fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

11月23日・実にクダラナイ祝日・勤労感謝の日

本日11月23日は「勤労感謝の日」と言う祝日ですが、その由来と制定の経緯は実にクダラナイものです。
よく神道関係者と国家神道の再現を目論む保守派の人間は「宮中の祭儀である新嘗祭が発祥である」と嘘を吹き込もうとしますが、新嘗祭は太陰暦の霜月=11月の第2「卯の日」に行われており日付は固定されていません。
明治5年に太陽暦を導入した時、薩長土肥と公家の新政府首脳たちは宗教的な意義を無視して一律に太陽暦に置き換えようとしたのですが、それでは年明けの1月になってその年の祭儀が行えなくなるため太陰暦の月を太陽暦に当てはめた上で、その年11月の第2「卯の日」だった23日に決めたのです。
おまけに翌年からは虚構・捏造の11月23日に固定したのですから、神道の祭儀が何の意味もない形式であることを自ら証明してしまったようなものです(その点、佛教の盂蘭盆会は太陰暦の7月15日に近い現在の8月15日前後に霊魂は帰省しています)。
それでは何故、秋の収穫から数カ月が経った11月に収穫に感謝する祭儀が行われるようになったのかと言うとそれは至極簡単な話で、全国津々浦々で奪った収穫が当時(始まりは飛鳥時代)の交通手段で都に届き終わったのがこの時期だったと言うことです。
敗戦後、占領軍によって国家神道の行事が否定される中、そんな形式的な祭儀に基づく祝日を継続しようとする政府は(それを検討していたのは意外にも社会党の片山哲内閣の時だった)新嘗祭の祭儀とは関係ないかのように装いながら「勤労を尊び、生産を祝い、国民互いに感謝し合う」趣旨の「勤労感謝の日」にしました。しかし、実際は国民が互いに感謝し合うどころか天皇や貴族が「今年も朝貢が入ったこと」を祝う「国民搾取の日」なのです。
かつて「勤労に感謝するのなら労働者の祭典である5月1日のメーデーにするべきだ」と言う意見が議論に上りましたが、国家神道を信仰している保守系政治屋によって揉み消されてきました。
これも祝日を消費拡大の手段として乱造している現在ならゴールデン・ウィークの中休みに当たる5月1日が祝日になるので2日を何とかすれば曜日関係なしの5連休になり異存はないと思います。
そもそも11月3日の明治天皇や4月29日の昭和の陛下の誕生日は代替わりを以て止めるべきなので、そうなると11月と4月は6月と共に祝日なしの月になるのかも知れません。
逆に戦前からの祝日は全て神道の祭儀であるにも関わらず日本国憲法の国家の宗教への関与禁止を無視して継続している以上、佛教の2月15日の涅槃会、4月8日の灌佛会、太陰暦7月15日若しくは太陽暦8月15日の盂蘭盆会、12月8日の成道会も祝日にするのが筋でしょう(韓国では国民を2分する佛教の釋尊とキリスト教のイエスの降誕日を祝日にしている)。
そうなれば遠からず今上さんが崩御しても12月には祝日が残り、4月も花見の時期に祝日ができ、2月は迷信を祝う11日と中3日で祝日になります。
ちなみに佛教では釋尊の命日である2月15日は悟りが完成したことを慶賀する日です。
  1. 2016/11/23(水) 09:24:17|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ649 | ホーム | 振り向けばイエスタディ648>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/3534-eb3eb2a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)