fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

どうして国民的ヒーロー・大谷翔平が嫌いなのだろうか?

先日はロサンジェルス・ドジャースの大谷翔平選手が専属通訳の賭博問題を弁明する記者会見が朝の6時50分からだったためNHKは天気予報を潰して7時のニュースにまで喰い込ませました。おまけにその日の天候は昼の天気予報よりも前に晴れから雨に急転したので大変な迷惑を被りました。しかし、テレビ所有者の受信料で運営されているNHKが社会に何の影響も与えないスポーツ選手の個人的な弁明を極めて公共性が高い天気予報よりも優先することを「問題なし」と判断したようです(どのレベルの判断なのかは不明)。つまり大谷選手のニュースは広告収入を確保するために視聴率至上主義にならざるを得ない民間放送と違って公共性を堅持する責任があるNHKでさえ生活上の必要な情報よりも国民に周知しなければならない重大事と考えていることになります。
ところが野僧は大谷選手が投打の二刀流で注目を集め出した頃から嫌悪感を覚えていて「日本国民としての常識が欠落しているではないか」とその理由を自問自答・自己分析して来ました。そうして辿り着いた結論は大谷選手が本人に自覚があるかは別にしてマスコミが過去に何人も作り上げてきた「理想のヒーロー」の現在進行形であり、誰が見ても疑問を感じるような点まで言い訳を強弁して圧殺しているところです=嘘っぽい。
野僧が大谷選手の報道を見ていて思い出すのは大相撲の若貴兄弟です。マスコミが作り上げた「悲劇の名大関」の息子たちが力士になると土俵上では対戦相手を仇役にして実力差による勝敗も許さない偏った空気を場内に充満させました。然もどちらもマスコミの喧伝ほどには横綱としての実績は揮わなかったにも関わらず弟は親方としても持て囃した挙句に我がまま放題な言動を全て肯定・援護していました。
大谷選手についても年齢から言えば信じがたいような巨額の契約金を獲得すれば「人一倍金銭欲が強い」と思うのが普通ですがマスコミは契約上の利点を詳細に解説してそれが賢い将来設計であるように視聴者を納得させていました。エンジェルスからドジャースに移籍したのも昔の日本のプロ野球選手に見られた「読売ブランド(=短期間でも読売ジャイアンツに所属すれば『元巨人』と名乗ることができる)のようなものか」と理解しましたが、チーム力の違いを強調して大谷選手の実力を発揮させる舞台として当然な選択と解説して新ユニフォームを際立たせる映像を多用しています。
そして今回の専属通訳の賭博事件でも大谷選手は無関係(アメリカの報道では「無罪」と言っているので容疑は掛かっていたらしい)としていますが、24億円もの貯蓄を全て他人任せと言うのは信じ難く、資産運用は専門家に任せるにしても高額の出納くらいは自分で確認するのは常識であり、それも怠っていたとすれば社会人として必要な知識を持たないまま分不相応な巨額の収入を獲得していることになります。それでもマスコミは依然として「大谷選手は被害者」の一点張りで事実を探求して社会に発信するジャーナリズムの矜持は放棄しているようです。
スポーツは本来、数字が唯一絶対の評価基準であって人気、ましてやマスコミが作り上げる虚像を過剰な演出で見せる三文芝居ではありません。
  1. 2024/04/13(土) 15:01:14|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「大東亜戦争」が問題になるのならこっちはどうだ!

愚息1が先日まで所属していた埼玉県大宮駐屯地の第32普通科連隊が4月5日の公式X(旧ツイッター)で「32連隊の隊員が大東亜戦争最大の激戦地硫黄島において開催された日米硫黄島戦没者合同慰霊追悼顕彰式に参加しました。謹んで祖国のために尊い命を捧げた日米双方の英霊のご冥福をお祈りします」と投稿したところ「大東亜戦争は戦前の政府が決定した呼称なのであえてそれを使うのは精神(=軍国主義)も踏襲しているように見える」「犠牲になった戦没者を英霊と賛美するのは時代錯誤だ」と批判する書き込みが複数寄せられたため「大東亜戦争」と「英霊」を削除して再投稿したようです。
野僧は軍国主義とは関係なく大正時代に祖父が徴兵で山形の歩兵第32連隊に入営して朝鮮と満州の国境線で憲兵として勤務していたので愚息1が配属された時には縁を感じていました。さらに2018年7月14日のフランス革命記念日の観閲行進で日仏修好160周年を記念してパレードの先頭を歩いたのも第32普通科連隊でした。
確かに「大東亜戦争」と言う用語は昭和16(1941)年12月8日の陸軍のマレー半島上陸作戦と海軍のハワイ真珠湾空襲から4日後の12月12日に東條英機内閣が「今次の対米英戦は支那事変を含めて大東亜戦争と呼称する」と閣議決定して以降は敗戦まで公的には用いられていましたが、時期から見てアメリカとの太平洋上での戦争は含まれていても前日の12月11日にナチス・ドイツとイタリアがアメリカに宣戦布告したヨーロッパ戦線の第2次世界大戦まで加えるのかは言明にしていません。
実際、戦勝国のイギリスやフランス(ビシー政権は降伏していた)と敗戦国のドイツやイタリアでは第2次世界大戦とアジアにおける日本との戦争は明確に区別していて終戦の日はナチス・ドイツが降伏した5月8日(ロシアは調印式が翌日まで及んだため5月9日)になっています。日本との戦争も記録する必要があるアメリカやイギリス、新旧中国では別の対日戦争になっていて終戦の日は降伏文書に調印した9月2日です。
一方、敗戦後は戦前の軍人政権の決定は一律に悪事とする風潮の中で「大東亜戦争」も公的には否定さなかったもののマスコミや学校教育で用いられなくなり、国民としても単なる「戦争」として本音では父や兄や弟や息子が無事に還ることだけを祈っていたので、たちまちに廃(すた)れてしまいました。そして交代のように用いられるようになったのが「太平洋戦争」ですが、これでは主に海軍がアメリカと戦っていた艦隊決戦や離島の守備戦だけを差し、陸軍が主力を投入していた東南アジア戦線は抜け落ちています。近年の日本人が東南アジアでの戦闘や政治工作に関する知識を持っていないのはこの「太平洋戦争」と言う呼称で歴史を教えられていることが原因かも知れません。
野僧は個人的に「対米英戦争」若しくは「対米英中戦争」と呼んでいますが、開戦当初に攻略したインドネシアはオランダ領、ビシー政権の承認を得て進駐したベトナムはフランス領であり、特にオランダは戦後のB・C級戦犯裁判で不当な公判を繰り返しているので無視することはできません。そうなると「対米英中蘭仏戦争」になってしまいます。
戦没者を犠牲と考えるのは平成の天皇が犯した英霊に対する冒涜ですから無視しましょう。
  1. 2024/04/12(金) 14:40:55|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またやったのか?山口市のニューヨークタイムスへの売り込み工作

野僧が入院する直前の昨年末、唐突に「ニューヨークタイムスの『2024年中に行くべき52カ所』と言う記事に山口市が選ばれ、しかも3位だった」と言うニュースがNHKを含む山口県のローカル局で大々的に流れました。
当時、野僧は体調が悪化の一途を辿っていて思考能力が急激に低下していたため特に何も考えなかったのですが、21日間の入院を終えて久しぶりにテレビを見ると県内ローカル局では相変わらずアナウンサーが山口市内の観光名所を紹介する前置きに「世界で3位ですからね」と自慢げに語っているのを聞いて流石に疑問を感じました。
ニューヨークタイムスが昨年までは全く取り上げなかった山口市を3位にする以上、何か世界の人々の耳目を集めるような変化があったのかと言うと何もなく、むしろ寂れる一方のしみったれた街です。
しかも山口市が観光の名所として評価されたと手前勝手に誇示している瑠璃光時の五重塔は普段でも池の畔に建っていて佛舎利ではなく領主の遺骨が納められていることが珍しい以外は情けないほど小さくて粗末で「現存する五重塔では『10番目』に古い」と言う自慢にもならないことを宣伝するしかないのですが、現在は周囲に足場を組んでカバーをかけた改修工事中で何も見えません。それでも山口市はカバーに絵を描いてそれで観光客を呼ぼうとしているのですから外国の観光客が来れば醜態を晒すだけです。
そもそも山口市は京都の雅に現(うつつ)を抜かした守護大名の大内氏が京都の街並みを模して区画整理を進めた「西の京」と自賛していますが、野僧が現役時代に転属して回った全国各地の「□□の京」と自称する町と比べて極めて規模が小さく、古い町並みは全くと言って良いほど残っていません。そもそも海外から模造品の「西の京」を見に来るくらいなら本物の京都を見るべきで、あちらなら瑠璃光寺などとは比べ物にならない五重塔が幾らでも見られる上、さらに古い奈良やグルメも嬉しい大阪にも足を延ばせます。
おまけに山口市は「湯田温泉で長旅の疲れを癒してもらえる」と宣伝していますが山口県内の温泉の泉質は東北や北海道、北関東に北陸、九州に比べて井戸水に近く、温泉街の建物も変わり映えがしない鉄筋コンクリートなので「温泉」で客を呼ぶのも恥辱です。
さらに山口市は内陸にあるため新鮮な海産物を提供するには不利な上、瀬戸内海産の魚介類は魚に貝、海藻にホヤやナマコまで絶品の東北・北海道に比べれば話になりません。
これほど観光上の魅力が欠落した山口市が何故世界の「2024年中にいくべき52カ所」の3位に選ばれたのかを思案すると毎度の得意技以外には有り得ません。安倍晋三首相が亡くなった翌年の2023年に山口県が全国都道府県好感度ランキングで47都道府県中44位になると「安倍首相を失ったことが原因」と受け止めていました。実際、山口県では安倍政権当時、調査も完了していない萩市内の粗末で壊れかけている幕末の史跡が「日本の産業革命遺産」としてユネスコ世界遺産に登録されましたが、このように政治工作で無理を実現させるのが山口県の流儀なので、2023年当時の山口県選出の外務大臣あたりに県民の気分が高揚する打開策を依頼させても不思議はありません。
  1. 2024/03/22(金) 12:17:59|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元航空機整備員には信じられない陸自ヘリの墜落原因

3月14日に陸上幕僚監部が昨2023年4月6日に3月に着任して宮古島駐屯地=宮古警備隊を初度視察していた第8師団長と随行の師団司令部幕領、案内の宮古警備隊長ほか10名が搭乗したUH―60A多用途ヘリコプターが航空自衛隊宮古島分屯基地を離陸して海岸線に沿って西に飛行中に墜落した事故の原因を公表しました。
その発表によると「2基のエンジンの両方の出力が低下した」と言うことですが、遠い昔とは言え航空機整備員として航空機の点検・検査と修理・調整に当たってきた者には到底信じられません。先ず航空機整備員は一度墜落事故が起こればパイロットや搭乗者は言うまでもなく地上の人々の命を奪うことになる責任を自覚して整備作業は言うまでもなく飛行直前のランナップ(エンジンの始動点検)が終わってもタクシーウェイ(誘導路)に出てランウェイ(滑走路)を離陸して機影が視界から消えるまで細心の注意を払っています。ましてや師団長が搭乗するとなれば細心に上乗せした最深の注意を払うのが当然で離陸して10分後に墜落するような不具合の予兆を察知できないはずがありません。
事故機は15時46分に離陸した直後に宮古空港の管制塔に「宮古(空港)の管制圏を出る」と通知して管制官の「下地島(空港)の周波数で管制官とコンタクトせよ」と言う指示に「ラージャ」と答えた後、海上を順調に飛行している姿が周辺地域の建物に設置されている防犯カメラに撮影されています。そして15時54分に下地島空港の管制官が「下地島(空港)の管制圏に入ったら下地島の周波数でコンタクトせよ」と指示すると「ラージャ」と回答しても機体の異常を通報することはありませんでした。ところが2分後の15時56分に宮古島空港のレーダーから航跡が消滅=墜落したのです。
双発エンジンを搭載している航空機は1基でも飛行できる程度の出力を有しているのが常識で(固定翼機であれば3基の内の1基でも可能)、ましてや両方のエンジンが同時に故障する可能性は皆無に等しく仮に2基が深刻な不調に陥ってもパイロットが「エマージェンシー(緊急事態)」をコールする程度の時間はあったはずです。
野僧個人とすれば宗教者として「宮古警備隊が年頭の安全祈願に宮古島の守護神を祀る御嶽ではなく本土式神道の宮古神社に参拝している神罰が当たった」と言いたいところですが、やはり事故発生直後から流れていたように「宮古島周辺海域に出没していた中国漁船が携帯式対空誘導弾で撃墜した」と言う風説が可能性として最も現実的なようです。それであればヘリコプターが通過した後方から発射すれば戦闘機のような高性能のレーダーは装備していないので攻撃などは予期していないパイロットや他の搭乗員たちが気づくことはなく、回避行動をとらずに追尾するように飛来する赤外線誘導方式のミサイルが熱の発生源のエンジンに命中しても不思議はありません。ミサイルが命中したのなら2基が同時に破壊されて全出力を瞬時に喪失するのは当然です。
最近は2022年7月8日の安倍晋三首相の暗殺にしても共産党中国が関与した可能性が濃厚な事件がマスコミの変質報道(統一教会の問題にすり替えられた)によって真相が隠蔽されることが続いています。日本の支配はそこまで進んでいるのでしょう。
  1. 2024/03/21(木) 16:39:06|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共産党中国にとってアスプレイは余程の脅威らしい。

昨年11月29日にアメリカ空軍のCVー22アスプレイが墜落して乗員8人が死亡した事故を受けてアメリカ軍は世界各国に配備している同機種を一律に飛行停止にする異例の処置を取りましたが、3月14日になってようやく飛行を再開しました。
これに対して日本のマスコミは「事故原因が明確になっていない中での飛行再開は容認できない」と批判報道を始めていますが、これはアスプレイの試作機が完成して試験飛行で事故が続発した時から存在を否定していた「馬鹿の一つ覚え」でしょう。
航空工学の常識で考えてもアスプレイのような過去に類例がない新型機を実用化する場合、コンピューターの発達によって多くのデータを入力することで予想される危険な事態をシミュレーションできるようになっても限界はあり、事故が発生して今回のように綿密な検査によっても原因が分からなければ飛ばしてみるしか探求の手段はありません。
不勉強で知らない振りが得意な日本のマスコミもこの程度の常識は知っているはずで、ここまでアスプレイを目の仇にして市民の不安を煽り、航空自衛官の息子の佐賀県知事に佐賀空港への陸上自衛隊のアスプレイの配備に反対させたのは第3インターナショナル=世界共産革命の残党・朝日新聞が主導する盟主への「忠義立て」としか思えません。
日本のマスコミは意図的に隠蔽しているもののアスプレイは2013年11月に史上最強の台風30号が襲来して甚大な被害を受けたフィリピンに沖縄の普天間基地から14機が無着陸で飛行して空き地に着陸して大量の救援物資を卸下(しゃが)するのと並行して被災地に診療所を開設して軍医や衛生兵が治療を開始しています。2015年4月25日に発生したネパール地震でも空港が機能制限を受けている中で普天間基地から派遣された4機のアスプレイはヒマラヤ山脈を越えて空き地に着陸して同様の活動をしました。それは2016年7月の熊本地震の災害派遣・トモダチ作戦で日本人も目の当たりにしています。しかし、共産党中国にとってのアスプレイの空輸能力は政権公約通りに台湾やフィリピンに上陸しても普天間基地から迅速に戦力を空輸されて奪還されるのは明らかで、絶対に存在を許すことができない脅威のはずです。
一方、共産党中国がコピー製品を量産しているロシアの軍事産業(艦艇は韓国の金大中・盧武鉉政権が漏洩したアメリカ海軍の情報で作っている)はソビエト連邦時代から戦闘用一辺倒の体質のため戦闘機や爆撃機の開発・製造は得意でも輸送機となると大型化には成功してもアスプレイのような新機構を組み込む能力は欠落しています。実際、ソビエト連邦はイギリスがホーカーシドレー・ハリアを艦載機に改造したシーハリアを搭載する航空母艦を建造すると「アメリカ式の本格的大型空母は無理」と諦めていた海軍が色気を見せてVTOL(垂直離着機)の艦載戦闘攻撃機の開発を命じました。ところがイギリスのハリアが採用していたエンジンの噴出口=推進ベクトルを方向変換する方式は模倣できず、下方に噴射する小型のエンジンを追加したため機体重量が増加して役に立たず、2隻建造した航空母艦は「制空・制海権の奪取」と言う本来の目的を果たすことなくヘリコプター搭載巡洋艦として退役しました。つまりアスプレイの開発は本社でも無理なのです。
  1. 2024/03/19(火) 16:30:35|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ