fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

11月25日・戦艦・長門が竣工

1920(大正9)年の明日11月25日に呉海軍工廠で戦艦・長門が竣工しました。
戦艦・長門は88艦隊計画(主力戦艦8隻で常備艦隊を編成し、その艦齢を8年までとする)に基づいて建造され、当時としては世界最大の41サンチ連装砲4基を装備して日本の造船技術が世界の最高峰にあることを誇示した戦艦でした。ちなみにアメリカのアイオワ級戦艦の主砲も40サンチですが就役は1940年代になってからです。その意味では歴史家が揶揄する大艦巨砲主義に陥っていたのは日本だけではありません。
長門級の全長は224メートル(大和級・263メートル)、全幅は34・59メートル(同・38・4メートル)、基準排水量が33800トン(同・64000トン)でした。
武装としては前述の主砲の他に両舷側に並んだ14サンチ単装砲が20門、7・6サンチ単装砲が4門、53サンチ魚雷発射管が8基でしたが、大改修の結果、主砲以外は14サンチ単装砲が18門になり、12・7サンチ連装高角砲4基と25ミリ連装機銃10基に換わりました。またこの時、艦橋に噴きかかる排煙への対策として2本ある煙突の前の1本を後方へ大きくうねった形に変形させ、シルエット上の特色になりました。
戦後は大和ばかりが有名で長門は影が薄いのですが、連合艦隊旗艦としては1942年2月に大和へ譲るまで長門が勤めており、真珠湾攻撃の時も山本五十六長官は長門に乗艦していたのです。確かに映画「トラ・トラ・トラ」では長門で描いていました。
長門級には姉妹艦の陸奥がありましたが(要するに本州の両端です)、1943年6月8日に周防大島沖で謎の爆沈を遂げています。この時、長門は至近距離にいましたが、陸奥では退艦命令が発令されなかったため乗員の大半はそのまま運命を共にして海中に没するのを座視するしかなかったそうです。
長門は多くの海戦に参加しながら生き残り、敗戦まで稼働状態だった唯一の戦艦になりましたが、1945年9月15日に除籍になり、1946年7月にビキニ環礁で行われた原爆実験「オペレーション・クロス・ロード」の標的艦になりました。
この時、標的艦になったのは日本からは長門と軽巡洋艦・酒匂、ドイツからは重巡洋艦・プリンツ・オイゲン、アメリカは戦艦・ネバダ、アーカンソー、ニューヨーク、ペンシルバニア、空母・サラトガなどの計71隻でした。
実験は7月1日に空中爆発、これで酒匂などの小型艦艇が沈没し、続く24日の水中爆発では100メートルの水柱が上がり、大半が間もなく沈没したものの長門だけは浮き続け、7月29日から30日にかけての夜間、人知れず姿を消していました。
これを日本の造船技術を世界に示して一矢報いたと言う人もいますが、姉妹艦・陸奥の爆発後、数時間で自沈した最期を考えると素直に賛同はできません。
アニメ「009」では日本海軍の撃沈された艦艇や撃墜された軍用機が浮上して現代人に復讐する物語がありましたが、この時も放射能に汚染された長門が最大の脅威として描かれていました。つまり原作者の石ノ森章太郎さんの世代までは長門を知っていたのです。
  1. 2013/11/24(日) 11:11:59|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11月27日・松下幸之助の誕生日 | ホーム | 11月19日・月山富田城が落城した。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/1179-154e9590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)