fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

自衛隊史13(掲載欠落分)・甚大な被害は人災だった?伊勢湾台風が上陸した。

昭和34(1959)年の明日9月26日に昭和の3大台風のトドメである伊勢湾台風が和歌山県の潮岬に上陸し、そのまま北上して名古屋市を中心に超甚大な被害をもたらせました。野僧の母親はこの時、名古屋市南区の名鉄柴田駅前の親戚のクリーニング店に住み込みで働いていたため被災者になったのですが、そこで死んでいてくれていれば野僧は生まれず世の中に迷惑をかけずに済みました。「惜しい!」
伊勢湾台風は昭和34年としては15号に当たりますが最低気圧895ヘクトパスカル、最大風速75メートルの勢力だけでなく昭和9年の室戸台風の等圧線上の直径が2000キロメートルなのに対して伊勢湾台風は2500キロメートルと他の昭和の3大台風と比べても桁外れで、死者4697人・行方不明401人・計5098人の犠牲者数は阪神淡路大震災の6434人までは戦後最大の自然災害でした。国民総生産と比較した被害額も関東大震災に匹敵し、その後、昭和の間は1000人を超える犠牲者を出す規模の自然災害が発生しなかったことを考えると正にトドメだったようです。
この頃、名古屋市では伊勢湾岸の防波堤や河川の護岸工事が完成しており、通常程度の台風に対して自信を持っていたため市民の危機感は低く、市役所も避難を呼びかけることはなかったそうです。一方、当時の気象庁も数字が示す台風の規模の算定に関する基礎データの蓄積が不十分だったのかも知れません。
しかし、何よりも問題なのは当時の小林橘川(きっせん)名古屋市長の対応でした。小林市長は朝日・毎日新聞以上に左傾の中日新聞の重役を務めた革新系であったため大型台風の接近に伴い桑原幹根愛知県知事が事前に自衛隊への災害派遣要請を行おうとするとこれを拒否し、水害に備えて名古屋市内の守山駐屯地に豊川駐屯地から第101建設大隊(現在の第6施設群)が大量の土嚢と渡河用ボートを運び込んで待機しているのを足止めしたのです。このため隊員たちは一晩中(名古屋への襲来は夜間)3.6メートルを超える海面膨張と猛烈な高波によって自慢の防波堤が破られ、市内の河川が次々に決壊して市街地が水没する災害情報を無念の歯噛みをしながら聞くことになりました。
阪神・淡路大震災でも社会党・共産党を支持母体とする笹山幸俊神戸市長は災害派遣を拒否し、政府の命令によって派遣が決まってからも公立学校への宿営を断り(撤収まで校舎への立ち入りは認めなかった)、救援物資を満載した海上自衛隊の艦艇の神戸港入港を禁じましたが、両者とも両市の資料では「復興に尽力した」と手放しで賞賛しています。
母親はクリーニング店の2階で膝まで上昇してくる水に怯えながらロウソクの灯りでお客さんから預かった衣類を濡らさないように高い棚に上げ、男性たちは暗夜の暴風雨の中で窓の外を流されていく人々を助けようと洗濯物を吊る竿を差し出しましたが多くは掴むことができず絶叫を残して消えて逝ってしまったそうです。
この台風は名古屋を通過してから速度を増し、日本海に抜けた頃には時速90キロに達して急速に勢力を衰えさせたようです。その意味では広範囲に被害を及ぼしたとは言え名古屋を狙い撃ちにしたような大災害でした。
  1. 2024/05/17(金) 11:00:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ725

「藍より青き大空に大空に たちまち開く百千の 真白き薔薇(ばら)の花模様・・・」「副島1尉、この曲は何ですか」「これは『空の神兵』、第1空挺団の部隊歌だよ」福江空港は副島1尉が指揮するフィリピン人義勇隊員を主力とする第15警戒隊警備隊が防備を固めていた。その福江空港の場内放送が最大の音量で景気の良い歌を流し始めたので分隊長の警備職の空曹が空港ターミナル1階の事務室で機械を操作している副島1尉に質問した。すると久しぶりに教育幹部に戻ったような顔で解説を始めた。
「『空の神兵』、つまり日本軍の落下傘部隊は大東亜戦争の緒戦にオランダの植民地だったインドネシアを攻撃した時に海軍陸戦隊がセレベス島に、陸軍挺身団がスマトラ島に空挺降下したんだ。それが日本でも大評判になって発売されたレコードがこの歌だ。戦後には歌詞を変えて「落下傘」って言う童謡になった名曲だけど作曲した高木東六は『軍歌とは聞かされていなかった』って戦争への協力を否定したそうだ。実際は先にできた歌詞を渡してたんだから見苦しい言い訳だな。昔は航空教育隊でも『空の兵隊の歌だ』って教えていたらしいが『空の新兵』と読み間違えたんだろう」やはり副島1尉の説明は最後に航空教育隊への嫌味になった。
実は副島1尉は第1空挺団が前身としている陸軍挺身隊ではなく海軍陸戦隊の空挺作戦を指揮した堀内豊秋大佐を教育者として尊敬している。堀内大佐はデンマーク体操を独自に研究して海軍体操、現在の海上自衛隊体操を考案した。幹部候補生学校から江田島研修に行って習った海上自衛隊体操は陸と空の自衛隊体操に比べて動作に無理がなく習慣にすれば健康体になれそうだった。また作家の阿川弘之が予備学生として海軍に入った時の教官だったが、中国戦線で占領地域を統括した経験から「五欲を抑えよ」と指導していたと言う。特に性欲については強姦された女性だけでなく家族や恋人にも深い恨みを残すから兵の指導に当たる士官は厳しく自己を規制しなければならないと強調していた。副島1尉は健軍駐屯地の西部方面隊総監部に研修に行った時、熊本市北区にある武家屋敷の堀内家の旧宅を訪ねたが、最後の当主の堀内大佐の資料が展示されていて非常に感銘を受けた。ただし、昭和54年に放送された堀内大佐が主人公の土曜ワイド劇場の終戦特集ドラマ「遥かなる海の果てに」が紹介されていたがインターネットのDVDの通信販売サイトを検索しても見つからず、動画も投稿・掲示されていなかった。昭和54年では副島1尉が生まれる前なので是非見たいものだ。
「だから歓迎の歌として流してるんですね」「うん、今回は空挺降下しないで滑走する機体から飛び降りるそうだがフィリピン人の兵隊たちには感動ものだろう」五島列島は陸上自衛隊西部方面隊も主戦場と見ていて漁船団に乗せた地上部隊が上陸する前に指揮権を移譲されている第1空挺団を投入する。ただし、空挺作戦と言えば輸送機から次々に飛び出して大空にOD色の花を咲かる落下傘降下が見せ場だが、今回は地上からの攻撃はないにしても降下中の事故は否定できず、何よりも落下傘を使用しなければ荷物が減って搭乗者数が空挺隊員の64名が一般隊員の92名になるので滑走路に着陸して速度を落としながら走行する輸送機の後部扉から地上に跳び下りる見たことがない技を披露するらしい。それでも通常の自動車よりも高速度で走行する輸送機から固いコンクリートの滑走路に跳び下りる秘技は一見に値するのは間違いない。
「来たぞ、Cー130だ」空港ターミナルの屋上で義勇隊員たちの勤務状況を監視している警備職の空曹が爆音に気づいて双眼鏡で南西の空を確認すると2つの点がこちらに向かって来ていた。今回、第1空挺団が待機していた新田原基地は開戦前、陸軍挺身隊が落下傘降下を訓練した聖地であり、そこから出撃してきたのだ。
「オー、ハーキュリーズ」やがて胴体上部に直線の主翼を背負いプロペラのエンジン4発を付けた独特の機影がハッキリして機種が判るとフィリピン人義勇隊員たちは拍手歓声を上げた。同時に副島1尉は場内放送の電源を入れ、CDデッキを操作して繰り返し再生にした「空の神兵」を流し始めた。この曲は前奏から景気が良い。
ゴー。副島1尉が事務室からロビーを通ってエプロンに向かうと2機のCー130がターボフロップ独特のエンジン音を響かせながら低空で通過していった。
  1. 2024/02/03(土) 14:36:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ720

「青瀬を過ぎると滝のところで車道は二手に分かれます。どっちに行きましょうか」官舎や小中学校がある長浜の集落を抜けて小高い丘の森の中の車道を速度超過で進むと狭い海岸沿いの集落に入った。ここで運転手の植月2曹が助手席の中山1尉に声をかけた。下甑島に着任して以来、中山1尉は上甑島から中島、中甑島、下甑島までの全ての集落と道路を見て回り、集落内の路地や狭い山道も歩いて土地勘を養ってきた。
確かに青瀬から手打の集落へは観音三滝の川沿いに登る山道と集落を抜けて断崖に建設した立体道路で台地に続く2つの経路がある。CHー47が上空から中国漁船14隻が手打の砂浜に着岸して100名以上の兵員が上陸したと通報してきて30分が経過している。その後、CHー47は上陸部隊が携帯式地対空誘導ミサイルを発射してきて推定する射程外まで回避行動を採ったので手打が視界から外れてしまった。そのための手打の集落での上陸部隊の行動は不明になっている。
「ちょっと止めろ」ここで中山1尉はパジェロを停車させた。植月2曹は高速度で走っていたので何度もブレーキ・ランプを点灯させて後続してくる高機動車に注意喚起した後、車道に停車した。すると中山1尉は下車して20メートルの車間距離を置いて停車した前の高機動車に歩いていった。高機動車の助手席からも中隊長が下りて2人は中間地点で議論を始めた。パジェロと高機動車はエンジンを停止していないので声は聞こえない。
「ここで我々は三滝側を登って山道から手打に向かう。高機動車1両が随伴する。指揮官車は新道を行く。合流地点は手打集落の手前になるが中国軍が斥候を出していることは十分に考えられるから上川本3曹は発見すれば別令なく射撃しろ」「はい、上川本3曹」戻ってきた中山1尉の指示で警備職の空曹たちには2人が交わしていた議題が推察できた。手打に上陸してからの30分間に中国軍は集落を占領するための捜索を実施していたと見るべきか、山道をレーダーサイトを攻撃するのに適当な場所へ徒歩で移動していると見るべきか、さらに車両の到着を待ってこれを奪おうと待ち構えていると見るべきか。走行中、中山1尉が独り言のように呟いていた3つの可能性について陸上自衛隊の同じ階級の指揮官の意見を求めたのだろう。おそらく指揮官の回答は可能性を取捨選択するのではなく全てに備えながら先を急ぐと言うものだったらしい。
「出発」「出発します」出発する前に中山1尉はM9短機関銃の安全装置を確認してから足元に置くと後部座席の上川本3曹から64式小銃と弾倉を受け取った。山道で中国軍と遭遇すればこれで銃撃戦を実施するつもりなのだ。
「中国軍って足腰は強いんですかね。最近は肥満体の若造が増えていてアメリカ軍の体重制限を真似してるってテレビでやってましたけど」助手席の中山1尉が緊張した顔で周囲を警戒しているのを横目で見て植月2曹が肩の力を抜くような雑談を吹きかけた。
かつての中国人民解放軍は軽武装で一撃離脱のゲリラ戦術を常用していたので逃げ足を含めて足腰は強かったはずだが、近年は農村の若者が都会に出て肉体労働をしないで美食を口にしているので実家がある田舎で徴兵しても身体は脂肪タップリの肥満体で兵隊として使い物にならないと言う話題がテレビやインターネットで紹介されている。そこには中国の軍事的脅威を受けている日本人に「大したことはない」と危機感をやわらげる一方でコンピュータの技術者や外国語に堪能な若者を大量に徴兵してインターネットやメール、海外からの郵便物などを検閲させている事実を隠蔽する目的もありそうだ。
「ここまで漁船で来たくらいだから特殊部隊なんだろう。油断はできんぞ。上川本3曹も狙われる前に発見して銃弾を浴びせろ」「はい、上川本3曹」かなり危険な指導に返事をした上川本3曹は出発する時、警衛所の前に整列して見送っていた台湾人義勇隊員たちの心底悔しそうな激励の声を思い出した。分隊長の警備職の空曹以外は台湾人義勇隊員で編成していた上陸阻止隊は陸上自衛隊の到着で活動停止になり、一般隊員の分屯基地の警備に編入される。約100名の中国軍がほぼ同数の陸上自衛隊を相手にどのような戦闘を展開するのかは予想もできないが、手打に到着すれば真っ先に海岸に乗り上げている中国の漁船をM2重機関銃で銃撃して破壊することを命じられている。逃走手段を奪われた人民を救うための弾道ミサイルだけは御免こうむりたい。
  1. 2024/01/29(月) 15:34:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ680

「そろそろ麻酔薬の効果が薄れてきたな」岡倉は若い頃には身心共に「性獣」そのもので世界各国の女性たちを快楽に溺れさせて利用していた杉本が何故か持っていた男性更年期の治療剤=通称・回復薬の効果が続いている間は性行為を続けていた。しかし、それはあくまでも人体実験だった。純潔を奪われた高仁智少佐は破瓜=ロストバージンの苦痛ではなく性的な快楽に反応し始めた。実際、乳首や腰骨、腿や首筋などのいわゆる性感帯を刺激すると身悶えして喘ぎ声を上げる。やはり50歳を過ぎるまで男性を受け入れたことがなかった女性器が性的興奮剤を吸収すれば普通の女性よりも効果が強いのかも知れない。岡倉は冷静に観察しながらスマートホンで撮影を始めた。動画映像の中で悶え狂っている高仁智少佐は数分前までバージンだった面影はなく熟女のAV女優、それも淫乱熟女にしか見えない。やはり完全に狂ってしまっている。
「お姫さん抱っこで運んでやるのがせめてものお礼だぜ」岡倉は実験を終えるとシャワーで自分と高仁智少佐の全身を洗い流し、バスタオルで拭き直して素肌に洗濯機の上に置いてあったバスローブを着せた。そうして抱き上げるとテーブルやテレビとCDプレーヤーが置いてあるリビングを通って2間の個室のベランダ側の部屋に置いてあるシングルのベッドに運んだ。シングルでも軍隊のベッドに比べれば広いので誰かと一緒に寝る予定がなければこれで十分なのだろう。
岡倉は仰向けに寝かせて少し開(はだ)けている胸元を直そうと思ったが杉本の説明によればイギリスの性的興奮剤は何らかの刺激によって激的に性欲が燃え上がるように作られているので今は身体に触れることは控えた。足元に畳んである毛布2枚を柔らかく掛けたが安らかな寝顔になり、静かな鼻息を立てている。
部屋を出る前に室内を見回すと壁にはダビンチの聖母子の複製画のパネルが飾ってある。知愛も居間の壁に飾っているが同じルネッサンス期の巨匠でもラファエロが好みだ。低いクローゼットに敷いた布の上には大き目のロザリオが寝かせてあった。この大きさでは重量があるので日本式に木製の梁がないマンションの壁に両面テープで貼り付けるフックでは支え切れないかも知れない。知愛はミサの時に首に掛けるロザリオの鎖を寝室の壁のフックに掛けているので場所は取らない。
「アンタも陸軍少佐なら冷静に対応することだ。アフガニスタンで部下の田智賢1等兵が集団暴行を受けた時には極めて冷淡に対応したんだろう。士官なら我が身でも受けるべきだ」もう一度、高仁智少佐の寝顔を見下ろすと窓からカーテン越しに差す月明かりが口の横の法令線や目尻の小じわまで照らし出していた。
岡倉は知愛がアフガニスタンに派遣された韓国軍衛生部隊が人道的医療活動を実施していながら地元民の強い反発を買った問題を裁く軍事法廷で検事補佐を務めた時、非公式ながら現地調査に当たった者として個人的に深く関与した。アフガニスタンでは田智賢1等兵が恋人の白一色上等兵と廃墟で性行為に及ぼうとしていたところを診療所で入院患者がイスラムの戒律を否定された上、カソリック式の生活を強要されていることに憤慨している現地人男性に襲われて集団暴行を受けた。1人で逃げ出した白一日上等兵は部隊の小銃を奪って助けに戻ったが既に男たちは去った後で呆然自失している田智賢1等兵を背負って帰った。そこで医官でもある隊長が集団暴行を受けたことを察知したのだが、高仁智中尉は「日頃のふしだらな生活が原因」と指弾して服用を指示した避妊薬も「バチカンが認めていない」と投薬を拒否した。その冷淡さを自分に向ければ冷静に今回の事実を受け止めるしかない。冷静過ぎれば勤務している衛生隊で医官の診察や血液検査や膣内粘液の採取を受けるかも知れないが、薬剤はイギリス製なので岡倉に疑いが及ぶことはない。岡倉としては高仁智少佐を若くて精力が漲り、杉本の懇切丁寧な指導を受けている間宮リンゾーと近藤ジューゾーに譲り渡して、かつて杉本が有名ジャーナリストだった安楷林を使って韓国政界の情報を収集したように在韓国軍内部の情報源させるつもりだった。ただし、高仁智少佐は2人よりも20歳前後は年長なので性行為の相手の相手としては不満が出そうだ。帰る前に岡倉は家の中に生理用品がないのを見て高仁智少佐が「閉経=更年期」になっていることを確認した。
  1. 2023/11/27(月) 16:52:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0