fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

4月1日・公立小学校が戦時教育の国民学校に変更された。

昭和16(1941)年4月1日に国民学校法が施行されて、それまでの小学校の尋常科6年と高等科2年を国民学校の初等科6年と高等科2年にするのと同時に義務教育の年限を尋常科の6年間から高等科2年までの8年間に延長しました(実際は戦時非常措置によって延期されて敗戦まで実行されなかった)。また学区制を導入して初等教育は地元の国民学校で受ける現在にも通じる制度を確立しています。なお、私立の小学校は根拠法令が異なるため該当せず国民学校にはなりませんでした。
敗戦後の日本の歴史観では軍国主義の国家体制を造ったのは極東軍事裁判のA級戦犯の筆頭として吊首刑になった東條英機陸軍大将が昭和16年10月18日に首相になってからだと思いがちですが、実際は対米英戦争の前に昭和6(1931)年に始まった満州事変への対応で政治介入を強める陸軍に苦慮していた近衛文麿内閣が昭和13(1938)年に「国家総動員法」を制定したように学校教育まで戦時態勢に移行させたのです。
実際、国民学校令の第1条では「国民学校は皇国の道に則りて初等普通教育を施し、国民の基礎的錬成を為すを以って目的とす」と宣言していて明治以降の学校教育も教育勅語を尊重して忠君愛国の洗脳を推進していましたが、それをより明確に前面に押し出しています。ちなみに「国民学校」と言う名称はドイツの初等教育の「フォルクス=国民・民族・シューレ=学校」の直訳とも言われ、ナチス・ドイツ=ヒトラー政権に心酔していたのは陸軍や松岡洋右外務大臣だけではなかったようです。
ただし、第2次近衛内閣から東條内閣まで文部大臣を務めた医学者で生理学者の橋田邦彦さんは30歳代前半にドイツに留学していますがナチス・ドイツに傾倒していたと言う記録は見当たりません。確かに橋田文部大臣は東條首相の強い要請によって留任したものの学校教育まで軍事色で塗り潰そうとする首相や側近=腰巾着とは反りが合わず、陸軍が人材確保のために大学などの高等教育を短縮しようとすると断固拒否し、昭和18(1943)年の学徒出征にも強硬に反対しました。
国民学校の科目は国民科と言う修身=道徳、国語、国史、地理の文科系と橋田文部大臣の指導により理科と算数=数学を関連づけて教育する理数科、そして戦時=出征に備える身体を作る体育と武道(女子は断ることができた)の体錬科、音楽と図画、工作から習字に初等科女子には裁縫、高等科女子には調理ほかを加えた家事まで含める芸能科があり、さらに高等科には農業、工業、商業、漁業から選択する実業科がありました。中でも橋田文部大臣は初等科1年から自然観察を取り入れさせて現在の小学校の理科教育にも影響を与えています。
また集団行動に習熟させるために入学式、卒業式、学期の始業式、修業式に天長節や紀元節などの国家神道の祭事を加えた儀式と運動会や遠足、学芸会などの学校行事を重視しています。これも現在の小学校の教育に踏襲されているようです。
しかし、昭和20(1945)年5月には「戦時学校教育令」が公布されて高等科の生徒=現在の中学生を労働力とするために授業が無期限に停止されてしまいました。
  1. 2024/03/31(日) 14:30:26|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ781

村上市での慰霊法要にはすでに撤退している東北方面隊の混成戦闘団の指揮官だった第6師団の副師団長と参加した各部隊から1個中隊が参列していた。東北方面隊の戦闘混成団は第6師団と北海道の戦車部隊を加えた編成だったので遠路はるばるだが信仰心が篤い東北人だけに真剣な面持ちで参加していた。中でも東北地区太平洋地震の災害派遣で民生党政権の杖野官房長官から禁止された合掌や念佛を実施させると涙声で唱える隊員が続出した。余程無念だったようだ。
「ウウウ・・・ドワジュセヨ(助けてくれ)・・・」帰路は磐越自動車道で会津若松を通って東北自動車道を南下しているが職業坊主たちは「厄落とし」と称して途中で寄った会津若松のパーキングエリアで買った地酒を飲んで好い気分になっている。ところが少し離れた席に座っている雇われ神職は疲れたようでトイレから戻ると眠りに落ち、間もなく酷くうなされ始めた。それを職業坊主たちは冷笑しながら酒席の話題している。
「何を言っているんだ。よく判らん方言だな」「アイツが務めている神社は会津藩を賊徒にしているから白虎隊の祟りだろう」「日本語じゃあないみたいだ」観光バスの中央付近に陣取る職業坊主たちの会話を前方の席で聞きながら通路を挟んで隣りに座っている蓮床和尚は顔を近づけて声をかけてきた。
「朝鮮語のようですね。まさか北朝鮮軍の死霊に憑りつかれたのでは」「・・・ジュキグォヤ(殺すぞ)・・・ヨンクセオジョー(許してくれ)・・・オンマ(お母さん)」確かに朝鮮語でも韓国映画の殺戮シーンで聞くことがある台詞を吐いている。そうなると蓮床和尚が言う通り新潟市内で戦死した北朝鮮軍の兵士の死霊に憑依された可能性が高い。この雇われ神職は戦死した神道の自衛官の慰霊をするために参加したようで、まさか恨みを抱いて死んだ北朝鮮軍の兵士を任されるとは思っていなかった。すると酔いが回って声量が大きくなった職業坊主たちの雑談が耳に障り始めた。
「織田無道は臨済宗だっただろう。だったらお前が除霊してやれよ」「アイツは厚木市内の建長寺派の寺の住職だったはずだぞ」「それも檀家千軒の大寺らしいな。羨ましい」「それでも北陸の密教禅大本山の住職にもなったはずだ・・・」曹洞宗の坊主たちに攻められて1人だけ参加している臨済宗の僧侶は小声で反論した。
1990年代にテレビのバラエティー番組で「霊能者」として人気を博した織田無道はタレントとして経歴を明かしていなかったのでどこで修行したのかは不明だが、檀家数が多い割に無住だった厚木市内の古刹の住職になって霊能者としてはその肩書で売り出していた。その後、石川県の温泉リゾートが非宗教法人の寺院として建設した観光施設の住職になったが従業員の給与不払いなどで民事告発されている。
「大丈夫ですかね。私が和尚と2人で念佛を唱えた方が良いのでは」間で騒いでいる職業坊主たちの雑談を通して聞こえてくる雇われ神職の朝鮮語の呻き声に蓮床和尚は不安そうに声をかけてきた。運転手も頻りにルーム・ミラーで確認しているのが分かる。
「ワシが高校生の頃、部屋の隅に若い女の子の幽霊が立つようになったんだ。そこで小坊主をしていた寺の住職に相談すると『中途半端な除霊はかえって他の死霊を呼び集めてしまう。その女の子が諦めて消えるまで清浄に戒律を保った生活をしながら待つことだ』と言われたんだ。正式に神社に務めている神職が憑依されるほど強い死霊となると危険だな」本当は師僧には「お前が坊主になったら教えてやる」と言われて得度を受けてから修行の度合いを見極めながら除霊の勤経と作法を教えられている。
「それでは私が」すると職業坊主たちと私や蓮床和尚の間に座っている新義真言宗の修験者が通路を歩いて来て声をかけた。その表情には気負いや不安はなく、やり慣れた通常の業務を請け負う職業人のような風情があった。
「それでも水や塩がないだろう。香は角香炉で焚くにしても浄めの水と塩がなければ・・・」「和尚は随分と詳しいですね」「一応は坊主の常識として・・・な」私も北キボールPKOで3人を殺害して刑事被告人になって以来、無罪になって釈放されてからは除霊について研究して師僧から習った知識を深化させている。それが国際刑事裁判所の検察官として現地調査に赴いた大量殺戮の現場で大いに役に立ったのだ。
  1. 2024/03/31(日) 14:29:14|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月31日・国鉄が始まって終わった日

明治39(1906)年の明日3月31日に鉄道国有法が成立して全国の長距離の私鉄路線が国に強制的に買収されて国家事業として建設・運行されるようになりました。なお、占領軍の命令による昭和24(1949)年に独立採算制の公共事業・日本国有鉄道=国鉄になりましたが、膨大な赤字を累積させたため昭和62(1987)年3月31日で事業を終了してJR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州、日本貨物鉄道の7社に分割民営化されました。
鉄道の国有化は幕末にイギリスへ密航・留学して明治政府で鉄道事業を主導するようになった毛利藩士の井上勝さんの持論で「何でも公共事業にしておけば安心」と言う山口県人的社会感覚の発露だったようです。しかし、渋沢栄一さんなどの実業家や三井・三菱財閥は資本主義の発展のために民間主導の鉄道建設を主張していて国論が2分されていました。
それでも軍備の拡張を急ぐ薩長藩閥の軍人たちの強引な予算獲得や不平士族の反乱に続く西南戦争の戦費で国家予算は底をつき国家事業としての鉄道網建設は不可能になりました。そのため国内の人の往来と物資の流通の活性化のために鉄道網の整備を急務と考えていた明治政府は旧藩主の華族たちに鉄道事業への参入を勧誘するのと同時に民間事業による鉄道の建設を推奨したのです。その結果、東北線や上越線、東海道線、中央線などの始発・終着になる東京や上野などの駅には路線ごとの発着場が設置されることになり、後の山手線の周回化に伴う鉄道網の整備では発着場の統廃合が余計な仕事になりました。
そうして全国各地に民間事業で鉄道網が張り巡らされると明治37(1904)年から始まった日露戦争で鉄道輸送力を国家が運営する必要性を再認識した陸軍と政府はまだ存命で持論を変えていなかった井上さんに同調して民間鉄道=私鉄でも主要幹線と輸送量が多い地方路線の国有化を決定したのです。この暴挙には当然、渋沢さんなどが反対しましたが明治の政変によってこの国家を私物化していた毛利藩閥=山口軍閥には民間事業として成立している鉄道路線を勝手に作った法律1つで国有化することくらいはお手の物でした。
結果的に北海道炭鉱鉄道(329.1キロ)、甲武鉄道(44.7キロ)、日本鉄道=現在のJR東日本の路線(1385.3キロ)、岩越鉄道(79.7キロ)、山陽鉄道(667・7キロ)、西成鉄道(7.4キロ)、九州鉄道(712.6キロ)、北海道鉄道(255.9キロ)、京都鉄道(35.7キロ)、阪舞鉄道(113.1キロ)、北越鉄道(138.1キロ)、総武鉄道(117.8キロ)、房総鉄道(63,4キロ)、七尾鉄道(55.4キロ)、徳島鉄道(34.6キロ)、関西鉄道(442.9キロ)、参宮鉄道(42キロ)と博多湾鉄道(90キロ)、中国鉄道(79.1キロ)、豊川鉄道(27.4キロ)、中越鉄道(48・3キロ)、水戸鉄道(20.4)、成田鉄道(119,1キロ)が国有になって機関車1118両、客車3101両、貨車20850両のバラバラな車種の車両と管理職以下の多くの人員が加わって組織・事業規模は3倍増になりました。
結局のところは国家の強権で国有化したため余剰の人員を解雇することはできず、その厚遇に増長した国鉄労働組合=国労が組織を喰い潰して自滅することになったのです。
  1. 2024/03/30(土) 16:02:52|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ780

禅宗坊主の読経が終わり、私と蓮床和尚に浄土真宗の坊主の3人に参列者が唱和した浄土宗式の念佛が終わると浅見牧師が独特の節回しで聖書を詠唱して讃美歌を唄った、そうして浅見牧師が「アーメーン」と唱えて退場すると雇われ神職の出番だ。
私の案内を聞いて整列している隊員たちの間で囁(ささや)き声が広がった。この元准尉の雇われ神職が務めている東京・九段にある神社本庁に属さない神社は戊辰戦争の東征大総督だった有栖川宮熾仁親王の命令で長州の村医者出身の軍監・村田蔵六が創建した官軍と称する薩長土肥側の戦没者限定の慰霊施設だが、村田蔵六が明治2年に長州藩士に暗殺されると山口陸軍閥が「一般庶民でも徴兵で国のために戦死すれば英霊・軍神になれる」と利用するようになり、敗戦までは兵部省・陸海軍省が統括していた。
ところが敗戦後も小倉藩兵や彰義隊、奥羽越列藩同盟軍の戦没者を賊徒と差別し続けているのを批判されると徳川家の枝胤(しいん=親族)で福井藩主の松平春嶽の孫の元自衛官や盛岡の南部藩主の息子を宮司に担ぎ上げるようになった。しかし、最後の将軍である德川慶喜公の曾孫の宮司が旧幕軍も合祀する意向を表明すると事実上の解任に追い込んだだけでなく加倍政権の安全保障関連法案の審議に対しては不関与を明言して戦死者の名簿を作成・通知する厚生労働省に自衛官の合祀を拒否した。
このことは隊員の士気の低下を危惧する内局や陸海空幕僚監部が隠蔽したが、一部のマスコミが悪意を以って報道したので関心を持っている世代の隊員の間では知られている。さらに今回の武力衝突で実際に戦死者が出ると部隊葬や追悼式典の弔辞で「軍神」や「英霊」と言う呼ぶことを躊躇する気分を生んでいた。
ただし、私の紹介は雇われ神職本人や職場を誹謗したのではなく北朝鮮軍の戦死者の魂魄に母国が忌み嫌う宗教施設と自衛隊の否定的な関係をあえて解説しただけだ。かなり皮肉な表現になったがそれは致し方ない。
雇われ神職は中央の長机の手前で東部方面総監に深々と礼をした後、自衛隊式に回れ右をして机の前に歩を進めた。それでも履いているのは神職の木靴・浅沓(あさぐつ)なので半長靴のように踵(かかと)を打ち合わせて音を立てることはできなかった。頭には略式の烏帽子を載せているが着帽していても挙手の敬礼でなくて良いのだろうか。
シャッ、シャッ。雇われ神職は机の前でも深々と礼をすると右手に抱えてきた佛教の払子(ほっす=法要で導師が使う先に白い毛を植えた法具)に当たり一般的には「お祓い棒」と呼ぶ大幣(おおぬさ=昔は「大麻」とも書いたが麻薬の「たいま」と同じ漢字になるので用いなくなった)を大きく振った。横で見ていた私はまだ火が点いている灯明を倒さないか、大幣の紙垂に火が燃え移らないか気が気ではなかったが炎が揺らめいただけで無事に終わった。私は「ホッ」と溜息をついた。
「本日は国命によりこの異境地で果てた多くの朝鮮民主主義人民共和国軍の将兵の英霊の追悼慰霊祭を執り行います。朝鮮民主主義人民共和国軍の戦没者英霊が母国の家族の下へ帰られることを祈願します」続いて着物の胸の合わせに差していた折った和紙を広げて祝詞(のりと)を読み始めた。何度か参列したことがある神道式の葬儀で聞いた祝詞では最初に天照大神や八百万の神々に挨拶していたはずだが省略したようだ。やはり北朝鮮が無宗教の国家であることを知っての配慮らしい。
「ことの是非も死なば問われることなく魂は黄泉の国に旅立ち、永遠の安らぎの中で生まれ変わります。どうか穏やかにお過ごし下さい。今、皆さんの魂が安らかに眠れますように心からの感謝と共にこの祝詞を捧げます」神道の葬儀では故人の生涯を美辞麗句で脚色した物語調に語って「こんなに良いことをして皆に感謝されているのだから永遠の安らぎを得ても当然だ」と参列者を納得させる構成になっているが、多くの同僚を殺害した敵軍に「感謝」する者はいないだろう。要するに神道の葬儀用祝詞の定型を参考にして文章を作成したのだが、最後の一節の吟味が足りなかったと言うことだ。坊主が葬儀で渡す引導も佛具店が参考書=台本集を販売しているが似たようなものだろう。
「それでは神職の動作に合わせてお願いします」パチッ、パチッ。何故か音が聞こえた。数千人の中のウッカリ者はそれなりの人数になるので結構、大きな音になった。
  1. 2024/03/30(土) 16:01:43|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月30日・江戸蘭学の最高峰・大槻玄沢の命日

文政10(1827)年の明日3月30日は(時代・地域としての)江戸の医学に限らず蘭学の最高峰と言っても過言ではない大槻玄沢さんの命日です。69歳でした。
大槻さんは宝暦7(1757)年に現在の岩手県南部の伊達藩の支藩だった磐井郡=現在の一関市でオランダ流外科医の息子として生まれました。幼い頃から才気煥発で9歳の時に父が支藩の藩医になったため陣屋下(=城下)に転居すると13歳から後に非常食の作り方を解説した「民間備荒録」「備荒草木図」を刊行して天保の飢饉では多くの人命を救った蘭方医の建部清庵さんに師事して医学と語学の基礎を身につけました。
22歳だった安永9(1778)年に建部さんの跡取り息子と一緒に建部さんの筆友=ペンフレンドの杉田玄白さんの江戸の私塾・天真楼に入門するのと同時にオランダ語では日本の最高峰で解体新書の翻訳を主導した前野良沢さんの内弟子になって語学力に磨きをかけました(大槻さんの「玄沢」の号は2人の合成)。
すると天明2(1786)年に平賀源内さんを介した杉田さんと前野さんの共通の友人で江戸詰め伊達藩医の国際学者(ロシアに関する情報と分析を論述した「赤蝦夷風説考」を刊行した)の工藤平助さんが訪ねてきて親しくなり、そこで大槻さんが支藩に許された江戸遊学の期限が迫っていることを嘆くと工藤さんが支藩の藩主に要望して天明4(1784)年まで2年延長されたことで学問は大きく発展しました。帰郷すると間もなく父が病没したため家督を継いで定住することになりました。
ところが支藩が江戸で最高峰の学問を修めてきた大槻さんの才覚を惜しんだ翌年に長崎に遊学させたので4ヶ月間の滞在中は通詞(通訳)宅に寄宿してオランダ語の会話を学んで江戸へ戻ると天明6(1786)年に工藤さんの尽力で支藩の藩医から伊達本藩の江戸詰め藩医に抜擢されて江戸で暮らすことになりました。こうして江戸での活躍が始まり、先ずオランダ語だけでなくオランダを通じて知り得た西洋事情を教える私塾・芝蘭堂を開校して多くの若者を集め、優れた人材を育成しました。そして語学においては師の前野さんの指示で天明8(1788)年にオランダ語学習の手引書「蘭学階梯」を刊行してその後のオランダ語の普及と発展に道筋をつけました。
一方、蘭方医学においては寛政2(1789)年から師の杉田さんの指示でオランダ語の知識がない中で暗中模索しながら翻訳した「解体新書」の再翻訳・肯定に取り組み、文化元(1804)年に文章が完成すると「解体新書」では木版印刷だった図面を原本と同じ銅版印刷にして文政9(1826)年に「重訂解体新書」として刊行したのです。
その後もオランダ語学の前野さんと蘭方医学の杉田さんの両巨頭の業績を1人で担うようになり、寛政6(1794)年には江戸へ出府したオランダ商館長と面談したことを切っ掛けにして日本人には馴染みがなかった太陽暦の1月1日にスプーンの代わりに中華風のレンゲ、ナイフの代わりに小刀を使って長崎帰りの料理人に作らせた西洋料理と言うよりも非日本風の料理を楽しむ「オランダ正月」と呼ぶ新年会を芝蘭堂で催すようになり、これは大槻さんが亡くなるまで蘭学者や舶来物愛好家の年中行事になりました。
大槻玄沢「風雲児たち」の若き日の大槻玄沢さん
  1. 2024/03/29(金) 15:11:09|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ779

「総監、隊員諸官にも英霊を供養のために個人資格で合掌することや念佛を唱えることをお許し願えませんか」「元法務官が言うのだから法的に問題はないんだろう。許可する」私は蓮床和尚が整列している部隊の中央にある低い台の後方に置いた長机に並べた灯明の蝋燭に火を点けてそれで香炭を炙り、角香炉に備えるまでに東部方面総監に儀式の参加者として行うべき作法の許可を求めた。会場には撤収作業を取材しているマスコミ関係者が顔を出して周囲から私たちの行動を注視しているが、普段の悪意に満ちた視線ではなく午後から村上市内で行う慰霊法要で一緒に供養する対人地雷・POM3で殉職したテレビ局の若手記者に焼香するための作法を学習しているようだ。
チーン、チーン、チーン、「導師入場」今回の儀式での私の役柄は司会進行になっている。現役時代の階級だけでなく坊主としても宗派の管長猊下の左券(允可状)を受けている私が格段に高いのだが今の坊主の世界で「悟り」を認めているのは臨済宗くらいで、それも「7つある宗派のトップになるための箔付け」と始めから「悟り」を放棄している曹洞宗は揶揄している。したがって儀式の導師は職業坊主だけの話し合いで住職を務めている寺の格式と檀家数=経済力で曹洞宗の元曹長の坊主に決まった。
地域の佛教会などの複数の宗派が参加する合同法要では浄土真宗は「修行をしていない」と目立つ役柄は遠慮するようだが、この導師も首都圏の部隊に勤務している間の2年間に横浜市鶴見区にある大本山・總持寺に毎週末通った特別安居(あんご)で資格を取ったので坊主の世界では軽く見られているはずだ。何にしても寺院に住んですらいない私と蓮床和尚、今も山岳で修行している新義真言宗の修験者の出番はなかった。それでも修験者には蓮床和尚が用意した火焔太鼓を叩いてもらうことにしている。法要での鐘や太鼓の音には邪気を祓う功徳があるそうなので本音ではこちらに一番期待していた。
チーン、チーン・・・曹洞宗の坊主が手鐘(しゅけい=柄の先に鐘をつけた携帯式)を叩きながら先導する後について導師が入場した。今日は全員が作務衣なので導師は朱色や黄色の法衣を着て目立つことはできないが、首には金襴の絡子を掛けて精一杯存在感を演出している。そう言えば作務衣も一流法衣専門店で買った高級品だった。他の坊主たちも禅宗は輪がついた絡子、浄土宗は輪がない略威儀、浄土真宗は輪袈裟、日蓮宗は肩袈裟だが私と蓮床和尚は法然上人に倣って黒の略威儀なので下っ端に見えてしまう。
長机の香炉に持参した長い線香を立てて角香炉で焼香して数珠を揉んだ導師が折り畳み椅子に腰を下ろした。この椅子も「寺院の導師用の曲録(きょくろく)を持っていく」と言ったらしいが観光バスの荷台には必需品の火焔太鼓だけで手一杯だった。
ドン、「妙法蓮華経観世音菩薩普門品偈」手鐘を構えた曹洞宗の坊主が息を吸ったのに合わせて修験者が火焔太鼓に撥(ばち)を当てた。
「観音経」とも呼ばれる妙法蓮華経観世音菩薩普門品偈は日蓮宗では竜の口の法難で斬首される時、日蓮がこの経文を唱えると武士が振り上げていた太刀に落雷して(「江の島の方向から光の玉が飛んできた」とする話もある)刑の執行を免れたと言う伝説を創作しているように「災害や戦乱、犯罪による災厄から観世音菩薩が護ってくれる」と説いている。しかし、戦死者の供養では観世音菩薩の力不足を揶揄しているようだが曹洞宗と日蓮宗の坊主たちが共同戦線を張って主張したので浄土宗と浄土真宗側は折れるしかなかった。確かに妙法蓮華経は兎も角として浄土三部経の観無量寿経では阿弥陀如来の救済を働き回って援助する姿が描かれているのでこの妥協も間違いではない。
ドン、ドドンド、ドンドンドン・・・修験者の太鼓は太鼓を叩く位置で音程を変えながら(中央と叩くと低音、端なら高音になる)強弱をつけて坊主8人と列中の隊員が低い声で唱和する妙法蓮華経に見事な迫力を与えていた。
「次は唐松バプテスト教会の浅見牧師によるロシア軍戦死者への聖書の詠唱です」「続いて九段の自衛隊の戦死者の合祀を拒否している某神社に奉職している物部出仕(しゅっし=見習い)が北朝鮮軍の戦死者の魂魄の怨念を祓い、母国に帰るように諭します。なお、柏手は音を立てないように打って下さい」司会進行として説明しながら東部方面総監に念佛の許可はもらったが柏手を忘れていたことに気がついた。後の祭りだが。
  1. 2024/03/29(金) 15:07:04|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月14日・名優・寺田農(みのり)さんの逝去を悼む。

3月14日に幅広い役柄で数多くの映画やテレビ・ドラマに出演してその存在感が強く記憶に残っている名優・寺田農さんが亡くなったそうです。81歳でした。
寺田さんは戦時中の昭和17(1942)年11月に東京で洋画家の長男として生まれました。「農」は父が後漢の詩碑に刻まれている文字からつけた本名です。
敗戦後の小学校3年生から当時は全くマイナーな球技だったサッカーを始め、中学・高校では部活動のキャプテンを務めるまでになる一方で父が新聞で尾崎士郎さんの連載小説の挿絵を描いていたため自宅に来る新聞記者に接するうちに憧れるようになったようです。そうして新聞記者になるために早稲田大学第2政経学部を受験すると面接の試験官が早稲田大学サッカー部の監督で「君はウチでサッカーをやるために受験したのか」と質問されて「はい」と答えて合格したため強豪チームに入ることになり予定外に体育会系の大学生活を送ることになりました。ところが19歳だった昭和36(1961)年に役者を志望して文学座の第1期研究生に合格すると大学との両立が困難になって中退しています。文学座の第1期生では悠木千帆=樹木希林さん、岸田森さん(悠木さんと結婚した)、橋爪功さん、小川眞由美さんなどと同期で19歳だった寺田さんと悠木さんは最年少でした。
昭和39(1964)年に劇団雲に移ると翌年に松竹の「恐山の女」で映画デビューし、同年にラグビーの青春ドラマ「青春とはなんだ」でテレビ・デビューすると翌年の映画「これが青春だ」にも出演するなどサッカーの経験が役に立って注目を集めました(舞台は文学座の研究生時代にチンピラ役で出演している)。
そして昭和43(1968)年に左翼映画人・岡本喜八監督の戦争映画「肉弾」で特別攻撃・伏竜(潜水具を着けて海中で敵艦を待ち、近けば自爆する)を命ぜられたまま終戦を知らずに任務を遂行していたあいつ(役名)で主演すると毎日映画コンクールの主演男優賞を受賞しました。以降は数多くのテレビ・ドラマや映画に出演していますが、テレビ・ドラマでは単発出演の脇役が多く大河ドラマや「大地の子」「Gメン75」「飛び出せ青春」「大岡越前」、必殺シリーズ、土曜ワイド劇場などで会った記憶があるだけですが、映画では東宝8・15シリーズの昭和45(1970)年の「軍閥」と翌年の「沖縄決戦」、昭和53(1978)年の「野性の照明」、昭和56(1981)年の「セーラー服と機関銃」、昭和58(1983)年の「魚影の群れ」、昭和63(1988)年の「うれしはずかし物語」、1994年の「夜がまた来る」と声優として出演した「天空の城ラピュタ」などが記憶に残っています。中でも「うれしはずかし物語」では川上麻衣子さん、「夜がまた来る」では夏川結衣さんと濡れ場を演じていますが、バージンを奪った若い川上さんが快感を覚えて積極的になるのに困惑して「上になるんですか」と質問する中年親父の心理描写や浮気用に借りたアパートの2階の向かいの部屋で妻の本阿弥周子さんも浮気をしているのと対面するシーン、浴室で覚醒剤の摂取で意識を失っている夏川さんを若衆の椎名桔平さんに抱かせて風呂に漬かりながら眺めている陰鬱な表情は寺田さんでなければ演じられないでしょう。数々の作品での名演技に感謝しつつ冥福を祈ります。
  1. 2024/03/28(木) 16:13:06|
  2. 追悼・告別・永訣文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ778

「県庁を建て直すにしてもこれだけ大きな地下を再利用して強度を確保するのは難しいでしょう。埋設する資材と作業量を考えると別の場所に新規建設した方が得策ですね」「なるほど・・・流石は土木の専門家ですね」翌朝、慰霊法要の会場になった県庁の跡地に行くと私たちは法要の前に東部方面隊指揮所の施設幕領の案内で撤去が終わった県庁庁舎の跡地を見学した。そこには地下の階だった巨大な空洞が開いていた。ここにロシア軍上陸部隊は指揮所を置いていて自衛隊の砲撃で倒壊した瓦礫で全滅したそうだ。
「これはかなりの法力を費やさないと慰霊はできませんね」「自衛官とロシア軍の将兵は自宅の葬儀で往生しているようだが北朝鮮軍の兵隊の死霊は怨念を抱いたまま留まっているな」空洞を見回しながら蓮床和尚は野次馬根性丸出しで覗き込んでいる周囲の坊主たちに聞こえるように見解を述べた。それに私は霊能者としての見解で応えたがそれは北海道でも感じたことだった。稚内の警備の隊員は多くのヘリコプターが撃墜された宗谷海峡から呻き声が聞こえると言っていたが、私は東京に戻って市ヶ谷地区の統合幕僚監部で佛教とロシア正教による慰霊法要の必要性を力説した。そこで北海道では北部方面隊の要請で佛教会とロシア正教を中心とするキリスト教会が厳粛な合同慰霊行事を催すと心霊=怪奇現象は鎮まったそうだ。
しかし、自衛隊では東北地区太平洋沖地震で隊員が収容した被災者の遺骸を運ぶ担架に合掌している写真が新聞に掲載されて、それをキリスト教の牧師が「憲法20条で禁止されている国の宗教行為だ」と批判して、それを定例記者会見で新聞記者が杖野官房長官を追求したため挙手の敬礼を徹底されてしまった(頭を下げる敬礼も誤解を招く恐れがあると禁止された)。それだけでなく杖野官房長官は閣議の席で説明したので元鳥取県知事の総務大臣が地方自治体に周知指導して遺骸を安置する霊安所で線香を焚くことや職員の合掌や拜礼まで禁止された。挙句の果てに上司の顔色を覗う職員が立ち会っている時には遺骸と対面した遺族にまで強要して念佛や読経による追悼・慰霊は行われていなかった。ところが加倍内閣は熊本大地震で災害派遣された自衛隊に杖野官房長官と同じ職務だった管(くだ)官房長官が指導を修正して常識の範疇での慰霊行為を容認(黙認?)したから運ばれる遺骸に隊員たちは合掌するようになった。
今回も統合幕僚監部は蓮床和尚の計画の申し入れを受けてこの修正を準用して「OB」限定の宗教団体による慰霊行事を認めたようだ。幸いなことにキリスト教の牧師も含まれているので東北地区太平洋沖地震の時のような反日キリスト教者の批判も回避できる。尤も、マスコミは午後からの村上市内の慰霊法要で取材中にPOM3で殉職した若手記者も合わせて供養すると通知してあるので批判はしないはずだ。
「参列部隊は隣の部隊との整列をお願いします」慰霊法要は県庁の広い駐車場で行われる。駐車場にも砲撃による炸裂孔が幾つも開いているが土を入れて応急処理してある。その広い駐車場に新潟市内の瓦礫の撤去作業に当たっている各施設群と住宅地を中心に新型のPOM3などの対人地雷やブービートラップを排除している各施設大隊が集合していた。その数千人の部隊に東部方面指揮所の幕領の司会が声をかけた。
「第4施設群は基準になる。気をつけ」「第5施設群、気をつけ。第4施設群にならう、右へならえ」昨日、長岡市内の弾道ミサイルによって埋没した地下駐車場の作業現場での慰霊法要で会った第5施設群長が号令をかけた。施設群の第1は北海道の恵庭駐屯地、第2は九州の飯塚駐屯地、朝霞駐屯地にあった第3施設群は廃止されたのでここには参加していない。したがって牽制順位1番の最右翼部隊は神奈川県座間駐屯地の第4施設群になる。以下、新潟県高田駐屯地の第5施設群、愛知県豊川駐屯地の第6施設群、京都大久保駐屯地の第7施設群、第8は廃止、第9は九州の小郡駐屯地で第10が茶山元3佐の船岡駐屯地、福島駐屯地の第11までの6個群に師団・旅団のナンバーを冠した施設大隊が8個大隊だ。その第10施設群の後ろにOD色の懐かしい作業服を着た船岡の工兵OB会が横隊で並んでいるのが見えた。
「東部方面総監、登壇・・・総監に敬礼」「頭ーッ、右」「合掌」台上の東部方面総監の左側に並んでいる蓮床和尚以外の坊主たちは私の号令を無視して顔を方面総監に向けた。
  1. 2024/03/28(木) 16:12:03|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月27日・テネリフェ空港でジャンボ機衝突事故が発生した。

1977年の3月27日の現地時間17時6分にアフリカ大陸北部沖の大西洋にあるスペイン領カナリア諸島のテネリフェ島の空港の滑走路上でパン・アメリカン航空とKLMオランダ航空のボーイング747ジャンボ・ジェット機同士が衝突する事故が発生して両機の乗員乗客583名が死亡する史上最悪の航空機事故になりました。ただし、両機とも離陸していなかったため地上に脱出した乗客54名と乗員7名は生き残りました。
この日、両機が向かっていたリゾート地のグラン・カナリア島の空港で爆破テロが発生して別の爆発物の捜索のため閉鎖することになり、代替え飛行場としてテネリフェ空港に着陸して空港再開まで待機することになったのです。
しかし、デネリフェ空港は1941年に開港した古い空港で3394メートルの滑走路と並行する誘導路を有するものの島の北部の海抜633メートルの高台に位置するため濃霧になることが多いにも関わらず地上用管制レーダーは設置されていませんでした。そしてこの日はグラン・カナリア空港に向かう多くの旅客機が地上待機していてエプロンは言うまでもなく誘導路にまで駐機していたため発進する旅客機は着陸と離陸の合間に滑走路をタクシング(走行)して離陸開始位置まで移動することになっていました。KLMオランダ航空機も並行誘導路での待機を命じられ、遅れて着陸したパン・アメリカン航空機も他社の3機の小型旅客機と一緒に並行誘導路に誘導されました。
この2時間に及んだ待機時間にKLMオランダ航空機は乗客を空港ターミナルに移動させていて「グラン・カナリア空港が再開しても集めるまでに時間がかかるから」と燃料給油を始めました。ところが給油を始めて5分後に開港が通知されたため乗客を機内で待機させていたパン・アメリカン航空機は先に発進しようとしたのですが誘導路はKLMオランダ航空機と燃料車が邪魔になって通ることができず給油が終わるのを待っていました。その間に他社の3機を含む10機以上が離陸していくのを見ていたようです。
30分程度で給油が終わると先にKLMオランダ航空機が出発して滑走路を逆走する形で離陸開始位置に向かい、数分後にパン・アメリカン航空機も続いて滑走路の端を逆走し始めました。すると唐突に濃霧が発生して管制塔からの視界が利かなくなったため音声での管制になりましたが両機への無線が混信した上、管制官とパン・アメリカン航空のパイロットが管制用語にはない「OK」を多用したため混乱が生じ、パン・アメリカン航空機を誘導路への出口で待機させようとした指示をKLMオランダ航空機が離陸許可と誤解したことが致命的な原因になったようです。この誤解については不安を感じた関係者が何度も確認しましたが訂正するに至らなかったことが謎であり悲劇でした。
こうしてKLMオランダ航空機が離陸・滑走を開始したためパン・アメリカン航空機は出口に退避しようと滑走路を横切っていたところで機種の前部を上げた状態で2階客室付近に乗り上げるように衝突しました。その衝撃で千切れたKLMオランダ航空機の機首はパン・アメリカン航空機を飛び越えて地上に落下して炎上しましたが衝突を免れたパン・アメリカン航空機の機首で機長、副機長、機関士の3名の搭乗員は生き残りました。
  1. 2024/03/27(水) 15:57:46|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ777

その夜は東部方面隊の指揮所が設置されている郊外の中学校の校舎に宿泊したが、茶山元3佐たち船岡・工兵OB会は第10施設群の宿営地で久しぶりに業務用天幕に簡易ベッド、寝袋だったらしい。昔の私なら「羨ましい」と思うところだが陸上幕僚監部法務官室勤務になって以来、オランダの国際刑事裁判所で定年退官するまで事務室勤めが続いたので、現地調査で野営すると帰宅後にはグッタリしていた。そんな私の世話を焼きながら梢は「身体が航空自衛隊に戻った」と喜んでいたが野性味を消失したのは確かだ。
「明日の慰霊ですが予定通り、県庁の跡地で良いですね」「瓦礫の撤去はかなり進んでいるそうだから市内に展開している全部隊が集合しても大丈夫だろう」「長岡から第5施設群も来るようです」夜、1個分隊程度の坊主と雇われ神職、牧師に若干名の東部方面隊の幕領が集まって座談会を開いたが、神職にはお神酒(みき)でも坊主には浄土真宗を除けば不酤酒戒があり、牧師もイエスの血とされている赤葡萄酒以外のアルコホールは禁止されているそうなので缶コーヒーの茶話会になった。
「新潟市内では自衛官も多数戦死していますがロシア軍と徴用されていた北朝鮮軍の兵士もかなりの人数になります」ここで東部方面隊の幕領が業務に必要な情報を提供した。新潟市内では捜索中の普通科部隊の指揮官や通信員がロシア軍の狙撃によって射殺され、住宅街では対人地雷やブービー・トラップで爆死しただけでなく制圧後も新型対人地雷・POM3の排除を担当した施設大隊の隊員たちが犠牲になった。
「柏崎や長岡でもロシア軍の慰霊は浅見牧師にお願いしたが北朝鮮となると話は別だな」浅見牧師は元航空自衛官で新型機の導入で機体の製造メーカーの整備講習に留学したのだが、親しくなったアメリカ空軍の下士官と家族が毎週日曜日に通っているバプテスト派の教会のミサに参加する間に信仰心が芽生えて帰国前に現地で洗礼を受けたそうだ。日本でもアメリカ人の牧師の教会に通って教えを受け、定年後にはアメリカの神学校に留学して牧師の資格を取り、帰国するアメリカ人牧師の教会を継いでいる。
「ロシア人のロシア正教も聖書は一緒でしょうからカミの加護を願って慰霊を勤めていますが、儀礼の作法や讃美歌などは我々バプテストと違うはずです」「確かにカソリックの讃美歌は原爆の日や行く年来る年の長崎の教会の中継で聞くことがあるけど牧師が唄う曲は違うようだね」「それを言ったら佛教の経文だって宗派でバラバラだろう」「同じお経でも節回しが違ったりするから困ったものだ」浅見牧師の宗教者として真摯な問題提起を坊主たちが単なる内輪ネタに墜としてしまった。坊主たちも私や蓮床和尚と訓練と趣味の登山が山岳信仰に発展して新義真言宗に入った修験者を除けば寺の息子に生まれて父親が元気な間の喰い扶持として自衛隊で勤務しながら裏技で住職の資格を取った跡取り坊主ばかりなので宗教的な問題意識を期待する方が間違っている。
「北朝鮮の兵隊の慰霊は神主さんに頼むことにしよう」「えッ、どうして私が」唐突な私の指示に雇われ神職は呆気にとられたように口を開けたままこちらを見た。坊主たちも真意を測りかねているはずだが、場の空気に任せるのが職業坊主の身の処し方なので穏やかな表情を作って私の補足説明を待っていた。
「北朝鮮は歴代国王が死んでも宗教儀礼は行わなかった。つまり『宗教は阿片』と否定したマルクス主義の宗教観を国家理念にしているんだ。そんな異郷の地で怨念を抱いて死んだ人間たちの魂魄は佛教の経典やキリスト教の聖書に耳を貸すはずがない。ならば神道式に祓い清めるだけの方が素直に受け入れるように思うだがどうだろう」「確かに朝鮮半島では儒教が精神の根底にありますから儒教を戒律に替わる道徳として請け売りしている神道の方が納得するかも知れませんね」私の見解に蓮床和尚が同調して浅見牧師もうなずいた。ただ雇われ神職は妙に緊張した顔で私を睨みつけていた。
「下関の赤間神宮は阿弥陀寺と言う寺を明治の廃佛毀釋で掠奪したんだ。つまり七盛塚の平家の怨霊の供養も引き受けたんだろう。化けて出れば除霊はしてやるから頑張ってくれ」「確かに作業現場では北朝鮮軍の亡霊たちが夜な夜な現れるので不寝番が怯えてしまって困っていました。よろしくお願いします」2佐の幕領に頼まれて元准尉の雇われ神職の緊張度は数倍強化された。ただし、私は意地悪で指示した訳ではない。
  1. 2024/03/27(水) 15:56:41|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月27日・山岳信仰の司祭?ウェストンの命日

1940年の明日3月27日は聖公会=イギリス国教会の宣教師・司祭としての3度の滞在中、日本では信仰の対象になっている山岳に次々に登頂して、そこで感じ取った魅力を世界に紹介したウォルター・ウェンストン司祭の命日です。78歳でした。
2016年から何も根拠・由来がない8月11日が「山の日」と言う休日になっていますが、登山家たちの聖地・上高地でその功績を顕彰するために昭和22(1947)年から催されている6月の第1日曜日の前日から翌日までのウェストン祭を尊重するべきでしょう。わざわざ休日を作らなくても8月には夏季休暇がありますから旗日がない6月の方が喜ばれるはずです。
ウェストン司祭は1861年にイギリスの大ブリテン島の中央にあるダービー市で生まれました。基礎教育の後、1876年から1880年までダービー校で学び、ケンブリッジ大学に進学しました。1883年に教養学の学位を取得するとイギリス国教会の聖職者の教義継承の儀式を受けるようになり、1887年に修士を取得してケンブリッジ大学の神学校で聖職者になるための課程を履修しました。
明治21(1888)年に宣教師として日本に派遣されると神戸に滞在しながら明治23(1891)年からイギリスでも趣味にしていた登山を始め、富士山を皮切りに九州の阿蘇山、霧島山系の韓国岳(からくにだけ)と高千穂峰、桜島(九州最高峰の屋久島や久住山系には登っていない)、日光白根山に登頂しました。明治24(1892)年には軽井沢に宿泊して浅間山、松本から槍ヶ岳、さらに翌年にかけて飛騨山脈、木曽山脈、明石山脈、そして富士山に数回登頂しています。ちなみに槍ヶ岳は文政11(1828)年7月20日に浄土宗の播隆和尚が初登頂して厨子に収めた阿弥陀如来、観世音菩薩、文殊師利菩薩の三尊像を安置し、その後も山頂の岩塊に登る鎖を設置しています。外国人としては明治11(1878)年7月28日に大阪造幣局に招聘されていたイギリス人のウィリアム・ゴーランド技師が登頂しました。明治26(1894)年には前穂高岳と恵那山、さらに明治13(1880)年に開設されながら維持費が確保できずに廃道になった立山新道を長野県側から辿って立山に登頂して帰国しました。
帰国後の1895年にイギリスで「日本アルプスの登山と探検(前述のゴーランド技師が命名した『日本アルプス』を流用した)」を出版し、明治28(1896)年4月に結婚すると6月に再来日して今度は横浜の聖堂の司祭として住持しながら妻帯同で登山を再開しました。明治37(1904)年には山梨県の鳳凰山の地蔵ヶ岳で日本初のロック・クライミングを行い、明治38(1905)年に帰国しました。
明治44(1911)年に3度目の来日を果たすと横浜に滞在し、大正2(1913)年には妻が槍ヶ岳に女性として初登頂し、戸隠山や高妻山にも初登頂したため旧戸隠村のキャンプ場では現在も8月第1土曜日にミセス・ウェストン祭が催されています。
そして大正4(1915)年に帰国すると王立地理院から日本の著名な高峰を登頂・調査・紹介した功績で1917年にバック・グラント賞を授与されました。
  1. 2024/03/26(火) 16:32:49|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ776

私は五島列島と甑島群島に上陸した中国軍の掃討戦と東シナ海全域の武装漁船の捜索が一段落したところで以前から蓮床和尚=朝山元3佐に誘われていた自衛隊OBの坊主と神職、牧師による新潟県内の戦没者慰霊ツアーに出かけた。蓮床和尚としては参加者が揃ったところで即刻出発したかったようだが、団長に指名した私が検察官として自衛隊と海上保安庁、警察の戦闘を検証しなければならなくなり延期していたのだ。
「妻も秘書も同行できないのね」「慰霊ツアーだから厳粛な雰囲気を演出しなければならないんだよ」「私も尼さんになっちゃおうかな」「だったらユタさんになりなさい」今回は自衛隊とロシア軍=北朝鮮軍の戦没者の魂魄を慰霊すると言う重々しい目的のため梢を帯同することができなかった。それにしても梢の尼さん姿は「西遊記」で三蔵法師を演じた夏目雅子、宮沢りえ、深津絵里、「良寛ひとり遊び」で貞心尼を演じた樋口可南子とどちらが美しいか興味がある。そんな不謹慎なことを考えながら蓮床和尚が手配した自衛隊の立ち入り許可を有する観光バスで市ヶ谷地区を出発した。
「茶山中隊長じゃあないですか」「これはモリヤくん、久しぶりだね」夕方に新潟市に到着すると崩壊した建物の瓦礫の撤去作業に当たっている各施設群の作業現場で茶山元3佐に会った。茶山元3佐は船岡の工兵OB会で第10施設群の激励ツアーに参加したそうだ。こちらは船岡駐屯地の業務隊の大型バス=人員輸送車1号なので乗り心地が悪く、東北地方を横断の上に縦断した長時間の移動で高齢のOBたちの大半は腰痛を発症したらしい。おまけに同じ人員輸送車1号でも海上自衛隊と航空自衛隊は最低ランクの観光バス仕様だが、「バスは弱い兵隊が乗る車=兵隊の移動はトラックだ」と侮蔑している陸上自衛隊では座席の間隔が狭く背もたれが垂直な路線バス仕様が多いので長距離移動は還暦を過ぎたOBには過酷だったはずだ。
「6群(第6施設群)と12群(第12施設群)はどこにいますか」「東北と東方(東部方面隊)、中方(中部方面隊)の施設群と施設大隊が集められているから12群はいないな。各群が市街地を分担しているから6群がどこにいるかも判らないよ」私はカンボジアPKOで中部方面隊の豊川駐屯地の第6、大久保駐屯地の第7、当時は善通寺駐屯地で1999年に廃止になった第8施設群の派遣施設大隊、北キボールPKOでは北海道の岩見沢駐屯地の第12施設群の指揮所で勤務した。あれから20年以上が経過しているので知っている隊員がいるとは思えないが半分OB面してみたい気がしている。しかし、北キボールPKOでは現地人暴徒3人を殺害して刑事告発されたので多大な迷惑をかけた。後で牧野弁護士に聞いたところでは群長は国会で喚問されたそうだ。
「ところでモリヤくんたちは何の団体だね」「自衛隊OBの宗教者の慰霊ツアーです。今日は長野県から新潟県に入って柏崎と長岡で慰霊法要を勤めてきました」「だから今日は作務衣なんだな」茶山元3佐はバスを下りて第10施設群の作業を見学している異様な集団を見ながら質問してきた。今回の参加者は佛教が奈良佛教に天台宗と時宗を除く各宗派の坊主、都内の神社に務めている神職、それにキリスト教でもプロテスタントの牧師だが私としてはキリスト教の牧師は無理としても神職には制服として神道の白の上下の作務衣を着てくるように要望したのだ。ところが今朝は羽織と袴で現れた。
神道は尊皇攘夷を掲げて討幕した明治初期の廃佛毀釋で国家の宗教になったような気分でいる神職ばかりなのだ。実際、大日本帝国憲法を制定する時の国会質疑で伊藤博文は信教の自由と国家神道の関係を質問されて「神道は宗教ではなく国体だ」と回答したが、現在も神社の祭礼を地域の定例行事として住民の参加を無料で強要している神社が多い。自衛隊を退官した後、大阪国学院大学の通信課程で神職の資格を取ったらしい元准尉にとって私が団長になったのは現役時代の階級が最上位だったからに過ぎず、命令に従うつもりは毛頭ないようだ。しかし、私に言わせれば平田篤胤が変質させた天皇を唯一絶対の存在とする国家神道が水戸学と結びついて尊皇攘夷の狂気を発生させて外国を全て敵視して戦争を繰り返した挙句に77年間でこの国を滅ぼしたのだ。私も神道が欽明天皇13(552)年以来、この国を鎮護してきた佛神習合に立ち戻り、国家神道の悪夢を捨てて村の鎮守の神さまとして自然を崇拜していてくれれば文句はない。
  1. 2024/03/26(火) 16:31:50|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月26日・日本政府が北朝鮮による日本人拉致を公式に認めた。

昭和63(1988)年の明日3月26日に参議院予算委員会で竹下登内閣の梶山静六国家公安委員長が韓国の政界と盟友関係にある共産党の橋本敦議員の質問に答えて日本政府としては初めて公式に北朝鮮による日本人拉致を認めました。
橋本議員は兵本達吉党員が調べた昭和53(1978)年7月から8月に福井県と新潟県、鹿児島県で交際中の若い男女が行方不明になり、富山県高岡市での拉致未遂事件、さらに大韓航空機爆破事件の犯人・金賢姫さんが描いた日本語の教師の似顔絵から推定された田口八重子さんに関する認識と対応について質問したのに対して梶山委員長は「昭和53年以来の一連のアベック行方不明事犯、恐らくは北朝鮮による拉致の疑いが十分濃厚でございます。解明が大変困難ではございますけれども事態の重大性にかんがみ今後とも真相究明のために全力を尽くしていかなければならないと考えておりますし、本人は勿論でございますがご家族の皆さん方に深い同情を申し上げる次第です」と答弁し、続いて宇野宗佑外務大臣が「我々の主権が侵されていたと言う問題」「全くもって許し難い人道上の問題」「強い憤り」「主権国家として当然とるべき措置は採らなければならない」との認識を示し、さらに林田悠紀夫法務大臣は「我が国の主権を侵害するまことに重大な問題」「判明したならばそこで措置を執るべき」と続け、警察庁警備局長が「一連の事件は北朝鮮による拉致の疑い」「既にそう言った観点から捜査を行っている」とまとめました。
野僧は1990年頃のある日、西部警戒管制団の防空指令所で北朝鮮を出航して日本海を横切るように航行する不審船舶の重点監視を命じられました。すると海上自衛隊からの情報通りに日本海を横切り、能登半島から福井県の若狭湾に進路を取る船跡が捕捉できたので監視を続け、先ず舞鶴の第8管区海上保安本部に連絡すると「パトロール中の巡視船に確認はさせるが本庁の組合員がうるさいから手出しはできない」と答えました。さらに石川県警と福井県警に連絡すると「ウチの自治労は社会党だから県としては北朝鮮の拉致は認めていない。連絡しなかったことにしてくれ」と逃げを打ちました。実際、福井県小浜市の僧堂からの托鉢で拉致被害者の地村保志さんが住む集落へ行くと自宅の周りには市役所の自治労や市内の小中学校の日教組の組合員が立てたと言う拉致問題を「自民党政権と共産党が共謀した捏造」と否定して拉致被害者家族会を「反北朝鮮の政治団体」と徹底的に批判する看板が取り囲むように並んでいました。
その後、梶山氏は1996年に橋本龍太郎内閣で官房長官に就任しましたが1997年に前述の兵本元党員(共産党から「公安警察のスパイ」と疑われて除籍処分になった)が「横田めぐみさんの拉致と生存を確認した」と発表した時の自民党の吉川芳男議員の質問に「私が昭和63年、ちょうど事件が起きてから10年を経った時代ではありますが、今でも北朝鮮による拉致の疑いが極めて濃厚である言う判断に間違いはございません。(中略)その北朝鮮からストレートに来たと言う事実、こう言うものを見れば国際世論の中で人道的意味でと言うことが言われるかも知れませんが、片や人道的なことをしているのかどうなのか(後略)」と答弁しています。
  1. 2024/03/25(月) 15:44:03|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ775

「今回は相手の規模が大き過ぎますね」「それなんだよ」翌日、田島3佐は秘密組織の現場指揮官2人を都内の公園に集めて計画を説明した。朝山3佐が陸海空曹5人で始めた非合法の抹殺組織も韓国の前政権による武力行使以降、頻発するようになった在日中国人と半島人による暴動や凶悪事件を受けて治安出動部隊から選抜した隊員によって拡実した。そのため2人の幹部指揮官を置くようになった。それでも警視庁の伊藤警部の指令を受けて行動しているため陸上自衛隊は富士教導団、航空自衛隊は百里基地の警備教導隊、海上自衛隊は横須賀地方隊から採用した創設時の人事は継承している。
「首都圏だけでも本社以外に官公庁や業界団体の記者クラブに常駐している。本社がクジテレビ状態になっても残党は幾らでも残っています」「それに地方本社から枝分かれした支社、枝葉端末まで数えれば幾つになるのやら」「赤報隊は1名で阪神支局を襲ったがそれでも今の人数では全く足らない」1尉と2尉の指揮官は初めて説明を受けた割には予備知識を持っている。やはり自衛隊と警察、海上保安庁が命を賭け、血を流しながら国土防衛の任務を遂行しているのを安全地帯の冷暖房が効いた編集部で傍観しながら妨害する手立てだけを思案しているマスコミに対する怒りを募らせていたようだ。
それが石田首相や野党の政治家に向かなかったのは今や日本軍の74年間を超えた自衛隊の歴史にクーデターの汚点を残したくなかったのかも知れない。実際、野党の政治家は国会の質問の台本までマスコミの記者に相談しているので猿回しの猿のようなものだ。石田首相も今では地元有権者の世論を操るローカル・テレビ局と地方新聞の論調に迎合しているので手を叩けば寄ってくる池の鯉のようなものだ。
「それにしてもクジテレビを襲撃した在日中国人は凄かったな。人間があそこまで凶悪になれるとは思わなかったよ」「アナウンサーやタレントをレイプした後に食堂の小母ちゃんや掃除の婆さんまで姦ったのは流石に目を疑ったな」1尉の指揮官はその映像を思い出したのか顔を嫌悪感一色にした。
クジテレビを襲撃した在日中国人暴徒は放送中だったニュース・スタジオに乱入するとメイン・キャスターやディレクターを含む男性たちを次々に射殺して唯一生き残らせたカメラマンに女性キャスターを強姦している映像を撮影させた。その後は仲間が見つけてくるアナウンサーやアイドル、タレント、歌手たちに痴態を演じさせ、挙句に全く見栄えがしない若い事務員を登場させた。その事務員はバージンだった。そうして一線を越えると暴徒たちは無軌道になり、50歳を過ぎて還暦に近い社員食堂の調理師と食器の洗浄係から清掃員まで仕事着のまま連行してきてカメラの前で老醜化した裸体を晒して強姦を続けた。それは田島3佐がクジテレビの社屋に潜入する直前だった。
「あれが個人的な憎悪ではなく国家命令で実行できるところが中国の恐ろしいところだ」「確かに綺麗な女子アナやタレントを姦ったのは男の暗い願望を実現したところがあるが、婆さんを裸にして姦れって命令されてもできるもんじゃあない」「その前に女の子に同情してしまって無理だよ」かつて航海から帰った海上自衛官が飲み屋で知り合った女性をホテルに連れ込んで裸にしたところ泣きながら「私には恋人がいる」と訴えたため黙って帰したのだが、その女性が恋人への言い訳として「強姦未遂」で訴えた事件があった(多額の慰謝料を要求したので金銭目的の可能性も否定できない)。それを報じるニュースで街頭インタビューを受けた中年男性は「女も犯せないで戦争ができるか」と切って捨てたが自衛官にはそう言うところがある。その点、中国人民解放軍は国内では強姦を死刑の重罪にしているが、1979年の中越戦争では占領地の女性を餌食にしてベトナム戦争で韓国軍が農村集落の女性を手当たり次第に集団強姦して虐殺した事件を思い出させて敵愾心を激烈に炎上させた。
「今回は淡々と業務として処置するから余計な作業は必要ない。自死した女子アナたちの無念を晴らしてやりたい気持ちはあるが女の記者ってのは・・・」「それが最近は枕取材を常用しているらしいですよ」「枕取材」とは女性記者が性行為を前提に情報提供を求める取材方法で外務省の既婚者の女性事務官を酔わせて犯し、それで脅迫して入手した「安保密約」を暴露した西山太吉記者とは逆だ。
  1. 2024/03/25(月) 15:42:56|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月24日・被災者は「土葬水葬火葬」された善光寺地震が発生した。

1年前に孝明天皇が即位しながらまだ改元していなかった弘化4(1847)年の3月24日に信濃国=長野県の善光寺平を震源地とする推定マグニチュード7.5の直下型地震が発生して「死にたくば 信濃にござれ 善光寺 土葬水葬 火葬までする」と狂歌に詠まれた甚大な被害が現出しました。
この地震は断層面を境として上下に動く縦ずれ断層でも上になる側が押し上げられる逆断層(下になる側が沈むのは正断層)によって発生して震源域は現在の長野市の北東に位置する飯山市から長野市南西部の大岡までの50から60キロに及んでいます。
地震の被害については松代藩主・真田幸貫さま自身が馬で領内を回って幕府に「山抜崩れ大小41051カ所」と届け出ましたが、現在の調査では当時の松代領内で42000カ所(馬で立ち入れなかった山間部などが含まれる)、隣接する松本領内でも19000カ所で山崩れの痕跡が確認されています。これが土葬です。
さらに谷川側面の山肌が崩落した岩石や倒木でできた松代領内の51カ所、松本領内で41カ所の塞き止め堤の湖によって多くの村や集落が水没しただけでなく貯水量を超えると決壊して下流域の水位としては犀川が善光寺平に出る長野市西部で20メートルに達したと言われています。さらに国境(くにざかい)を越えて越後国=新潟県の信濃川や千曲川にも水害をもたらしました。これが水葬です。
そして最大級に運が悪いことにこの時期は善光寺の本尊さま=一光三尊阿弥陀如来のご開帳中(本当の本尊さまは絶対秘佛なので模造品の前立佛像を代用公開している)で多くの参拜者が全国から集まっていて門前の旅籠は満員状態でした。さらに超最大級に運が悪いことに地震の発生時刻が宵5つ=戌の刻=午後8時だったので夕食の後の酒の燗つけや風呂を沸かすのに盛んに火を焚いていて大地震で倒壊した木造建築が火災を起こして門前町全体に燃え広がるのは当然でした。火災は3日間続いて倒壊焼失した家屋は2094軒、逆に倒壊を免れた家屋は142軒のみ、死者数は2486名でした。やはり阿弥陀如来は西方浄土に往生させることを発願されているので参拜者は団体で案内して下さったようです。これが火葬です。それでも善光寺は境内が広いこともあり如来堂と鐘楼、山門が半壊して軒(のき)に吊ってある歓鐘が落下しただけで類焼は免れました。一方、被災地全体では全壊家屋は21000軒、死者数は8600名でした。
ところがこの地震はこれだけでは終わらず5日後には野尻湖を経由して関川沿いに国境に近い高田まで伸びる断層でマグニチュード6.5の誘発地震が発生しました。この地震によって多くの塞き止め堤が決壊しましたが、生き残っていた人数が少なかったこともあり死者数は20名程度でした。
さらに嘉永7=安政元(1854)年6月15日に伊賀上野地震、11月4日午前に安政(正確には嘉永7年)東海地震と32時間後の11月5日午後に安政南海地震が続発した翌年の10月2日にはとどめの安政江戸地震が発生しています。嘉永6(1853)年の黒船の来航と共に国内外が揺れ続けた時代だったようです。
  1. 2024/03/24(日) 15:12:29|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ774

「ここも夏にはデート・スポットになってるが流石に寒い季節には人気がないな」「巡回の警察官も会うのは幽霊ばかりだと言ってるよ」田島3佐が約束の時間に指定された有名人の墓所に行くと伊藤警部が同世代の男性と一緒に待っていた。この山の手線の駅から徒歩6分の墓苑は面積103000平方メートルの広大な用地に7000基の墓所が建ち並んでいるが高台になるため列車からは見えず意外に知られていない。そんな場所がデート・スポットになっているのは女性が怖がって身を寄せてくるので肩を抱いて抱擁・接吻に発展することを期待する男性が「心霊スポット」と称して誘うのだ。
墓苑の中には派出所があって深夜にも巡回しているが、立っている人に職務質問しようとしても消えてしまうことがよくあるらしい。その一方で性行為に及んでいるアベックを見つけることもある。墓地の参道の暗闇の奥から女性の切なそうな喘ぎ声が聞こえてくるのは不気味よりも滑稽さがある。それでも大半は蚊取り線香を焚いているので男性の用意周到さには感心してしまう。それにしても墓地に持ってくる線香が違うだろう。
「こちらは民団(在日本大韓未国民団)青年部の牧明夫さん、韓国名は朴明斗だ。こちらは柳生但馬守宗矩さんだ」「柳生です。はじめまして」伊藤警部は田島3佐の本名を江戸時代初期の将軍家剣術指南役で幕府隠密も指揮していたと言われる柳生但馬守宗矩の官位として紹介した。それを察した田島3佐も柳生と名乗って隠蔽した。
「民団の牧さんを紹介したとなると例の計画に在日韓国人が絡むと考えて良いんだな」「在日韓国人としては母国の国民感情がここまで反日一色に塗り固められている原因はA日新聞だと考えています。A日新聞が軍事政権時代に手懐けた韓国のマスコミを使って韓国人にとって絶対に許せないような虚偽の報道を流し続けた結果なのは間違いありません。その代表が(いわゆる)従軍慰安婦問題の捏造記事の連載でしょう。あれで母国では反日感情が決定的に固まって現在も3分の2は日本を敵視している」田島3佐の確認には朴明斗が答えた。今の在日韓国人の大半は日本で生まれ育った3世とその子供や孫の4世・5世なので半島から移住してきた祖父母や親の世代のように差別された経験はあまりなく、むしろ韓流ブーム以降は敬愛の対象になっていることを自覚している。
ところがA日新聞は相変わらず外国人の参政権法案の否決などを大きく取り上げて日本人の心理の底流にある差別意識や社会的排斥が存続していると韓国のマスコミに報道させ続けている。中でもA日新聞に(いわゆる)従軍慰安婦問題の虚偽を認めさせた加倍政権は徹底的に敵視していて当時の前政権が外交関係の断絶の可能性を臭わすと「日本が態度を改めなければ選択肢としてあり得る」と賛同した。さらに加倍首相が韓国の統一教会の信者に暗殺されると安重根による伊藤博文の暗殺と並ぶ英雄的行動と賞賛した。ただし、犯人が日本人であることが判ると賞賛報道は数日で鎮静化した。
「日本では韓国軍が自衛隊の哨戒機や戦闘機を撃墜しても我々が迫害を受けることはありませんでしたが、母国では日本人女性を強姦してそれを『日本人女を慰安婦にしろ』と言うサイトで公開している」「日本国内でもそれを見た在日の若者が強姦して動画をサイトに投稿する事件を起こしたが、犯人を特定して警察に引き渡してくれたのが民団青年部だ」ここで伊藤警部が話に加わった。つまりその協力関係が今回の計画に参加させることを決めた理由と言うことだ。
「本来は儒教の礼節を重んじる伝統を守ってきた我が民族をここまで狂わせたのはA日新聞です」月齢が若い暗闇の中で朴明斗の目に怒りの炎が灯ったような気がした。周囲を樹木で囲まれている墓苑の奥までは都心の高層ビルの照明も届かない。しかし、田島3佐はベトナム戦争に動員された韓国軍が集落を襲って女性を手当たり次第に強姦した上で老人や幼児を含む住民を皆殺しにした事件や朝鮮戦争中に北朝鮮の金王朝に臣従する自国民を狩り出して虐殺した史実を知っているので内心では賛同していなかった。
「それでも在日韓国人がクジテレビを殺った在日中国人と同じように激しい批判を受けることになっても良いんですか」「そこで実行計画だが・・・」ここで伊藤警部が声量を落として2人は半歩近寄った。この暗闇ではスマートホンの光は目立ち過ぎるので使用不能だ。そんな中で居並ぶ墓石の影が聞き耳を立てているようだった。
  1. 2024/03/24(日) 15:11:13|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月24日・第2代国際連盟事務次長・杉村陽太郎の命日

昭和14(1939)年の明日3月24日は前の5000円札の肖像だった新渡戸稲造さんの後任の国際連盟事務次長を務めた杉村陽太郎さんの命日です。超人的に頑強な肉体の持ち主でしたが胃癌を患ったため享年は53歳でした。
敗戦後の日本では国際連盟については昭和8(1933)年2月24日に松岡洋右全権代表=外務大臣が脱退を宣言する場面しか知られていませんが、大正7(1918)年11月11日の第1次世界大戦の終戦から1年2ヶ月後の大正9(1920)年1月10日に創設されて同日付で新渡戸稲造さんが初代国際連盟事務次長に就任し、続いて杉村陽太郎さんが昭和2(1927)年1月19日に2代目として引き継ぎました。しかし、残念ながら日本の脱退で残務整理を終えた昭和8(1933)年3月27日に退任しました。
結局、2代にわたって日本人が重責を担ってアジアの立場を国際社会に認めさせていたにも関わらず日本社会は興味を示さず、ソビエト連邦のスターリン書記長が画策する第3インターナショナル=世界共産革命に無自覚に組み込まれた関東軍が起こした満州事変の実態調査のために派遣されたリットン調査団の報告書を拒否するために国際社会から孤立した上で嫌われ者の集まりに参加することを選んだのです。
杉村さんは明治17(1884)年に新渡戸さんと同じく旧・南部藩士で外務省に入省して晩年には駐ブラジル公使を務めて日本人移民を推進した外交官の長男として東京で生まれました。東京で生まれたためなのか屋敷跡に銅像を建てて記念公園にしている新渡戸さんに比べて盛岡市の扱いは冷淡です。
12歳頃だった明治29(1896)年から嘉納治五郎先生が経営する全寮制の私塾に入門して文武両道を学びながら高等師範学校附属中学校に通学し、旧制・第1高等学校を経て明治41(1908)年に東京帝国大学法学部を修了して外務省に入省しました。大学時代は身長180センチ、体重100キロ超の巨漢で嘉納先生直伝の柔道は4段(後に6段)、古式泳法・水府流太田派の名手で16キロの遠泳競技会で優勝しています。
外務省ではフランスのリヨン大学に公費留学して日本人としては3人目の博士号を取得して大正12(1923)年にはフランス大使館に1等書記官として赴任しました。この在任中にはドーバー海峡横断遠泳を計画しましたが、後に首相となる加藤高明大使から「見本の外交官が賞金目当てで挑戦すると思われる」「失敗すれば恥になる」と猛反対されて断念しています。その一方でフランスでの柔道の普及に尽力しました。
そして同年に国際連盟事務局の次長、大正15(1926)年に日本の国際連盟事務局長を歴任して昭和2(1927)年に国際連盟事務次長に就任しました。
しかし、前述の経緯で退任すると恩師である嘉納先生が世界オリンピック委員会の委員として目指した昭和15(1940)年の札幌冬季オリンピックと東京夏季オリンピックの誘致に成功しました。さらに昭和9(1934)年にはイタリア大使、昭和12(1937)年からはフランス大使に就任しましたが、翌年1月に胃癌を発症したため帰国して在任のまま亡くなりました。
  1. 2024/03/23(土) 15:48:43|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ773

「そろそろ限界だな」「祖国が侵略を受けている非常事態よりも加倍首相の遺志を継ぐ門下生たちを抹殺する政治スキャンダルを捏造する報道機関を先に始末しなければならないな」東シナ海での海戦と離島への上陸阻止が失敗に終わると日本人女性と結婚して国籍を変更したことで国外退去を免れていた元在日中国人たちが放火事件や暴走による多重事故を続発させたが、拳銃を携帯していれば即座に射殺されることを学習しているので銃撃戦にはならず田島3佐が率いる隠密同心の仕事になった。そんな仕事が一段落した頃、田島3佐は大江戸捜査網では内藤勘解由に当たる警視庁の伊藤警部と会っていた。
A日新聞が夕刊のスクープで口火を切り、翌日の朝刊で全紙が足並みを揃えた加倍派の政治資金を巡る問題は1週間経っても鎮まるどころか波紋が荒波になり、追及を受ける石田首相は完全に腰が砕けて立野官房長官を含む加倍派の閣僚を全て解任した。さらに自民党総裁の立場で加倍派の弾圧に加担してマスコミが書いた台本通りに追及する立権民衆党に言われるままに晒し者にして政治生命さえも奪おうとしている。その一方で陸海空自衛隊と海上保安庁、警察の共同作戦によって阻止・制圧した狸(中国の原典・塩鉄論の記述)を噛んだ窮鼠・中国の大漁船団による侵略については相変わらず関心を示さず、上山外務大臣も良妻賢母振りを発揮して夫唱婦随で放置している。
「ところでA日新聞がクジテレビの襲撃を手引きしたと言う噂の裏付けは取れたのか」「叩けば埃(ほこり)は濛々(もうもう)と上がるが証拠は見せないな。流石だよ」いつもの公園の自動販売機でそれぞれに買った缶コージーの栓を開けて一口飲むと田島3佐が先ほどの「抹殺」の伏線になる質問を投げかけた。
臨海副都心にあるクジテレビの社屋が武装した在日中国人と半島人に占拠されて男性社員の大半は射殺、女性社員は人気アナウンサーから初老の掃除婦までカメラの前で強姦されてその痴態を全国放送に中継された。そのため10数名の女性アナウンサーは投身自死した。ところが社屋内に潜入した田島3佐ほかの隊員が催眠ガスを放出して意識を失った数百人の犯人が逮捕されたが、首謀者たちの持ち物の中からクジテレビがA日新聞編集部に発行した立ち入り許可証が発見されたのだ。
「俺たちの仕事は状況証拠で請け負ってきたから埃が立てば十分だ。しかし、相手は巨大組織だから陸上自衛隊に命令として実施させないと全くの人手不足だよ」「今回のクジテレビでも判ったがマスコミには地方局があるから本社を潰しても記者を掻き集めて来れば機能回復は意外に早い。残念ながらクジテレビは地方局が少ないから思うような人材を確保できていないようだがA日新聞なら簡単だろう」伊藤警部の見解は的を射ている。A日新聞は記者に限らず販売店の経営者から配達員にまで情報網を張り巡らせていて些細な噂話でも「記事にならないか」と編集部に連絡してくるらしい。
「そこで今回は奥の手を出そうと思うんだ」「俺たちの仕事じゃあないのか」「プロに協力してもらわないと困るぞ」伊藤警部の口調が思わせぶりになったので田島3佐が先回りして確認したがやはり出番はあるようだった。
「明日の夕(ゆう)6時、8番に来てくれ」「8番か・・・人目を避けなければならない相手なんだな」「うん」2人の待ち合わせ場所は見晴らしが効いて人の往来が絶えない公園が多いが8番は広大な墓苑の指定した墓所の前なので墓参の人々が帰った夕暮れ時に会うのは野良犬と幽霊くらいだ。尤も田島3佐が会う幽霊は在スリランカ大使館の在外公館警備官時代に秘密裏にスリランカ内戦に参加して反政府ゲリラ・タミル・イーラムの虎の指揮官を射殺したのを皮切りにして何人かのゲリラを殺害した。しかし、タミル・イーラムの虎は占領した集落の老人や女性、子供を人質にして男性をゲリラにしていると政府軍の士官に聞いてからは戦闘を避けるようになった。ところが帰国すると定年退官した朝山3等海佐の後任として自衛隊の秘密殺人部隊の指揮官を命じられ、主に密入国している中国人や半島人の危険人物と凶悪犯の抹殺に当たってきた。その点は在フィリピン大使館の在外公館警備官としてナバオ・デス・スクワットに参加して麻薬組織撲滅の戦闘を経験した伊藤警部も大差はない。それでも今では2人が殺害した人数くらいは祖国防衛の戦闘を遂行している一般隊員の平均値程度だ。
  1. 2024/03/23(土) 15:46:16|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またやったのか?山口市のニューヨークタイムスへの売り込み工作

野僧が入院する直前の昨年末、唐突に「ニューヨークタイムスの『2024年中に行くべき52カ所』と言う記事に山口市が選ばれ、しかも3位だった」と言うニュースがNHKを含む山口県のローカル局で大々的に流れました。
当時、野僧は体調が悪化の一途を辿っていて思考能力が急激に低下していたため特に何も考えなかったのですが、21日間の入院を終えて久しぶりにテレビを見ると県内ローカル局では相変わらずアナウンサーが山口市内の観光名所を紹介する前置きに「世界で3位ですからね」と自慢げに語っているのを聞いて流石に疑問を感じました。
ニューヨークタイムスが昨年までは全く取り上げなかった山口市を3位にする以上、何か世界の人々の耳目を集めるような変化があったのかと言うと何もなく、むしろ寂れる一方のしみったれた街です。
しかも山口市が観光の名所として評価されたと手前勝手に誇示している瑠璃光時の五重塔は普段でも池の畔に建っていて佛舎利ではなく領主の遺骨が納められていることが珍しい以外は情けないほど小さくて粗末で「現存する五重塔では『10番目』に古い」と言う自慢にもならないことを宣伝するしかないのですが、現在は周囲に足場を組んでカバーをかけた改修工事中で何も見えません。それでも山口市はカバーに絵を描いてそれで観光客を呼ぼうとしているのですから外国の観光客が来れば醜態を晒すだけです。
そもそも山口市は京都の雅に現(うつつ)を抜かした守護大名の大内氏が京都の街並みを模して区画整理を進めた「西の京」と自賛していますが、野僧が現役時代に転属して回った全国各地の「□□の京」と自称する町と比べて極めて規模が小さく、古い町並みは全くと言って良いほど残っていません。そもそも海外から模造品の「西の京」を見に来るくらいなら本物の京都を見るべきで、あちらなら瑠璃光寺などとは比べ物にならない五重塔が幾らでも見られる上、さらに古い奈良やグルメも嬉しい大阪にも足を延ばせます。
おまけに山口市は「湯田温泉で長旅の疲れを癒してもらえる」と宣伝していますが山口県内の温泉の泉質は東北や北海道、北関東に北陸、九州に比べて井戸水に近く、温泉街の建物も変わり映えがしない鉄筋コンクリートなので「温泉」で客を呼ぶのも恥辱です。
さらに山口市は内陸にあるため新鮮な海産物を提供するには不利な上、瀬戸内海産の魚介類は魚に貝、海藻にホヤやナマコまで絶品の東北・北海道に比べれば話になりません。
これほど観光上の魅力が欠落した山口市が何故世界の「2024年中にいくべき52カ所」の3位に選ばれたのかを思案すると毎度の得意技以外には有り得ません。安倍晋三首相が亡くなった翌年の2023年に山口県が全国都道府県好感度ランキングで47都道府県中44位になると「安倍首相を失ったことが原因」と受け止めていました。実際、山口県では安倍政権当時、調査も完了していない萩市内の粗末で壊れかけている幕末の史跡が「日本の産業革命遺産」としてユネスコ世界遺産に登録されましたが、このように政治工作で無理を実現させるのが山口県の流儀なので、2023年当時の山口県選出の外務大臣あたりに県民の気分が高揚する打開策を依頼させても不思議はありません。
  1. 2024/03/22(金) 12:17:59|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ772

中央指揮所で朝を迎えた大原防衛大臣は空が白み始めるのを待って築城基地と新田原基地を発進した航空自衛隊の戦闘機による哨戒飛行で東シナ海全域に中国漁船が存在しないことが確認されると首相官邸に電話した。昨日は守備隊と戦闘になった五島列島と甑島群島以外にも複数の島に中国軍が上陸したが、アメリカ海軍のPー8哨戒機が中国海軍の駆逐艦に指揮される漁船に撃墜された事件を受けて撤退したようだ。
「総理は昨日の閣議を欠席されたことをご不快に思っておられるようですよ」ところが電話には事務担当の警察官僚の官房副長官が出ていきなり苦言を呈した。大原防衛大臣は中央指揮所の壁の時計を見たが通常なら立野官房長官は登庁している時間だ。
「総理はおられますからおつなぎしましょう」「それはエラク早い出勤だな」「昨夜は徹夜でした」官房副長官は遠回しに「心証を害している」と警告しておきながら取り継ごうとする。そこは官僚的な業務処理らしい。
「総理、海保との共同作戦で九州方面への中国の侵略を阻止しました」「君は閣議を欠席してモニター画面でも閣議に参加しなかった。現在、我が内閣が危機的状況に陥っていることが判っているのか」閣議室ではなく執務室のモニター画面に切り替わって石田首相が映ると大原防衛大臣は挨拶もソコソコに戦果を報告した。ところが石田首相はそれには反応しないで閣議を電話一本で欠席したことを叱責した。
昨夜、石田首相は相変わらずマスコミの批判報道に過剰反応してテレビのニュースに名前が出た人物を首相官邸に呼び出して事実確認すると自民党の首脳に電話して対応を検討していた。したがってこちらも徹夜だった。立野官房長官も加倍派の幹部として批判報道の標的にされているため事務方の官房副長官が代行しているのだ。
「それでは総理はアメリカ海軍の哨戒機が中国の漁船に撃墜されたことをお聞きになっていないのですね」「外務大臣は現在の疑惑には無関係だから呼んでいない」どうやら地上ではテレビを点けていなかった地下の中央指揮所では知り得ない別次元の戦闘が繰り広げられていたようだ。そんな中で古き日本の良妻賢母を体現している上山外務大臣は苦境に陥っている政治上の夫・石田首相の心理的負担を軽減することを優先してこれほどの重大事項を報告しなかったのではないか。法務大臣時代には政治上の前夫・加倍首相の意向を受けてオウム真理教の教組以下14名の死刑囚の吊首刑の執行命令に署名・捺印した女性だが外務大臣としては迷惑な存在になっている。
「それでは私からの報告は終わります。お疲れのところ申し訳ありませんでした」「今日の閣議には来るんだろうな」大原防衛大臣の愛想尽かしの挨拶に石田首相は同じ苦言を投げ返した。今回の問題でそれでなくても低下傾向にあった支持率が急落して求心力にも陰りが見え始めた石田首相としては閣僚の顔を見て忠誠心を計りたいのかも知れない。
「いいえ、離島に上陸した中国軍を完全に制圧したとは言い切れませんから引き続き中央指揮所で指揮を執ります」大原防衛大臣としては先ほど「中国の侵略を阻止した」と報告しただけに苦しい弁明だがこれが現実だった。
離島では漁業が主要産業なので島内各所の漁港には避難した島民が残していった多数の漁船が係留されていて中国の漁船が紛れ込んでいても容易には識別できない。しかも長崎県の対応が後手に回ったため慌てて避難した島民は食料や生活物資を家に残していて長期間潜伏するには最高の環境なのだ。
「大臣、長崎の漁民が出漁してきました」「馬鹿な・・・戦闘に巻き込まれるぞ」「新聞とテレビが全く報じていないので漁協も噂に過ぎないと無視しているようです」モニター画面での石田首相との不毛な用談を終えた大原防衛大臣に海上保安庁からの情報提供を受けつけた若手官僚が報告した。
「海保に制止させるしかありませんが漁協は・・・」官僚の説明に陸上幕僚長が意味ありげに呟いた。陸上自衛隊が佐賀空港にCVー22アスプレイを配備するための駐屯地を開設した時、有明海の漁協が「安全上の不安」と「環境への影響」を理由に行政訴訟を起こして阻止しようとした。福島の原発事故でも中国の詭弁に同調するように処理水の放出に反対したのは漁協だった。両者の関係は不明だが迷惑な存在なのは間違いない。
  1. 2024/03/22(金) 12:16:11|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元航空機整備員には信じられない陸自ヘリの墜落原因

3月14日に陸上幕僚監部が昨2023年4月6日に3月に着任して宮古島駐屯地=宮古警備隊を初度視察していた第8師団長と随行の師団司令部幕領、案内の宮古警備隊長ほか10名が搭乗したUH―60A多用途ヘリコプターが航空自衛隊宮古島分屯基地を離陸して海岸線に沿って西に飛行中に墜落した事故の原因を公表しました。
その発表によると「2基のエンジンの両方の出力が低下した」と言うことですが、遠い昔とは言え航空機整備員として航空機の点検・検査と修理・調整に当たってきた者には到底信じられません。先ず航空機整備員は一度墜落事故が起こればパイロットや搭乗者は言うまでもなく地上の人々の命を奪うことになる責任を自覚して整備作業は言うまでもなく飛行直前のランナップ(エンジンの始動点検)が終わってもタクシーウェイ(誘導路)に出てランウェイ(滑走路)を離陸して機影が視界から消えるまで細心の注意を払っています。ましてや師団長が搭乗するとなれば細心に上乗せした最深の注意を払うのが当然で離陸して10分後に墜落するような不具合の予兆を察知できないはずがありません。
事故機は15時46分に離陸した直後に宮古空港の管制塔に「宮古(空港)の管制圏を出る」と通知して管制官の「下地島(空港)の周波数で管制官とコンタクトせよ」と言う指示に「ラージャ」と答えた後、海上を順調に飛行している姿が周辺地域の建物に設置されている防犯カメラに撮影されています。そして15時54分に下地島空港の管制官が「下地島(空港)の管制圏に入ったら下地島の周波数でコンタクトせよ」と指示すると「ラージャ」と回答しても機体の異常を通報することはありませんでした。ところが2分後の15時56分に宮古島空港のレーダーから航跡が消滅=墜落したのです。
双発エンジンを搭載している航空機は1基でも飛行できる程度の出力を有しているのが常識で(固定翼機であれば3基の内の1基でも可能)、ましてや両方のエンジンが同時に故障する可能性は皆無に等しく仮に2基が深刻な不調に陥ってもパイロットが「エマージェンシー(緊急事態)」をコールする程度の時間はあったはずです。
野僧個人とすれば宗教者として「宮古警備隊が年頭の安全祈願に宮古島の守護神を祀る御嶽ではなく本土式神道の宮古神社に参拝している神罰が当たった」と言いたいところですが、やはり事故発生直後から流れていたように「宮古島周辺海域に出没していた中国漁船が携帯式対空誘導弾で撃墜した」と言う風説が可能性として最も現実的なようです。それであればヘリコプターが通過した後方から発射すれば戦闘機のような高性能のレーダーは装備していないので攻撃などは予期していないパイロットや他の搭乗員たちが気づくことはなく、回避行動をとらずに追尾するように飛来する赤外線誘導方式のミサイルが熱の発生源のエンジンに命中しても不思議はありません。ミサイルが命中したのなら2基が同時に破壊されて全出力を瞬時に喪失するのは当然です。
最近は2022年7月8日の安倍晋三首相の暗殺にしても共産党中国が関与した可能性が濃厚な事件がマスコミの変質報道(統一教会の問題にすり替えられた)によって真相が隠蔽されることが続いています。日本の支配はそこまで進んでいるのでしょう。
  1. 2024/03/21(木) 16:39:06|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ771

「自衛隊の戦闘を取材させて下さい」事情聴取の間にも第15警戒隊指揮所から戦況を知らせてくるので副島1尉は記者にも説明した。現段階では下甑島の南端の手打集落に上陸した中国軍を制圧するために高遊原分屯地=熊本空港からUHー1多用途ヘリコプターで追加派遣された第42即応機動連隊の後続部隊が集落の外れにある弓折牧場に到着した一方で五島列島では東側の集落で小数の漁船が発見された奈留島を捜索していた対馬警備隊が潜入していた1個小隊程度の中国兵を発見して各個撃破している。
「若いのに中々勇気があるな。ウチの義勇隊員たちと同じだ。その点、日本人は駄目だ。金を出せば防衛に貢献しているつもりになっている」日本国内では防衛出動が発令されない中で自衛隊が武力行使に対処していることをマスコミが徹底的に批判していたため国民の支持は低く、若い世代は無関心を決め込んでいた。それでも在日中国人が不法に密輸した大量の拳銃を使って暴動を起こすようになると自衛隊の治安出動を支持するようになり、ロシア軍の北海道への侵攻を受けて防衛出動の発令を求める世論が沸き上がった。しかし、国民の絶対多数が敗戦後生まれの世代のため戦争を現実として受け止める思考に欠け、自衛隊に参加して自ら命を賭けて祖国を守る戦意は発生していない。だから駐屯地や基地に寄付金を持ち寄ることで満足している。
1990年に始まった湾岸戦争で海部俊樹内閣は国際社会から多国籍軍への自衛隊の派遣を当然視されても平和憲法を理由に拒否して、見返りとして1228億8千万円もの戦費を拠出したが、同じことを祖国防衛の戦争でも繰り返しているのだ。
「我々も新潟でイギリス人の記者が戦場を取材してヨーロッパで日本人が知らない実態を報道された屈辱は真剣に受け止めています。だから新潟では民間放送や新聞社の若手記者たちが個人資格で現地に潜入して自衛隊に同行する許可を得ることに成功したんです」「その割に九州方面での戦闘を無視しているのはどう言う訳だ」「それは・・・東京の編集部が今の読者と視聴者、多くの日本人は自衛隊の行動に賛同するようになっているから勝ったことを報道すれば戦争を期待するようになる。我がA日新聞は戦前の過ちを繰り返すことはできないと禁じているんです。おそらく他社も同様でしょう」「そうか・・・」副島1尉は記者の表情に不満と疑問が漂っていることを見て第15警戒隊指揮所に奈留島の取材許可を求めようと考えた。
「隊長、ワイナリーから数名が接近しています」その時、事情聴取をしている小部屋のドアを開けて警備職の士長が声をかけた。士長は言い終わってから背中を向けて座っている記者に気づいて困惑したが手遅れだった。
五島コンカナ王国ワイナリー・リゾートは空港の西側のなだらかな丘の中腹にあり、ゴルフ場と隣接している。目立つ漁港でなくても海岸線から上陸すれば徒歩で接近するのは容易だ。やはり警備する側の人出不足は十分に理解しているようだ。
「誰何(すいか)はしたのか」「滑走路のヘリを監視している山元士長がハンド・マイクで呼びかけましたが草むらに隠れました」「海岸線から上陸したな」副島1尉の独り言に士長は緊張した顔をしたが記者は興味津々と目に妙な光を点灯した。
「クレイモアは何番だ」「14番から22番の間が通過点になると思います」「そうか・・・屋上の日高3曹はクレイモアの作動準備、下黒石2曹は義勇隊員4名を人選してランクルで待機。クレイモアが作動すればそこに急行して制圧させる」「はい、ランクルに5名を乗せて待機させる・・・」士長は姿勢を正すと指示した内容を復唱して回れ右すると大股に出ていった。ドアを閉め忘れていた。
「わざわざ奈留島へ行かなくてもここで戦場取材ができそうだな」「クレイモアって手動式の地雷ですよね。それを使うんですか」「この空港の警備を任務にしている以上、外国軍の兵隊に侵入させる訳にはいかないんだ。君たちの取材は妨げないが我々の活動を邪魔すれば敵と看做す可能性がある。何よりも身の安全は保障しない。それが嫌ならターミナル内のコンクリート壁の部屋に籠っていることだ。100メートル以内からの銃撃だとコンクリートブロックくらいは貫通してしまうから床に伏せていた方が間違いないな」副島1尉の懇切丁寧な説明に記者はユックリうなずいた。
  1. 2024/03/21(木) 16:37:49|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武器輸出・日本の政治はウクライナ紛争で何を学んだのか。

日本とイギリス、イタリアで共同開発しているF-2の後継戦闘攻撃機を他の2国が第3国に輸出した時の対応を発端として始まった殺傷用の兵器の輸出を巡る与党協議で公明党は左傾亡国野党と同様の60年安保闘争当時の戦争観を主張したようです。
戦前の日本も対米英戦争に突入して東南アジアのヨーロッパ列強やアメリカの植民地を解放すると大東亜共栄圏の表看板の下で将来の独立に向けて現地軍を創設するのに陸軍兵器廠で製造していた小銃などの兵器を供与しましたが、戦闘機や艦艇を輸出することはありませんでした(戦車や火砲は売りに出せるような代物ではなかった)。敗戦後は安全保障と言う概念を放棄して戦争を絶対悪とする国際的には非常識が蔓延していてその炎上の頂点が本来は日本自身の安全保障に他ならない1960年の日米安全保障条約の改定でした。
そんな「武器輸出は戦争に加担する悪事」と言う風潮の中で1967年4月21日に佐藤栄作首相が有権者向けに表明したのが「共産圏向けの場合」「国連決議によって武器等の輸出が禁止されている国向けの場合」「国際紛争の当事国またはそのおそれのある国向けの場合」は武器の輸出を禁止する武器輸出三原則でした。
現在も立憲民主党や共産党の左傾亡国野党と与党・公明党は60年安保闘争当時の戦争観に執着しているので武器の輸出に関してもこの武器輸出三原則を堅持したいようですが今回、岸田首相が衆議院予算委員会で官僚の原稿を棒読みしたように国産開発した防衛装備品=兵器が異常に高価なのは自衛隊以外に納入先がなく、数少ない売り上げに兵器自体の単価に加えて開発費も回収しなければならないことが原因なので、長年にわたる経済界からの「防衛産業の活性化と競争力の強化のために輸出による販売数の拡大が必要不可欠である」との要望に応えて安倍晋三政権が2014年4月1日の国家安全保障会議と閣議で新たな防衛装備移転三原則として「紛争当事国への移転などを禁止」する一方で「国際協力や日本の安全保障に資する場合」は移転を認め、「目的外使用や第3国への移転は日本の事前同意を義務づける」適正管理の確保に改定=緩和したのです。
ところがウクライナにロシア軍が侵攻して西側諸国が小火器と弾薬に始まり、火砲、戦車、戦闘機、ミサイルなどの兵器を続々と供与し始めても日本は「紛争当事国への移転などを禁止」に該当するため武器と呼べる品物は送ることができず、手始めに陸上自衛隊仕様の迷彩の防寒外衣=フィールド・ジャケット、続いて防弾ヘルメットと防弾チョッキを提供しましたが、これが武器に該当しないかの議論になるのが日本の国会です。
しかし、共産党中国の策謀によってパレスチナのガザ地区で紛争が起こると西側の兵器と資金の支援はイスラエルに向かいウクライナは奪還寸前まで行っていた反転攻勢に失敗して一進一退の中、戦闘は硬直状態むしろ劣勢に陥っています。ここでパレスチナ問題に距離を置く日本が全面的支援に乗り出して自衛隊の74式戦車や国産対戦車ミサイルなどの中古装備品を供与すれば戦況は優勢を維持できた可能性があります。
この敗戦後の偏った国際感覚では非常識である亡国的戦争観によって重大なる国際貢献を果たす機会を逸したことを教訓としていい加減に自縛趣味を止めるべきでしょう。
  1. 2024/03/20(水) 15:18:07|
  2. 時事阿呆談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ770

2000メートルの滑走路の中央に不時着したA日新聞の取材ヘリコプターは追走してきた消防車に消火剤をかけられて泡の海に埋没した。空港の消防車は運転席の上部と下部に取り付けてあるノズルから消火剤を噴射するので一般火災の消火のようにホースの展張などを必要としないから助かった。健軍駐屯地でのフィリピン人と台湾人義勇隊員の基本教育課程でも流石に消防訓練までは実施していないのだ。
「フリーズ」「ななな・・・何だ」「確かに日本人だな、手を上げろ」ヘリコプターのローターが止まり、エンジンから噴き出していた煙が消えたのを確認した副島1尉は泡をかき分けて機体に取りつき操縦席のドアを開けてパイロットに拳銃を突きつけた。最初に「動くな」を意味する英語で呼びかけたのは「国籍不明」と認識していることを理解させ、敵対的行動を執る必要性を現示するためだった。
「我々はA日新聞九州本社の者だ。取材中に銃撃を受けてヘリが損傷したから緊急着陸した」「エマージェンシーをコールしただろう」後席のドアを開けたフィリピン人義勇隊員も小銃を突きつけると記者が怒気を交えた口調で事情を説明してパイロットも同調した。しかし、副島1尉は冷ややかな薄笑いを浮かべて「ホールドアップ、手を上げろ」と告げた。それを聞いて義勇隊員たちも小銃を構え直した。
「確かにエマージェンシー・コールが入ったことは分屯基地から連絡を受けている。しかし、君たちがA日新聞の社員であることが確認できるまでは身柄を拘束する。仮に自衛隊や海上保安庁の防衛行動を妨害していることが発覚すれば逮捕する」実際、戦時では戦争法に空戦規則がないためエマージェンシー(緊急事態)をコール(宣言)して敵の基地に侵入して攻撃を加えることもあり得る戦術だ。その点、地上戦や海戦においては敵の人道的対応を利用して攻撃することは極めて重大な戦争犯罪になる。
3人は銃口を向けている義勇隊員たちが日本人ではないことに気づくと視線に殺気を帯びているように感じて大人しくヘリコプターから下りた。それでもカメラマンは「カメラとケースを自分で持つ」と言い張り、副島1尉が許可して威嚇発砲しようとした義勇隊員を鎮めた。そのまま3人は徒歩で滑走路を横切って空港ターミナルへ連行された。
「馬鹿な、我々は正当な取材活動をやっているだけだ」「その取材活動で戦闘空域に立ち入る正当な許可を受けているのか」「取材活動の自由は憲法21条が保障している。自衛隊に制限を加える権限はない」最初に取り調べを受けた記者は副島1尉の日本海での妨害行為の指摘に強く反論した。ただし、根拠にしている日本国憲法第21条は「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」と規定しているだけで報道の自由については裁判所が解釈した判例に過ぎない。
「無断で危険を冒してまで交戦空域に進入した目的は中国漁船を上陸可能な場所に誘導するためじゃあないのか。そうなれば利敵行為を働いた工作員として処置することになるな」「我々はあくまでも自衛隊の戦闘の実態を報道しようとしただけだ」「A日新聞とテレビA日はそれを報道しているのか。全国版の新聞とニュースは加倍派の政治資金の問題だけじゃあないか」「それは・・・」この指摘は記者自身も不満に思っている現実だった。別室で待たされているカメラマンは歩きながら監視の義勇隊員が日本語を理解できないと推理したのか「日本海で超望遠レンズを使って撮影した陸上自衛隊のヘリコプターが韓国の漁船を銃撃している写真を消去するべきか」と相談してきた。しかし、記者としては九州版にだけでも掲載しなければならない事実だった。
「君たちは中国がこの漁船に武装した兵士を乗せて日本の島を占領しようとしていることを知っているのか。すでに鹿児島県の下甑島では陸上自衛隊が100名前後殺害されている。現在も五島列島の無人になった島に上陸した中国軍と捜索している対馬警備隊が交戦している。多くの漁船は奄美群島へも向かっているらしい。それを阻止しようと懸命に努力している我々の姿を報道しないで何が報道の自由か」「自衛隊は放置すれば平和憲法を無視して勝手に戦争を始めるはずだ」「その戦争で真っ先に死ぬのは自衛隊だ。我々も戦後生まれなんだ。命は惜しいし、家族が愛おしい。何時までも戦前の亡霊に憑りつかれているんじゃない」副島1尉の反論に記者は黙り込んでしまった。

  1. 2024/03/20(水) 15:16:22|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共産党中国にとってアスプレイは余程の脅威らしい。

昨年11月29日にアメリカ空軍のCVー22アスプレイが墜落して乗員8人が死亡した事故を受けてアメリカ軍は世界各国に配備している同機種を一律に飛行停止にする異例の処置を取りましたが、3月14日になってようやく飛行を再開しました。
これに対して日本のマスコミは「事故原因が明確になっていない中での飛行再開は容認できない」と批判報道を始めていますが、これはアスプレイの試作機が完成して試験飛行で事故が続発した時から存在を否定していた「馬鹿の一つ覚え」でしょう。
航空工学の常識で考えてもアスプレイのような過去に類例がない新型機を実用化する場合、コンピューターの発達によって多くのデータを入力することで予想される危険な事態をシミュレーションできるようになっても限界はあり、事故が発生して今回のように綿密な検査によっても原因が分からなければ飛ばしてみるしか探求の手段はありません。
不勉強で知らない振りが得意な日本のマスコミもこの程度の常識は知っているはずで、ここまでアスプレイを目の仇にして市民の不安を煽り、航空自衛官の息子の佐賀県知事に佐賀空港への陸上自衛隊のアスプレイの配備に反対させたのは第3インターナショナル=世界共産革命の残党・朝日新聞が主導する盟主への「忠義立て」としか思えません。
日本のマスコミは意図的に隠蔽しているもののアスプレイは2013年11月に史上最強の台風30号が襲来して甚大な被害を受けたフィリピンに沖縄の普天間基地から14機が無着陸で飛行して空き地に着陸して大量の救援物資を卸下(しゃが)するのと並行して被災地に診療所を開設して軍医や衛生兵が治療を開始しています。2015年4月25日に発生したネパール地震でも空港が機能制限を受けている中で普天間基地から派遣された4機のアスプレイはヒマラヤ山脈を越えて空き地に着陸して同様の活動をしました。それは2016年7月の熊本地震の災害派遣・トモダチ作戦で日本人も目の当たりにしています。しかし、共産党中国にとってのアスプレイの空輸能力は政権公約通りに台湾やフィリピンに上陸しても普天間基地から迅速に戦力を空輸されて奪還されるのは明らかで、絶対に存在を許すことができない脅威のはずです。
一方、共産党中国がコピー製品を量産しているロシアの軍事産業(艦艇は韓国の金大中・盧武鉉政権が漏洩したアメリカ海軍の情報で作っている)はソビエト連邦時代から戦闘用一辺倒の体質のため戦闘機や爆撃機の開発・製造は得意でも輸送機となると大型化には成功してもアスプレイのような新機構を組み込む能力は欠落しています。実際、ソビエト連邦はイギリスがホーカーシドレー・ハリアを艦載機に改造したシーハリアを搭載する航空母艦を建造すると「アメリカ式の本格的大型空母は無理」と諦めていた海軍が色気を見せてVTOL(垂直離着機)の艦載戦闘攻撃機の開発を命じました。ところがイギリスのハリアが採用していたエンジンの噴出口=推進ベクトルを方向変換する方式は模倣できず、下方に噴射する小型のエンジンを追加したため機体重量が増加して役に立たず、2隻建造した航空母艦は「制空・制海権の奪取」と言う本来の目的を果たすことなくヘリコプター搭載巡洋艦として退役しました。つまりアスプレイの開発は本社でも無理なのです。
  1. 2024/03/19(火) 16:30:35|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ769

「副島1尉、ヘリコプターが1機、緊急着陸を要請している」福江空港の警備隊長として市街地全域の巡回・警備も指揮している副島1尉に福江分屯基地の第15警戒隊指揮所の運用班長から無線連絡が入った。福江空港の国土交通省航空局は全島民の九州本土への避難が完了して空港が閉鎖されると早々に航空自衛隊に明け渡している。そのため管制塔も機能停止していて先ほどのCー130は警戒隊監視小隊の兵器管制幹部がGCIアプローチとして空港に誘導してパイロットが目視で着陸した。今回もヘリコプターのパイロットが航空無線で通報してきたようだ。
「どこのヘリだ」「飛行プランによれば福岡空港を発進して東シナ海に向かうことになっているA日新聞の取材ヘリが唐突に進路を変更したらしい」「それは日本海で陸自の13飛(第13飛行隊)の阻止行動を妨害した奴だな」「そのようだ」運用班長の過剰な説明に副島1尉が反応して前置きが長くなってしまった。
「緊急着陸する理由は何だって」「銃撃を受けてエンジンを損傷したそうだ。ローターの回転数が落ちて高度が維持できないと言っている」パイロットもA日新聞の社員なので「中国の漁船から」とは言っていないようだ。下手すれば「自衛隊の銃撃の流れ弾が当たったのかも知れない」と虚偽の説明を弄しかねない。
「空港まで辿り着くのが精一杯だから滑走路のどこに降りるか判らないそうだ」「それじゃあ中国軍の協力者として捕虜にすれば良いんだな」「それは拙い。少なくとも民間人として保護してくれ」副島1尉としては五島列島から西に200海里に引かれているEEZ(排他的経済水域)の境界線付近で航空自衛隊の戦闘機の銃撃を受けて蜘蛛の子を散らすように東シナ海上を逃走していた中国の漁船が福江島の南で集結して編成を取り、上陸を試みた侵略行動の説明を受けている以上、A日新聞の取材ヘリコプターが日本海と同様に妨害行為を働いたとすれば敵対者と考えるのが当然だった。
「少なくとも銃を突きつけて身体検査は実施するぞ。空港の消防車を借りるから承知してくれ」「確かに必要な措置だ」教育幹部の得意技と言うよりも常套手段に近い「ハッタリ」を警戒していた運用班長は意外に常識的なオチに拍子抜けしたように同意した。
「こちらパト1号、民間のヘリが1機、ふらつきながら大浜の上空を通過していきます」副島1尉が警備職の空曹に空港の消防車を用意させていると巡回に出している警備車両から連絡が入った。大浜とは空港から西の海岸線に出てそのまま南下した折り返し地点にしている海水浴場だ。そう言えば流石の副島1尉もフィリピン人義勇隊員への英語の説明で労力を消耗して巡回車両にまで銃撃を受けたA日新聞の取材ヘリコプターが福江空港=五島つばき空港に緊急着陸することを周知するのを忘れていた。
「それは漁船から銃撃を受けてこの空港に緊急着陸するA日新聞の取材ヘリだ。まだ飛んでいるんだな。火は吹いていないか」「はい、プロペラの付け根辺りから黒い煙を引いていますが火は見えません。それでもエンジン音におかしな雑音が混じっていて飛行は不安定になっています」警備職の空曹の報告は極めて適切だった。聞いているだけで半死半生でこちらに向かっているヘリコプターの姿が目に浮かぶようだ。ヘリコプターはローターの角度で揚力と推進力を同時に発生させるのでエンジンの回転数が落ちれば両方を失うことになる。その点が例えエンジンが停止しても主翼の揚力によるグライダー状態である程度は高度を維持できる固定翼機との違いだ。
「来たな。本当にエンジンが悲鳴を上げてるぞ」数分後、南風に乗って正常ではないエンジン音が聞こえ始め、間もなく黒い点が視界に入り、それが白地に赤の塗装の民間ヘリコプターになった。その間に消防車は滑走路の南エンドに移動してヘリコプターが着陸すれば可能な限り接近して放水を開始するように準備している。Cー130が着陸した時に水タンクと化学消火剤を満タンにして、操作を学習させたのが役に立った。
「ハイドCP(第15警戒隊指揮所のコールサイン=仮称)、こちら空港警備隊・副島1尉、間もなくヘリが着陸する。消防車はヘリに合わせて移動している」「ラージャ」副島1尉は消防車の後方で待機している警備隊のランドクルーザーから状況を報告したが、言い終わる前にヘリコプターが着陸して放水が始まった。
  1. 2024/03/19(火) 16:29:21|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何故、マスコミは海外自動車企業のEV車からの撤退を報じないのか。

先週末に新聞とテレビで「日産とホンダが電気駆動=EV車の開発と将来的な製造において部品の共有化などの提携を前向きに検討している」と言うニュースが流れました。
確かに貿易の自由化が世界の潮流になっている以上、企業の競争相手は国内の同業他社ではなく海外で共通した製品を製造・販売している企業であり、その競争力を強化するためにあえてライバルと提携を結ぶのは一つの見識です。その一方で日本の経済界は国内需要を経営基盤にしているため販売競争が終息することはなく、むしろ機械操作に熟練して目と舌が肥えた消費者相手の競争原理が製品の性能を極限まで高め、海外の企業には到底真似ができない高度な品質を保持することになったことも忘れてはなりません。
そんな日本企業の偉大なる成功を政治とマスコミが踏み躙ったのが今回の提携の目的になっているEV車でした。日本では1995年11月の第31回東京モーター・ショーでトヨタがガソリン・エンジンと発電機を併用して飛躍的に燃費と排出ガスの浄化を向上させたハイブリット車・プリウスを発表して1997年から発売を開始すると環境問題に関心を寄せていたアメリカやヨーロッパの富裕階層や著名人が競い合うように購入して「プリウスに乗ることが環境問題に対する改善努力」と言う風潮が広まりました。
ところがアメリカ人は海外自動車メーカーの販売攻勢に慣れているので外国車でも気に入れば愛用しますがヨーロッパ人は自国製の自動車に対する執着が強く、本音では嫌々ながら購入したプリウスで想像以上の燃費と排出ガスの浄化を実感すると自国の自動車メーカーが同様のハイブリット車を開発しないことを非難するようになり、「何でも環境に良い自動車を開発する」が至上命題になったのです。
こうして苦肉の策として発売したのがEV車でした。確かにEV車は電気モーターで稼働するので燃焼による排出ガスはなく環境汚染はありませんが、充電する電力を火力発電所(原子力発電所は市民団体が許さない)で賄えば大量の排出ガスが発生し、頼みの風力や太陽光では全く足らない矛盾=現実を日本政府や企業は指摘していました。しかし、教条主義のヨーロッパの市民団体が現実を無視するのは毎度のことで「排出ガスを出さない」と言う一点だけでEV車を「環境を傷つけない唯一絶対の自動車」と断定して世界の自動車メーカーに追従を強制する運動を開始すると日本のマスコミも同調したのです。
日本政府はこれまでの主張を維持しながら無視すれば良かったのですが、安倍晋三復活内閣の最後に環境大臣になった刺青又さん=小泉又二郎議員の曾孫が2019年9月の国連環境サミットでスウェーデンのグレタ娘の罵声を聴いて心服・共鳴したような発言をしたため「ヨーロッパの市民運動に追従することが日本の環境行政」とマスコミが報道するようになり、全く必要がないEV車の開発にも手を着ければならなくなりました。
しかし、海外ではEV車の増加によって日本が指摘していた矛盾が現実に発生して売り上げが激減したため製造からの撤退を表明する自動車メーカーが相次いでいるのです。日本のマスコミ、特にNHKはこの事実を隠蔽するようにEV車の開発を推奨していますが、無駄な投資と労力を投じる前に手を引くことを勧めるのが責任=贖罪でしょう。

  1. 2024/03/18(月) 15:05:20|
  2. 時事阿呆談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ768

「始まったぞ」「漁船が発砲したのか」「否(いや)・・・海岸に向かって進み出しただけだ」十数分後、AHー64が編隊を解いて漁船団が進行を始めた海域の上空を取り囲むように配置につき機銃を発射し始めた。AHー64は上陸時に地上部隊を制圧するための準備として甲板で兵員たちが小銃を構え、数基の携帯式対戦車ミサイルを用意しているのを確認して刑法37条の「緊急避難」に基づいて発砲したのだがA日新聞の取材ヘリコプターの機内では痺れを切らしての先制攻撃と決めつけていた。
「さっきの陸自のヘリは俺たちが接近したら攻撃を中止したが今度はどうだろう」「こっちのヘリは戦闘用のアッパチだからな。一度火が点いたら相手が全滅するまで止めないだろう」取材ヘリのパイロットは第13飛行隊のUHー1が西部防空指令所の助言を受けて撮影を避けるために戦闘を中止したとは知らず日頃から自衛隊がマスコミに対して異常に憶病であることと同列に考えていた。
確かに自衛隊はマスコミに批判的に報道されれば国民の支持を失い、地方でも基地や駐屯地の周辺住民に悪感情を抱かせることを懼れて卑屈なまでに気を遣っている。当然、マスコミも自衛隊を完全に見下していて、昭和59年2月27日に山口射場で発生した小銃乱射事件では昼礼のため無人になっていた中隊事務室に勝手に立ち入った新聞記者が先任陸曹の机の上に置いてあった営内班長の犯人の指導簿を持ち去って内容を地方版の夕刊と全国紙の朝刊で大々的に報道した。自衛隊の警務隊は公品横領(窃盗ではない)で告発したが「正当な取材活動」と弁明して争い、陰では「論調に手心を加える」と言う連隊首脳との裏取引で無罪に等しい判決に対する控訴を断念させた。
逆に阪神大震災では取材ヘリコプターが救援物資を空輸する自衛隊の輸送ヘリコプターの着陸を妨げるように低空飛行することを問題化したため新聞やテレビの記者が粗探しを始め、隊員が作業現場で携帯食の昼食を摂っているのを「空腹な被災者の前で美味しそうに食事を頬張る自衛官(実際は食事を終えてから現場に集まっていた)」と言う虚偽の記事を写真入りで掲載した。それ読んだ社人党の首相が激怒したので自衛官はトラックの荷台で人目を避けて食事を摂らなければならなくなった。
「今回も追っ払ってやろう。そうすれば海岸に避難できる」「それは人命救助だな。自衛隊の無差別殺人からA日新聞が民間人の漁民を守ったとなれば編集部も採用するだろう」パイロットの提案に記者も同意し、撮影中のカメラマンもうなずいた。記者は日本海での取材記事を北九州市にある西部本社に送ったのだが、東京本社(登記上の本店は大阪市)の編集部は「社会面の国内記事は加倍派の政治資金の問題に集中する」と却下し、それでも西部本社の編集部が喰い下がると「現在の日本人は自衛隊の戦果を勝利と受け止めて賞賛するようになっている。自衛隊が惨めに敗北するまでは無視しろ」と命令してきた。それでも西部本社の編集部は報道に携わる者の使命に於いて取材の継続を命令した。その英断に報いるためにも華々しいスクープをモノにしたいのだ。
「漁船にエラク大勢の人間が乗っているな。10人はいるだろう」「武器を持っていないか。あれはライフルだぞ」取材ヘリコプターが1隻1隻を正確に狙って銃撃を加えているAHー64の側面に接近すると後席のパイロットが顔を向けて機体を回避させた。飛行中のヘリコプターは高速度で回転しているローターがハッキリ視認できないため距離感が掴みにくく間隔を広めに取らなければ事故に直結する。ところが取材ヘリコプターのパイロットは自衛隊側が安全距離を確保したのを見て海面を逃げ回っている漁船を見下ろし、撮影準備を整えたカメラマンも同調した。
すると真下になった漁船の甲板で兵員たちが小銃を抱えるように上に向けて構えたのが目に入った。次の瞬間、甲板上にオレンジ色の閃光が点灯して1秒を置かず多くの銃弾が周囲を通過していった。同時にバシッ、バシッ、バシッと嫌な音を立てて数発が機体に命中した。やはり真上では照準が困難になので命中精度が落ちたようだ。
「危ないなァ、足元を突き抜けたぞ」「エンジンがやられた。高度が維持できない」命中弾の1発は胴体中央部の記者とカメラマンの間を貫通して天井を突き破り、エンジンに命中した。至近距離だっただけに威力は大きく回転数が急激に落ち始めた。
  1. 2024/03/18(月) 15:04:07|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月17日・少年マガジンと少年サンデーが創刊された。

昭和34(1959)年の3月17日に少年漫画雑誌の週刊化の先駆けとして講談社が少年マガジン、小学館が少年サンデーを創刊しました。
昭和34(1959)年3月17日は火曜日なので創刊後に発送して現在と同様に水曜日に発売したようです。ちなみにサンデーと言う雑誌名は発売する曜日ではなく「読むと日曜日のような楽しい気分になる」と言う願いを込めた命名でした。その後、昭和38(1963)年7月8日に現在は無期休刊中の少年画報社の少年キング、昭和43(1968)年7月11日に集英社の少年ジャンプ、昭和44(1969)年7月15日に秋田書房の少年チャンピオンが創刊されましたが、ジャンプは月曜日でチャンピオンは木曜日に発売しているのは先駆者に対する遠慮なのか営業上の選択なのかは判りません。
マガジンとサンデーは同時発売で並走したため数少ない人気漫画家の奪い合いを演じることになり、昭和38(1963)年からマガジンに連載されて絶大な人気を集めていた桑田次郎先生の「エイトマン」が昭和40(1965)年に終了した同時期に「ワンダー3(スリー)事件=手塚治虫先生のSFアニメの企画が他社に模倣されたためスパイ疑惑が持ち上がり、マガジンに6話まで連載していた漫画版・ワンダー3をサンデーに変更した」が勃発して漫画家の争奪戦が社会問題になりました。
その後も手塚先生の門下生の石ノ森章太郎先生、藤子不二雄先生、赤塚不二夫先生などのトキワ荘出身者をサンデーに囲われるとマガジンは「鉄腕アトム」に代表される理想的模範生の主人公による勧善懲悪劇の手塚作品に対するアンチテーゼとも言うべき善悪の区分がない人間ドラマ、時には影丸穣也先生の「ワル」のような悪の論理を描いた劇画を中心に据えるようになりました。そうなると構想を練る漫画家の負担が大きくなるため別に原作者を用意することになりその代表が当初は「巨人の星」や「あしたのジョー」などのスポーツ根性物語、後には「愛と誠」を執筆した梶原一騎先生でした。
一方のサンデーは藤子作品や赤塚作品の仄々(ほのぼの)としたギャグ漫画路線を取り、寺田ヒロオ先生の「スポーツマン金太郎」や横山光輝先生の「伊賀の影丸」、赤塚先生の「おそ松くん」、藤子先生の「おばけのQ太郎」などを連載して名前通りに「日曜日のような楽しい気分になる」漫画雑誌になったのです。しかし、1970年代になると読者の年齢が上がりサンデーのギャグ漫画では満足させられなくなって購読者数ではマガジンに完敗を喫することになりました(アニメの放映権で収益は得ていた)。
そんな頃、後発の漫画週刊誌が次々に創刊されましたが、こちらは新人漫画家の発掘と育成が雑誌存続の必須条件になり、マガジンやサンデーが採用しなかった分野も積極的に開拓していきました。こうして読者と一緒に対象年齢を上昇させたマガジンとサンデーが置き去りにした新たな若年層の読者を獲得したジャンプが漫画週刊誌の頂点に君臨する時代が来たのです。そこには編集部が発掘して育成した「サーキットの狼」の池沢さとし先生、「こちら亀有公園前派出所」の山止たつひこ=秋本治先生、「Drスランプ」「ドラゴンボール」の 鳥山明先生などの活躍があったことは言うまでもありません。
  1. 2024/03/17(日) 15:18:04|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・振り向けばイエスタディ767

「こっちに来て正解だったな。スクープ映像がバッチリだ」「俺が岩国から米軍の哨戒機が離陸したって言う情報をキャッチして取材予定を変更したおかげだ」「飛行計画の変更手続きをしたのは俺だぞ」福岡空港を発進して日本海で韓国海兵隊の脱走兵が乗った漁船の接近・領海侵犯を海上保安庁の巡視艇と陸上自衛隊のUHー1多用途ヘリコプターが共同で阻止している現場に飛来してきたA日新聞の取材ヘリコプターの機内ではカメラマンと記者、パイロットが互いに自分の手柄を誇示し合っていた。A日新聞は各地方局だけでなく末端の販売店や配達員からも情報が届くシステムを構築しているので岩国基地近傍の販売店からの「アメリカ海軍の哨戒機が離陸した」と言う通報に続いて萩市や長門市での目撃談が加われば行動の推理は容易だ。
「本当に大スクープだ。陸自のヘリは自分には発砲していない漁船を機銃掃射した。これを正当防衛や緊急避難と弁明しても俺たちが証拠写真をつけて否定してやる」UHー1は西部防空指令所からの助言を受けて機銃掃射を中止すると周辺空域での監視に移ったが、取材ヘリコプターは執拗に後を追いカメラマンは望遠レンズを着け替えたデジタル・カメラを構え続けている。どうやら射手の顔写真を狙っているらしい。
「それ以上に海保が陸自と共同で戦争をやったんだ。明確な海保法25条違反だ」「海保に手を出すのは止めておけ、国交省は身内みたいなものだ」速度で勝るUHー1が相手では「並行した位置から機内を撮影することは困難だ」と覚ったカメラマンは言い訳のように手柄を追加したが記者が内情を暴露した。
現場で中国の武力行使に対処している海上保安庁では自衛隊との戦友意識に近い一体感が醸成されているが東京の本庁や国土交通省の公務員労組の職員には依然として60年安保闘争の感覚で自衛隊を敵視して共同行動を妨害する者が少なくない。自衛隊の作戦計画が中国に漏洩していると疑われる事例も文書の配布先として受け取っている海上保安庁本庁内の工作員が流している疑惑が強い。実際、国土交通省は運輸省時代、航空自衛隊の偵察航空隊が北方領土のソビエト連邦軍基地の写真を撮影する時に提出した根室分屯基地を目的地とする飛行計画を航空局が在日ソビエト連邦大使館に通報していた。そのためRFー4偵察機が根室分屯基地から北方領土を掠めるように飛行しても航空基地では全て軍用機が格納されていて車両はおろか人っ子一人歩いていなかった。
「あまりここに長居すると東シナ海の本番の取材ができなくなるぞ」「福岡に寄って燃料を補給しなければ燃料切れで不時着することになる」記者がメールで記事を送り始めると手持無沙汰になったカメラマンが次の予定を指摘してパイロットも同調した。A日新聞の取材ヘリコプターは羽田、伊丹、福岡の3つの空港に配置されているが、民間用ヘリコプターの航続距離では全土をカバーすることはできない。そのため途中の空港で給油して即座に発進するのには慣れている。
「こちらでも陸自が出動しているぞ。海上(における)警備行動には入っていないだろう・・・つまり自衛隊法82条の拡大解釈、脱法行為だな」福岡空港で燃料補給を終えた取材ヘリコプターは機体の点検を省略して離陸すると東シナ海ではなく五島列島に向かった。佐賀県吉野ヶ里町の目達原駐屯地近傍の販売店から「陸上自衛隊のAHー64対戦車ヘリコプターが離陸して編隊を組んで南西方向=五島列島に向かって飛行していった」と言う通報があったのだ。この販売店の情報網は強固だが惜しむらくは自衛隊の官舎でA日新聞を購読している家庭は滅多にいないので人事異動などの噂話を収集することは難しい。自衛隊の駐屯地や基地では「朝日生命」の外交員が嫌われて営業成績が揮わず、「アサヒビール」のジュースの自動販売機も設置させてもらえないことが多い。ただし、大酒飲みが揃っているのでスーパー・ドライは別枠になっている。
「福江島の南方海上で空中待機しているな」「海上に漁船団が集合している」取材ヘリコプターが五島列島に近づくと10機前後のAHー64が福江島の南方空域で編隊を組んで旋回しながら空中待機していた。すると超望遠レンズを着けたデジタル・カメラを望遠鏡代わりにしたカメラマンが状況を察知した。肉眼では船体は見えないが海面に白い線が幾筋も引かれているのが判った。
  1. 2024/03/17(日) 15:16:53|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ