fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ986

いよいよ4月26日がやってくる。東京では中国人留学生の組織である学友会がジャーナリストの徐静派や東洋学園大学教授の朱建栄の指導の下に「2000人を動員して聖火を守る」ことを名目にして中国大使館が提供した巨額の資金で都内だけでなく近傍の観光バスを独占しているようだ。このため警視庁も機動隊を派遣して警備に当たるらしいが、政府からは「中国人の逮捕は控えるように」と中国に配慮した指示が出ていることを防衛部防衛課の同僚から聞いた。
私も長野に乗り込んで善光寺で厳修されるチベット事件の犠牲者を供養する法要に参加したいと思ったが、非常呼集に対応できない遠出をするには日帰りでも上司である法務官の許可が必要だ。
「先週も長野へ行ったが親戚でもあるのかね」法事を目的にした私の旅行申請を見て法務官は重い口調で質問してきた。最近は仕事もせずに携帯電話をして時間を過ごし、世間の注目を集めている現場へ繰り返し出掛けては上司として放置できないのは当然だ。
「法要のついでに中国共産党の国家国防動員委員会が2005年に提出している国防動員法の実態を見ておこうと思いまして」「あれは日本の戦時中の国家総動員法のような法律だから中国国内だけに適用されるんだろう」やはり法務官もこの法律の存在については知っていた。
「いいえ、対象は全ての中国籍を有する人民ですから外国に居住していても適用されます」「そんな馬鹿な!国内法を外国に適用できるはずがないじゃあないか。それは重大な主権の侵害だ」法務官の認識は国際常識だが、中国は「自分たちの論理こそが新たな国際常識である」と公言している。この法律はまだ成立していないとは言えそれは手続きに過ぎず、若し、戦争になれば外国に居住している中国人には外から妨害・攻撃する義務が課せられているのだ。
「ふーん、それが事実であるとすれば日本政府の対応は甘いと言わざるを得ないな」「先週、長野に行った時には右翼団体が聖火リレーの阻止を叫んでいました。両者の行動によっては衝突する可能性もあります。その時には警察も逮捕しない訳にはいかないでしょう」ここまで職務上の興味を強調すれば印鑑を押してもらえるだろう。と思ったが意外な展開になってしまった。
「ところでモリヤ2佐は善光寺の坊さんたちが聖火リレーのスタート地点になることを拒否した運動とは無関係なのかね」「へッ?・・・」図星過ぎる質問に流石の私も即答できない。そんな顔を見て法務官は事実を察したように苦笑した。
「テレビでは威勢の良い物言いで坊さんたちをけしかけている言論人がいるが、モリヤ2佐がやるとすればもっと巧妙に火を点けるんだろうな」「そう見えますか」「うん、見える」ここで即答されては身も蓋もないが、これは自衛官が制限されている「政治的活動への関与」に抵触しないことはない。つまり上司としては許可できないはずだ。
「仮に今回の聖火リレーの首謀者が中国側に漏れているとすれば、チベットの坊さんのように殺される危険性もある。身に覚えがあるんだったら今回は休日出勤して職場で中継を見ていろ」「・・・御意」私個人としてはここで殉教するのも一興だが、殺人事件となれば警察が捜査を開始することになり、そこで幹部自衛官がこの問題に関与したことが発覚すれば事態は多方面に影響するのは間違いない。やはり上司の指示に従って駐屯地内で謹慎しているべきだろう。

当日、長野市内には東京だけでなく名古屋や新潟などからも5000人を超える在日中国人が動員されており、赤いTシャツを着て中国の国旗を掲げた人間が沿道を埋め尽くしていた。そんな彼らに押しやられているようにチベットや台湾の国旗も見えるが、日本人の観客が振る五輪旗や日の丸はテレビのカメラが探さないと判らない状態だった。
「ふーん、やはり在日中国人は戦闘員なんだ」私は自分の席からテレビが放送している異様な光景を眺めていたが、華やかな聖火リレーを中継するはずが道路越しに飛び交う罵声と沿道で頻発する揉め事の映像が続く報道番組になっている。確かに正体が知られればこの興奮して殺気だった人間たちに取り囲まれて撲殺される危険性は十分にあった。
「日中戦争が起こればこいつらが自衛隊の駐屯地や基地を襲うんだな」沿道には数メートルごとに警察官が立っているが、興奮した観客が批判の声を上げると警察官よりも先に反応して集団で取り押さえている。それは暴力を奮わない圧殺だ。法治国家である日本は戦争になっても国籍だけで拘束することは不可能だから駐屯地や基地だけでなく官舎の家族までも攻撃対象になるはずだ。
  1. 2017/10/23(月) 10:04:47|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ987 | ホーム | 10月22日・ばってん荒川=お米ばあさんの命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/4222-306a3ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)