fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ984(前半はほぼ事実です)

携帯電話を切った私は前もって調べておいた善光寺内の電話番号のダイヤルを押しまくった。
「はい、××寮です」「私は日本人の南方佛教の僧侶ですが・・・」色々な現場の係を担当している若い僧侶を相手に猊下の名前を使うのは避けた。むしろ質疑応答で理解を深めたいのだ。
「貴方はチベット暴動の実態をご存知ですか?」「えッ、あれって過激派の坊さんが暴れたんでしょう」どうやらテレビのニュースも見ておらず雑談の中で先輩たちの話を聞いて鵜呑みにしているようだ。こうなれば扇動するのは簡単だ。そこで判り易く大筋だけを説明することにした。
「実際は中国の軍隊の兵隊が法衣を着て坊主に化けたんです。そうして坊主が暴動を起こしたように見せかけてチベット佛教を悪者に仕立て上げたんです」「どうしてそんなことを・・・」相手は初めて聞く話に言葉を失ってしまったようだ。そこで機を逃さず追い討ちをかける。
「中国は以前からチベットでの民族弾圧で国際社会から批判を受けているので、オリンピックの前に弾圧される側を悪者にする必要があったんです」「それは酷いですね」本来であれば暴動で行われた破壊と殺人についても詳しく語りたかったのだが時間の関係でそれは控えた。
「何よりも中国は多くの僧侶を殺害しておきながらそれを隠蔽して中国人の被害者の数だけしか公表していません」「そんなことができるんですか」「現地の戸籍では寺の僧籍簿を破棄さえすれば済むことです」これは最近、手紙で知った情報なので日本の新聞やニュースでは報じていない。
「そんな北京オリンピックの聖火リレーのスタート地点が善光寺になることは世界中に日本の佛教界がチベットでの弾圧を認めたと思わせてしまうことなんです」「確かにそうですね。何だか腹が立ってきました」そう言いながら受話器を握り直した音がした。
「善光寺のお偉方は観光客を集めることしか考えていないようですから貴方たち若い方たちが声を上げないと善光寺は世界の佛教徒から非難を浴びることになりますよ」「確かに・・・貴重な話を聞かせてくれて有り難うございました」やはり仕事中の長電話は許されないようで、ここまで電話を切った。おそらく今の相手は一番の下っ端だろう。それでも上役の顔色を窺い、世間の常識に迎合する功利的な古参よりも純粋な若者たちの怒りが燃え上がることの危険性を今の上層部は70年安保の学園闘争で体験しているはずだ。
「はい、△△係です」「私は日本人の南方佛教の僧侶ですが・・・」こうして午後の課業時間は完全に副業の用件に使ってしまった。今日だけでも年齢層、立場を分けず十数人の僧侶にチベット問題の実態を訴えることができた。何にしても私が幹部で良かった。陸曹では許されないことだ。

夜、テレビの報道バラエティーを見ていると意外な援軍が出現していた。それは保守系過激派の人気言論人で善光寺が聖火リレーの出発地点になっていることを「国辱だ」と手厳しく批判していたのだ。私の電話よりも効果は大きいはずだが、このような番組を若い僧侶が見るかは疑問だった。

「モリヤ2佐、最近は少しも席に座っていないようだが何か問題でも抱えているのかね」そんな1週間が過ぎた金曜日の午後、トイレで会った法務官から声を掛けられた。秀吉が家康公に関東転封を命じた「坂東の連れ小便」ではないが放尿中は途中で逃れることができないので、詰問するには絶好のタイミングだ。
「はい、重大な案件が飛び込んできまして各方面に説明と働きかけを実施しているところです」「各方面と言うと陸自内の問題なのか」これはウッカリしていた。「色々な立場の人物」と言う意味で使った「各方面」を法務官は陸上自衛隊の北部・中部・西部の方面隊と受け取ったらしい。
「君が弁護士資格を持っていることを聞いて全国の隊員から私的な法律相談が来ていることは承知しているが、あまり仕事の幅を広げ過ぎるとイザと言う時に動きが取れなくなるからその辺りは気をつけてくれ」確かに最近は離婚の調停や借金の返済などの隊員の個人的な法律相談が届くようになっている。私としては民事の事案は得意分野ではないのだが、弁護士の資格を有している以上、応じなければならず、時折、牧野弁護士に質問の電話をするようになっていた。
「報告と改まることはないが、適時適切な説明を頼むぞ」どうやら私の方が長小便のようで法務官は小父さんらしく腰を振って便器から離れた。
「説明と言われてもこればかりはなァ・・・」私もようやく放水が終わりトイレを出たが、今日は席に座って演習中に妻が浮気をした隊員からの相談への助言を作成することにした。
  1. 2017/10/21(土) 09:02:23|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月21日・「豊橋の偉人」になっている詩人・丸山薫の命日 | ホーム | 10月20日・連合艦隊首席参謀・黒島亀人少将の命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/4217-4ed30c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)