fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

9月25日・空の神兵・堀内豊秋海軍大佐が刑死された。

昭和23(1948)年の明日9月25日に堀内豊秋海軍大佐が刑死されました。
前世が海軍陸戦隊士官である野僧は今回の人生で海軍陸戦隊の研究をライフワークにしてきましたが、多くの偉大な先達の中でも独特の個性を持つ堀内大佐を最も尊敬しています(現役時代には真似をして口と顎に髭を生やしていました)。
堀内大佐と言えば現在も海上自衛隊体操として継承されている海軍体操の考案者として有名ですが、これは空・陸自衛隊が採用している自衛隊体操や一般的なラジオ体操と比べて動きに絶妙の緩急があり、呼吸との整合も取れている極めて近代的なものです。ただ考案したのは昭和に入ってからなのでNHKの「坂の上の雲」で秋山真之さんが日本海海戦の前に甲板で下士官・水兵たちと一緒にやっていたのは史実に合いません。
ちなみに野僧は警備小隊長の時、交通統制の動作を演練する「交通統制体操」を考案しましたが定着させる前に転属になってしまいました。
また太平洋戦争開戦直後の昭和17年1月11日にオランダ軍が守備するセレベス島北部のメナドへ日本初の空挺作戦を指揮した元祖「空の神兵」でもあります。続いてティモール島へも空挺降下していますが、大本営発表は2月14日になって実施された陸軍によるスマトラ島パレンバンへの空挺作戦と同時発表になり、日本国内では戦果が大きかったこちらの方が有名になったようです。
ただセレベス島北部には「危機には北の空から白い翼の生えた勇士たちが舞い降りて救ってくれる」と言うジョボジョボ伝説があり、白い落下傘で降下した海軍陸戦隊は伝説の英雄そのものになり大変な人気でした。
堀内大佐は日華事変の時、厦門方面特別根拠地隊に勤務していて、拳銃どころか軍刀も下げずに街中を歩き回って親しく市民と交際し、生活困窮者には軍の食料を分け与えるなどしたため絶大な人望を得て、転属が知られると村長以下の連名で職務継続の嘆願書が提出されたほどでした。結局、嘆願は叶わなかったのですが堀内大佐の功績を称える記念碑が建立されたそうです。
堀内大佐は占領した南方地域でも現地の民族衣装を身にまとい、気軽に集落へ出向いて祭りなどに参加したそうですから、そう言うキャラクターなのでしょう。
ただ、学徒動員された予備学生の教官になった時、「食欲や性欲を強く抑制せよ」と説いていたそうですから占領地でこれらの問題に直面していたのかも知れません。
堀内大佐はオランダから「残虐行為=公衆の面前でオランダ軍人を侮辱した」の罪で訴追され、始めから判決ありきの軍法会議を経て銃殺刑に処せられました。この時、占領地で部下たちが犯した罪の責任を取ることを自ら認め、目隠しを断って静かに銃弾を身に受けられたと言われます。
オランダは戦争初期に惨めに敗走したことを強く恨み(女王も来日や天皇の訪問時のパーティの席で恨み節をスピーチしている)、英・米以上の執念を以て日本の軍人たちを戦犯に仕立てて上げましたから、開戦劈頭に自分たちがやれない空挺作戦を指揮して打ち破った堀内大佐はそれだけで死刑に値する重罪だったのでしょう。
  1. 2014/09/24(水) 09:08:44|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月26日・小泉八雲の命日 | ホーム | 9月22日・「大空のサムライ」坂井三郎の命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/1893-b80aaf18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)