fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

11月25日・憂国忌

大阪万博があった1970(昭和45)年の明日11月25日は平岡公威(きみたけ)=三島由紀夫先生の命日・憂国忌です。ここで長文になりますが野僧が秘蔵する肉声テープから採録した最期の演説を紹介します。
「・・・この日本でただ一つ、日本の魂を持っているのは自衛隊であるべきだ。我々は自衛隊に対して、日本人の根底に・・・されたんだ。しかるにだ、我々は自衛隊と言うものに・・・静聴しろ、静聴、静聴せい!自衛隊には国軍たるべき裏に、日本の大本を正すと言うことはないぞ、と言うことを我々が感じたからだ・・・しかるにだ、去年の10月21日には何が起ったか・・・去年の10月21日には新宿で反戦デーのデモが行われて、これは完全に警察力で制圧されたんだ・・・俺はあれを見た日に、これはいかんぞ、これで憲法は改正されない!と慨嘆したんだ・・・何故か、それを言おう・・・それはだ、自民党と言うものがだ、警察力でもって、いかなるデモも鎮圧できると言う自信をもったからだ・・・自衛隊はいらなくなったんだ・・・諸君は去年の10・21から後の、去年の10・21から後だ、もはや憲法を護る軍隊になってしまったんだよ・・・自衛隊が20年間、血の涙で待った憲法改正と言うものの機会がないんだ・・・去年の10・21から1年間、俺は自衛隊が起こるのを待っていた・・・もうこれで憲法改正のチャンスはない!・・・自衛隊にとって建軍の本義とは何だ!日本を守ること・・・日本を守るとは何だ!日本を守るとは天皇を中心とする歴史と文化と伝統を守るんだ!・・・よく聞け!聞け・・静聴せい!・・・男一匹が命をかけて諸君に訴えているんだぞ!・・・いいか、いいか!・・・俺がだ、今、日本人がだ、ここでもって立ち上がらなければ、自衛隊が立ち上がらなければ、憲法改正と言うものはないんだよ。諸君は永久にだね、ただアメリカの軍隊になってしまうんだぞ!・・・諸君は武士だろう、武士ならばだ、自分を否定する憲法をどうして守るんだ・・・自分らを否定する憲法と言うものにペコペコするんだ・・・諸君の中には一人でも俺と一緒に起つ奴はいないのか・・・一人もいないんだな・・・よし、俺は死ぬんだ、憲法改正のために起ち上がらないと言う見極めがついた、自衛隊に対する夢はなくなったんだ!それではここで天皇陛下万歳と叫ぶ(皇居に向かって)、天皇陛下万歳!万歳!万歳!」
この時、盾の会との訓練に参加していたシンパの隊員たちは一室に集められて監禁されていたそうで、バルコニーの下で平岡先生の叫びを嘲笑し、罵声を浴びせた隊員たちは烏合の衆だったと言うことです。
野僧は市ヶ谷の補給本部へ出張した際、現場になった東部方面総監部のバルコニーの下で「平岡公威先生、万歳!」と叫んだことがありますが、周囲にいた隊員たちは驚いて数歩引いたものの幹部の制服を着ていたので捕まりはしませんでした。
平岡先生は総監室で割腹したのですが、得物は銘刀・関の孫六であったにも関わらず1度で首が落せず3度かかったようです。一方、続いた森田必勝(かつまさ)の首は1度で落ちています。これは検証写真で見ました。
平岡先生の辞世は「益荒雄が たばさむ太刀の 鞘鳴りに 幾歳たえて 今日の初霜」「散るをいとう 世にも人にも 先がけて 散るこそ花と 吹く小夜嵐」の2首です。
平岡光威先生合掌
  1. 2012/11/24(土) 09:14:14|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第1回月刊「宗教」講座・臘月号 | ホーム | 11月24日・B-29による空爆が始まった日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/355-4c56e387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)