fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ988

「貴方、善光寺での反転工作、お見事でした」長野での聖火リレーの翌日、佳織が電話をしてきた。
「アメリカでも報道されたのか」「始めは台湾が拒否したのに日本は受け入れたって失望したような論調だったけど、善光寺がスタート地点を拒否したことで急に大きく取り上げるようになったのよ」佳織はハワイのニュースを見ているので佛教徒である日系人に配慮した番組編成になっているのだが、一般のアメリカ軍人を対象とする座間や横田の米軍放送ではそれほど大きく取り上げられておらず、むしろ「当然」とする評価だった。
「あれはテレビで大々的に扇動した何とか言うジャーナリストの手柄だよ。ワシは地ならしと後押しをしただけだ」これは謙遜ではなく希望だった。善光寺の聖火リレーのスタート拒否がここまで政治問題化してしまうと、自衛官としては関与した事実を抹消しなければならない。そのためにも世論の批判を恐れず正論を吐いた某ジャーナリストの勇気に敬意を払うべきだろう(日頃の言動には賛成できない面も多いが)。
「まァ、パール・ハーバーの攻撃に成功したのは空母艦隊の功績か航空部隊の手柄かって言う議論やね。貴方は表舞台には立たない空母艦隊なのよ」「その例えなら特殊潜航艇・甲標的の方が好みだね」最近では日本人でも真珠湾攻撃に5隻の甲標的が参加したことを忘れ、続く1947年5月31日にはオーストラリアのシドニー軍港を3隻で攻撃して2隻撃沈の戦果を上げていたことは知識の欠片も持っていない。そんな風に陰の存在である方が有り難いのだ。
「これで貴方も断食して自死する必要はなくなったやろ」「それはこのニュースが南方佛教の連中にどう伝わるか次第だね。不十分とは言え一応は筋を通したことは間違いないがな」私が明確に否定しなかったため佳織は不満そうに溜め息をついたが、健康を害し、陸上自衛官としての本来の職務=戦闘員に復帰することが難しい現状では私の「見事散りましょ願望」はどうしようもない。

ジェームズが訪米し、工藤と一緒にジェニファーの職場を訪ねた。今回は話が機密事項に及ぶ可能性がある以上、第3者の目があり、何よりも防犯カメラが設置されているレストランやホテルは避け、あえて彼女の職場を選んだ。
「編集長、お客さまが来られました」今回は事前に連絡してあるので若い編集員の応対も社交儀礼に適っている。何よりもイギリス紳士の雰囲気を全身と服装から発散しているジェームズを意識しているらしい。2人は編集長室の隅に置いてある長テーブルの前でジェニファーと対面した。
「はじめまして。浦田の妻、ジェニファー・ビーンズです」ジェニファーは自分のことを明確に「ワイフ」と紹介した。ジェームズには村田がこの女性の前では浦田と名乗っていたことは説明してあるので、何の違和感も見せずにうなずいた。ジェニファーはアフリカ系ではあるがヨーロッパ系の血も混じっているようで鼻筋が通り、巻き髪と言うよりもウェーブが掛かったような黒髪だ。
「ロイヤル・ワールド・トラベル社のジェームズ・コネリーです」「ウィクリー・ジャパニ・レポートの工藤です」2人は交代で自己紹介するとそれぞれ名刺を差し出した。ジェニファーはそれを受け取るとテーブルの上に置いてあった自分の名刺を返した。
「どうぞ」「失礼します」ジェニファーが席を勧め、3人が揃って腰を下ろしたところに先ほどの編集員がコーヒーを持ってきた。やはりジェームズを意識しているようでアメリカ人女性としては目一杯上品にコーヒーを置いた。
「本日、伺いましたのは貴方の御主人、浦田徹郎氏にチベットでの取材を依頼した立場上、今回の悲報に対して我が社としても長年にわたる協力に感謝の意を表したく弔慰金をお持ちした次第です」ジェームズのクイーンズ・イングリッシュは使っている単語こそアメリカ英語と大差はないが、語感が上品なので日本語の敬語・丁寧語を聞いているような気がする。ジェニファーもそれを感じたのか表情を改めて静かにうなずいた。
「奥さんは浦田さんがチベットに行く目的をどのように聞いていましたか」ジェームズが弔慰金の小切手を手渡した後、コーヒーを片手に工藤が用件を切り出した。これは雑談としての質問になる。ジェニファーは自分のカップのコーヒーで唇を湿らせると工藤の目を見詰めながら口を開いた。
「夫はヒマラヤの写真を撮りに行くと言っただけでした。それがあの人の立場だったのは判っています」この答えに工藤の目が柔らかくなった。ここで鋭く光らせるようでは素人の反応なのだ。
  1. 2017/10/25(水) 09:16:40|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ989 | ホーム | 振り向けばイエスタディ987>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/4226-858537d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)