古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

10月3日・東ドイツが西ドイツに加入して統一国家になった。

1990年の明日10月3日に東ドイツ=ドイツ民主共和国が西ドイツ=ドイツ連邦共和国に加入して統一国家になりました。
日本人の多くは1989年11月9日からベルリンの壁が崩壊した後、1年を経ずして第2次世界大戦後のドイツ人の悲願であった国家統一が成し遂げられたことに唖然としており、「どのような強引な手法が取られたのであろうか」と首を傾げていたのですが、野僧がドイツ人の友人たちに聞いたところでは他の社会主義国家とは異なる東ドイツ独自の政治制度による事務的な手続きだけで本当に淡々と統一が実現したのだそうです。
ベルリンの壁の崩壊は旅行申請の審査基準の緩和を出国の自由化と早とちりした市民の要求に警備責任者が押し切られたことが原因で始まると数日のうちに実現してしまいましたが、こちらは東西ドイツの政治手続きが同時進行的に進められていたことで完了してしまったのです。
先ずはベルリンの壁と国境線の防護壁が撤廃された翌12月1日に東ドイツは一党独裁ではなかったものの実質的に独占的な強権を奮っていたドイツ社会主義統一党による国家指導を定めた規定が憲法から削除され、年が明けた3月に実施された総選挙で統一を主張するドイツ連合が大勝して東ドイツ側の準備が整いました。一方、西ドイツ側は統一後に憲法を制定するまでの国家の在り方を定めた基本法の規定を無視して仮に東ドイツの各県が独自に西ドイツへの加入を申請してくればこれを受け入れることを政治決定しました。こうして準備が整うと後はドイツ的几帳面さを発揮して手続きを進め、5月5日には東西ドイツとアメリカ、イギリス、フランス、ソ連の関係国(ここにイギリスとフランスが入っていることでドイツの敗戦国としての立場が判ります)による6カ国協議が行われて統一が承認され、7月1日から東ドイツでも西ドイツの通貨が流通することになり、7月17日には統一後も北大西洋条約機構(NATO)に再加入することが承認され、7月23日に西ドイツと同様の地方自治組織するため県を州にした上で1カ月後に人民議会(国会)で西ドイツへの加入が決議されたのです。こうして8月31日にドイツ再統一条約(一度目の統一は1871年のドイツ帝国の成立)が調印され、この日に発効しました。
一般的には東西の経済格差が3倍に達していたため買い取ったようなものだと言われていますが、東ドイツは他の社会主義国家と比べれば人民が貧窮に喘ぐ程ではありませんでした。
政治的には東ドイツは反ファシズムを党是とすることを条件にした4党による複数政党制を敷いており、これが41年後に統一への動きを円滑に進める力になったのです。法制度でも欧米式の陪審員制度などを導入して国民の不満のガス抜きにしており、中でも徴兵拒否した若者を丁寧に調査・審理して宗教上の理由などによる「善意の拒否」を認めて社会奉仕による代替役務制度を採用した点では西ドイツと競い合うような人権面への配慮を見せていました。経済的には世界規模ではないものの社会主義圏内では最高品質の製品を生産しており、別格の繁栄を遂げていました。実際、統一前の東西ベルリンはどちらも高層ビルが建ち並び、よく整備された道路網や公共施設などでは遜色がなかったのですが、やはり比較対象が世界有数の経済大国になっていた西ドイツが相手では見劣りしてしまい、ある程度の生活水準があったが故に普及していたテレビによって西ドイツの自由で豊かな生活を見ることで不満が蓄積していったのです。しかし、西ドイツは東ドイツとの格差解消のために経済力の大半を注ぎ込まざるを得なくなり、日本のバブル崩壊以上の長期不況に陥ることになりました。
同じ分断国家でも韓国と北朝鮮ではこのような事務的な手順のみによる平和的な統一は無理でしょう。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/02(月) 10:05:44|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ965 | ホーム | 振り向けばイエスタディ964>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/4176-247cd863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)