fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

航空自衛隊怪僧記(予告編)

航空自衛隊怪僧記・幹候校の外出服装
これは奈良・幹部候補生学校で外出する野僧と同期たちです。
ある日、この格好で外出しようとすると基地内で校長閣下に出会いました。
野僧が合掌して頭を下げると閣下も合掌して深々と頭を下げられました。奈良基地内には古い僧侶の墓所があり、参詣に来た坊主と勘違いされたのでしょう。
ところが翌週、食堂へ向かう経路で野僧を見た閣下は学生と判って、担当者を通じ「おかしな格好で外出するな」と指導をしてこられました。しかし、野僧は納得せず「私は坊主です。坊主が法衣を着ておかしいですか?」と訊き返しました。その後は「特殊な服装をするな」「坊主が法衣を着ることが特殊ですか?」「お前は自衛官か坊主か?」「私は信玄、謙信、早雲と同類です」と言うやり取りがあり、野僧が毎週、参禅を欠かさない本物の坊主であることを知って閣下は「今期は変な奴がいる」と納得されて終りました。
この話には後日談があって、卒業前に行われる60キロ行進で学生たちは「絶対に座らない」「水は飲まない」「鉄ヘルメットを脱がない」などの自分に負荷をかけることを誓わさせられるのですが、野僧は区隊長(教官)から「お地蔵さんにお参りする」と言うスペシャル・メニューを命じられました。
始めは「大したことないだろう」と思ってしましたが、イザ訓練が始まると奈良から柳生の郷を抜けて笠置山、木津川沿いに下るコースには古い石佛が数多くおられ、野僧はその度に立ち止まって「延命地蔵菩薩経偈」や「延命十句観音経」「舎利礼文」などのお経をあげることになり、その間に先に行っている仲間にダッシュで追いつかなければなりませんでした。
途中、笠置山の登り口で校長閣下が視察しておられたのですが、それが石地蔵さんの傍だったので私が合掌して頭を下げ、「延命地蔵菩薩経偈」を唱え始めると閣下も一緒に手を合わせて下さいました。その後、少し話しかけられたため猛ダッシュで駆け出すことになりましたが、担当者の話ではその姿を可笑しそうに見送りながら「アイツは本当に坊主だな」と言っておられたそうです。
卒業パーティーの会場で閣下は野僧を見つけると「これはお坊様」と合掌して頭を下げた後、酒を注いで下さいましたが、ここまでくるとジョークでしょう。
  1. 2012/07/30(月) 09:26:54|
  2. 自衛隊戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月1日・弘安の役の暴風 | ホーム | 7月27日・弘安の役(元寇)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/146-6e13ce3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)