fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

この際、世界統一の暦を採用しよう。

天皇の地位を職業と考えているらしい今上さんが息子と交代するのが1年半後の2009(平成31)年3月になりそうです。改元も同時の行われるようなので今後は元号と西暦の換算がますますややこしくなり、公的には元号、日常的には西暦を使う応用動作=国民は迷惑を被っている状態が完全に定着することになるでしょう。
元号では改元された年が元年=1年になるため昭和のように5年単位で容易に換算できるようにするには2011年まで待たなければなりませんが、今上さんは明日をも知れぬ重篤な病気を患っているのではないようですから元号制度を維持するためにもあと2年くらい頑張ってもらうべきです。それが無理=嫌なら改元だけを遅らせれば良い話でこれは幾らでも前例があります。
戦前に使っていた皇紀は存在すらあやふやな神武天皇の即位を紀元とする上、日本にはなかった文字による中国の記録では明らかに年代が誤っているので採用は御免蒙ります。尤も野僧は有史以来、皇室=朝廷が繰り返してきた東北に対する武力侵略と搾取、その仕上げとして幕末の動乱で忠義を尽くしていた会津を代表とする東北諸藩を薩長土肥にそそのかされるまま賊徒として踏み躙ったことへの謝罪がない以上、全く敬意を払っていないので元号や皇紀などは消えてなくなれば良いのですが、イエスの生誕年を紀元とするキリスト教の暦である西暦(=グレゴリオ暦)を使うのにも内心では嫌悪感を抱いているのです。それにしても西暦ではイエスが生まれて0歳だった年をAD1年としており、紀元前も同様にBC1年にしているため紀元0年が存在しません。この空白の1年の間に重大な出来事があったことが確定すれば西暦の正当性に疑問がつくかも知れませんが、歴史学者はAD1年かBC1年のどちらかにしてしまうのでしょう。
野僧は年賀状などでは佛歴を用いていますが、こちらは釋尊が入寂した西暦紀元前544年を紀元としているもののスリランカやミャンマーではその年を元年=1年、タイやカンボジア、ラオスでは0年を設けるため翌年を元年にしています。この差異を解決しないと国際標準にするのは難しいようです。
イスラム教では預言者・ムハンマドがマッカを追われてマディナへ移った西暦622年を紀元とするヒジュラ(聖遷)暦としています。ただし、月を重要視する教義から太陰暦を堅持しており、しかも太陽暦との誤差を修正する閏月を認めず、月の満ち欠けの周期に合わせて29日と30日を交互に繰り返しているため1年が354日になり、3年で1カ月のずれが生じ、18年で季節が逆転してしまいます。日常生活では聖なる月を基準としていることに異存はなくても農業では種をまく時期、収穫する時期などを決めるのに不便なので特例的に太陽暦も使用してきたようです。
ここまで宗教的な紀元・暦が不完全ならば、いっそのこと最も天体の本質、宇宙の起源に迫っていたマヤ暦でも1年を365日としていたハアブ暦を採用してはどうでしょうか。これは西暦紀元前3114年8月11日を紀元として20日間の月を18回重ねた後に5日間を加えるもので、1月「ボブ」2月「ウォ」3月「ジプ」4月「ソッツ」5月「シュク」6月「ヤシュキン」7月「モル」8月「チェン」9月「ヤシュ」10月「サク」11月「ケフ」12月「マク」13月「カンキン」14月「ムアン」15月「パシュ」16月「カヤブ」17月「クムク」18月「ワイェブ」(この呼び名はペルー人の友人に口頭で聞いたため正確ではありません)の順で「ワイェブ」に加える年末の5日間は何もしないのが原則です(日本で言う「凶」に当たるため)。これならローマ皇帝のわがままで生じた2月が28日間と言う変則的な暦も解消できます。
  1. 2017/10/28(土) 09:15:45|
  2. 時事阿呆談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ992 | ホーム | 振り向けばイエスタディ991>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/4233-3bcaf050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)