fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

11月3日・明治節だった文化の日

明日11月3日は「文化の日」ですが、戦前は「明治節」つまり明治天皇の誕生日でした。
平成になってからも4月29日の昭和天皇の誕生日(天長節)が62年間も祝日であったため国民に定着しているからと「緑の日」と命名して祝日として残したのと同じパターンで、まだ明治生まれが大勢残っていた戦後すぐの苦肉の策だったのでしょう。
現在ではこの日に文化勲章が授与されますが、野僧の小学校の大先輩である本多光太郎博士が第1回文化勲章を受章されたのは昭和12年4月28日(天長節の前日)ですから、これも戦後になって文化の日にしたことの演出のようです。
それにしても明治と言えば文明開化、文明だから文化の日と言うのは安易と言えば安易で、官僚の発想力があまり発展していないことがよく判ります。
ちなみに第1回文化勲章は作家の幸田露伴、国文学者の佐佐木信綱、日本画家の横山大観、竹内栖鳳、洋画家の岡田三郎助、藤島武二、科学者の長岡半太郎博士(本多博士の師)、木村栄博士に本多光太郎博士の9名で、野僧のような教養のない者でも名前くらいは知っている方ばかり、そこに肩を並べられた本多先輩には頭が下がります。
この日が本来、明治天皇の誕生日ならば4月29日が「昭和の日」になったように「明治の日」にすれば好いかと言えば、それでなくても影が薄い大正さんが可哀そうです。
少なくともこのお陰で毎月一度の祝日になりかけていますから(6月と8月がない)、残していただいた方が良さそうです。
  1. 2012/11/02(金) 10:10:28|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キューピーちゃん・石川進さんの逝去について | ホーム | 10月31日・ハロウィン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/310-5386c912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)