fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

9月15日・徳川信康の命日

天正7(1579)年の明日9月15日(太陰暦)に東照権現・徳川家康公の嫡男・信康さまが自刃されました。
信康さまは家康公が松平元康と名乗っていた頃に結婚した今川家の重臣・瀬名義広の娘(義元の姪、後の築山殿)との間に永禄2(1559)年に生れました。
生まれて間もなく父・元康さまが駿府から岡崎に戻ったため、母と共に同行し、将来の城主・三河武士団の頭領として育成されることになりました。
永禄3(1560)年に桶狭間で今川義元が討たれると父・元康さまは暗愚な新当主・今川氏真を見限り、永禄5(1562)年に織田信長との間で清州同盟を結びます。
家康公は幼い頃、今川家に人質として送られる途中、田原の戸田氏の裏切りで尾張に送られ、そこで信長さんとも交流があったと言われますから、個人としては旧交を温めたのかも知れませんが、妻・築山殿は今川家の人質だった年下の夫を侮り、さらに実父が責任を負わさせられて自刃したことで夫婦中は急速に悪化したようです。
9歳の時、同じ歳(現在なら1学年下)の信長さんの娘・五徳ちゃんと結婚し、岡崎城で幼い新婚生活を始めますが、その年に父・家康公が浜松城に移ったため岡崎城主となり、異例に早く元服をして、義父と父から1字ずつを与えられ「信康」と名乗りました。
信康さまは天正元(1573)年に初陣を飾り、天正3(1575)年の長篠の合戦には侍大将として参陣し、その後も卓越した指揮能力や情勢判断、さらに家臣の掌握力を発揮して戦国最強と謳われた武田軍団相手の合戦で幾多の武功を挙げ、父や三河武士団の期待を一身に集めたのですが、留守を預かる五徳ちゃんと家康公が岡崎城に残した姑・築山殿との間が険悪になり、12カ条の苦情を父・信長さんに訴えたことで運命は暗転します。
突然、信長さんから家康公に「信康は正室である五徳をないがしろにして女色にふけっている」「築山殿は武田と内通している」との嫌疑を記した書状が届き、信康さまは岡崎城から三河の大浜城、遠江の堀江城を経て現在の天竜市にあった二俣城へ移されました。
この時、徳川家中では「織田との同盟関係を破棄してでも嫡子を守るべきだ」との声が上がり、身代わりを申し出る老臣もいましたが、使者として信長さんから糾問を受けた酒井忠次が事実と認めてしまったことで家康公は弁明の余地がないことを覚り、非情な要求を呑んで我が子に自刃を命じたのです。信康さまわずか20歳(満年齢)でした。
信長公からの嫌疑のうち「女色にふけっている」と言うのは五徳ちゃんとの間には女子2人であったため跡取りを心配した母・築山殿が複数の側室をあてがったことを指し、「築山殿の内通」については「家康公の留守に引き入れた愛人(医者とも按摩とも言われる)が武田の密偵だった」との三面ネタが地元には残っています。築山殿は浜松へ送られる途中、浜名湖畔で命を受けた家臣に殺され、その後、家康公は秀吉に妹・旭を押しつけられるまで正室を持ちませんでした。
信康さまには異母弟・結城秀康くんが遠ざけられていることを不憫に思い岡崎城で対面させ、席を立とうとする家康公の着物の裾を押さえつけて秀康くんを膝に乗せた人情譚や供1人を連れて武田勝頼の本陣近くまで物見に出て父に「今が決戦の時」と訴えた武勇伝、さらに関ヶ原の合戦は信康さまの命日にあたり、家康公が遅参した秀忠さまに「倅(=信康さま)がいればこんな思いをせずにすんだ」と嘆いたと言う逸話が残っています。三河武士にとっては「森山崩れ(12月5日に述べる予定)」と並ぶ痛恨事でした。
  1. 2014/09/14(日) 00:01:49|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月22日・「大空のサムライ」坂井三郎の命日 | ホーム | 米国史上最悪のスパイ事件の主犯・ジョン・ウォーカーが死去しました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/1872-84eb032e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)