fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ577

「閣下、今日は戦闘服なんですね」「ええ、日本の防衛省から大臣名で『特例として60歳の定年の年齢になるまで制服等の着用を認める』と言う通達が届いたから早速ね・・・」数日後、全米をネットしている大手テレビ局のハワイ支局で報道番組のインタビューを受けた佳織は陸将補の階級章を付けた迷彩服を着て現れた。数日前の官邸での遣り取りの中で石田首相が佳織の黒の紋付の和装の喪服姿に違和感を示したことを受けて立野官房長官が釜田防衛大臣に連絡して即座に特例処置が決定したらしい。
陸海空自衛隊の将官が定年退官する年齢期限は60歳だが再就職先が決まったところで勧奨退職するのが慣例になっている。ただし、佳織の場合は釜田大臣が就任して間もない頃に上級幹部の定年退官と移動を原則停止していた浜大臣の戦時人事を解除しようと名簿を確認した時、陸上自衛隊の女性自衛官としては唯一だった佳織に気を止め、確認を受けた内局の人事担当者が「美人なので男女平等の宣伝用の広告塔にしている」と陸上自衛隊内での評価を無視した説明をしたため勧奨退職が決まってしまった。
実は佳織としてもハワイでは和服のクリーニング代は割高なので志緒が居合道で愛用していた白の道着と黒の袴に変更しようと考えていたところだったので渡りに船だった。自宅で試着してみたが似合ってはいた。
「それでは今回は日本の元陸軍少将としてお話を伺えるのですね」「私はいつもそのつもりで話しているけど視聴者が受ける印象は変わるでしょうね」収録が始まると質問者の男性キャスターは佳織が着ているのが陸上自衛隊の戦闘服であることを説明し、着用が許可された経緯を補足してから報道番組的に念を押した。
「そのベレー帽に付けているのは・・・」「これは祖父が従軍していた第442戦闘団の部隊章です」「2006年公開の映画・ザ・ブレイブ・ウォーで見た覚えがあります。日系人は祖国のために多大な犠牲を払った英雄的国民です」佳織は釜田防衛大臣の特例処置に反することになるがベレー帽の帽章を帝国陸軍の近衛師団を模した陸上自衛隊の帽章から松明を掲げた手を描いた第442戦闘団の部隊章に付け替えていた。ベレー帽は自費購入する私物の略帽なので多少の変質くらいは許してもらいたい。そう言えば夫だったモリヤ2佐はアメリカ軍のグリーンベレーに陸上自衛隊の帽章を付けて愛用していた。
「そんな英雄的国民の目から見て全米で中国系と半島系の移民が繰り広げている反日的行動はどう思いますか」「あれは反日ではなく祖国に対する裏切りです。中国系移民が北京から送られてくる巨額の工作資金を上下院の議員にバラ撒いているのは合法的な政治活動の一部だとしても全米の中国系と半島系の労働者たちが日米安全保障条約をホワイトハウスが発動すれば一斉に退職すると脅迫しているのは暴動予備と見るべきでしょう。我がアメリカ合衆国は移民の国ですが、それはアメリカが掲げる理想の下に集い、自己犠牲を厭わず奉仕するためであって、星条旗を五星紅旗に掛け替え、国歌・星条旗を抗日戦の八路軍軍歌に変更することを断じて許してはなりません」服装が変わっても佳織の主張は一貫している。佳織は立野官房長官が石田首相に期待させた「自衛官としての自制心」は元々弱い方だったのだ。アメリカで生まれ育った佳織は英語で思考して日本語に訳して話すことが基本なので殊更にイエスとノーがハッキリしている。日本での生活が長くなって「ええ、まァ」式の曖昧な受け答えも覚えたが内心では苛立っていた。おまけに結婚したモリヤ元2佐も純粋な日本人にしては議論を好み、夫婦の会話でも互いにイエスとノーを追求し合っていた。ハワイに帰ればアメリカ人に戻るのは当然だった。
「韓国の現政権は親米的ですが」「現政権の支持率は韓国国民の3分の1のまま微動だしていません。中でも軍内ではかつてのクーデターとは逆に職務のボイコットが横行しているようです。表向きは命令に服従しても実際は拒否、怠業しています」「それをアメリカでもやろうとしているのか・・・」「したがって現政権が日本固有の領土である長崎県の対馬を不法占拠している韓国軍を撤退させない限り信用するべきではないでしょう」佳織は幹部候補生学校長時代に日韓陸軍士官候補生交流を中止したが、日韓のニュースではモリヤ佳織陸将補と報じられていたので同一人物と気づくのは在アメリカの韓国系移民でも少数派のはずだ。激怒した石田首相に制服の着用を禁止されても手遅れだった。
  1. 2023/08/14(月) 12:10:12|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月14日・満州ユダヤ人の救済者・安江仙弘大佐が抑留死した。

昭和25(1950)年の明日8月14日に帝国陸軍ではユダヤ問題の第1人者と目され、帝政ロシアやソビエト連邦のユダヤ人迫害を逃れて満州に移住していたユダヤ人の保護に尽力し、イスラエルにある黄金製の記念碑「ゴールデン・ブック」の5番目に名が刻まれている安江仙弘(のりひろ)大佐が敗戦後に戦犯でも捕虜でもなくただ延々と抑留されていたハバロフスク収容所で病死しました。62歳でした。
安江大佐は明治21(1888)年に旧松本藩士で日清戦争後には台湾総督府官吏になる父親が秋田市に赴任中に生まれました。生まれた建物は日本版ナチズムの狂気・国家神道を創始した平田篤胤(敬称不要)の生家でした。東京府文京区の旧制・京華中学校に入学した後に陸軍中央幼年学校を経て明治40(1907)年に陸軍士官学校21期生として入校しました。同期には敗戦時の北方軍司令官として停戦後のソビエト連邦軍の侵攻を千島と樺太で阻止した名将・樋口季一郎中将(ゴールデン・ブックの4番目)や「天才」と冠されることが多い石原莞爾中将、総力戦研究所長として創設者の東条英機陸軍大臣が見学している前で実施した総力戦机上演習で日本の敗戦を予言した飯沼穣中将などがいます。
明治42(1909)年に卒業してからは歩兵将校として平時の軍隊生活を送りますが、1917年に発生したロシア革命によって共産主義革命の拡大を危惧する日本政府が実施したシベリア出兵に参加したことで人生が変わりました。シベリアで反革命軍と接触する中で「シオン賢者の議定書」と言うユダヤ人による世界制覇を説いているとされる古文書の存在を知り、研究を進める間に「帝政ロシアが崩壊した原因はユダヤ人の暗躍にある」と確認して帰国後に出版した「世界革命之裏面」に翻訳した全文を掲載したのです。この著書の出版によって安江少佐は陸軍からユダヤ研究を命ぜられ、翻訳を担当した酒井勝軍さんと共同で研究に着手しました。当初、安江少佐はユダヤ人を生まれ育った国家や地域に愛着や忠誠心を抱くことがない裏切りの民族として嫌悪していましたが、酒井さんとパレスチナやエジプトからヨーロッパのユダヤ人社会を視察したことで「観念的ユダヤ人理解では駄目だ」と自分の学説を否定し始め、むしろ祖国を失いながら民族としての精神性を保ち続けている態度に共鳴して親ユダヤに転換しました。
帰国後は「ユダヤ資本を満州の開発に投入したい」と言う陸軍中央の意向を受けて同期で駐在武官として赴任したポーランドでユダヤ人社会を熟知している樋口少将が機関長を勤めていたハルビンの特務機関に派遣されて在満州のユダヤ人組織と協調関係を築き、ナチス・ドイツとソビエト連邦による迫害からシベリア鉄道で逃れてきた2万人以上のユダヤ人を上海に送り届け、満州国のユダヤ人政策の骨幹を策定しました。
ところが運悪く陸軍中央では日独伊三国同盟に邁進する空気が充満してナチス・ドイツのユダヤ人排除政策に同調する者が多数派になったため陸軍大学校を卒業していない安江大佐も予備役に編入されて南満州鉄道に転職しましたが、在満州のユダヤ人組織との協力関係は維持していたようです。敗戦時には国民党軍との和平工作を命ぜられて交渉の準備を整えましたが大連でソビエト連邦軍に逮捕・連行されました。
  1. 2023/08/13(日) 14:38:55|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ576

「ノザキ佳織と言うのは何者なんだ」「先頃、退職した陸将補です。退官時の役職は陸上自衛隊教育訓練本部の部長だったと思います」東京では石田首相が激怒して立野官房長官を問い詰めていた。石田首相としては地元・広島の国営放送が現在の自衛隊の防衛行動を「平和都市・ヒロシマ選出の石田首相が主導する戦争」と批判の度を強め、最近は東京の大手新聞まで同調し始めていることから安全保障理事会で和平協議を提案し、アメリカと韓国に停戦交渉の仲介を依頼するつもりだった。ところが派閥の継承の餌に命令に従わせようとした双木外務大臣は閣議決定さえも拒否し、釜田防衛大臣と共同で防衛行動を推進しているのだ。そんな中で突如としてノザキ佳織元将補と呼ばれる女がアメリカのマスコミに登場して石田首相が政治的影響力で海外には隠蔽させている武力抗争の経緯と戦闘の実態を暴露するだけでなく日米安全保障条約の即時発動を要求し始めた。
「本当に元自衛官なのか。女の将軍なんていたのか」ノザキ元将補は現役時代にはモリヤ姓だったが、幹部候補生学校長兼前川原駐屯地司令だった頃には「女城主」として何度もマスコミに取り上げられたことがある。何よりも陸上自衛隊では唯一だが、航空自衛隊では同じく術科学校長を兼務する基地司令の空将補が複数存在している。要するに石田首相は防衛問題に疎(うと)い以前に自衛隊に関心がなかったのだ。
「しかし、元とは言え自衛官が個人的見解を海外のマスコミで公言することは許し難い。服務規律違反として発言を禁止することはできないのか」「彼女が防衛秘密を漏らせば自衛隊法の守秘義務違反で処罰対象になりますが、現時点では国内で報道されていながら海外には発信していない内容ばかりです。彼女は通信幹部出身らしいので防衛秘密の取り扱いに関しては熟練しているのでしょう。むしろ発言を禁ずれば新潟でのイギリス人記者の殺害と拉致事件以降、関心を強めている海外マスコミの情報を隠蔽しているとの批判を激化させることになります」立野官房長官は内々に釜田防衛大臣から「モリヤ将補を退職させて海外で情報発信に当たらせる」と言う統合幕僚長の意向を聞いていて極めて特異な経歴についても説明を受けていた。
「何より彼女は退官後にアメリカに帰化して現在はハワイ日系人協会の理事になっていますからアメリカは海外ではなんです」「だからって黒紋付の喪服でインタビューを受けなくても良さそうなものだが・・・」「特例で制服の着用を認めますか。自衛官時代の自制心を思い出すかも知れませんよ」立野官房長官の返事は皮肉だった。陸将補の階級章を付けた自衛隊の制服で語ってもらえば政治的効果はむしろ強化される。
「あの女性自衛官の見解は政府の方針に反している。それが我々にとっての海外で広まるのは重大な政治問題だろう」「彼女の発言は政府の方針に反していますか。日本政府としては我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つことに全力を尽くすのが政治方針じゃあないのですか」旧加部派の立野官房長官は公的な立場上、首相の側近として意向に沿った言動を心掛けているがロシア軍が介入して一部とは言え本土が占領されても地元の反戦世論に迎合して防衛出動に踏み切らない弱腰には内心では愛想を尽かしていた。
「我が国は日本国憲法で戦争を放棄している。防衛出動は降伏との二者択一の最終手段だ」「それを記者会見で国民に説明しませんか」あえて感情を押し殺した立野官房長官の見放したような返事に石田首相は顔を唇を嚙んで視線を落とした。
石田首相も自衛隊の最高指揮官として防衛出動を発令して可能な限りの対処を実施させたい気持ちは僅かながら抱いている。しかし、沖縄が沖縄戦の舞台になった沖縄本島と中国の脅威に直面している八重山・先島では島民の危機意識が真逆なように被爆地の広島市と帝国海軍の鎮守府が置かれ、現在も海上自衛隊の地方総監部が所在する呉市では世論は全く違うのだが、2023年のG7サミット以降、国営放送が主導する地元マスコミは広島県全体を「平和都市」一色に染め上げようとしているため選挙区の有権者に現実を説明することすらできないでいる。前回の衆議院選挙の現職の首相とは思えない僅差での勝利は自民党本部で開票速報を見ている石田首相に直前の横浜市長選挙で自民党の候補がカジノ構想反対一色の世論に乗った大学教授に敗北したことで「落選による退陣」の前例を作ることを避けた管(くだ)首相の辞任を思い出させていた。
  1. 2023/08/13(日) 14:37:39|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月9日、やはり長崎市長に喋らせてはいけなかった。

8月6日の原爆の日の式典のヒロシマ市長の平和宣言があまりにも酷かったので、沖縄で猛威を揮っていた台風6号を長崎に直撃させて防災対策で原爆式典どころではない状況にしようと天候気象の修正を祈願しましたが中途半端な結果になってしまいました。
小庵では以前は「大型台風が直撃する」と言う予報が出ると毘盧遮那佛=大日如来に進路変更を祈願していたのですが、実際に五島列島付近で直角に曲がった時は気象庁の予報が出ていなかった大分県や愛媛県で大規模な水害が発生しました。その後も「早めに」と思って鹿児島沖で進路変更を祈願すると想定外の和歌山県を直撃して同様の甚大な被害が出てしまいました。そのため天候気象の修正は取り止めて月曜日に大慈大悲救苦観世音菩薩、金曜日に延命能化地蔵願応尊への災害除けを祈願するようにしたのです(野僧は允可持ちなので「佛が佛に依頼する」形になる)。
それでも熊本県と長崎県については江戸時代には形骸化していた遠藤周作先生が「沈黙」で描いたような過酷な宗門改めが明治まで続いていたかのように歪曲して「キリシタン弾圧」を世界遺産にして、実際は年貢の徴収が減ることを嫌った役人や長年の近所づき合いを尊重した近傍住民が黙認し合って共存を図ってきた佛教徒の恩情を仇で返しました。中でも熊本県は島原の乱の直後に代官に就任した鈴木重成さまの課税の減免を訴えて諫死・自刃された慈善事業のような復興政策を冒涜した罪は重く、当時(熊本の震災や大水害の前)の県知事に葉書で「世界遺産登録を取り消さなければ佛罰で大規模災害が続く」と言う警告=予言を送っていました。
そんな訳で今回は躊躇うことなく台風の進路の修正を祈願しましたが、連日の殺人的猛暑と熱帯夜の慢性的寝不足で法力が今一つだったようでコースは長崎を直撃したものの式典は屋内で縮小開催されて長崎市長にヒロシマ市長以上の妄言を弄させてしまいました。
長崎市長は特に悲惨だった被爆者の症状と死ぬまで苦しみ続けた後遺症を執拗に語ってその原因を作ったアメリカを遠回しに糾弾した後、G7広島サミットで合意された「核軍縮に関する広島ビジョン」の行動指針をヒロシマ市長以上に口汚く誹謗しました。しかし、アメリカやイギリス、フランスの核抑止力が実際に核の威嚇を繰り返すロシアや共産党中国、核開発を進める北朝鮮による世界の支配を阻止しているのが現実であり、そのような核兵器の凶気=脅威に包囲されている日本が孤高を気取って単独で核兵器禁止条約に加盟してアメリカの核抑止力を犯罪視することは現実を逸脱しています。
敗戦後の日本ではヒロシマと長崎の被爆者を戦争犠牲者とすることでアメリカを人道的犯罪の加害者にして反核兵器の反戦平和運動を反米と親ソ親中に置き換え、さらにベトナム戦争での実態を無視した反戦平和運動を通じてアメリカ軍を敵視する風潮を蔓延させ、現在もマスコミ、特にNHKでは在日アメリカ軍の問題を報じる時には共産党中国の脅威を抑止している現実を無視して危険性のみを強調しています。
おそらく長崎市長の平和宣言は「ビジョン」に名を冠された立場上、批判できないヒロシマ市長との共謀なのでしょう。それを肉声で語らせてしまったことが残念です。
  1. 2023/08/12(土) 14:22:32|
  2. 時事阿呆談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ575

「ノザキ閣下は伊藤佳織だったはずだけどな」「別れる前はモリヤ将補でしょう」ニューヨークの自衛隊の非合法海外情報組織では岡倉とリンゾーが西海岸、松本がハワイで中国系と半島系移民の反日活動の実態調査に当たっている中、留守番になっている杉本と本間夫婦がハワイ日系人協会の理事に就任したノザキ佳織元将補の活躍を論評していた。
ノザキ元将補は陸上自衛隊を勧奨退職した時点で幹部候補生の同期だったモリヤ元2佐と離婚してアメリカに帰化した。そうして生まれ育った日系アメリカ人3世で空軍の輸送機パイロットだった実父のヤスト・ノザキ中佐の家へ移住している。しかし、そのような詳細な個人情報はプライバシー保護が日本よりもはるかに厳格なアメリカでは政治家にでもならない限り公表されることはない。したがって2人の対話もノザキ元将補とモリヤ元2佐と共通の同期の岡倉から聞いた思い出話に基づいている。とは言え本間は西部方面隊総監部の幕僚時代にハワイで行われた日米協同指揮所演習・ヤマサクラでアメリカ太平洋軍司令部連絡官だったモリヤ2佐に会い、香港での民主化運動の調査の帰路には同行していた杉本とフィリピンのニノイ・アキノ空港で在マニラ日本大使館の防衛駐在官だったモリヤ1佐に会っている。一方、黙って話を聞いている松山1佐も初任地だった守山駐屯地の第35普通科連隊ではモリヤ1尉だった頃のノザキ元将補と面識があった。
「それにしてもノザキ閣下の442戦闘団の顕彰運動は効果絶大だな」「閣下自身がヨーロッパ戦線で戦死した442戦闘団の軍曹の孫って言うのがアメリカ人の真情に訴えるのよ」ノザキ元将補は理事に就任するとハワイでも中国系と半島系の移民が「武力衝突の原因は日本側にある」とする世論工作を画策し、太平洋軍司令部への台湾有事への軍事介入や日米安全保障条約の発動に反対するデモや集会を起こしていることを知り、迅速に対抗措置を講じた。その手始めが就任時のパンチボールの太平洋地区戦没者墓苑への墓参で、アメリカ軍内の人脈で呼んでいたアメリカ軍の部内紙の記者を相手に現在のアメリカでは日系人2世部隊・第442戦闘団の絶大な戦功が忘却されていることを非難する一方で中国とロシアが常任理事国としての懲罰と称している日本への武力行使が侵略であることを明言した。この元将官のインタビュー記事が世界全域に所在するアメリカ軍基地の軍人と家族に周知されると中国資本に支配されているアメリカ本土の大手マスコミも無視できなくなり、テレビや新聞、雑誌はノザキ元将補にインタビューするようになっている。
「日本ではそれほどでもないがアメリカでは将軍・提督の発言は政治的影響力が大きいからホワイトハウスも無視できなくなるな」「それに閣下は発言内容が変質されていると即座に他のメディアを使って訂正を求めるからマスコミも迂闊に利用できないはずよ」これまでもノザキ元将補は中国資本の大手マスコミが通訳を用意して日本語でのインタビューを試みても英語で応答して言語の違いによるニュアンスの変質を避けてきた。それだけでなく日本のマスコミが外国の報道を日本で紹介する時に翻訳による印象操作を常套手段にしていることを具体的に説明して釘を刺した。日本語への翻訳では英語にはない丁寧語や敬語を用いるか否かでも人物像は大きく変わるのだ。さらにスマートホンで自分の発言内容を録音していて記事の誤りは全て訂正を求めているのでマスコミが得意とする失言を誘って利用する報道手法も行使できない。何よりもノザキ元将補は日本人とは思えないほど討論に熟練していてマスコミの方が完全に手玉に取られている。
「おかげで今の若い世代は知らなかった442戦闘団の英雄史的犠牲と戦功や日米安全保障条約の存在を再教育することができた」「それにしても閣下はどうしていつも黒の和服なのかしら。これって喪服でしょう」365日24時間の大半を一緒に暮らしている本間の情報源は杉本と大差はないが関心の度合いには個人差があり唐突に話題が分かれた。
「自衛隊のOBは将官でも制服を着用できないんだ。だからモリヤ1尉は日本での犠牲者に弔意を示して喪服を着てるんだろう。極道の妻たちみたいで格好良いじゃないか」「本当、元々美人だから喪服も似合ってるよね。私には無理だわ」ここで松山1佐が話に加わってきた。杉本と本間はWAC唯一の将官に敬意を払って「閣下」と呼んでいたが松山1佐は守山時代の呼び名で過去の関係を白状してしまった。確かにノザキ元将補の和服姿は失敗作の新制服よりも威厳と品格があって見る者=男を魅了する色気が匂い立っている。
ん5・ノザキ佳織
  1. 2023/08/12(土) 14:21:00|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハリウッドの異才・ウィリアム・フリードキン監督の逝去を悼む。

8月7日に1971年公開の「フレンチ・コネクション」や1973年の「エクソシスト」などのそれまでのハリウッド映画とは異なる作風の傑作を製作したウィリアム・フリードキン監督が亡くなったそうです。87歳でした。
フリードキン監督は1935年にイリノイ州シカゴで帝政ロシアによるユダヤ人迫害が波及していたウクライナから移住した家族の子供として生まれました。地元の高校に入学すると183センチと標準的身長ながらバスケットボールの花形選手になりましたが父親が病没したため大学進学を断念してテレビ局にメッセンジャーボーイ=使い走り(?)として就職し、やがて番組制作に加わりアシスタント・ディレクターを勤めるようになりました。
1960年代に入ると次々にドキュメンタリーの監督作品を発表し、評価が固まった1965年にハリウッドに移り、劇場用映画を手掛けるようになったのです。
中でも1971年公開の「フレンチ・コネクション」はその年のアカデミー賞で作品賞、監督賞を含む5部門で賞を獲得しましたが、野僧は14年後にアラスカ人の彼女の家で父が嘉手納基地のレンタルビデオ店で借りてきたビデオの家族上映会で見ました。
「フレンチ・コネクション」は1961年にニューヨーク市警の薬物担当の刑事2人がトルコからフランス経由で密輸された40キロのコカインを摘発した実話を基にした作品で刑事本人が出演していました。ニューヨークの裏社会で暗躍するマフィアと刑事の死闘を描いた物語の主軸ですが、他のハリウッドのギャング映画のように妖艶な美女をはべらしていたボスが最期はマシンガンで蜂の巣にされるのではなく、我が身に危険が迫っていることを察知しながらも捜査を続ける刑事と追い詰められて焦り、墓穴を掘る大物マフィアの姿をリアルに描いた作品でした。
一方、「エクソシスト」の日本での公開は中学1年の夏休みでしたが、その頃は寺の小坊主だったため同級生に誘われて見に行くと師僧=祖父に内容を説明して佛教式の除霊方法を習いました。題名の「エクソシスト」は実在するカソリックの心霊現象に対処する専門職で映画でも2人の神父が悪霊に憑依された少女の除霊に当たりますが、ベテランの神父が除霊中に心臓発作で急逝したため残った未熟な神父が勝ち誇る悪霊を自分に憑依させて窓から飛び降りて死ぬことで一緒に滅亡すると言う結末でした。
確かに佛教式の除霊でも僧侶としての「徳」を積み(除霊の数日前から肉食・飲酒を避け、朝夕の勤経を念入りにして前後には念佛を唱え続けるなど)、感性を研ぎ澄ませていなければ法力は発揮できず、かえって身を危うくすることになります。
しかし、残念ながらこの2作以降は過激な表現から日本で言う映倫(自主規制組織)の審査で年齢指定を受けることになって興行的には失敗してしまいました。
フリードキン監督は「仁義なき戦い」や「復讐するは我にあり」などの大ファンなので、影響を受けた作品を制作するようになり、実際は日本よりもエロ規制が厳格なアメリカやイギリスの映倫の審査が通らなくなったのかも知れません。彼女に郷土が舞台の芸術作品として「人生劇場」を見せたところ濃密な性交シーンの連続に「これはポルノか」と激怒しました。法縁に感謝しつつ冥福を祈りします。
  1. 2023/08/11(金) 15:28:34|
  2. 追悼・告別・永訣文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ574

「上層部はどう言ってるんだ」「今日も厚木の司令部で『お前が扇動しているのか』って疑われちゃったわ」志緒の意志を確認したところで膝を崩し、酒が始まると会話は本音になった。私も陸上自衛隊の部隊勤務の間は航空自衛隊で身についた「本音で勝負」を組織に対する批判=反逆と受け取られ、人事的にかなり不遇を託(かこ)ったがアメリカ海軍にも自己保身のために元凶を探す木っ端役人根性の持ち主はいるようだ。確かに日本人から帰化した志緒が元の祖国への愛着から同僚たちを扇動しても不思議はない。
「そんな状況で志願すれば『やっぱりアイツか』と決めつけられてしまうぞ」「そんな卑怯で臆病なことを言ってるのは在韓アメリカ軍で勤務していた時に韓国人と結婚した親韓反日派だけよ」「なるほど・・・」志緒の説明に私と梢は妙に納得してしまった。
ヨーロッパでも現地在住の韓国人たちは中国系や北朝鮮系と一体化して反日運動に励んでいた。志緒もハワイの高校で日系人の生徒が始めた東北地区太平洋沖地震の被災者救援の募金活動を韓国系の男子生徒が「日本人が大量に死んだのは過去の悪事に天が下した罰だ」と批判したのを完膚なきまで論破したため憎悪されて校内で強制性交されそうになったことがある。この3人は「韓国は敵」と言う認識で一致しているのだ。
「上層部は逆に現場の気持ちを理解していて、むしろ自分が真っ先に志願したいって明言しているのよ。だから司令官自らペンタゴンやホワイトハウスに談判しながら横田や横須賀、沖縄と良い秘策はないかって協議しているだって」「その噂は横田からも聞こえてくるな」私が聞いているのは目の前の横田基地ではなく在日アメリカ軍と直結している統合幕僚監部からなのだが「災害派遣のトモダチ作戦ならぬセンユー(戦友)作戦にしよう」と言う軽い話から「ボランティア休暇では駄目か」「日米協同訓練中に攻撃を受けたことにしよう」などの現実味を帯びたアイディア、さらに石田内閣を退陣に追い込んで双木外務大臣を首相に担ぎ上げるクーデターもどきまで飛び交っているので真偽不明だ。
「日支事変の時、アメリカはモンロー主義の厭戦世論で参戦できない代わりにパイロットをPー40戦闘機付きで大量に送り込んで義勇軍として国民党軍に参加させていた。第2次世界大戦の日本陸軍の撃墜王の上坊良太郎大尉の76機や篠原弘道少尉の51機の大半はアメリカ人義勇軍が相手だった。その意味では個人参加の義勇軍は常套手段ではあるな」「戦闘機付きだったの」「名目上は国民党軍が購入した戦闘機を運んで行ったついでに志願したことになっていたよ」志緒は旧式のPー3Cではなく乗り慣れたPー8で参戦できると思ったようだが私の解説に落胆した顔でグラスの酒を飲み干した。
「しかし、参戦すればロシア軍が新潟方面に増強する輸送艦隊を日本海で攻撃することになるぞ。この間、北海道でロシア軍の上陸部隊が乗った大型フェリーを撃沈した地対艦ミサイル連隊の幕僚が罪の意識を口にしていたがその辺はどう考えているんだ」「グランド・ダディがベトナム戦争の時に乗っていた輸送機が撃墜されるのと同じよ。それが戦争なんだから・・・ダディも北キボールで敵を殺したことを後悔しているの」私は志緒の軍人としての覚悟を確認するつもりだったが逆に自分自身の意識を問い質されてしまった。私も戦いを生業とする武人として殺すべき敵を殺(あや)めた行為に後悔はしていない。それでも生命を奪った者として追善供養は欠さない。
その一方で海上自衛隊の対潜哨戒機が日本海でロシア艦艇を撃沈し、航空自衛隊が軍用機を撃墜して海空救難隊や海上保安庁が敵の救助に当たっているのを見ると対米英中戦争中に太平洋の離島や南方戦線に送られる将兵を乗せた輸送船がアメリカ軍の潜水艦や艦載機によって撃沈された史実に重なってしまい複雑な心境になっているのも事実だった。その点、志緒は祖父のノザキ・アメリカ空軍中佐の薫陶を受け、アメリカ陸軍の指揮幕僚大学校に留学し、ハワイの太平洋軍司令部で勤務していた佳織の姿を見て育っただけに戦争に対する認識もアメリカ的に冷たく乾いている。
「志緒はクリスチャンではないんでしょう」「ノザキ家はブディズム(佛教)でもジョード・ウェイ(浄土宗)よ」「それはダディと私も同じ」ここで梢が母親の顔で話に加わってきた。梢は比叡山で知恵第一、持戒第一と謳われていた浄土宗の開祖の法然坊源空上人が口唱念佛に救いを求めた理由を説き聞かした。坊主の女房としても完璧だ。
  1. 2023/08/11(金) 15:27:05|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月11日・オカルト的海軍飛行士官・柴田武雄大佐の命日

1994年の明日8月11日は少年時代からオカルト的で海軍兵学校を卒業して飛行士官になってからも神が繋った言動を弄し、対米英中戦争末期には「お光教=東京大田区蒲田に本部を置く高橋妙龍さんと言う中年女性を教祖とする竜神信仰の新興宗教」に傾倒した挙句に敗戦後は新興宗教の教祖になった柴田武雄大佐の命日です。90歳でした。
柴田大佐は日露戦争が始まって10日後の明治37(1904)年2月に現在の福島県相馬市で生まれました。敗戦後に怪しい宗教家になってからの自己申告によると子供の頃はひ弱で言語障害もあり、作文と弁論が大の苦手だったそうです。それでも父親の意向で尋常小学校6年間と高等科2年に通った後、旧制・相馬中学校に100人中14番の成績で進学すると「数学の神さま」と呼ばれるほどの好成績を維持する一方で中学校1年の時に催眠術を覚え、4年で的中率100パーセントの数理的占い術を発明し、5年の1学期にはドウシタイなる予言者と寝食を共にして奥義を伝授されたそうです。
大正13(1924)年に海軍兵学校52期生を252人中46位の成績で修了しましたが同期には高松宮宜仁皇族大佐、庵原貢大佐=後の海上幕僚長、自己演出の権化・源田実(敬称・肩書不要)、源田と共に神風(しんぷう)特別攻撃隊を創設・推進した猪口力平大佐、敗戦後は日蓮宗の坊主になった玉井浅一中佐、真珠湾で「トラトラトラ」を打電した淵田実津雄大佐などがいました。なお自己申告によれば海軍兵学校の3号生徒=3年生の時に占いを止めてからは霊的エネルギーが閃きになって意識を過(よぎ)るのを自覚するようになったそうです。
卒業後の職種は飛行科で昭和2(1927)年に航空母艦・赤城に配属されて翌年には霞ヶ浦航空隊の操縦課程に入校し、卒業時に戦闘機専修に指定されると大村航空隊、航空母艦・加賀を経て霞ヶ浦での教官に抜擢されました。この頃、源田の上海事変での戦況報告を聞いて「魔力」を感じたそうで以降、同期でも近づくのを避けるようになりました。
以降は海軍航空隊が戦力化していく過程の試行錯誤に当事者として参加しますが、零式艦上戦闘機を開発していた三菱重工の設計技師・堀越二郎さんに歴戦の搭乗員として源田と共に「格闘性能、速度、航続距離のうち優先すべきは」と問われて源田は「全て必要だが、強いて言えば格闘性能」、柴田少佐は「格闘性能は技量で補う。だから航続距離」と答えたと言う逸話があります。
大陸戦線、対米英中戦争では指揮官として前線を渡り歩き、搭乗員と航空機の消耗を目の当たりにしましたが、昭和20(1945)年2月になってメッサーシュミット163を模倣したロケット戦闘機・秋水の開発を担当するとテストパイロットが入信していた「お光教」に加入して熱心な信者になってしまいました。
敗戦後は実家の自動車工場を手伝って暮らしていましたが、昭和38(1963)年9月25日の就寝前に下腹部に全宇宙のエネルギーが集中する神秘体験をして「ンナン学(宇宙万有に平等に偏満している無限永遠の生命の明確な把握を説く真の教え)」なる新興宗教の教祖になっています。
  1. 2023/08/10(木) 14:18:25|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ573

「明日、厚木に行くから泊めて欲しいの」北海道の現地調査を終えて梢は荷物の片づけ、一段落し、私は資料の整理に取り掛かった頃、三沢の志緒から電話が入った。志緒は対潜哨戒機・Pー8ポセイドンの機長になり、大尉に昇任している。ただし、ポセイドンには正副のパイロットと正副のTACCO=戦術航法士、下士官のオペレーター=航空士5名が搭乗していてこの中の最先任上位者にコマンダーとしての指揮権が与えられている。
「そうかァ、前は佳織の官舎を厚木の下宿代わりにしていたからな。今後はウチに居候するつもりだな」「お願いします・・・」私の返事に同調しながらも志緒は言葉を濁した。私は父親として志緒の来宅には別の重い目的があることを感じ取った。
「梢、幸せそうね」「志緒も元気そうで安心したわ」翌日の夕方、志緒はアメリカ海軍の軍服で来宅した。やはり袖に金線2本の海軍大尉の階級章が入った軍服姿を見せたかったのだろう。確かに元々が海上自衛隊志望だった私は感激して梢との挨拶が終わるとそのまま抱き締めてしまった。すると志緒は頬にキスしてくれた。
「玄関で靴を脱ぐのを忘れちゃいそうで・・・」「私たちもオランダで脱がない生活をしていたから忘れそうになるわ」私の抱擁を解かれた志緒が身体をかがめて脱いだ靴を揃えると梢との会話が再開した。梢と志緒はハワイでの淳之介とあかりの結婚式で初めて会って以来、オランダからフロリダ州のペンサコーラ基地での入隊式に出席し、テキサス州のコーパス・クリストファ基地にも行っている。それだけでなく志緒が自宅にかけてくる電話に出るのは梢なので女同士の会話が弾むようになり、あくまでも職業人としての意識が抜けない佳織よりも女心を打ち明けられる相手として深く結びついている。だから戦場で捕虜となって凌辱されたアメリカ軍の女性パイロットの体験談を聞いた志緒が「兄である淳之介に純潔を捧げたい」と胸に秘めていた想いを打ち明けると梢は淳之介の妻になっている娘のあかりを説得して叶えさせた。
「でも掃除は土足で上がるよりも靴を脱いだ方が楽だろう」「まだダディが掃除してるの」「いいえ、最近は坊主の修行は放棄しています」佳織が2年間の指揮幕僚課程に入校して私が1人で淳之介と志緒を育てていた頃には家事を「禅僧の作務=趣味」と称して殊更に完璧にこなしていた。それも梢と言う完璧な妻(前回は彼女)との生活を取り戻すと自分を鞭打つ強がりだったことが思い知らされる。
「旭川ではいきなり五観の偈を唱えることになって間違えないかヒヤヒヤしたよ」「でも立派なものだったわ。やっぱり坊さんって感心しちゃったもん」梢と志緒が作った夕食が並んだ座卓の一辺に2人が並び、対面に私が座ると合掌して「いただきます」と唱え、私のボヤキが入った。目の前にいるのが佳織ならヒヤヒヤしないために「五観の偈」を練習するところだが梢は柔らかく受け流してくれる。続いて志緒が青森で買ってきた冷酒を注いだグラスで乾杯してから箸を取った。
「私、義勇軍として日本の戦争に参加したいの」「何だって」「間もなく自衛隊が新潟で攻勢作戦を開始するでしょう。それにイギリス人の若者たちが義勇軍として参加するじゃない。今の在日アメリカ軍ではイギリス人が参戦して日米安全保障条約を結ぶ同盟国のアメリカ合衆国軍人がそれを傍観していることはできない。ホワイトハウスが決断しないなら義勇軍として個人参加するって言う声が沸き起こっているのよ」唐突な志緒の申し出に私は口に含んだ酒が飲み下せなくなった。イギリス人の志願者が東部方面隊、台湾人とフィリピン人が西部方面隊に予備自衛官として配備されたことは私も統合幕僚監部で聞いている。その一方でアメリカ本土では北京に預金口座を持つ移民団体が与党である民主党の上下院議員に莫大な政治資金をバラ撒き、あらゆる産業の中国系と半島系の労働者たちが「日米安全保障条約を発動すれば一斉に退職する」と経営者を脅しているため在日アメリカ軍の再三の要請にも関わらずホワイトハウスは決断できていない。
「それは日本人と結婚している軍人だけじゃあないのか」「ううん、私の同僚のパイロットたちもPー8で参戦できなくても八戸のPー3Cなら操縦できるって言ってるわ」私が志緒の軍人としての真顔を緩めようと軽く茶化すと真剣に反論してきた。気がつくと無意識に3人揃って正座していた。酒は全く進んでいない。
  1. 2023/08/10(木) 14:16:55|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒロシマ市長の妄言をさらに歪曲するマスコミ

8月6日の原爆式典でヒロシマ市長が平和宣言として弄した妄言をニュースのアナウンサーの台詞と新聞の見出しでは「核抑止論は破綻、脱却を」とさらに歪曲していました。
侵攻を受けたウクライナにEUが積極的に軍事支援を行っていることに旧ソビエト連邦=ロシアが核の恫喝を繰り返していた5月19日から22日に開催されたG7広島サミットはNHK広島局が主導するマスコミによって現在も「アメリカは実際に核兵器を使って多くの市民を殺傷したがソビエト連邦や共産党中国は使っていない。アメリカに3度目を使わせないための正義の核兵器だ」と公言し続けている被爆者主演の特別番組で反核反戦平和に名を借りた反米親中親ロ一色に塗り固められ、それが選挙に不利に働くことを畏れる岸田首相の弱腰な議事進行によって危うく常任理事国でもアメリカとイギリス、フランスだけは核兵器を使用しないと宣言しかねない気配が充満していました(中国地方のNHKの特別番組では解説者が「それがなければ成果はなかったと言わざるを得ない」「困難だが期待はできそうだ」と断定していました)。
ところがウクライナ大統領の予定外の直接参加によって空気は一転してヒロシマの反核団体が核兵器廃絶を叫び、片言しか話せない幼児から認知症が進んでいる老人までが「反戦平和」のお題目を唱えても戦争を抑止することはできず、核の恫喝に為す術がないことを再認識することができたのです。
あれからわずか3カ月しか経過していない8月6日の原爆の日の平和宣言でヒロシマ市長は猛暑で頭がいかれたのか(ヒロシマは朝8時の開会なのでまだ危険な気温ではなかった)「サミットに出席した各国の首脳は平和祈念資料館を見学したのだからヒロシマの反戦平和の政治主張に同調したはずだ。今後もより多くの首脳に見学させて共感者を増やさなければならない。しかし、首脳の多くはいまだに核兵器による抑止力を信じている馬鹿者が多いことが判った。今後もヒロシマは平和の尊さを説き、核兵器によらない安全を実現しなければならない」と意味不明な妄言を世界に向けて発信し、それをテレビと新聞は前述の「核抑止論は破綻した。脱却を」と歪曲したのです。
8月に入ってからも北朝鮮は連日のようにICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験を繰り返し、国王が核兵器を搭載することを宣言していますが、ヒロシマ市長は「北朝鮮の国王が核兵器を欲しがるのはアメリカのせいだ」と同情しているのでしょう。
それどころか最近、広島市に本社を置く中国電力が多くの原子力発電所を抱える関西電力と協力して住民の反対運動で原子力発電所の建設が中断している山口県上関町に使用済み核燃料の中間貯蔵施設を建設するための調査に着手すること表明すると反核団体が本社前に押しかけて「核兵器と原子力発電は同じだ」と騒ぎ立てました。
これをNHK広島局は反対派に脚光を浴びるように報道しましたが中間貯蔵施設の建設は現実の急務であり、ニュースや気象情報で「適当にエアコンを使って熱中症対策を取って下さい」と節電とは逆の命令を流布しているのとは自己矛盾しています(長崎の式典が台風で中止になるように天象祈願しましたが中途半端な結果になりました。アシカラズ)。
  1. 2023/08/09(水) 15:47:13|
  2. 時事阿呆談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ572

「こんばんわ、こんばんわ、こんばんは、も一つおまけにこんばんわ。北海道を守ってくれている自衛隊の皆さん、ゆきうさぎです」帯広駐屯地の隊員食堂では森田予備2曹の妻・照子が札幌で放送している前線の自衛隊向けのFM放送が流れていた。同じ食卓の向かいで食べている伊倉2佐も飯を口に運ぶのを止めて聞き入ったところを見ると単なる娯楽以上の内容があるらしい。それとも伊倉2佐好みの楽曲が流れるのかも知れない。
「先ずはニュースからです。北海道では自衛隊のおかげで侵略者を降伏させることができましたが、これを受けて道庁記者クラブのマスコミ関係者に現地取材が許可されたようです」このニュースは私たちも知っている後追い情報なので伊倉2佐が「道庁と北部方面総監部が事前審査している」と解説した。
確かに大正期にスターリンの世界共産革命戦略=第3インターナショナルに組み込まれたままソビエト連邦崩壊後は中国共産党が引き継いでいる日本のマスコミの実態を考えると戦場の報道はこのくらい慎重であるべきだろう。
カンボジアPKOで日本の記者たちは自衛隊の宿営地や作業現場周辺に住む老人に「日本軍に再占領される気分は」と反発を煽るインタビューを繰り返していた。ところが現地の老人たちは「日本軍は規律正しく親身で、あのまま日本軍が占領していてくれればポルポトがのさばることはなかった」と若い記者たちが日本で習っていた断罪史観とは真逆の事実を語り、かえって老人が若者や子供たちに日本軍の占領政策を語る切っ掛けを作っていた。また北キボールPKOではマスコミに雇われたフリージャーナリストが跋扈し、現地の若者に武器を買い与えて宿営地近くで発砲させて「自衛隊の宿営地が銃撃された」と言う記事を捏造した。さらに自衛隊の市街地整備が住民の支持を集めると「感謝のパレード」を提案し、スペイン語しか読めない参加者に「ジャパン・グランド・セルフ・ディフェンス・フォース、ゲット・アウト(日本陸上自衛隊、出ていけ)」「同、ゴー・ホーム(日本陸上自衛隊、家に帰れ)」と英文で大書した横断幕を渡して写真を日本に送り、「現地住民の反対デモが発生した」と報道させた。ところがご丁寧に「グランド・セルフ・ディフェンス・フォース」と言う特殊な英文を使ったため馬脚を現していた。
「今日も最初は愛媛県の私の旦那さんのパパからの提案で捕虜収容所に入っている兵隊さんにロシア民謡を送ります。今日の曲は『赤いサラファン』です」「おッ、好いねェ」「愛媛の旦那さんのパパって・・・」私と伊倉2佐は意外なところで好みが一致したようで哀愁漂う曲で嫁入りを拒む娘を母が外套を縫いながら説得する対話が歌詞のロシア民謡に感嘆の声を上げたが梢だけは提案者が森田敬作定年2佐であり、DJのゆきうさぎが森田謙作予備2曹の妻であることを推理した。それにしても捕虜にロシア民謡を聞かせて望郷の念を煽り、「早く帰国するためには真面目に生活することだ」と教える心理操作はかなり高度で流石は我が同期で航空自衛隊の警備の神さまだ。
帯広での調査が終わると翌日は警務車両で千歳基地まで送ってもらった。往路は陸上総隊幕僚長以下の視察団一行に同乗したので中部航空方面隊司令部支援飛行隊のUー4だったが帰路は懐かしのCー1になった。私としてはビジネスジェット機のUー4よりも傑作輸送機のCー1のハンモック式の座席を梢に体験させられることが嬉しい。梢も私と別れた後、那覇空港を離陸する迷彩塗装の機体を見送って涙ぐんでいたCー1に乗れることを喜んでいる。そして夜は千歳市内にある元々義弟の玉城松真元准尉の自宅に招かれた。
「モリヤボージヌ、久しぶりです」「ハイサイ、こちらが・・・」「新しいネエネねェ。やっぱりチュラカーギさァ」松真には梢も沖縄県人であることは教えてあるのでシマグチ(沖縄方言)の連射になる。松真は私が尉官だった頃は「2尉ニ=ニイニ」、佐官になってからは「2イ佐ン=ニイサン」と呼んでいたが今は沖縄方言で「ボージヌ(坊主)」だ。それにしても最初に結婚した美恵子の弟で2度目の佳織にも会ったことがある松真に「新しいネエネ=義姉」と呼ばれても困ってしまう。ただし、沖縄方言でチュラカーギ(美人)と言われたのは手放しで嬉しかった。玉城家では泡盛を飲みながら松真からは千歳基地を封鎖するために韓国からの旅客機が爆破された事件、妻の美代子元曹長からは警衛隊長として対処したFー15の破壊工作の説明を聞くことになった。
  1. 2023/08/09(水) 15:45:24|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月9日・釜石市に2度目の艦砲射撃と空襲が加えられた。

現代の日本では「長崎のカソリック教徒がカミの罰である原子爆弾を我が身に受けて殉教した日」と思われている昭和20年8月9日に北部太平洋を我が物顔に勇躍して北海道や東北各地に空襲と艦砲射撃を繰り返していたアメリカ・イギリス海軍の機動艦隊が青森県下北半島の大湊警備府(海軍工廠=造船所を持たない軍港)を空襲して機雷敷設艦・常盤と駆逐艦・柳を大破させ、その攻撃機を収容しながら東北沖を南下して岩手県釜石市に艦砲射撃と空襲を加えました。日本製鉄釜石製鉄所を有する釜石市への艦砲射撃と空襲は431名の死者を出した7月14日に続き2度目でした。
7月14日の攻撃を実施した34.8.1艦隊はアメリカ陸軍航空軍が運用する最新鋭爆撃機・Bー29の9000キロの航続距離でもマリアナ諸島の基地から東北・北海道の空襲では燃料に不安があり、爆弾の搭載量を制限せざるを得ないため、その攻撃力を補完するためにアメリカ海軍第38任務部隊(太平洋方面の主力艦隊)の一部を分離して編成していて8月9日には南太平洋方面の日本艦隊が壊滅して手が空いたイギリス海軍の艦艇を合流させて戦力を強化していました。
実は同じ海軍による攻撃でも艦砲射撃と艦載機による空襲では大きな違いがあり、艦艇が実施する艦砲射撃には海戦法の人道主義に基づく制限規定が適用されて洋上で民間の船舶を攻撃するまでには呆れるほどの確認手順を踏まなければならないように艦砲射撃でも攻撃目標を破壊する軍事的必然性が確保されなければなりません。一方、艦載機による空襲では空戦法が存在しないため攻撃手段に制限はなく、第1次世界大戦で航空機の絶大な攻撃力と将来性を認識して空軍を独立させたヨーロッパ列強のように独立した軍種になるためには陸軍、海軍、海兵隊以上の戦果として日本人を殺害する必要があったアメリカ陸軍航空軍と同様に日本軍の部隊や軍事施設の有無に関係なく無差別攻撃を繰り返し、農村や漁村でも戦闘機を低高度で飛行させて児童・生徒や田畑の農婦、沖で漁に励む漁師などに機銃掃射を浴びせて殺害しました。アメリカ陸軍航空軍の戦闘機が日本本土まで飛行可能になったのは硫黄島が陥落した1945年3月末以降なのでそれまでの戦闘機による無差別攻撃は海軍の仕業です。
8月9日の艦砲射撃では7月14日の攻撃を経験した市民の多くは「敵艦隊接近」の警報で市街地に迫る山林に避難しましたが、背後の山への艦砲射撃で火災が発生したため逆に市内の空き地に逃げ出したところに今度は市街地に対する集中砲火を浴びせられ、さらに艦載機が空襲と機銃掃射を加えて283名を殺害しました。釜石市には市街地に接する薬師山に陸軍の高射砲部隊がありましたが、艦砲射撃で破壊されてしまい続く艦載機の空襲には役に立ちませんでした。
また釜石市内には大橋町に仙台俘虜(明治政府が戦争法を批准した時、語訳として採用した=捕虜)収容所第4分所、港町に第5分所があり、オランダ、アメリカ、イギリス、カナダ人の捕虜が収監されていましたが、この2回の攻撃で32名が死亡しています。なお1週間後の敗戦時には746人が収監されていました。
  1. 2023/08/08(火) 14:22:23|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ571

「おッ、足寄(あしょろ)じゃあないか」「足寄って松山千春の出身地でしょう」根室分屯基地と矢臼別演習場に設置している第5旅団の地下司令部壕に寄ってから深い針葉樹林を抜けて帯広駐屯地に向かった。すると途中の本別町内の行先表示板には「足寄」の地名があった。私や梢の世代には「足寄」と言えばフォーク歌手の松山千春の出身地だ。私が好きなさだまさしは長崎、梢が好きな南こうせつは大分とどちらも九州出身だが北海道で勤務している同期たちは松山千春と中島みゆきの熱狂的なファンが多く、ライブのテープを借りて聴いたので歌の合間に語る地元への熱い思いは知っているつもりだ。
「足寄なんて何もなくて滅茶苦茶寒いから部屋にこもってギターを弾くくらいしかやることがなかったんだろう」「足寄町は町としては日本一広いんです。平成の大合併で岐阜県の飛騨高山市が周囲の9町村を吸収するまでは市町村でも日本一でしたが、今は6番目だったかな」後席で私と梢が盛り上がると警務隊長が水を差し、代わって運転手の陸曹が参加してきた。警務隊長は美幌駐屯地での雑談で「フォーク・ソングは反戦歌が多いから嫌い」だと吐き捨てていた。この見解は佳織と別れて縁が切れてしまった岐阜県可児市のローカルFM放送のDJ・昭和一郎こと島田信長元准尉からも聞いたことがある。
そう言えばオランダに出発する前に警務幹部を職種兼務することになって親しくなった警務隊本部の面々と飲みに行くとカラオケでは舟木一夫の「銭形平次」や野際陽子が唄っていたキーハンターの主題歌「非情のライセンス」などの捕物帳、刑事ドラマのオンパレードになった。中でもしまざき由理のGメン75のエンディング・テーマ「面影」では鼻をすする者までいた。同じ警務隊長でも大らかな増田2佐とは違って陰気と言うよりも陰湿な風貌の伊倉2佐は一人で黙って「面影」を聞いていそうな気がする。
「拘置所にしては随分開けっぴろげですね」「小中学校を間借りしてるから仕方ないだろう」帯広に開設した第5旅団の捕虜収容所はロシア軍の対人地雷の使用などを日本の国内法で刑事告発する予定なので未決囚を収監する臨時拘置所として法務省に申請している。その臨時拘置所は第2師団が旭川市内でも山間部にある江団別小中学校に開設した捕虜収容所に倣い、帯広市郊外の大野小学校と三千代中学校を借用している。ただし、江団別小中学校は同一校なので校舎は1つだったが、こちらは隣接していても校舎、校庭、体育館などは別々だ。おまけに江団別小中学校には大人の腰までの高さの安全な外柵があったが、こちらの小学校と中学校にはところどころに生け垣があるだけだ。それでも学校の周囲は見渡す限りの畑で隠れる場所がないだけに逃亡するには苦労するはずだ。管理運営しているのは旭川の第52普通科連隊の第2中隊と同じく第3中隊の即応予備自衛官なので資質や練度に格差はないと思われる。ただし、航空自衛隊の警備の神さまの我が同期・森田敬作定年2佐の息子と言う隠し玉はない。
「我々は軍の命令に従ったのであって個人的な殺意で対人地雷を散布した訳ではない。正当な戦闘行為を遂行した者を犯罪者扱いするのは捕虜の待遇に関する1948年8月12日のジュネーブ条約が禁ずる屈辱的取り扱いである」施設の見学の後はここでも捕虜の代表者と面談した。最初は別海上空で普通科連隊に携帯SAMで撃墜された攻撃ヘリコプターのパイロットの大尉で今回も梢が通訳した。
「A級戦犯のニュルンベルグ裁判と東京裁判、通常戦争犯罪者のB・C級裁判で軍人には組織の命令であっても誰もが違法と判断できる行為を拒否する義務が判例として確定している。ロシアはオタワ条約に署名していなくても日本は1998年9月30日に批准しているから平時の日本国内では対人地雷の使用は違法行為だ。ロシア陸軍の将校である君は当然、知っていたのだろう」これは国際法の運用論法としては詭弁に近いが、司法としての事情聴取ではない以上、反抗する者を叩いておいても問題はない。私は第2次大戦後の東京裁判で日ソ不可侵条約の破棄猶予期間を一方的に破って満州と樺太、千島列島に侵攻しておきながら戦勝国として日本を裁く側の席に座ったソビエト連邦=ロシアの欺瞞性を追求する準備は整えている。私としては第5旅団長の意向を受けて伊倉2佐が決断した国際法上の正当な戦闘を日本の国内法での違法行為とする司法戦術を試してみるために協力することにした。確かに国際法に携わってきた者としては興味深い。
  1. 2023/08/08(火) 14:20:44|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ570

「マスコミはこの駐屯地から先には取材に入らないそうです」「対人地雷の除去が完璧だと自衛隊が保証しろと要求しています」「誰が保証しても危険地帯には立ち入らないだろう」別海駐屯地では駐屯地司令の第7偵察隊長と第27普通科連隊第3中隊長、地雷は以上に当たっている第5施設隊派遣中隊長との会食になった。話題はやはり北海道庁から依頼があったらしい道庁記者クラブ所属の記者団の取材だった。
「ワシは世界各地の戦場を回ったがフリージャーナリスト以外の日本人のマスコミに会ったことはなかったよ」「その割にデカデカと戦争の記事を載せてますよね」「いや、日本のマスコミはアメリカの請け売りだからアメリカ軍が介入していない戦争は全くと言って良いほど報道していないよ。君たちはアフリカのコートジボワールやリビア内戦、ヨーロッパの旧ユーゴスラビア内戦、アジアでもスリランカ内戦について知っているかね」「・・・断片的にしか知りません」私の体験談に普通科中隊長が重い口調で相槌を打った。
「アフリカの戦争は日本では部族紛争扱いだが国際社会では大アフリカ戦争と呼ばれて世界大戦に準ずる格付けを受けているんだ。加倍政権が安全保障法を成立させた上で自衛隊を南スーダンPKOに派遣したのは国際社会への応分の貢献だった。と日本では報道していなかっただろう」私が茶山元3佐から届いていた月遅れ新聞で仕入れた知識を披露すると警務隊長を含めた各隊長は視線を逸らし合ってうなずいた。
「それにしても問題は住民の帰宅ですね。我々としては道(北海道)の避難措置のおかげで文民を巻き込むことなく戦闘を遂行できた。想定以上の戦果は道の英断があったからこそです」「やはり航空自衛隊に国後の滑走路を徹底的に破壊してもらわないといけませんね」これまで面談した5旅団の幹部たちは考えている戦術に個人差はあっても「北方領土からの脅威が存続している中での住民の帰宅は危険である」と言う常識は共有していた。北海道庁としてはマスコミに下調べさせて住民に周知することで今後の方針を策定するつもりかも知れないが「平穏な風景」を流布されれば対岸からの脅威を見失いかねない。
「それにしても稚内側は1組なのに根室側は4箇所を同時に攻撃したのは謎ですね」翌日は根室分屯基地の見学に先立って第26警戒隊長の案内で第6高射群の4個高射隊が全滅させられた展開地を巡回した。惨劇の舞台の1つになった小学校では校庭に全器材を配置していたが、発射態勢になっていた発射機=LSが狩猟用ライフル銃で銃撃されて弾頭部が爆発した。そのため発射機に搭載していた実弾のPAC2とPAC3が次々に誘爆し、トラックの予備弾まで爆発した。PAC2は上空を高速度で飛来する航空機を撃墜するだけの破壊力を有しているので1発でも校庭全体が火焔に包まれ、埋設式陣地を構築することなく地上に露出させてあった弾体が誘爆するのは当然だった。実際、校舎の壁は黒焦げになっている。それは稚内で森田予備2曹が指摘した疑問点でもあった。
一方、稚内では第3高射群の展開地に潜入して同様の破壊工作を実施しようとしたのは森田予備2曹が射殺した元教員と運転手の1組だけで他の歩哨は発見していない。第3高射群の1個高射隊は稚内分屯基地内に展開していたが残りの3個高射隊は稚内市内に分散配置されていた。同時に破壊するために4組を投入するのはこちらのはずだ。
実際、根室の4個高射隊を破壊した日本人工作員は想像以上の爆発に巻き込まれて全員が死亡したと報告されているが、それは事件後の4箇所の現場検証で発見された銃器を携帯した身元不明の遺骸を実行犯と推定しているだけだ。
また旭川の第119地区警務隊で読んだ捜査報告書によれば逮捕された運転手が旭川駐屯地に連行されると札幌から来た某野党系の弁護士が待っていて警務隊の取り調べに立ち会うことを要求した。以降は会話は全てスマートホンに録音し、発言は隣で弁護士が指示する言葉を運転手が言い直すだけになったらしい。
「ロシア軍はヘリで稚内に橋頭保を確保した後、輸送機で旭川空港に地上部隊を投入する作戦だった。その意味では稚内の方が優先順位は高いはずだが」「道東にもヘリは頻繁に飛来しましたが3中隊が携SAMで対処している間に5高特(第5高射特科隊)が展開したので恵庭のホークが来るまで持ち堪えることができました」警戒隊長は航空自衛隊の任務を陸上自衛隊が代わりに果たしてくれたことに心底救われたような顔で解説した。
  1. 2023/08/07(月) 14:55:54|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月7日・鼻の日

8月7日は「ハチ」と「ナナ」の語呂合わせから昭和36(1961)年に耳鼻咽喉科学会が制定した「鼻の日」です。
顔の部品の「日」としては3月3日を「ミッツ」と「ミッツ」とした語呂合わせと「3」の形が耳に似ているからと昭和31(1951)年に同じ耳鼻咽喉科学会が制定した「耳の日」や「10」と「10」を並べて横にすると「眉と目」になると言う「目の愛護デー」がありますが、「口」については1月19日が語呂合わせで「良い口の日」、1月18日は「良い歯の日」です。このうち「目の愛護デー」は昭和14(1939)年から昭和19(1944)年まで9月18日の「目の記念日」に置き換えられていました。こちらは明治11(1878)年の8月30日から11月9日まで北陸地方と東海地方を巡行した明治天皇が「新潟でトラコーマが蔓延している」との報告を受けて「眼病予防と治療に万全を期するように」との詔(みことのり)を発して金一封を下賜した日です。
この時期の日本は国家神道が主導する忠君愛国の思想統制が狂気を帯びていて昭和16(1941)年には明治天皇が明治9(1876)年に東北地方と北海道への巡行の帰路に帆船・明治丸で横浜港に帰着した7月20日も「海の記念日」になっています。
とは言え明治天皇個人の業績を国家の記念日にするよりも「10と10を並べて横にすれば眉と目になる」と言う由来の方が国民に親しまれるのは間違いなく、その発想を8月7日の「鼻の日」に持ち込めば「8」は「両目」、「7」を逆さにすれば「鼻の形」になりますが語呂合わせ以上の故事つけになりそうです。
野僧は「目」と「耳」と「鼻」の3つの部品のうち「目」は退役まで2.0以上の視力を維持していて30歳代から老眼になりましたが高校生の時に受験した海上自衛隊の航空学生の2次試験では「微度色弱」の判定を受けて保留になりました。「耳」は地上戦闘訓練の空砲射撃でも耳栓を愛用し、ジェットエンジンの稼働時はイヤーマフ(ヘッドホーン式の保護具)を離さなかったので海上自衛隊の2次試験の聴力検査では測定機械の限界値を超えた微弱音も感知できるため(ストップウオッチによる感知テストでは長い隊舎の廊下を使って測定した)「ソナー員としては抜群」とお墨付きをもらいました。実際、はるか遠い位置で隊員がしている噂話も正確に聞き取るので「地獄耳」と恐れられました
ところが「鼻」は自覚症状がない欠陥品で、海上自衛隊の2次試験では空気圧でくぼんだ鼓膜を鼻を摘まんで息を吐いて押し出すことができず検査の結果、鼻と内耳をつなぐ内耳管が閉塞していることが判明しました。これで完全に不合格で航空自衛隊では3次試験になるプロペラ練習機での搭乗飛行も却下されました。考えてみれば空気圧が激しく変動する空中で鼓膜を処置できなければ破れる可能性があり、後年、同じ理由で第5術科学校の兵器管制幹部課程のTー1練習機への体験搭乗も除外されました。
医療過疎の当町内には入院できる総合病院さえもなく、死因にならない眼科や耳鼻咽喉科は隣り町まで足を伸ばさなければなりません(眼鏡店や補聴器を売っている時計店もない)。勿論、予防には努めていますが加齢による肉体の劣化には抗し切れません。
  1. 2023/08/06(日) 14:55:15|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ569

「遅くなってすみません。私が海岸線で海に砲を向けている戦車を見たいなんて言ったものですから」「いいえ、ウチの飯は別海駐屯地からの運搬食ですから到着した時から喫食開始なんですわ」中標津町から標津港に回り、都市部の環境団体が自衛隊の展開を妨害した知床半島の現場を確認して航空自衛隊第2移動警戒隊の展開地に到着した時には予定時間を大幅に過ぎていた。展開地では警戒隊長と会食することになっていたので「お預け」させてしまったことになる。それでも航空自衛隊は部隊機能を維持するための交代喫食が一般的なので陸上自衛隊のように全隊員が「お預け」することはないはずだ。
「現在のロシア軍の動向はいかがですか」「・・・モリヤ検事はOBとは言え現在は部外者ですから・・・」「流石、秘密保全の口述試験は稚内、網走に続き合格ですな。ねッ、警務隊長」OD色の行事用天幕の食堂で冷めた飯の会食が始まると私は興味本位に不用意な質問をしてしまった。すると警戒隊長は申し訳なさそうな顔で回答を拒否した。確かに航空自衛隊でも担当者には特定防衛秘密取扱者審査を必要とする防空行動に関する情報を雑談で漏らすことはできない。それでも警戒隊長が非礼を詫びるような顔をしているので私は助け船として虚構を弄した。自然にうなずいた警務隊長は中々の役者だ。
「POM3は除去できそうですか」「我々も不勉強でして・・・2次被害を出さないことを最優先に作業を進めていますから能率が上がりません」その日は別海駐屯地に宿泊なので午後はロシア軍がヘリコプターで散布した対人地雷POM3の除去作業を見学した。地雷除去は施設科が専門なので帯広駐屯地の第5施設隊が実施しているが、作業指揮官の施設幹部の1尉はPOM3がオタワ条約の発効まで自衛隊が保有していた対人地雷とは構造や作動方式が全く違うので悪戦苦闘していることを正直に申告した。信管を踏むか、展張しているワイヤーを引っ掛けることで作動する今までの対人地雷であれば地面を這いながら金属棒(銃剣で代用することも多い)で地面を刺し、手探りで探せば発見は可能だがPOM3は本体と人間が歩く振動を検知するセンサーが分離する上、小型なため発見は極めて困難だ。さらに突き出した竿の先に広げて取り付けた金属製の鎖で地面を擦って信管を作動させる自走式地雷排除装置や低空で弾頭から引いた炸薬を爆発させて風圧で作動させ、誘爆させる地雷排除ロケットも効果は低い。
「モリヤ2佐はICC(国際刑事裁判所)時代にウクライナに行ったことはありますか」「勿論、あちらでPOM3の現物を見たよ」指揮官は足元に置いてある金属製の防爆容器の蓋を開けて回収したPOM3の本体を見せながら質問してきた。この容器はセンサーの作動信号電波も遮断するので収納しておけば安全だ。
「あちらはウクライナ軍とEUのボランティアが除去作業を実施していると思いますが、どんなやり方ですか。事故は起きていませんか」やはり施設幹部としても予備知識が乏しい中で作業を指揮することには不安があるらしくすがるような目で質問してきた。
「ウクライナ軍も当初は通常の対人地雷と同じやり方で除去しようとしたが、発見し切れないで残っていたPOM3で家に戻った住民が死傷する事故が続発した。特にボランティアは地面の作業は危険だからと鎖で地面を擦る機材だけで作業のやり直しを余儀なくされた。おかげで2次被害が続出して危険でも確実な荒業を採用したよ。ブルドーザーで上を削ってしまうんだ」私も作業現場を見た訳ではないが廃墟と化していた市街地をブルドーザーで整地している場面をオランダのニュースで見たことがある。
「それからNATO軍がPOM3の作動信号電波の発信装置を開発して実験を始めているようだ。ところがロシア軍は通常の対人地雷をブービートラップにして併用し始めたから手に負えん」私の説明に指揮官は沈痛な顔で口を「へ」の字に曲げた。
「最近、道庁が住民の帰宅開始時期を問い合わせてくるようになりまして今回のマスコミの取材は下見なのかも知れません。ハッキリは言いませんが来年の春の農事の開始までの作業完了を期待しているようです」「しかし、国後島のロシア軍が壊滅した訳ではないだろう」「いっそのこと北方領土を奪還してしまいますか」作業指揮官は目の前に見える国後島の島影を仰ぎながら危ない願望を口にした。1尉クラスでは北部方面総監が秘かに研究している北方領土奪還作戦を知るはずがない。これは北海道民としての真情なのだ。
  1. 2023/08/06(日) 14:54:05|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月6日・3度目の今治空襲

同じ年月日の午前8時15分にヒロシマに原子爆弾が投下される8時間前に瀬戸内海を挟んだ対岸の愛媛県今治市が3度目の空襲を受けました。
原子爆弾の投下と通常兵器による日本の都市空襲はどちらもサイパン島を始めとするマリアナ諸島に建設した基地からアメリカ陸軍航空軍が実施していましたが、原子爆弾の投下は大統領の署名命令なのに対して通常兵器による都市空襲は第21爆撃軍団の作戦計画に基づく軍団司令官の職権なので同時進行で実施されることもあり得る事態で、実際8月9日のプルトニウム爆弾は小倉に投下する予定だったはずが前日の八幡空襲による火災の黒煙が上空を覆って目標が視認できず第2目標の長崎に変更したのです。
愛媛県には広島県出身の源田実大佐の発案で紫電改による松山海軍航空隊が置かれ、Bー29の護衛戦闘機と激しい空中戦を繰り広げたため脅威=攻撃目標として認識され、松山市は昭和20(1945)年2月10日にBー29が1機で上空を通過した偵察飛行から1週間後の2月17日に航空基地が艦載機によって爆撃され、5月4日朝にはBー29が17機で破壊しました。そこで無傷の都市が目についたのか7月26日の午後11時8時から翌日の午前1時にかけて128機のBー29が焼夷弾896トンを投下して全家屋の55パーセントが焼け、251名が死亡、8名が行方不明の被害を出しました。
一方、今治市は四国の瀬戸内海側の突起部に所在するため海運の要所として発展し、平安時代には伊予の国府が置かれました。中でも造船と船舶部品、繊維工業(現在もタオルが有名)は四国随一の生産量を誇り、戦時中も軍需産業として大きく貢献していました。そのため海軍の航空基地が狙われた松山市とは違い昭和20(1945)年4月26日に4機のBー29が60発の爆弾を投下して死者68名、家屋56戸が全半壊、続く5月8日にも死者29名、家屋141戸が全半壊する被害が出ていました。
そしてマリアナ諸島のテニアン基地では8月6日の午前0時37分に気象観測用の3機のBー29が離陸し、原子爆弾・リトルボーイを搭載したエノナ・ゲイが午前1時45分の離陸に向けて飛行準備を整えていた午前0時5分から午前0時47分にかけて64機のBー29が510トンの焼夷弾を投下して市街地の80パーセントに当たる家屋8199戸が全焼して454名が死亡、150名が重傷を負いました。この犠牲者の中には今治市内の軍需工場に動員されていた松山高等女学校や松山城北高等女学校の女子生徒や本土で就職していた沖縄県の女性たちも含まれています(沖縄はアメリカ軍に占領されたため帰郷できなくなっていた)。
NHKを代表とする現代のマスコミは戦没者にも優劣をつけるようで8月6日の戦没者はヒロシマの原爆の犠牲者でなければ認められないため今治市の空襲は開始時間を5分早めて8月5日にして慰霊行事もこちらの日付で実施しているようです。それは長崎の被爆者も同様で「長崎の鐘」が似合うカソリックではなければ悲劇の主人公にはなれず、市内の寺院で厳修されている慰霊法要はNHKは勿論、地元新聞やローカルテレビでも取り上げられたことがありません(盂蘭盆会=施餓鬼と同一視されているのかも)。
  1. 2023/08/05(土) 13:56:42|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ568

「阿寒湖は毬藻(マリモ)、摩周湖は霧と透明度で有名だけど知ってるか」「ウチの旅行社でも夏には避暑を兼ねた北海道ツアーを企画していたからガイドのビデオと案内パンフレットは見たことあるわ」「摩周湖の霧は夜間に湖水が冷やされて発生しますから午前9時頃には消えてしまいます」第6即応起動連隊の戦況説明が終わると増田2佐と警務官の運転手は旭川に戻り、私と梢は伊倉2佐と一緒に第121地区警務隊のパジェロで道東に向かった。今回も第6即応起動連隊の運用訓練幕僚が同行して阿寒湖、屈斜路湖、摩周湖から弟子屈町に向かう山道での戦闘現場を案内する手筈だが、先ずは観光案内からになった。この隣りの情報を収集して同一規格で臨むのはいかにも陸上自衛隊的だ。海外の軍隊の臨機応変な対応に慣れている私としては北海道でロシア軍を撃退できたのは第1次日露戦争と同様にマグレ勝ちを拾ったとしか思えない。結局、ロシア軍がソビエト連邦時代の揚陸艦や輸送機を中国に売却して大規模な地上部隊を輸送する手段を持たなかったこととウクライナ侵攻で戦力を消耗していたのが日本に幸いしたのだ。
「この辺りで回数は不明ですが夜間に行動していたロシア軍の歩兵分隊が何度も樋熊に襲われて31体の遺骸が発見されています」阿寒湖と摩周湖の中間に位置し、最大の屈斜路湖の湖畔を通り抜けて山道を下り始めると前を行く第6即応起動連隊のパジェロが停車して運用訓練幕僚が歩み寄って現場写真を見せながら説明した。
「ロシア兵は発砲しなかったのか」「樋熊の頭蓋骨は正面に命中しなければAK74の5・45ミリ弾では貫通しません。胴体も心臓を射抜かなければ即死させられません。発砲したなら手負いにして凶暴性を強めるだけです」中学3年の時に見た映画「グリズリー」では前足の横振り一撃で馬の首が吹き飛ぶ場面があったが、ロシア兵たちも首がなくなっている。また映画の通りに餌として保存するため食べ残した胴体は樋熊が掘った穴に埋められている。その後、蒲郡高校の夏休みに同級生の女生徒を海水浴に誘うと「ジョーズを見て海が怖くなった」と断ったのだが、二番煎じの駄作だった「グリズリー」も北海道で見ていれば同じように山が怖くなったかも知れない。
第6即応起動連隊の運用訓練幕僚は弟子屈町で引き返し、そこで第27普通科連隊の運用訓練幕僚と交代した。これからははるか遠方に山を作っている知床半島まで地平線を描いている広大な根釧台地を走り回ることになる。対人地雷POM3にも要注意だ。
「ここが第5旅団としては最大の交戦現場になります」別海駐屯地に単独で第5偵察隊と同居している第27普通科連隊第3中隊が開戦初頭に指揮所を置いていた中標津役場を見学した後、標津港に向かう途中で前を行く運用訓練幕僚のパジェロが停車し、手招きで私たちを呼び寄せた。1尉の運用訓練幕僚が私は兎も角として2佐の警務隊長を呼び付けるのは無礼であり、細かいことは気にしない増田2佐とは性格が違う伊倉2佐は憮然として助手席を下りると先に立って歩いて行った。
「標津港への上陸に成功したロシア軍の1個中隊が中標津方面に徒歩で進軍してきたんです。それを5偵(第5偵察隊)が察知して中標津町内に駐留していた3中隊が阻止しました」運用訓練幕僚は車両に残った運転手以外の3人が揃うと解説を始めた。この戦況報告は警務隊本部で読んでいるが「警察権の行使の範疇を超えた本格的な戦闘だった」と言う感想を持っていた。攻撃を受けたロシア軍は戦争法が定める交戦者の要件通りに指揮官に指揮され、階級章を明示した軍の戦闘服を着用し、武器と弾薬を公然と携行していたとは言え隊列を組んだ行進状態であり、警察権の行使としては武器と弾薬の放棄を勧告して身柄を拘束するのが合法的措置だ。ところが第3中隊は道路の左右の土手と雑木林から警告も与えずに銃撃を加え、軽迫撃砲の連続砲撃で壊滅的損害を与えた。戦闘であれば先制攻撃は常識でも防衛出動が発令されていない現時点では司法当局は難しい選択を迫られる。ましてや第121地区警務隊はロシア軍の非人道的な武器使用を刑法犯罪として告発しようとしているので、それは自衛隊側にも適用されることになる。
「長閑なところなんだがな」「うん・・・静かで美しいところね」100人を超える将兵が戦死し、ところどころに迫撃砲弾が抉った弾痕を応急処置した道路に立って周囲を見渡すと広い畑の畝(うね)には伸び切ってしおれた馬鈴薯の茎と雑草が茂っていた。
  1. 2023/08/05(土) 13:55:06|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月5日・タクシーの日

明日8月5日は大正元(1912)年に東京の有楽町マリオンがタクシーメーターを装備したT型フォード6台で設立したタクシー自動車株式会社が営業を開始したことを記念して1984年に東京乗合旅客自動車協会が制定した「タクシーの日」です。
野僧は大の車嫌いにも関わらず「管理隊長になれば警備小隊を指揮できるから」と説得されて輸送幹部になったためトラック野郎の運送業や「発車オーライ」の事業バス、そしてタクシーを研究する羽目になりましたが、天職の基地警備戦闘=航空陸戦隊は言うまでもなく大好きな船舶や鉄道、旅客機のようには知識が吸収できませんでした。それでも野僧が勤務していた頃の沖縄では私有車を持っていなければ移動手段は徒歩か、バスやタクシーだったので予備知識はそれなりに有していました。
タクシーは旅客が運転手に乗車を申し込み、目的地を伝えて応諾した時点で個別契約が成立して旅客輸送を行う公共交通機関です。日本では運転手は旅客運送用の第2種運転免許証を保有していて車両は事業用登録をした緑色のナンバープレートを装着しています。また離島などでは小型船舶によるタクシーも運行していますが、操縦免許としては1級又は2級(海岸から5浬以内)の小型船舶操縦免許と特定操縦免許が必要です。
欧米のタクシーはニューヨークのイエローキャブに代表されると黄色の塗装の車両が一般的ですが、黒塗りの専用車両で運行しているロンドンタクシーもあります。この他にもインドやパキスタンではオートリクシャー(陸車ではない)、スリランカではスリーホイラー、フィリピンではトラインクルと呼ばれる3輪バイクのタクシーもあります。
前史としてはヨーロッパでは単独で馬に騎乗する上流階層とは違って庶民階層では馬車が料金を取って乗せていたバスとタクシーの境界線が不明な公共交通手段が発達していました。ところが日本では馬は農夫が馬子になって農耕馬に客を乗せて峠などを超える副業が主で江戸時代までは駕篭、明治以降は人力車が少人数の移動手段としてのタクシーの機能を果たしていました。つまり日本がタクシー発祥の地なのでしょう。
タクシーは駅やバス停で運賃=料金を設定できる列車やバスと違って乗客に止められた場所、正確に言えばタクシーメーターを作動させた場所から指定された目的地で停止するまでの走行距離で料金を算定しなければならず、発展途上国だけでなくアメリカやヨーロッパでも都市部を除けば乗車時の乗客と運転手の交渉で料金が決定することが多い中、日本では最初のタクシー自動車株式会社の6台のT型フォードにはタクシーメーターが設置されていました。タクシーメーターは基本料金=初乗りに走行距離や所要時間による料金だけでなく(高速度の時は走行距離、渋滞などに巻き込まれると所要時間)、深夜や通勤ラッシュなどの時間帯による割増なども加算する機能を有した優れものです。
余談ながらタクシー業務適正化特別措置法が踏襲しているイギリス式のタクシーとハイヤーの違いを説明するとタクシーは駅前などの指定乗り場や市街地を走っている流しで利用者を獲得する営業形態なのに対してハイヤーは営業所に電話などで申し入れて契約する車両で車種や大きさの違いではありません。
  1. 2023/08/04(金) 14:16:23|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ567

「ロシア軍は航空自衛隊が防空体制を再編してからはヘリによる空輸は諦めて離島航路の連絡船や漁船を使っての人員や弾薬、食料の補給に切り替えました。したがって第6即応起動連隊は知床半島から北の海岸線防備と道東からの侵入者の警戒と阻止戦闘に当たっていました。ここが当時の配置場所です」翌朝は第6即応起動連隊の幕僚による戦況説明になった。これには第121地区警務隊長の伊倉2佐だけでなく第119地区警務隊長の増田2佐も旭川への出発を後らせて参加していた。それにしても遠軽駐屯地の第25普通科連隊と第3地対艦ミサイル連隊も2佐の副連隊長と各科長を出席させても1佐の連隊長が顔を出さなかった。これは両警務隊長だけでなく私も元2佐なので陸上自衛隊式に「格下相手の説明会に出席する必要はない」と考えたのかも知れない。しかし、現在の私は最高検察庁に所属する検事の資格で現地調査しているのであり、元2佐は過去の話だ。
「道東地区で対人地雷POM3がヘリによって大量に散布されたため甚大な損害が出ているように承知していますが、航空自衛隊はこの攻撃ヘリを見逃したのですか」「カモフ52攻撃ヘリは釧路演習場に展開している移動警戒隊のレーダーが捕捉できない海面ギリギリの超低空を飛行してきて5旅団の主力が展開している別海町以南に敷き詰めました。それも5旅団が携SAM(携帯式地対空誘導弾)でかなり撃墜しましたから開戦初頭だけです」第6即応起動連隊の幕僚も第5旅団司令部から詳細に説明を受けているようで陸上自衛隊ではあまり聞かない航空自衛隊の防空戦闘を具体的に解説した。
「網走では上陸部隊が飢餓状態に陥って戦死した同僚の遺骸を食べる惨劇が起こりましたが、斜里から網走は40キロ程度だから漁船で物資を運べるなら食料を届けるべきでしょう。それはなかったのですか」「第5旅団はロシア軍が連絡船による戦車部隊の揚陸を断念してからは海岸線に戦車を配置して沖を通過する船舶を砲撃しました。さらに自走榴弾砲を配備したため防御は強力になって海上輸送も不可能になりました」「それでもロシア軍は道東の農家の耕作地の作物で喰いつないでいましたから網走のような事態にはならなかったようです」私の質問には3科長と1科長が答えた。
稚内から遠軽に向かう車内で増田2佐に聞いた話では第2師団も樺太からの漁船による斥候や工作員の潜入を察知して戦車と自走榴弾砲を海岸線に配置しただけでなく下志津駐屯地の高射学校=高射教導連隊と土浦駐屯地の武器学校以外では第7師団と第2師団しか保有していない87式自走高射機関砲も要点配備したため漁船とヘリコプターは完璧に遮断されていた。それも網走の惨状の理由の1つだろう。
「それで道東地区からの侵入者はどのくらいいたのですか」「標津と中標津での捜索と制圧が本格化すると漁港に残置している漁船を奪って逃走を図る者が続出しましたが、海岸線の戦車に撃沈されたため内陸部へ逃亡するようになったんです。奴らは阿寒湖や摩周湖の湖岸にある観光ホテルを狙っていたようですが移動手段が徒歩だったので辿り着く前に発見されて抵抗した28名は射殺、72名は負傷、53名が投降しました」「この他に会戦後の捜索で熊に襲われたと思われる遺骸が31体発見されています」「戦死者よりも多いんだね」私の返事に第6即応起動連隊の幕僚たちは重い表情でうなずいた。
2015年9月26日に遠軽に隣接する紋別で体重400キロを超える巨大な樋熊が射殺されているが人的被害はなく、樋熊による人間の殺傷と捕食の事件としては丁度百年前の大正4年の12月9日から道北日本海側の苫別町三毛別で始まった7名死亡、3名重傷の方が重大だった。北海道では昭和50年に樋熊を害獣に指定して冬眠から覚めて動きが鈍い個体を駆除する絶滅化政策を推進していたが社会党の道知事が保護に転換したため頭数が増加して環境保護運動の舞台になっている道東では主人のようになっている。
「網走では人間が人間の肉を喰い、道東では樋熊に人間が喰われる。ウクライナのような住民虐殺は見ないですんだが残酷劇からは逃れられないようだな」議論の締め括りは私がつけた。ライオンが人間を食べるシーンが売り物だったドキュメンタリー映画「グレート・ハンティング」は昭和50年公開、巨大灰色熊の猛威を描いた駄作の動物パニック映画「グリズリー」は昭和51年公開なのでこの中で見たのは私だけだろう。映画館通いに励んだ梢とも見ていない。
熊出没注意
  1. 2023/08/04(金) 14:15:07|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月4日・ビアホールの日

今年の猛夏をエアコンが付けられない古民家で「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」ながら生活していると寝る前に飲むオリオンビールが生命の活性剤であることを実感します(同居人に暖房を使わせてもらえなかった青森の冬とどちらが辛いのか悩みつつ)。そんな8月4日は明治32(1899)年に東京府京橋=現在の東京都千代田区銀座で日本麦酒醸造会社=サッポロビールが「恵比寿ビアホール」を開業したためこの店を継承している銀座ライオンが「ビアホールの日」を制定しました。なお、恵比寿ビアホールでは戦前は500ccのジョッキ1杯が10銭で飲める記念行事が催されていたそうです。
ただし、日本で最初の「氷室生ビール=キンキンに冷えた生ビール」と洋食を出す本格的なビアガーデンは明治30(1897)年7月20日に大阪麦酒株式会社=アサヒビールが大阪市北区中之島で開業した「アサヒ軒」ですが、当時は商都・大阪が「日本初」を飾っても首都・東京が認知しないと歴史に刻まれない悪しき慣習が横行していたので「ビアホール」と言う名称を使った記念日と言うことになっています。
なお、現在はデパートやホテルの屋上で営業することが多い屋外のビアガーデンは明治8(1875)年に横浜市山手でノルウェー系アメリカ人のウィリアム・コープランドさんが経営していたスプリング・バレー・ブルワリー=麒麟ビールの製造工場に隣接する自宅の庭を改装して開業したのが最初でしたが、主に在留外国人と船員を相手にしていたので日本人への普及は大阪のアサヒビールや東京のサッポロビールの成功を待たなければなりませんでした。
野僧は大学時代、何かをやっていて遅くなると同級生たちに連れられて豊橋駅前のデパートの屋上のビアガーデンに行ったのが初体験でした。その時は貧乏学生だったのでツマミは大皿に盛った枝豆だけでビールをガブ飲みしました。ステージの上では平日だったこともあり、ギターを弾きながらリクエストされた歌を唄う流しの兄さん1人だけでしたが、土曜日の夜は素人バンドと女性歌手のコンサートが行われるそうでした。続く沖縄ではビルの屋上ではなく公園やホテルの庭に開設されることが多く、祭りのように屋台が並んでしました。ビールは勿論、「最も新鮮、オリオンビール」でした。その後、奈良基地の幹部候補生学校に入校するとWAFの同期と大阪に出かけて夜には日本における本場のビアガーデンを満喫しましたが(アサヒ軒ではなかった)、洋食だけでなくたこ焼きやお好み焼きも提供されていてステージ上ではバンドや歌手の合間に漫才が上演されていたのが関西的でした。
そして目黒基地の幹部学校では前年に開業したサッポロビールの本社ビルでもある目黒ガーデンプレイスが近かったため宴会の会場になったので個人的な東西対決を楽しみました。ただし、目黒ガーデンプレイスは都心部にあるため客層がやや上流のようで「庶民が気楽に」と言う雰囲気ではなく、ツマミと言うよりも料理は洋の東西を問わず高級品で真夏でもネクタイなしでは入りにくいため野僧は作務衣の下に襦袢を着て行く羽目になりました(地下鉄サリン事件の直後だったので剃った頭に私服では職務質問を受けた)。
  1. 2023/08/03(木) 14:26:50|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ566

「今の状況から言えば捕虜として取り扱うのが国際常識でしょう。それは伊倉2佐も十分判っているはず。それをあえて刑事犯として拘留しようとしているのはやはり第5旅団の意向ですか」私の推理は警務官たちは予想していたようで全員が無表情な中で伊倉2佐だけがうなずいた。どうやら警務官たちは陸上幕僚監部法務官室当時の弁護活動や逆の立場の検察官になった国際刑事裁判所でモレソウダ首席検察官やハーン首席検察官が最大限に酷使した私の調査と推理能力を注視していたのかも知れない。
「本音を言えばロシア軍を捕虜にしてしまうと日本への侵攻が正当行為の戦闘になり、ロシア軍が常習化させている対人地雷の使用などが合法になって戦争犯罪に問えないからです」「ロシア軍は緒戦で道東への侵攻に失敗すると国後から発進したヘリコプターが対人地雷POM3を大量にバラ撒いていて我が方の隊員に戦死傷者が多数出ています」「POM3かァ、ウクライナで実物を見たがあれは厄介な兵器だよ」私の返事を聞いて警務官たちの視線には敬意が灯った。やはり実戦経験がモノを言うのは世界の軍隊共通の気質のようだ。陸上自衛隊では日本が1999年3月1日に「オタワ条約=対人地雷の使用、貯蔵、生産及び移譲の禁止並びに廃棄に関する条約」を発効させたことで対人地雷は全廃させたが、日本古来の「言霊(忌まわしいことを口にしたり考えたりすると現実になると言う神道の教え)」信仰の悪影響なのか知識さえも教えなくなり、演習の戦闘行動でも対人地雷を警戒する意識は危険だった昔の名残になったらしい。そのため直接踏んだり、地面に張ってあるワイヤーに引っかからなくても人間が歩く振動を感知して作動すると空中で爆発するPOM3で多くの隊員が犠牲になり、救護に駆け寄った衛生隊員まで巻き添えになったと言う。しかし、自衛隊はオタワ条約が1997年12月3日に調印されてから存在が知られるようになったPOM3に関しては施設学校がアメリカ軍を通じて情報を入手していたが悪夢の政権交代と重なったこともあり部隊への普及教育には消極的だった。
「確かにロシアがオタワ条約に加盟していない以上、場所が加盟国の日本でも戦争犯罪に問うことはできない。一方、日本の国内法であれば武器の使用は銃砲刀剣類所持等取締法、地雷なら国会の議決を経ていない太政官布告でも現在も法律として運用されている明治17年の爆発物取締罰則も適用できるな。しかし・・・」私が文末を濁すと伊倉2佐と増田2佐は怪訝そうに顔を見合わせた。
「戦争法では交戦当事国の特殊事情を反映することが明記されているが、それは当事国相互の承認が前提だ。ロシアは北海道に侵攻した時点では最後通牒を公布して戦争状態を宣言していなかったのだから国内法を適用することに合理性はあるが、それでロシアが自国の軍人を犯罪者扱いさることを承服するかは話が別だ。ヨーロッパでは捕虜収容所が確保できないからと刑務所に収監したことを不名誉な処遇として処罰された軍もある」「今は2師団の収容所に倣って帯広市内の山間部の学校に拘置所を設けています」「日本の場合は人権派弁護士のおかげで服役囚の待遇は捕虜と大差ないからな。戦争犯罪に問われることはないだろう」私の見解に伊倉2佐は安堵したように口元を緩めた。
日本の刑務所や拘置所の収監者の待遇は私が出獄した後の2005年に改定成立した「刑事収容施設及び収監者等の処遇に関する法律」で規定されているが、改定前の待遇でも自衛隊の経験を持つ私にはそれほど苦痛は感じなかった。強いて言えばトイレまで上から監視されていることが不快だったがすでに性的能力は喪失していたので自慰行為に耽る必要はなく、むしろ他人の排便を見なければならない刑務官に同情していた。ただし、親しくなった刑務官から聞いた話では西洋式便器に立っての首吊りが収監者の自死の常套手段なので気分で目を逸らしている訳にはいかないそうだ。
「ところで諸官らはロシアのウクライナ侵攻は戦争じゃあないことを知ってるかい」「えッ・・・」「ロシアは2014年のクリミア占領の時、ロシア議会はウクライナの軍事独裁政権の弾圧からロシア系市民を守ることを決議したんだ。今回の侵攻もそれを根拠にしている。つまり元コメディアンの大統領はヒトラー並みの独裁者なんだそうだ。それでもウクライナ当局はロシア兵の戦争犯罪を一般法廷で裁いている。兎に角、国際裁判は難しいんだ」私の補足説明が意外過ぎたのか参加者たちは返事をしなかった。
  1. 2023/08/03(木) 14:25:27|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ565

網走市は第2師団と第5旅団の境界線だが約90キロある遠軽駐屯地よりも内陸に約30キロの美幌駐屯地の方が近かった。第119地区警務隊長の増田2佐が第25普通科連隊3科の運用訓練幕僚に時間一杯まで案内させたのも所要時間が判っていたからだろう。ただし、我々は国旗降下の前に到着して駐屯地司令の第6即応起動連隊長に挨拶をすませたが運用訓練幕僚が遠軽駐屯地に帰隊するのは日没後になるかも知れない。
「モリヤ検事、こちらが帯広の第121地区警務隊長の伊倉2佐です」「伊倉です」「モリヤです。こちらは妻の梢ですが今回は秘書兼通訳として同行させています」伊倉2佐も警務官の運転手を同行させているので宿泊者は私たち夫婦と幹部2名と陸曹2名になり、私と梢は当直室サイズの小部屋、両警務隊長と陸曹2名は一般用の外来2部屋に分かれて就寝することになった。ところが第6即応起動連隊の戦況説明は明日の予定なので夕食とシャワーを終えると本部庁舎の警務美幌派遣隊事務室での座談会になった。参加者は私と梢に両隊長と両運転手、それに美幌派遣隊の警務幹部の2尉と陸曹1名だ。
「奥さんも酒、いっしょ」「駐屯地の中で良いんですか」「隊員クラブの経営者と従業員も避難させましたから営業停止になっていて慰問で届く酒を営内班で飲むことは許可されています」警務派遣隊の陸曹が仮眠ベッドを兼ねた4人掛けの長椅子を含むソファーセットと事務机の椅子で車座になった出席者に湯呑を配ると2尉が北海道は旭川の銘酒・男山を注ぎながら梢に声をかけた。ところがこの説明は幾つかの点で破綻している。先ずここは職場である警務派遣隊の事務室であって生活空間の営内班ではない。次にこの男山は旭川から来た増田2佐の土産で官給の慰問品ではない(男山は本来、京都の岩清水八幡宮に由来する銘柄で剣菱と同じく灘の酒だ)。何よりも全員が酒を飲んでしまえば不測事態に対処する警務官がいなくなってしまう。それでも第121地区警務隊長は「酒は剣菱男山」と呟きながら注がせているので部外者が余計なことを言うのは控えた。
「それでは我が自衛隊警務隊の名を国際司法界に轟かせてくれたモリヤ検事と奥さんを歓迎する・・・ついでに遠路はるばる第121地区警務隊の縄張りまで足を運んでくれた我が友・増っさんと専属ドライバーの中村2曹の労をねぎらって乾杯します。乾杯」「乾杯」伊倉2佐の外見は茫洋とした風貌の増田2佐とは反対に眼鏡の奥の眼光が鋭く、相手の腹の底まで見透かすような警務官よりも憲兵と言う雰囲気だが、この乾杯の音頭を聞く限り陰湿な性格ではなさそうだ。
「それにしても奥さんを戦場の調査に連れて回っても大丈夫なんですか」「残酷な写真を見せられてPTSDになる惧れもありますよ」辛口の男山を梢が小刻みに口にしているのを第121地区警務隊の男たちは興味深そうに見ていたが、一杯目が空になったところで警務隊式の事情聴取が始まった。勿論、訊く相手は私だ。
「妻は内戦後のスリランカやタリバーンが政権を奪い返す直前のアフガニスタンの現地調査に同行していますから戦場の生々しい惨状には慣れているんです。それだけでなく私が持ち帰った世界各地の紛争地帯の現場写真の英文の解説を執筆していますから多少の免疫は備わっています」「幼い頃から学校で沖縄戦の壮絶な戦場写真を見せられてきたから頭の一部が麻痺しているのかも知れません」「それはお見逸れしました」梢の自嘲気味な補足説明に警務官たちは曖昧にうなずいた。この様子では沖縄勤務の経験者はいないようだ。
「ところでこの機会にモリヤ検事の見解を聞いておきたいのですが」「まだ酒は口の潤滑剤、頭は円滑に動いている程度でしょう」唐突に私たちの前の4人掛けの長椅子の中央に並んでいる両警務隊長が真顔で話を切り出した。同時に参加者たちが一斉に姿勢を正したところを見ると両警務隊が共有している懸案らしい。
「実は2師団と5旅団では捕獲したロシア兵の処遇が喰い違っていまして札幌の地方検察庁は統一見解を出して同一の罪で告発するようにと我々に下駄を預けたまま放置しているんです」「それは東京の最高検察庁や警務隊本部でも読んでいます。2師団は捕虜としてジュネーブ条約に基づく処遇を与えていて、5旅団は不法入国、住居や私有地への不法侵入と破壊、武器の不法に所持し使用した罪などの刑法犯として身柄を拘束している・・・と言うんですね」私の確認に今度は全員が一斉にうなずいた。
  1. 2023/08/02(水) 15:06:24|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第128回月刊「宗教」講座・精進料理教室12時間目

一般的に山寺の裏手は墓地になっていますが、それより奥の山中には三昧所(さんまいしょ)と呼ばれる土葬だった頃に棺桶を埋めた場所があって人間の遺骸の養分を吸った土は非常に肥えていて山菜が見事に生育します。すると何も知らない都市部の人々がハイキングがてらの山菜採りに来て「立派な山菜が採れる場所」として口コミで広まり、山菜の季節になると多くの人たちが押し掛け、歓声を上げながら山菜採りに励みます。
ところが棺桶は中に土を入れて埋葬する訳ではないので土中に空間ができていて足に力を入れると腐った蓋を踏み抜いてしまうことがありました。当然、中には遺骨や埋葬品が入っているのですが都会の人々は気にも留めず帰り際に寺に寄って「裏山に落とし穴が掘ってあった。子供に注意してくれ」と苦情を言っていきました。こうなると山歳採りの人々が返った後、確認に行くのが小坊主の仕事になり、薄暗くなった三昧所を懐中電灯で照らして見て回る肝試しをする羽目になりました。
田舎の地方僧堂も同様だったので立派な山菜が大量に採れて畑で収穫する季節の野菜の端境期には雲衲の食材になっていました。

蕗料理の前に
1、蕗は生のまま皮を剥くと手が真っ黒に汚れてしまう。また剥きにくい。沸騰した湯に30秒程度漬けてから冷水に浸して冷ました後に剥くと手を汚さずに容易に剥くことができる。
2、蕗は水気が多いので煮汁は濃い目に作る。

蕗の青煮

材料(量は使う蕗の量に合わせて)・蕗・砂糖・塩・化学調味料・酢

作り方
1、皮を剥いた蕗を5センチほどの長さに切り揃える。
2、塩と酢を少量加えた水に20分間ほど晒して灰汁(あく)抜きをする。
3、真水に浸しながら水洗いをしてからザルに入れて水気を切る。
4、蕗が完全に浸る程度の量の砂糖と塩と化学調味料で甘辛い煮汁を作り、沸騰させてから蕗を入れて煮る。
5、もう一度、煮立ってきたなら鍋を火から下ろして蕗と煮汁を分けて冷ます。
6、冷めてから再び一緒にして漬けておき、煮汁をよく染み込ませる。
※蕗の青=緑色を残すのがポイント

蕗の昆布巻き

材料(同前)・蕗・なるべく薄い昆布・干瓢(かんぴょう)・料理酒・砂糖・醤油・酢

作り方
1、皮を剥いた蕗を4から5センチほどの長さに切り揃え、しばらく水に晒す。
2、昆布は水に漬けて柔らかくしてから水気は拭かずに竿などで干し、乾いたなら蕗と同じ幅に横切りにする。漬けた水は使うので捨てないこと。
3、干瓢は水に浸して柔らかくしておく。
4、蕗3,4本を昆布で巻き、中央部を干瓢で縛る。
5、昆布を漬けた水に砂糖と醤油と料理酒を同量ずつ入れて濃い目の煮汁を作る。量は昆布巻き全体が浸る程度。
6、煮汁に少量の酢を加えた後、昆布巻きを入れて落し蓋をして煮る。煮立ってくれば弱火にして昆布が柔らかくなるまで煮込む。
7、火を落としてからも鍋で煮汁に漬けたまま冷まし、冷めてから器に盛る。

蕗の揚げ煮

材料(同前)・蕗・油揚げ・昆布出汁・醤油・料理酒・砂糖・竹皮

作り方
1、油揚げを俎板(まないた)の上に広げて擂粉木(すりこぎ)などを転がして潰す。その後、長い一辺を残して切れ込みを入れ、開いて一枚にする。
2、油揚げを湯通しして油抜きする。
3、皮を剥いた蕗を油揚げの幅に切り揃える。
4、竹皮を十分に水に漬けて柔らかくして必要な数量を適当な幅に裂く。
5、蕗4、5本に油揚げを巻き、2箇所くらいを竹皮で縛る。
6、材料が浸る程度の昆布出汁に料理酒と砂糖、醤油を加えて濃い目の煮汁を作る。
7、中火で煮込み、冷めてから一口大に切って器に盛る。

蕗のから煮

材料(同前)・蕗(細いもの=新芽)・料理酒・醤油・一味唐辛子

作り方
1、細い蕗を皮つきのまま3センチくらいに切って30分ほど水に晒す。
2、熱湯に移して5分ほど茹でる。
3、煮汁を半分捨てて料理酒と醤油に唐辛子を加えて汁気がなくなるまで時々かき混ぜながら煮込む。
※醤油だけで味つけして煮込めば「伽羅蕗」と呼ばれる佃煮になる。

蕗の葉の煮つけ=廃物利用料理

材料(同前)・蕗の葉・塩・料理酒・味醂(酒の2割程度)・醤油・化学調味料

作り方
1、茎を取って残った葉を塩水で洗いながら虫が喰った穴などを除く。
2、蓋をしない鍋で葉を薄い塩水で茹で上げてからしばらく水に晒す。
3、固く絞り、5ミリ幅で細かく刻む。
4、鍋で料理酒と味醂を煮立てる。量は葉が全体に漬かる程度
5、葉を入れて弱火で煮込み、煮上りに醤油を差して化学調味料を加える。
※多目の醤油と少々の味醂、化学調味料で煮詰めた佃煮も美味い。

蕗のとうの煮つけ

材料(同前)・蕗のとう(開く前のもの)・味醂・醤油・化学調味料

作り方
1・蕗のとうの一番外側だけを取り除いてしばらく水に晒す。
2・ぬるま湯で茹でる。
3・茹で上がれば水を足して苦味が消えるまで4,5回はぬるま湯から茹でる。
4・蕗のとうが浸る程度の水に同量の味醂と醤油を足した煮汁で煮込む。
5・煮汁が半分程度になったなら化学調味料をふりかけてもう一煮立ちさせる。
6・火から下ろし、冷ましてから別に作った同じ煮汁で煮直す。
※蕗のとうの苦味を消すために何度も煮るが、好きな人は3の茹でる回数を減らす。

128・蕗の青煮蕗の青煮
  1. 2023/08/01(火) 15:11:31|
  2. 月刊「宗教」講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ564

一日がかりで網走市内の現地確認を終えると私と梢は警務車両で美幌駐屯地に移動して一泊、迎えに来る第121地区警務隊の案内で道東の第5旅団の戦闘現場を回ることになっている。本当は稚内の3倍を超える人数の網走沖の戦死者の亡霊の声を聞いてみたかったのだが、最初に寄った航空自衛隊のレーダーサイトの警備の隊員は「戦場なんてこんなものでしょう」と特に気にしていなかったので諦めた。
航空自衛隊の基地は戦前から帝国陸海軍の飛行場だったので戦時中には空襲を受けて多くの将兵が戦死している。中には若い特攻隊員たちが出撃していった神風特別攻撃隊の基地もある。特に那覇基地=小禄飛行場は沖縄戦でアメリカ軍が上陸した海軍陸戦隊との激戦の舞台で雑木林の木を切ると幹は紅く、血のような樹液が滴り落ちる。
そのため航空自衛隊では「年間十人以上がノルマ」と言われていたパイロットの殉職も加わって「機体が浮けば次は下りるか落ちるかだ」と言われるくらい「死」は日常で、幽霊は夜間の警備につけば話し相手になる同僚のような存在なのだ。
「昨日のブリーフィングでも君のところの1科長に言いかけたんだが・・・」「ブリーフィング・・・ミーティングのことですか」出発前に今日の現地確認に同行して懇切丁寧に説明してくれた運用訓練幕僚に感謝のついでに助言を伝えることにした。ところがレーダーサイトに寄ったためか航空自衛隊用語が出てしまい入り口でつまずいてしまった。
ブリーフィングはアメリカ空軍伝来のパイロットが飛行前に必要な情報を確認する簡単な打ち合わせでミーティングほど重々しくはない。それでも航空自衛隊では毎朝の小会議もデイリー・ブリーフィング=デフレと呼んでいるから大差はないのかも知れない。
「北方(北部方面隊)が2師団からマスコミに取材させると言ってきた以上、応じざるを得ないんだろうが絶対に好き勝手に取材させては駄目だ。奴らはスパイだと思って常に監視下に置け。1科長的には積極的に協力すれば好意的な記事を書いてくれると考えるかも知れないがそれは平時の感覚だ。ワシはヨーロッパで日本のマスコミ支局が政府の意図を歪曲した解説で事実とは真逆の報道に誘導しているのを見続けてきた。加倍首相が政権復帰した時には前回の体調不良による退陣を責任放棄と非難し直して今回も短命で終わると断定していた。ところが民政党に対する国民の批判が想像以上だと判ると今度はA級戦犯の孫の軍国主義者のレッテルを貼り直した。特にドイツでは『日本は第2次世界大戦における戦争犯罪を放棄した』と言う批判キャンペーンを展開して対日警戒感を蔓延させたんだ。だから加倍政権が安保関連法を成立させた上でアフリカの紛争に自衛隊を派遣すると本格的軍事介入と書き立てていた」熱弁を奮ってしまったがオランダで読んでいた英字新聞や見ていた英語ニュースでもイギリス制作のものは比較的正確な報道内容だったが、オランダの編集部の記事やニュースには何故か日本のマスコミの支局の解説が加えられて悪意に基づく歪曲による誤報状態になっていた。
「そんな連中がロシア兵は人肉を食べたと知ればどう報じると思う。おそらく自衛隊が日本の陸海軍と同様に捕虜を蔑視して投降を認めなかった。非人道的な飢餓戦術で武器を使わずに全滅させようとした。その結果、戦友の遺骸を食べなければならないところまで追い込んだと決めつけるんだろう」「確かに自分も東北の震災の時に救援活動を妨害しているとしか思えない報道には苦々しい思いしていました。先ずは弾道ミサイルで稚内のレーダーが破壊されてその直後にヘリの大群が襲来したから迎撃した。そして主力部隊の大型フェリーが着岸したから撃沈した」「そうしなければ網走はウクライナのような廃墟になっていた。何かあれば『ウクライナのようになっていた』を馬鹿の一つ覚えにすることだな。問題は1科長にそこまでの危機感があるかだが」私は陸上自衛隊に転換して以来、自衛隊の常識を司る1科の総務と人事を担当する幹部には嫌われ続けてきた。初対面で人間性を知っている訳ではないが昨日の1科長の「2師団経由の北部方面隊の命令には逆らえない」と言う態度には「所詮は」と失望していた。
「1科長も戦闘に向かわせる隊員の人選で連日苦悩して来ましたから大丈夫です。モリヤ2佐のご助言は自分から間違いなく伝えます」運用訓練幕僚の返事を聞いて私は胸の中で1科長への誤解を詫びた。最後も航空自衛隊式に握手をして別れた。
  1. 2023/08/01(火) 15:06:00|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ