fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

8月21日・朝霞自衛官殺害事件が起きた。

昭和46(1971)年の明日8月21日午後8時45分に陸上自衛隊朝霞駐屯地で警衛勤務の動哨中だった一場哲雄士長が殺害される事件が起きました。
野僧は朝霞駐屯地にある自衛隊体育学校の格闘課程に入校して最初に事件現場へ連れていかれ、教官が「彼が格闘技に習熟していれば殺されなかったかも知れない」と訓示し、格闘の必要性を再認識したものです。実は中退した大学の過激派たちはこの事件の再現=自衛官の殺害を公言しており、その後、警備小隊長になると守る側として真剣に研究することになりました。
現場は広い朝霞駐屯地でも道路を挟んで鉄筋コンクリート4階建て数棟が並ぶ官舎地区があり、輸送学校のモータープールなどに隣接した場所でした。ただし、当時の外周道路には電信柱に裸電球の外灯が点在していただけで、官舎は木造平屋、道路も十分に舗装されていませんでしたから現在のように視界が利いて常に車通りがあった訳ではありません。
この日、一場哲雄士長は動哨として駐屯地の外周を1人で歩いていたのですが(この事件以降、夜間は2名になった)、交代時間の10時30分になっても到着しないため捜索したところ現場の側溝の中に血まみれで倒れているのを発見され、病院へ搬送したものの既に死亡していました。21歳。殉職後は2階級特別昇任で2等陸曹になっています。
事件現場には「赤衛軍」と書かれた赤ヘルメットやビラが散乱しており、小銃は側溝の底から発見されたものの「警衛」と言う腕章が紛失していたことから、警察と防衛庁警務隊は左翼過激派による犯行と見て、「赤衛軍」を名乗る過激派の捜索を開始したのです。
10月5日発売の「朝日ジャーナル」に「謎の超過激派赤衛軍幹部と単独会見」と言う記事が掲載され、その内容には未発表だった「警衛」の腕章を奪取したことが述べられており、この取材相手が真犯人であることが明白になりました。警察は取材相手を徹底的に捜査した結果、日本大学と(曹洞宗系の)駒沢大学の学生3名が浮上し、11月中に相次いで逮捕されたのです。
逮捕後の供述によれば犯人たちは用意した幹部自衛官の制服を着て待ち伏せし、「幹部巡察だ」と思った一場士長が立ち止まって敬礼するといきなり腹部を刺し、その痛みを「殴られた」と勘違いして「何をするんだ!この野郎」と抗弁するのをさらに胸を刺して殺したのです。
当初、犯人たちは小銃を奪おうと思ったのですが、一場士長が抱えたまま暗い側溝に転落して判らなくなったので遺骸から腕章を奪い、自分たちの犯行=革命闘争であることを宣言するため遺留品を残して逃走しました。
事件には共犯者もいました。「朝日ジャーナル」の記者・川本三郎は犯行前から犯人たちと交流を持っており、(自衛官殺害の)事件を起こした後には独占取材する約束で資金を提供して便宜を図り、取材時には犯人が奪ってきた「警衛」の腕章を預かって、捜査の手が伸びると証拠隠滅のため朝日新聞の宿舎の焼却炉で焼却しました。さらに「週刊プレイボーイ」の記者も取材時に「逮捕は近い」と警察の情報を提供し、逃走資金として1万円を渡しています。
川本は有罪判決によって懲戒免職になった後、文筆家になり60年安保からこの事件までを描いた(自分は時代の波に巻き込まれた被害者にしている)私小説「マイ・バック・ページ」を発表し、2011年には人気俳優・妻夫木聡と松山ケンイチ(=自衛官の甥)の共演で映画化されています。 
この3人の学生=実行犯の背後には黒幕がいました。それは京都大学経済学部助手で京大パルチザンを結成していた竹本信弘です。事件後は活動家たちの手引きで10年も逃走・潜伏を続けて、逮捕されたのは野僧が曹候学生基礎課程を卒業した翌日昭和57年8月8日でした。現在は「有限会社メディアドットコム」の代表になっています。
左傾マスコミ各紙は犯人たちを政治囚扱いして量刑を軽くするよう世論を喚起し、殺人事件としては異例に短い刑期で出所していますから、背後に奴らの全面的バックアップがあったことは想像に難くありません。一場哲雄士長だけが勝手な革命遊びの犠牲になった事件です。
  1. 2015/08/20(木) 08:41:27|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ188(事実です) | ホーム | 振り向けばイエスタディ187(事実です)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/2586-59aca414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)