fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

4月8日・灌佛会、花祭り、釋尊の降誕会

明日は釋迦牟尼佛・ゴータマ・シッダルダさまの誕生日です。
何かが駄目になった時、「オシャカになった」と言う俗語がありますが、これは火が強くて焦がしてしまったことを、シとヒが使い分けられない江戸弁で「シが強かった」と言い、これが「4月8日だった」に変化したことに由来します。
「灌佛会(かんぶつえ)」と言う呼び名は、釋尊が「甘露の雨」が降る中お生まれになったと言う伝承により、それに因んで小さな誕生佛の尊像に甘茶をかける風習がありますが、甘い味や香りがする雨が降った訳でなく、大地を潤す甘美な雨と言う意味です。
甘茶は飲むとスッとした口当たりで美味しいのですが、下剤の効果もあるそうなので飲み過ぎると大変なことになりますから気をつけて下さい(小庵ではその行事自体を勤めていないので「観佛会」と呼んでいます)。
また「花祭り」とも言いますが、これは母のマーヤ夫人は実家で出産するための旅の途中、休憩場所で多羅葉(たらよう)の花を愛でて採ろうと手を伸ばした時にお生まれになったと言う説話によります。このため誕生佛を祀る厨子の屋根には色々な花々を飾りますが、多羅葉は「餅の木」科の粒状の花なので少しイメージが違います。
誕生佛は右手を天、左手は地を指していますが、これは釋尊が生まれた時、東西南北に七歩ずつ歩んだ後、「天上天下唯我独尊」と告げられた場面を表しています。しかし、生まれたばかりの新生児が7歩ずつ4回歩いて言葉を話すとは些か演出が過ぎるようで、佛教の非科学性=迷信を批判する例にされることもあります。
この「天上天下唯我独尊」と言う言葉を釋尊の絶対的独善性を表す言葉と曲解する向きもありますが、野僧はむしろ「天上天下に於いて、この我が命は何と尊いのだろう」と言う感慨の発露であると理解しています。
ところで最近の日本ではイエスさんの誕生日であるクリスマスばかり盛大に祝われていますが、日本本来の伝統行事を忘れてはならないでしょう。
イエスさんは母・マリアが処女懐妊して誕生したカミの子を自称しておられますが、釋尊はあくまでも人として生まれ、悩み苦しみ悶えた末に出家し、外道(異なる教え)や苦行などに迷った後、ようやく心の平安を得られたのです。つまり佛教は、神の託宣、カミからの預言の類などではなく、ゴータマ・シッタルダさま自身の肉声なのです。
そう言えば大学時代の友人(女性)を花祭りに誘った時、「ゴータマの誕生日?」と訊かれて呆気にとられたことがあります。スリランカやタイ、中国、韓国の坊主の友人がいますが、釋尊をゴータマと呼ぶ者はいません。彼女にとって釈尊は受験勉強の知識以外の何物でもなかったようです。
月刊「宗教」講座・多羅葉多羅葉
古志庵・誕生佛小庵の誕生佛

  1. 2014/04/07(月) 09:28:19|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4月9日・アメリカ南北戦争が終戦した。 | ホーム | 俳優・蟹江敬三さん&童謡作詞家・小黒恵子さんの逝去を悼む>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/1499-4177178d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)