fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ802

パパパーン、「何だ」「5.56ミリNATO弾ですね」その時、海水浴場から尾浦の集落に向かう海岸線の道路の先から短連射の銃声が聞こえてきた。本部中隊長は上陸すると尾浦の集落に情報小隊の斥候を出したので敵と遭遇したのかも知れない。しかし、陸上自衛隊の斥候は銃声で存在を暴露することになる発砲は極力避けるのが基本だ。発砲するのは至近距離で敵と遭遇した場合だが斥候のプロの情報小隊員にはあり得ない。
「韓国軍が持っているらしいHK416も5.56ミリNATO弾ですからどちらが発砲したのか判りません」「そうだな・・・どちらにても警戒を厳にしろ」「わかりました」警備隊長の指示を受けて本部中隊長は手に持っている小型無線で砂浜でゴムボートを待っている隊員たちに伝えた。とは言え砂浜の隊員たちにも銃声は聞こえたので分隊長の指揮で膝射ちの姿勢になって銃口を周囲に向けていた。
「ホンチュー01、こちらレコン02、送れ」「こちらホンチュー01、送れ」そこに斥候から本部中隊長に無線連絡が入った。銃声が聞こえてからやや間が空いているのは敵からの攻撃を受ける危険性が継続していたのかも知れない。
「こちらレコン02、道路脇の階段を登って志々岐神社を確認したところ境内からゴムボートを狙っている敵2名を発見しました。すでに射程内に入っているようなので独断で発砲して射殺しました」「だから短連射だったんだな」「はい、2名を同時に射殺しました。その後、境内を捜索して他に敵がいないことが確認できたので報告しました」「わかった。ご苦労」これで状況は判った。海上自衛隊特別警備隊の斥候によると対馬を占領している韓国軍守備隊では正規軍の海軍特殊戦旅団は言うまでもなく難敵だが、案内人として動員された移住者は敵対意識が希薄なのに対して対馬奪還に興奮して志願してきた義勇兵は士気が高く遭遇すれば間違いなく戦闘になると説明を受けている。狙撃するだけの技量を有するのはおそらく義勇兵だろう。
「レコン01、こちらホンチュー01、貴官たちの任務を斥候から偵察に変更する。したがって敵に遭遇すれば即座に発砲せよ」「それは威力偵察ではなくて会敵戦闘ですね」「その通り」本部中隊長の指示に斥候長はプロらしい確認をしてきた。
威力偵察は強行偵察とも言うが敵の存在や規模、行動を確認するためにあえて存在を暴露して攻撃させ、挑発的に武器を使用して反撃を誘う手法を指す。当然、敵を壊滅させることが目的ではないので武器の使用は限定される。
「ゴムボート第1陣、着岸しました。人員器材異常なし。直ちにしんしゅう丸に引き返して第2陣を運びます」「了解」本部中隊長が情報小隊先任陸曹の斥候長に指示を与え終わると無線機の通話を途切れさせる暇(いとま)もなく海岸から報告が入った。斥候が先制的に銃撃を加えなければ数隻のゴムボートは命中弾を受けて沖で沈没していたはずだ。乗員たちは完全武装の上に防弾チョッキと救命胴衣を重ね着しているので半長靴では泳ぎが妨げられ、浮力も十分には確保できなかった。かなりの者が溺れたはずだ。
「やばいなァ、大半の奴が木に引っ掛かっかるぞ。椎茸畑があるって言っても森の中じゃあないか」最後に飛び出した降下長はパラシュートが開いて落下速度が落ちると先に下りた隊員たちが山岳地帯に流されていくのを見て独り言を呟いた。
今日はこの空域には珍しく無風に近い降下日和だが地図上の確認では一面に椎茸畑が広がっているはずの上島は全面が森林に覆われていて着地する前にバラシュートや紐(コード)が枝に引っ掛かるのは間違いない。引っ掛かり方と位置によっては高い枝から落ちるような形になり、負傷を免れられないはずだ。
「あッ、銃閃光だ。やはり攻撃してくる義勇兵が配置されているんだな」さらに高度が下がってくると市街地の建物の屋上でオレンジ色の閃光が点滅したのが見えてきた。空挺隊員にとっても最も恐ろしい銃撃が加えられたのだ。
「蒼より青き大空」を降下中は身を隠す場所や手段がなく着地時の衝撃を軽減するため防弾チョッキを着用することもできない。つまり降下してくる標的にならざるを得ないのだ。1983年10月25日のグレナダ侵攻でアメリカ軍は空挺部隊を本格投入したが、地上からの銃撃によって想定外の犠牲を払うことになった。
  1. 2024/04/24(水) 15:33:18|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ801

「ジャンプ・スタンバイ」Cー130輸送機の機内では気圧差で空気が噴き出していく開放した側面ドアの前で空中輸送員=ロードマスターが降下長=アメリカ軍ではジャンプ・マスターにヘッドセットで受けたパイロットの指示を伝えた。
航空自衛隊は空挺部隊を搭乗させたCー130を飛行させるに当たり入間基地のECー1電子戦機を派遣して事前に韓国空軍の警戒レーダーに目潰しを加えようとしたが、統合幕僚監部はこの空域を熟知している海上自衛隊岩国航空基地のEPー3電子戦データ収集機に命じた。さらに潜入したまま監視を続けている海上自衛隊特別警備隊の斥候から「韓国海軍特殊戦旅団は対馬駐屯地から出ていない」と言う報告を受けて艦対地ミサイルを撃ち込んだ上、陸上自衛隊目達原駐屯地のAHー64対戦車ヘリコプターで残敵掃討して万全を期した。そのため対馬を南北に縦断して降下させることができる。
「降下よーい(用意)」「降下よーい」「降下よーい」・・・続いて降下長は10分前にハンモック式の座席から立ち上がって整列させていた隊員たちに降下準備を指示すると先ほどは装具を点検して「異常なし」と申し送ってきたのとは逆流で開傘フックを掛けたワイヤーを糸電話にしたように申し送っていった。
「降下5秒前」ロードマスターはドアの壁に両手を掛けて降下を準備している1番員と開傘フックの紐を掴んでいる降下長に掌の前に広げた指5本を示し、1本ずつ折って秒読みしていく。それに合わせて1番員は「コースよし、コースよし、よーい、よーい、よーい」と唱和しながら「降下」と叫んで飛び出した。後は1秒間隔で1人ずつ「降下」と言う叫び声を残して飛び出していく。アメリカ軍はこの時、「ジェロニモ」とアパッチ族の英雄(酋長ではない)の名前を絶叫するらしい。
降下していく隊員たちは「1こーか(降下)、2こーか、3こーか」と数えながら4秒後の開傘を待つが、パラシュートが開かずに細長く引きながら落下していくことを「狼煙(のろし)を上げる」と呼んでいる。アメリカ軍の空挺部隊には目の前を落下していく師団長の狼煙=パラシュートを咄嗟に鷲掴みにして命を救った兵隊の伝説(=実話らしい)があるが、体重に武器と装具を加えればかなりの重量になるので奇跡に近い。
「何とか北の端(はずれ)に着地できそうだな。低速飛行お見事でした」全員の降下を見届けた降下長は自分の開傘フックの紐をロードマスターに頼むと軽口を叩いた後、「降下」と叫んで飛び出していった。同時にCー130は対馬と釜山の中間に引かれている日韓のADIZを破らないように急旋回した。それを聞いていたロードマスターはドアを閉めるのは後回しにして機体の突起物にしがみついていた。
「着岸、上陸」同じ頃、下島の尾浦海水浴場では陸上自衛隊の新鋭輸送船=上陸強襲艦・しんしゅう丸から水陸両用強襲輸送車・AAV7が海岸に着上陸していた。ただし、AAV7の保有数は10両に満たないので後続部隊はゴムボートになる。
アメリカ軍のような上陸強襲艦があればホバークラフトの上陸強襲艇を使えるのだが予算が追い付かない。しんしゅう丸は帝国陸軍の船舶科の暁部隊が建造・運用していた特殊船=元祖上陸強襲艦・神州丸の名称を踏襲している。陸軍は大正から昭和初期の軍縮ムードの予算の奪い合いの中で軍用艦を建造することが海軍を利すると懸念して民間の船舶会社に管理と運行を委託したから商船のような名前を付けたのだった。
「長崎では水機連隊と一緒に上陸訓練に励みましたから成果が出ていますね」「本来は島で迎え討つ守備隊だから戦術が違うんだがな」「得意の山岳戦闘ですか」尾浦海水浴場に上陸して後続のゴムボートの到着を待ちながら対馬警備隊長は本部中長と雑談を交わした。ただし、山岳戦闘と言っても対馬は台地状の島なので標高差はあまりない。
日韓の武力衝突が激化すると北端の航空自衛隊海栗島分屯基地が襲撃を受けて対馬市長が全島民の避難を決断した。すると西部方面隊は「350名の隊員を島民不在の対馬の領土を守るための人柱にはできない」と対馬警備隊を第1・第2水上機動連隊が所在する相浦駐屯地に撤退させた。以来、対馬警備隊は「対馬奪還」を合言葉にして水上機動連隊と共に上陸強襲訓練に明け暮れてきた。その成果は五島列島の中通島への上陸で一部発揮されたが「今回こそが本番」と言う心意気で全隊員が臨んでいる。
  1. 2024/04/23(火) 15:18:08|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ800

「げッ、攻撃が始まった」数日後、本土との連絡フェリーの停泊港がある厳原地区に陸上自衛隊のヘリコプターの編隊が襲来した。それに先立って対馬市内でも南部の対馬駐屯地付近に海上からミサイルが数発射ち込まれて爆発音が響き、小さな閃光や振動と共に黒煙が上がった。厳原地区に配置されている守備隊の隊員たちは港が見渡せる2階のベランダに出て状況を確認した。ただし、この建物も韓国軍の守備隊が宿営地にしていることは潜入した海上自衛隊特別警備隊の斥候が確認している。
「UHー1が1、2、3・・・9機にCHー47が4機、どうやら厳原(いづはら)港に降りるらしいな。特殊戦旅団は何故攻撃しないんだ。しなくても良いけど・・・」対馬では対馬空港に到着した韓国海軍特殊戦旅団が守備隊を名乗るようになると残留した移住者たちも遅れて渡航してきた義勇兵と一緒に編入された。ところが若い義勇兵たちは徴兵の経験がある上、ゲームやネット番組で日常的に軍事知識に触れているが日本人の家庭ではそのような禍々しい話題は嫌われるので無知に等しかった。そのため島内の案内の任務を果たす一方で新兵としての訓練と座学に明け暮れることになっていた。
「だったらこのまま捕まった方が良いな。世界最強の特殊戦旅団と言っても47名じゃあ山猫軍団には敵わないはずだ」「それに食料が届かないようじゃあ長続きはしないよ」移住者たちは当初こそ島内でも裕福な豪邸に押し入って置いてあった金品資産を強奪して韓国で売り捌いて金を稼いでいたが北海道に続いて新潟でもロシア軍が敗退すると海上自衛隊の護衛艦と海上保安庁の巡視船が対馬周辺に出没するようになって韓国船の日本の領海内への立ち入りを阻止するようになった。さらにその時期には島内に残してあった食料や田畑の収穫を食べ尽くして飢えるようになった。
そんな窮状に救いの手を差し伸べたのが在日の南北半島人の漁民たちだったが南の民団に所属している人間は「無理せずに降伏しろ」と勧めるが、北の総連の人間は「新潟で殺された同胞の恨みを晴らせ」「後の続いてお前も死ね」とけしかけてくる。どうやら対馬への移住者たちが南の出身であることを理解していないらしい。それにしても「怨」の精神文化は南北で共有しているはずだが南の方が損得の計算が働くようになっているのは自由主義社会だからかも知れない。
守備隊の移住者たちが降伏の相談を始めた頃、厳原港の波止場に着陸したUHー1多用途ヘリコプターから下りた1個分隊の隊員たちは周囲を警戒しながら離陸を見送った。そしてCHー47輸送ヘリコプターが下に吊ったまま着地させた高機動車に1名が駆け寄ると空中輸送員がフックとワイヤーを外すのを待って発進させた。
「ハンドハラ、降伏せよ」「ジョオハンイョングホン・ギョエグハンダ、抵抗すれば攻撃する」高機動車はハンドマイクで韓国語と日本語で交互に呼びかけながら勝手知ったる市街地を進行する。UHー1Jの最大搭乗者数は正副パイロット以外に11名なので1機当たり1個分隊、9機なら2個小隊=1個中隊で厳原地区を制圧するようだ。
「動くな、銃を置け」「鉄砲は持っていません。僕たちを保護して下さい」海上自衛隊特別警備隊の斥候が確認した厳原地区の守備隊宿営地に近づくと似合わない迷彩服を着た5人の中年男性が歩いてきた。5人とも手を上げずに掌を前に突き出している。
日本では「万歳」をする時に掌を内側に向けないと「降参」を意味すると指導される程両手を上げて降伏することは定着しているが韓国ではそれ程でもないらしい。その前に昔は選挙の当選祝賀で万歳三唱する時、候補者と妻は神妙に頭を下げたものだが最近は満面の笑顔で一緒に両手を上げているのは何故だろう。
「武器はどうした」道路上に伏せさせて身体検査をすると投降した中年男性たちは本当に丸腰だった。これには激烈な士気と冷徹な覚悟を以って乗り込んできた先遣隊の分隊長も呆気に取られてしまった。そこで最年長の男性に日本語で質問してみた。
「あの鉄砲は韓国海軍の特殊部隊が持ち込んで配ったんです。それでも数が足りないので外を見回りに行く人間だけが持つようにしていました。ところが何日か前から見回りに行った人間が行方不明になって鉄砲も一緒になくなりました」「なるほど」その時、上空を掠めるようにCー130輸送機が通過していった。上島への空挺降下だ。
  1. 2024/04/22(月) 15:30:40|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ799

「対馬を奪還する前に攻撃を加えなければなりません。そうなると当然、市街地や家屋に損害が及びます」数日後、陸の西部方面隊、海の佐世保地方隊、空の西部航空方面隊の幕僚たちが長崎市内の県の施設に移設されている対馬市役所に市長を訪ねた。
対馬の全周から潜入した海上自衛隊特別警備隊の斥候の報告では韓国海軍の特殊戦旅団は1個小隊程度が対馬駐屯地に駐留しているだけで各地区の守備隊は日本人女性と結婚した移住者と対馬奪還に歓喜した韓国南部からの義勇兵にHK416を配って編成されていることが判った。その守備隊も空域・海上封鎖による兵糧攻めが長期化しているのを見かねた日本本土の在日半島人の漁民が食料を瀬渡しして、その中に入っていた酒で酔い潰れて機能停止していた。したがって携帯式の地対空誘導弾や地対艦誘導弾を保有しているとすれば対馬駐屯地の特殊戦旅団だけで北半分の上島に降下すれば大した抵抗を受けることなく制圧は可能なはずだ。
「いよいよ奪還作戦ですか。我が島を海と空の自衛隊が封鎖すると言うお話を聞いた時から覚悟はしています。それでも新潟の市街地のような惨状になると島を捨てる島民が続出しそうで心配しています」対馬から避難した島民は県職員や学校教員が自衛隊による武力行使に反対している長崎県が受け入れを放棄したため九州、四国、中国地方の過疎地域に分散移住している。対馬市としては各地域の休耕地を借りて農業を再開している島民たちがそのまま定着してしまうことを危惧して島民同士の交流会などを企画しているが土を耕して種を蒔き、育てて収穫することが2回以上繰り返されると今の耕作地に対して愛着が湧くのはどうしようもない。そのため最近は菩提寺の住職や鎮守の神主たちに移住先を巡回させて祖先や郷土を守る意識を啓蒙してもらっている。
「新潟はロシア正規軍の機械化部隊が北朝鮮軍の歩兵を動員して占領していましたから攻撃にも相手を圧倒する火力を加える必要がありました。しかし、対馬は海軍の特殊戦旅団の1個小隊、50名弱以外は移住者と義勇兵ですからすでに特定している宿舎と陣地を破壊するだけです」「それでも韓国は徴兵制なので軍隊経験者ですが大丈夫ですか」「最近の韓国軍はインターネットによる内部告発が常態化していて規律は自衛隊よりも甘いようです」対馬市長の鋭い指摘には陸上の幕領が答えた。
かつての韓国軍は演習中に泥沼で擱座した戦車を周囲の同僚が状況を中断して救助することを禁じたため埋没して乗員4名が死亡した事故があったが、日本以上のインターネットとスマートホンの普及によって内部告発が常態化した上、「軍の民主化」と称する弱体化を進めていた左傾政権が保守派将校の一掃に利用したため軍の規律は緩み切ってしまい悲壮な覚悟で臨んでいた徴兵制度も高校の合宿所を経験している兵士にとっては単なる延長・再開に過ぎなくなっているようだ。
「それで何日くらいかかりそうですか」「先ず艦対地ミサイルで万関橋を破壊して南北の通行を遮断して攻撃ヘリで陣地を破壊、次に第1空挺団を上島に降下させて占領します。続いて対馬警備隊の先遣隊をヘリで下島に空輸して韓国軍と交戦、その間に水上機動連隊で主力を投入して奪還すると言うシナリオになっています」「そんなことを私に言っても良いんですか。重大な軍事秘密でしょう」対馬市長としては奪還に掛かる日数を確認して素人なりに島内で繰り広げられる戦闘の規模を推定するつもりだったのだが陸上の幕領は詳細に作戦計画を説明した。
「市長だからあえてお話ししました。あの時の英断があったから島民を人質にされることなく我々も冷静に対処できました」「何よりも市長の対応を北海道知事や新潟県知事が踏襲して上陸が予想される地域からの住民の避難を先行的に実施してくれたから我々も攻撃に専念することができました」「この武力紛争に勝利することができれば市長は最高の功労者です」「石田政権では評価されないだろうけどね」陸海空の幕領が代わる代わる日韓の武力衝突の緒戦の段階で全島民の避難を決断した対馬市長を賞賛したが石田政権に対する不信感で応えた。それには幕僚たちも内心では同感だった。
「空挺団には無事に陸地に降りられますように。山猫軍団には無事に再会できることを願っているとお伝え下さい」対馬市長の言葉に幕僚たちは手を差し出して固く握手した。
  1. 2024/04/21(日) 15:17:37|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ798

「陸の斥候ならひたすら息を潜めているんでしょうね」「存在の秘匿が原則だからな」2人を射殺した斥候は荷物を載せたボディ・ボードを引いて砂地の足跡を消しながら藪に駆け込むとウェット・スーツを脱いで半長靴を履き、武装を整えた。続いてボディ・ボードを藪の奥に隠すと海岸につながっている狭い道に向かった。
海上自衛隊の特別警備隊は1999年3月23日の能登半島沖不審船事件で初めて海上における警備行動を経験した海上自衛隊が不審船を臨検する専門要員を育成・確保する必要性を痛感して2001年に創設した。一般的には「アメリカ海軍のネービー・シールズを縮小・模倣した」と言われているが準備段階ではイギリス海兵隊を参考にした。そのため敵の存在や活動の兆候を探す陸軍式ではなく敵の勢力圏に潜入する海兵隊の斥候の戦闘的会敵対処を採用している。
「やはりヘッケラー・ウント・コック416だったな」「そうなると我々と同じ海軍の特殊部隊と言うことになりますが、ここまで簡単に射殺されると言うのは少し気が緩んでいませんか」波打ち際に斃れている遺骸までは足跡を踏んで接近した。遺骸の周囲は波が洗っているので自由に歩き回れる。先ず斥候長が暗視眼鏡で2人が肩に吊っている小銃を確認した。ヘッケラー・ウント・コックとはHKと頭文字にされているドイツ語の会社名だ。赤外線ビームを照射すれば刻印されている文字まで読めるのだが、このビームはかなり遠距離でも暗視眼鏡に探知されてしまう。
「酒の匂いがするな。対馬にはまだ酒があるのか」「そう言えばPー1の搭乗員の友人から聞いた話ですけど本土の在日半島人の漁民が沖で物資を瀬渡ししているのを見たことがあるそうです」「瀬渡しが好きな国民だな」「全くです」続いて斥候長は背中を射たれて仰向けに倒れている迷彩服の襟には下士(3曹)の階級章が縫い付けてある兵員の顔を注視するとかがんで臭いを嗅いだ。
加倍政権当時、韓国海軍の最新鋭駆逐艦・広開土大王が日本海の中央部で海上自衛隊のPー1に艦隊空ミサイルの火器管制装置を照射したのは前政権が北朝鮮の王室への貢ぎ物として国際連合が輸出を禁止している贅沢品を軍用艦で北朝鮮の漁船に偽装した貨物船に瀬渡ししていたためだと言われている。瀬渡し程度は全国の都市部で暴動を続発させた在日中国人に比べれば可愛いものだがバブル崩壊後も都会志向が改まることがない日本の若者に代わって田舎での肉体労働に従事してくれている中国系や半島系の若者たちが今回は敵対行為を働いてくれたようだ。
「この2人が戻らなければ仲間が探しに来るでしょう。海に沈めますか」「これから干潮になる。沖の方に沈めれば連れ去ってくれるが浅瀬では取り残される。取り敢えずやろう」斥候の意見を斥候長が承認すると斥候が両足を脇に抱えて斥候長が両脇に腕を差し入れて腰まで水につかって海中に沈めた。もう1人の兵長(士長)の階級章の兵員も同様に処理した。これで仮に海水が連れ去らなくても朝までは隠蔽できるはずだ。
「それではドローンを飛ばして下さい」斥候長は対馬市内の兵舎になっているらしい住居を見つけると秘匿電話で護衛艦に位置を指定した。今回の斥候の最大の眼目は占領部隊が携帯式地対空誘導弾を持ち込んでいるか否かだった。
韓国軍が現在使用している携帯式地対空誘導弾はイギリス製のジャベリン、フランス製のミストラル、国産の神弓だが、韓国政府の説明のように軍の反日行動が脱走兵による反乱ではなく軍内部の独断的派遣だとすれば離島防衛の必需品である携帯式地対空誘導弾を持っていないはずがない。本来であれば航空自衛隊の偵察航空隊のRQー4グローバルホーク無人偵察機を飛行させるべきなのだが北海道と新潟でロシア軍に全機撃墜されてしまった。その代わりとして航続距離を大幅に伸ばしたドローンで挑発するのだ。
ブーン、「来たな、もっと高度を下げろ」ブーン、「反応しませんね」「5名ほど迷彩服の男たちがいたはずだが」「韓国軍ならこの音でドローンの偵察だと考えるでしょう」斥候としては韓国軍がドローンによる偵察飛行にどのように対処するのかを確認するつもりだった。携帯式地対空誘導弾を保有していれば仮に使用しなくても外まで持ち出すはずだ。仕方なく窓から室内を確認すると全員が酔い潰れて熟眠していた。
  1. 2024/04/20(土) 15:47:23|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ