fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

一般空曹候補学生の愛唱歌その3

一般空曹候補学生たちは△村先任作業隊に入隊するにも厳格な審査を経なければなりませんでした。
朝、班長を通じて区隊長の了解を得て衛生隊への受診希望者の集合がかかると、学生は事務室に集められるのですが、そこで△村先任は一人一人の受診理由を事細かに訊き取りました。
「熱発(=発熱)」と言えばその場で体温を計り、「膝痛(走行生の持病)」と言えば何キロ走ったかを訊き、「咳き」「吐き気」などはその症状が出るまで待って自分で確認する念の入れようでした。
△村先任としては「ズル休み」を絶対に許さないと言う使命感だったのでしょうけれど、そんな受診希望者が陰で唄ったのがこの歌です。

 △村先任受診の歌(曲・秘密のアッ子ちゃん)

先任の前では 男の子
みんな元気 それは何故
それは嫌み嫌みのせいなの ピンピンピン
熱が三度も下がったの それは何故
それは甘え 病気に負けちょる
神様 先任

△村先任は作業隊の作業を作るための下準備にも責任を持ち、「草刈りはさせられないので草集めをさせよう(本音は涼しいから)」と早朝、起床前から草刈りをすることがありました。

 △村先任草刈りのテーマ(曲・ガッチャマン)

誰だ 誰だ 誰だ 
朝の眠りを破る音
草刈り始めた 先任
エンジンかけて 刈りだせば
延びた草など残らない
刈れ刈れ刈れ 先任
ゆけゆけゆけ 先任
仕事は一つ これだけ一つ
オー先任 先任

そんな△村先任のテーマの一番のヒット曲がこれでした。

 △村先任の歌(曲・仮面ライダー)

迫る先任 事務室の長(おさ)
我らを狙う 作業鬼(おに)
中隊業務のためだけに
ゴーゴー レッツ ゴー
とどろく叫び 
先任 草刈り
先任 薪割り
△村先任 △村先任 先任先任

まさに一般空曹候補学生にとって「昭和の親父」でした。
  1. 2012/07/15(日) 10:55:51|
  2. 回想・一般空曹候補学生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月19日・山岡鉄舟居士の命日 | ホーム | 7月15日・新盆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/123-f707f3e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)