fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

4月29日・みどりの日から昭和の日へ

現在、4月29日は「昭和の日」ですが、2006年までは「みどりの日」でした。
昭和の陛下が1989年の1月7日に崩御されると、62年間も休日だった上、ゴールデン・ウィークの始まりでもあるこの日を維持するため、陛下が生前、自然を愛しておられたことから「自然にしたしむとともに、その恩恵に感謝し、豊かな心を育む」を趣旨とする「みどりの日」にしたもののグリーンジャンボ宝くじの記念日のようなので(あくまでも風説です)、2005年5月の国会で「昭和の日」に改正されたのです。しかし、カレンダーを印刷する会社への影響を考慮して、施行を1年半先の2007年1月1日にしたので、2006年は「みどりの日」のままでした。しかし、昭和64年が1週間で終わって平成元年になった時でも、「平成元年」に刷り直して配った業者もありましたから、やや甘やかし過ぎのように思います。
「昭和の日」の趣旨は「激動の日々を終えて復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす日」ですが、戦後生まれの我々世代でも復興と高度成長の違いがハッキリしませんから、平成生まれには大震災から復興を目指している現在と何が違うのか判らないかも知れません。
戦前までは先代の天皇誕生日を祝う「先帝祭」があったため次の天皇の御代にも休日だったのですが、明治天皇の11月3日は44年にわたって慣れ親しまれていたため「明治節」と言う独立した祝日になっていたのです。それは戦後も踏襲され、明治と言えば文明開化の「文化の日」になっていますが、趣旨は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」と意味不明です。
大正天皇の8月31日は消えてしまいましたが、今上さんの12月23日はどうなるのでしょう?すでに26年も続いていますから、何か名目(=趣旨)をつけて残すかも知れません。明治が文明開化で「文化の日」、昭和が自然を愛したから「みどりの日」ならば、愛妻一筋の今上さんと言うことで「夫婦の日」ではどうでしょう。11月22日が語呂合わせで「いい夫婦の日」ですから、こちらを祝日にするのは拙いですね。
ただ、本音ベースでは「年末の業務多忙な時期の余計な休日」「子供の冬休みがややこしくなった」と迷惑がっている人も多いようです。ちなみに外国人は「何故、クリスマスの前々日を休日にするのか?」と不思議がっています。
昭和天皇崩御
  1. 2014/04/29(火) 08:46:06|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<完成した素描画 | ホーム | 4月26日・ゲルニカ爆撃>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/1555-3d8d66e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)