fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1098

「今回のヤマサクラは貴方が台本を書いたんやろ」休日の定期ラブコールで佳織が妙なことを言ってきた。確かに佳織は日米協同指揮所演習に参加して先週一杯は泊まり込みだったはずだ。しかし、陸上幕僚監部勤務とは言え法務官室の私が演習の台本を書けるはずがない。
「そんな訳ないじゃないか。法廷ドラマの台本なら兎も角、演習は防衛部の所管なのは知っているだろう」私の口調が真面目だったので佳織も2呼吸ほど黙った。
「でもシナリオ・ライター(台本作家)が貴方の意見を採用したって言ってたんよ」指揮所演習はその流れの中で逐次状況を現示するため大まかな台本を作成するのは当然だ。それにしても日米協同演習の台本の作者が誰なのかを知るはずがない。
「ふーん、思い当たる人がいないな」ここまで悩ましたのなら正解を明かせば良いのだが、今日の佳織は少し意地悪だ。
「ヒント、尖閣に上陸した武装漁民を制圧するために治安出動が発令されました」「判った。在ワシントンの防衛駐在官の・・・」「井上将補です」これで納得できた。昨年末に帰国していた井上将補はどういう理由なのか判らないが「法事のお礼」と言って私のところに訪ねてきた。
その時の雑談で「現行法内で平時に可能な尖閣諸島問題への対処」を語り合い、そこで井上将補の「防衛出動を英語に直訳するとディフェンシブ・キャストだが、キャスト(投入)は宣戦布告と曲解されかねない」との指摘に「治安出動による警察権の行使で制圧すればあくまでも国内問題になる」と提言したのだ。問題は治安出動も解散中でなければ20日以内に国会の承認を得られなければならないが尖閣諸島に上陸した漁民程度であれば数日で制圧できる。むしろ相手の反撃が強硬である程、こちらの武力行使も比例させられるので制圧は早まると言うことまで説明したはずだ。
「それで赤軍が治安出動も侵略だと言って開戦したのか」「ううん、平時のままで終わったんや。だから演習用語の赤軍(敵)、青軍(味方)も使わずに日米中のままやった」それでは日米協同演習の意味が半減してしまうのではないか。私としてはそちらの方が気になった。
「でも今度のオバマ政権は日本の政権交代が近いことを見越していて、新政権が信用できる相手かを見極めているから尖閣問題に介入するか判らへんのや。その意味では現実味がある状況設定やった」佳織が誉めてくれたことで私としては陸上自衛官でありながら縁がなくなってしまった指揮所演習に参加した気分を噛み締めることにした。
「そんなリアリズムに徹した演習やったから大きく意識改革した若手幕僚もいたんやで」1回の演習くらいで幹部が意識を変えるとは簡単には信じられないが、佳織が言うのだから本当なのだろう。ハワイでの日米協同指揮所演習ともなればそのくらいの衝撃度があっても不思議はないのかも知れない。
「その子は大学時代の恋人が天安門事件で殺されたことが入隊動機だったんやけど、陸上自衛隊の演習のための訓練に失望していたんや」「ふーん、中国人の恋人がいてよく自衛隊に入られたな。部外か」佳織が「その子」と呼ぶくらいなら3尉か2尉の本当の若手のようだ。
「うん、私たちよりも4期後輩の部外や」「だったら3佐だな。それでも実戦性を追求するところにまでは意識を向けられなかったんだな」私としては3尉に任官した時から周囲の困惑を弁えずに一貫してそれを追及してきたつもりだ。ところが話は全く違う方向に急展開した。
「それでその子は貴方と関係があるんや」「ワシは浮気してないぞ(できないけど)」「そっちの関係やない」私のボケに関西人としての突っ込みが返ってこない。今度は佳織の口調が真面目になったのでこちらが黙った。
「殺された恋人は北京外語学院からの交換留学生で、入学して少林寺拳法部で知り合ったんやて」「それって愛媛大学の姉妹校だろう」「ちゃう、愛知大学や」今度の「愛大」ネタのボケも不発だ。余程、真面目に伝えたい話題のようだ。
「今までの話からいくとその子ってWACの3佐か」「うん、輸送幹部みたい。今は人事部にいるけど」通常、輸送科や施設科から上級司令部に上がると職種の知識を活かすため装備部に配置されるものだ。そうなっていないと言うことは原隊で何か問題を起こした可能性もある。
「それにしても愛知大学から自衛隊に入るのってかなり珍しいぞ。部外は大学の推薦は必要ないから受験できるけど、他の会社の推薦はもらえなくなっただろう」「亡き恋人が卒業まで忘れられなかったやね。貴方も数少ない先輩として連絡してあげたら。あの子なら許すで」佳織はかなり気に入っているらしい。ここで名前を訊けば興味を持ったことにもなる。難しい判断だ。
「その子が幕に転属してくれば助言くらいはするだろうけど、中退した挫折者が先輩面はできないな」「ふーん、そうなんやね」佳織はしばらく黙ってから次の話題に移した。
  1. 2018/02/13(火) 09:56:46|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1099 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1097>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/4451-451e845c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)