fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

元旦

悟られし 佛祖を最初に 守ったは 3条の蛇 アンタはエライ!

中国古典で蛇は「条」と数えます。
旧約聖書で蛇はアダムとエバを騙して知恵の実を食べさせた悪者ですが、南方佛教では悟りられた釋尊を3条のコブラが守ったとの逸話が伝えられています。古事記でも蛇は神の化身で娘と交ぐわって妊娠させたりしていますから悪者ではないのでしょう(「強姦だ」と言われると困りますが)。
そもそも日本では古来、蛇が脱皮する姿を生命の再生として尊び、不老長寿、五穀豊穣の神として祀ってきました。いつから嫌われ者になったのか?と言う訳で今年は蛇年です。
佛祖を守るコブラこの写真はスリランカのアルヴィハーラ石窟寺院の佛像です。
  1. 2012/12/31(月) 12:56:50|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第3回月刊「宗教」講座・新年特大号・起 | ホーム | 12月29日・下関市赤間関に阿弥陀寺が創建された。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/420-cc78c1d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)