
今回のスキャンダルは大阪の小顔研究所で美肌とシワ伸ばしの処置を受けて、そこで知り合った女性とそのままホテルに直行したところをフライデーされたことが原因のようですが、本人は独身であり年齢も29歳なのですからスキャンダルにされる理由は見当たらず、早い話が人気のなくなった在庫のタレントを一掃処分する口実を自ら作ってしまったようです。
野僧はデビューが決まって間もなく本人の両親と実家で飲んだ時、「止めておけ」と忠告していました。それは野僧の芸能人(主に民謡歌手と舞台女優、古典芸人)の友人たちと本人では才能が全く違い、何よりも芸能人としての資質が欠けているようにしか思えなかったからです。少し酒が入った本人の父親(矢沢栄吉さんの大ファンで髪はリーゼント、家では常に首にタオルを掛けているような人)が野僧に息子のデビューに関する所見を求めてきたので、「やはり芸能人には圧倒的な存在感が必要であり、単なるハンサム・ボーイでは長くは持たない。本人に己の人格を変貌させるだけの努力をする覚悟があるのなら別だが瓦は磨いても所詮は瓦だ。鏡にはならない」と全面的に否定しました。それを聞いていた妹は「こう言う時は励ますものだ」と激怒しましたが、両親は真顔で考えていて本人を呼んで、野僧が言ったことを説明していたのです。
しかし、問題なのは芸能界を引退してあの現世の三悪道=穢土に帰っても救われないことです。
野僧の1学年後輩にはNHKを中心に活躍している俳優の渡辺1Kくんがいますが、NHKの連続ドラマ「ひらり」で人気が出るまでは両親は世間体を気にして表だった場には顔を出さなかったのです。
2学年後輩には1986年の世界自転車選手権で中野浩一さんが10連覇を達成した時、決勝で戦った選手がいますが、こちらも高校時代から「天狗党」と言う競輪クラブに入っていたため「博打に関わっている」と不良扱いで、世界選手権に出場しても「博打の世界大会」と全く評価されていませんでした。
こんな土地に夢破れて帰っても碌な目には遭いません。本人は工業高校でガス溶接、アーク溶接、旋盤などの免許を取っていますから、やり直しが利く間に引退して地に足をつけた堅気の生活に移るべきでしょう。
瓦は磨いても瓦です。鏡にはなりません。屋根に拭けば役に立ちますが、地面に置いておいても踏んで割れるだけです。空手の試割りと言う使い道もありますが。
  1. 2017/03/28(火) 10:12:49|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

振り向けばイエスタディ776

淳之介は希望通りに沖縄水産高校に合格し、糸満市で寮生活を送っている。入学時には玉城姓になっており、同じ中学校からの入学者は海洋技術科なので総合学科の淳之介と会うことはない。本来、玉城村からであれば通学も可能なのだが「早く自立したい」と言う思いから入寮を希望したのだ。
「おバァ、帰ったさァ」淳之介は2学期の中間テストが終わって久しぶりに帰宅した。
「おかえり。元気そうさァ」台所から飛び出してきて玄関まで出迎えた祖母は見るたびに大人びてくる孫の顔を驚いたように眺める。そんな祖母を淳之介は困ったように見返した。
「おジィは?」「釣りに行ってるさァ」祖父も高齢者ドライバーに入れるようになって仕事も淳之介の授業料と寮費だけを稼ぐ程度にしている。このため趣味の釣りを本格的に再開したようだ。
「グルクンを釣るって張り切ってでかけたよ」グルクンとは本土ではタカサゴと呼ばれる大衆魚で沖縄では「県の魚」と言われている。
「ふーん、僕も行ってくるかな。いつもの漁港でしょう」「多分そうさァ。淳之介の竿は部屋に置いてあるよ」祖母は笑ってうなずくと先に奥へ歩いて行った。

「おジィ、帰ったさァ」「おう、淳之介、おかえり」やはり祖父は家の前の坂道を下り切った漁港の防波堤で糸を垂らしていた。
「釣れるねェ」「うん、晩御飯のおかずは豪勢さ」そう言って祖父は横に置いているバケツを視線で示した。仕掛けを用意しながら覗くと30センチほどのグルクンやもう少し小さいベラ(スズキ)とエソ(ヒメ)が泳げなくなっている。
「大漁さァ」「これが海ンチュウ(海の衆)の腕さ」そう答えて祖父は自慢げに笑った。
「水産高校では釣りを習うねェ」「うん、船に乗っての沖釣りだけどね」「それで仕掛けも上手くなったんだな」「やっぱりプロの先生だからさァ」淳之介の返事は祖父のプライドを少し傷つけた。
「そんな良い先生がいるねェ」「うん・・・」祖父の顔色が一瞬、変わったことに気づいて淳之介は返事に困ったが、少し離れて腰を下すと話し始めた。
「普通の科目を教える先生(=教師)は中学とあまり変わらないけど、漁業を教える先生(=講師)は自衛隊に賛成なのさァ」「ふーん、それは良いことだな」祖父は透明度が高く、泳いでいる魚が見える海面を見ながら相槌を打った。
「先生は沖に出れば日本の船を守ってくれるのは自衛隊と海保(海上保安庁)だけだって言うのさァ」「それは当たり前なことだな」「実習を中国の漁船に妨害された時、海上自衛隊の飛行機が低空飛行してくれたら逃げて行ったって言ってたよ」「そんなことがあったのかァ」返事をした時、祖父の竿に当たりが来た。今回もグルクン、これで家族3人に3尾になった。

「淳之介、モリヤさんから入学祝いが届いたさァ」夕食の後、祖母が開封した現金書留を見せた。
「ふーん、それで幾ら入っていたのさァ」「それが50万円なのさァ」私は無罪判決を受けて、牧野弁護士に弁護料を払うために定期預金を解約したついでに贈ったのだ。
「あの人も無罪になって仕事を再開するから、お金に余裕ができってと言うことさァ」淳之介は受験の年に殺人罪で逮捕され、余計な悩みを与えた元父がまだ許せないでいた。そんな孫の口ぶりに祖母は哀しそうな目で横顔を見詰めた。
「モリヤさんは無罪になったんだから、もう無理に隠すことはないぞ」祖父の忠告に淳之介は黙ってしまった。中学校では父親が北キボールで集団的自衛権を行使したことを担任の教師が政治活動に利用したため父親との関係以前に存在そのものを否定してきた。その癖が身についてしまっているので、今更、父親に関わろうとは思えないのだ。
「今度、寮の友達を連れて来ても良いねェ」突然、淳之介が確認してきた。水産高校の寮は離島からの生徒が大半のため春・夏・冬休みと5月の連休くらいしか帰省ができない。そんな友人たちに家庭の空気を吸わせてやりたいと言うことなのだろう。
「勿論、メンソーレ(=歓迎)さァ。土曜日から泊まりで来ればいいよ」「うん、ありがとう」淳之介の笑顔を見ながら祖母は孫が負っている両親への複雑な感情を思い、自分のために沖縄へ来た息子に関心を示さないでいる美恵子に言い知れぬ憤りを感じていた。
  1. 2017/03/28(火) 10:11:00|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月28日・三ツ矢の日

明日3月28日は「三つ」「2(英語のツー)」「八(やっつ)」の語呂合わせで「三ツ矢」の日です。制定したのは言うまでもなく製造メーカーのアサヒ飲料ですが、少し強引なようです。
山口県の防府南基地に入隊した時、山口県出身の連中はBX(売店)や自動販売機コーナーで三ツ矢サイダーを売っているのを見て「三ツ矢サイダーは山口県人が作った」と断言しました。そこで理由=根拠を尋ねると「三ツ矢と言えば毛利元就さまが3人の息子に与えた教訓だ。それに因んでいるのなら山口県出身者が作ったに決まっている」と主張したのです。
当時はまだ山口県人の思い込みが異常に強い気質を知らなかったので「そこまで自信を持って言うのなら本当なんだろう」と反論もしませんでしたが、後年、転属で防府に行っても同様のことを言う輩がいたので、山口県人の間では常識なのかも知れません。
ところが幹部になって転属すると基地司令が大の「朝日(飲料品とは限らない)」嫌いだったため、基地の隊員クラブではアサヒ・スパードライは販売禁止、宴会でも幹事は店に使用禁止を伝えなければならなくなり、当然のように売店でもアサヒ飲料のジュースは姿を消し、基地内の自動販売機も撤去されることになりました。これに山口県出身者が抗議しなかったところを見るとそこまで深く考えている者はあまりいなかったのか、基地司令のお達しに反論する度胸がいなかったのでしょう。しかし、実際は全く違いました。
三ツ矢サイダーの始まりは明治の初期に海外からの賓客の接遇を担当していた宮内省(当時)が外国人向けの炭酸飲料を製造する原料水を探していて現在の兵庫県川西市(傑作飛行艇・2式大艇、PS-1、US-2を製造した新明和工業の所在地)の温泉の湧水を見つけたことでした。
ここは平安時代の中頃に摂津源氏の祖である源満仲さんが「3本の矢を放ち、それが落ちていた場所に居城を築け」と住吉神社のお告げを受けた土地で、その矢を見つけた家臣に「三ツ矢」の姓を与え、この土地を「三ツ矢」と命名したのです。つまり「三ツ矢」の由来は毛利元就には関係なく単に地名でした。この地に移り住んだ満仲さんが狩りに出た時、1羽の鷹が湧き水に足を浸し、傷を癒して飛び立つのを見て、効能を知り、以降は温泉として広く知られるようになったのです。
宮内省がイギリス人の科学者に水質を検査させたところ高濃度の炭酸が含まれており、「理想的な鉱水」と評価されたことで明治17(1884)年から炭酸飲料水の製造が始まりました。このような歴史を知る者の中には「三ツ矢サイダーを日本最古のサイダーだ」と思っている人もいますが、実際は慶応4年=明治元(1868)年に横浜で製造されたシャンペン・サイダーだと言われています。問題はこの炭酸飲料水にアルコールが含まれていればサイダーではなくシャンペンに分類されるので、それによっては最古の座が動くかも知れません。
製造開始後は炭酸水に砂糖を着詰めたカラメルやイギリスから輸入したサイダー・フレーバーを加えるなどの工夫をしたことで、皇室や上流階級に留まらず庶民からも人気を博すことになったようです。野僧は小学生の頃、「サイダーを作ってみよう」と思い立ち、砂糖水にドライアイスを入れて実験したことがありますが、その程度の濃度では味のない炭酸水で、逆にサイダーを沸騰させて飲んでみるととてつもなく濃い甘さであることが判ました。以来、沖縄に行ってアメリカ・ナイズされるまで炭酸飲料は飲まなったのです。
一方、その頃にはテレビのCMで「君と夢でさまよう 谷間の木陰に シュンシュワワ シュンシュワワ 泉が湧いていた 幸せの泉よ」と唄う三ツ矢サイダーと「恋はどんな色してるの 風が青く透き通る レモンレモン キリンレモン」と唄うキリンレモンが愛唱歌で、夏休みにサラリーマンの家へ遊びに行くとキリンレモン、農家の家では三ツ矢サイダーが出たものでした(あくまでも経験則の統計上)。
陸上自衛隊第13旅団の部隊章は毛利元就の3本の矢に由来しますが、防府南基地司令とは逆に「旅団の精神を表わす三ツ矢サイダーを飲むように」と言うお達しは出していないでしょう(多分)。
  1. 2017/03/27(月) 09:48:18|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ