古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ967

ロンドンとハワイでは11時間の時差があるため佳織はイギリスの夕方6時のニュースは3月14日金曜日の朝、出勤した職場で見ることになった。
「ルテナン・カーノー(2佐)。とんでもない事件が起きましたね」佳織の執務室で雇っている日系人女性の事務員がテレビのニュースを見ながら悲痛な顔で声を掛けてきた。佳織は新聞には載っていないニュースのようで黙ったまま画面を注視した。
「チベットで僧侶たちが大規模な暴動を起こしました」とアナウンサーが説明した後、僧衣姿の男たちが投石し、棒でウィンドウを叩き割り、店内に乱入して商品を壊しながら高級品を夫が愛用している物とは形が違う頭陀袋に押し込んでいる場面が始まった。
「この後、店主が殺害されるんです」この映像は繰り返し流されているようで事務員は先回りして説明してから自分は顔を背けた。するとアナウンサーも見る者への注意喚起を行い、モザイクが掛った殺害の様子が映し出された。
「これは佛教の僧侶ではないわね」「えッ?でもどう見ても僧侶の服を着ていますよ」「僧侶の服装はしていても動作が作法に適っていないもの、これは偽物よ」日本とチベットの佛教の作法がどこまで共通しているのかは判らないが、夫の家での立ち振る舞いは修行僧なので動画として目に焼きついている。この男たちは棒を振りかざして店舗に駆け寄る時に袈裟の裾がはだけて毛脛(けずね)を剥き出しにしていた。正式な僧侶は絶対にそのような見苦しいことはしない。さらに店内では袈裟を陳列棚や調度品に引っ掛けていたが、袈裟は釋迦に許された佛弟子としての証であり、用便の時も汚さないように脱いでいる。それ程、尊重している袈裟を身につけたまま暴力行為の現場に行っていることでも偽物なのは間違いない。
「それを聞いて安心しました。私もブディスト(=佛教徒)ですから・・・失礼して家族に知らせてやります」事務員はそう言うと立ち上がって携帯電話をかけながら廊下に出て行った。確かに佳織も学校でクリスチャンの軍人の子供たちに囲まれている志織と佛教徒であっても知識を持たない父親に教えるべきかも知れないが、そこは幹部自衛官として公私のケジメを保つことにした。

ロンドンと東京では8時間の逆の時差があるため私がこのニュースを知ったのは翌3月15日土曜日の昼のニュースだが、年度末の報告と計画の作成のため休日出勤しておりPXの食堂で見た。
「これは酷いなァ」「チベットでも一向一揆って起きるんですね」「どちらかと言えば比叡山の強訴だろう」食事中には不適切な映像を眺めながら同様に休日出勤している陸海空の幹部たちが時事解説を始めている。私は残酷な画面よりも僧衣を着た人間の蛮行から目を反らしながら毎度の精進料理を口に運んでいた。すると私を知っている人事担当の3佐が振り返って声をかけてきた。
「モリヤ2佐は同業者としてこのニュースをどう思いますか」「同業者かァ、副業ではそうなるが本業は・・・」そう答えながらテレビを見ると唖然としてしまった。確かに僧衣を着た人間が暴れ回っているがどう見ても僧侶ではない。むしろ本格的に訓練された兵士と見るべきだろう。
「君たちにはこれが坊主に見えるのかね」「いいえ、比叡山みたいな僧兵ではないかと思っています」「どちらかと言えばモリヤ2佐のような戦争のプロの坊さんですね」そう言われてしまうと困ってしまう。私は僧侶でありながら3人もの人命を奪った殺人鬼だ。しかし、それは極めて特殊な例であって普遍的な僧侶の在り様ではない。その誤解を解くための判り易い説明を思案した。
「佛教で最も重要な戒律は不殺生だ。僧侶は人命だけでなく動物や鳥、魚、虫に至るまで命を尊ばなければならない。だから僧兵や一向一揆なんて言うのは許されざる悪業(あくごう)だぞ」この説明に説得力がないことは自覚しているが、聞いている同僚たちは私の経験と考え合わせてくれたのか顔を強張らせてうなずいた。宗教講座としての体裁が整ったところで自分の見解を続ける。
「これは坊主に化けた兵隊の仕業だな」「でも中国は徴兵制を採っているんでしょう。軍隊経験者の僧侶たちかも知れませんよ」流石に極論だと思ったのか若い1尉が遠慮がちに疑問を呈した。
「どうも日本人は戦時中のイメージを焼き付けられ過ぎているんだが、徴兵制と言っても全員が兵隊になる訳じゃあないんだ。平時に必要な人数が集まれば十分だから反抗的な少数民族にまで割り当てないだろう」「つまり募集先を好みで選べるんですね。羨ましい」どうも話題が事件の本質から外れてしまったが、平和な日本では武力組織のトップでもこの程度なのかも知れない。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/05(木) 10:09:06|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国発!戦後史の真実が明らかにされた。 | ホーム | 声優・槐(さいかち)柳二さんの逝去を悼む。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/4183-dd0fa639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)