fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ979

福井、奈良、福岡、青森での司法修習を通じて知り合った僧侶たちに確認しても日本の佛教界ではチベット佛教との交流を持っている真言宗が寺院単位で抗議運動を起こしているだけで後は全く無関心であることが判った。その一方で私の元には「カンボジアのマンジュー和尚の紹介」と言うスリランカやタイの僧侶からも手紙が届くようになり、何だか日本の代表のような状態になってきている。そこでハワイの佳織に電話をしてアメリカでの報道について確認することにした。
「貴方はチベットのニュースを見て怒っているんでしょう。年度末の仕事は大丈夫?」私専用の着信音で電話に出た佳織はいきなりこちらの現状を言い当てた。アメリカの予算年度の期限は10月1日なのだが、佳織は日本式に3月で報告しなければならないらしい。
「こちらではインターネットの投稿で激論になっていて大変な状況になっているんや」「ふーん、それは興味深いな」「だったら貴方もそちらでアクセスすれば良いのに」私はあまりインターネットを利用しないので知らなかったが、最近は日本でも海外の記事を閲覧できるようだ。
「始めにチベットの僧院の倉庫で僧侶たちがガスで殺される現場の動画が投稿されたんや」「ふーん、日本では報じられていないな」「ところがすぐに『それが捏造だ』って言うメイクビデオが公開されたのよ」「それはかえって怪しいぞ」舞台裏を暴露するのにも適切な時期がある。仮に視聴者を失望させることが目的ならば、ある程度の反響が起きてからだろう。これではかえって動画自体が不都合な者の仕業であることを自己申告しているようなものだ。
「すると両方を比較して分析した検証の投稿が載るようになって、ガスの噴出音や画面に差している光の強さと向きの違い、何よりも背中の動きで遺骸が呼吸していることを証明して信頼性を逆転させてしまったんや」「それは凄腕の情報要員が登場したものだな」それを大手マスコミではなくインターネット上で個人がやっているところがネット先進国・アメリカの恐ろしいところだ。実はこの凄腕の情報要員が我々の同僚、然も同期が加わっているとは私と佳織は想像もしなかった。
「それにタイミングを合わせるようにイギリスからも暴動を起こした僧侶とチベットに駐屯している中国兵が同一人物だって言う画像の投稿が入って大変なことになってるのよ」どうやら日本を除く先進国では事件の実像を巡る情報戦が始まっているらしい。
「ところが大手マスコミは投稿自体の信頼性に疑問を示すばかりで判断を避けているのよ」「それじゃ日本のマスコミが取り上げないのも判るな」日本のマスコミの海外への目は直接乗り込める中国と韓国を除けばアメリカを通してしか見えていない。だからアメリカが態度を保留してくれれば、これ幸いとばかりに中国が否定していることを採用しているのだ。
「日本では情報を捻じ曲げるまでもなく報じていないだから国民は何が起こっているのかも知る手段がないんだ」「ウチは貴方がこんなニュースを見て、また心臓発作を起こさないかって心配していたんよ」「チベットの弾圧は勿論だが、ワシはそれ以上に日本の佛教界の無関心さに怒っているんだよ」ここからはカンボジアやタイ、スリランカの僧侶から届いた手紙と日本の佛教各宗派の友人に対応を訊ねて失望したことを説明した。
「ところで志織は9・11の時のイスラム教徒みたいに苛められてはいないのか」志織が通っている軍人たちの居住地域の学校の同級生にはクリスチャンが多いと聞いている。9・11の時にはアメリカが直接被害を受けたので怒りの炎が爆発的に燃え上がったのだが、クリスチャンの異教徒に対する偏見は妙なところで発火する恐れもあるので要注意だ。
「一時期は聖職者が暴力を奮って一般市民を殺害したことを非難されたみたいだけど、中国の謀略って言う暴露情報が流れだしてからは反共産主義で一致しているみたい」他の敵を作って対立を解消するのは兵法としては下の下だが、それがアメリカと言う国家の体質なので仕方ない。
「それにしても中国はどうしてこの時期にこんな謀略を起こしたんやろう」これは佳織の職務上の必要性から見解を確認するための質問のようだ。
「早い話がオリンピックで海外の人間に国内を見せる前にチベット佛教への弾圧が正当な行為であると言う既成事実を作ろうとしたんじゃあないかな」「やっぱり、太平洋軍の情報担当者も同じ意見だよ。あくまでも個人的見解だけどね」これが当たっていれば中国ならでは深謀遠慮なのだが、世論工作として大手マスコミだけを抑えたのはネット社会の到来で個人の発信力が増大している先進国の現状を読み間違えていたのかも知れない。
  1. 2017/10/17(火) 09:34:43|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月18日・フラフープ記念日 | ホーム | 10月17日・2・26事件の時の首相・岡田啓介海軍大将の命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/4209-0e3e7b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)