fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1103

「おカァ、美恵子ネエネは何をやってるねェ」南城市の実家に松真から電話が入った。その声はかなり怒っている。
「何ねェ、どうしてアンタまで知ってるのさァ」「本土でもテレビで放送してたんだよ」松真の説明に母は言葉を失った。沖縄では人の噂も月が変わった頃から鎮まってきたが、これでは本土発のニュースとして再燃しかねない。
「結局、ネエネはあの台湾人と一緒に暮らしていたのか」「そうじゃあなくて日本に商売できた時に泊めていたみたいさァ」松真は例のインターネットに沖縄の人間が書き込んでいる現地情報が事実であることを母の口から聞かされて言葉が出なくなった。
「美恵子は床屋をクビになってアパートも追い出されて今はカッチンに住んでいるのさァ」カッチンは母の血統の女たちが受け継いできた飲み屋だがそれも風前の灯火(ともしび)らしい。
「狭い店なのに住む場所なんてあるの」「ボックスのソファーを並べてベッドにしてるみたいさァ」この口調では母も実際に見には行っていないようだ。
「美恵子を家に呼び戻そうと思ってるんだけどアンタはそれで良いねェ」「仕方ないね」やはり松真にも姉は姉だった。それはシマンチュウの血が決めさせる結論なのかも知れない。

「あかり、ごめんな」最近、淳之介の声は沈んでいる。今までも些細なことにも自分の非を認めるどこか引いたところがあったが、最近は普通の会話の切れ目に口癖のように謝罪の言葉が入るようになってきた。
「ううん、何も悪くないよ。どうしたの」「何だかお母さんのことであかりにも迷惑がかかっているような気がしてさ」あかりも母から淳之介の母親が起こした事件についての概略の説明を受けている。それは58歳の台湾人男性が母親のアパートで心臓発作を起こして死んだと言うことだけだが、母親とその男性との関係には色々な問題があり、社会的に非難を浴びていると言うことも補足していた。ただ、母は「一番傷ついているのは淳之介だからシッカリ支えることがあかりの勤めだ」とも付け加えた。
「私は淳之介さんのお母さんには会ったことないもの全然関係ないよ。気にしないで」これは取りようによっては「そんな母親は認めない」と言っていることにもなるが、淳之介は素直に激励として受け取った。
「でも俺にはあの母親の血が半分流れているんだ。何かで狂ってしまったら周囲が自分中心に動かないことに我慢できなるかも知れない。そう思うとあかりを幸せにできる自信が時化って(しけって=海が荒れる)くるんだ」ここまでネクラに深く物を考えるのなら絶対に母親の血は薄いのだが、あかりは肝心の母親を知らないので違う反応を返した。
「私にだってお母さんが絶対に話さないような酷い父親の血が流れているんだよ。私が狂っちゃったら淳之介さんはどうするの」「・・・ごめん」この謝罪は口癖ではない。
「私たちの子供にはそんな血が流れることになる。それが怖いから子供を作らない何て言わないでしょう」淳之介はあかりが「私たちの子供」と言ったことに驚き、同時に胸の奥から感動が湧き起こってきた。知らない間にあかりは自分の妻になることだけでなく子供を産み育てる覚悟もしているのだ。
「淳之介さんは今のお父さんとお母さんに育てられて素敵な男の人になった。私はお母さんに育てられて淳之介さんに愛される女になった。違うかな」「うん、そうだね。だから俺たちの子供は立派な人間にしなければいけないし、そうできる親にならなければいけないな」あかりは淳之介の声に気迫がこもってきたことを感じて受話器を握り直した。
「あかり」「はい」ここで淳之介は急にあらたまった口調になった。那覇と石垣島が赤い糸の電話で結ばれているあかりにはこれから聞く言葉が予測できる。受話器を握っていない方の手で淳之介の顔の形を思い出しながら一瞬の間を待った。
「早く一緒に暮らしたい。あかりがいないと灯台がない暗夜航路みたいなんだ」あかりには後半の部分のトーダイやアンヤコーロと言う単語が何を意味しているのかが判らない。ただ自分を必要としていることは間違いないだろう。
「私も淳之介さんと暮らしたい。迷惑を掛けることしかできないけど・・・」「迷惑じゃなくて協力だろう。夫婦になるんだから」本土、沖縄を問わず常識的な親であれば実の母親が社会的指弾を受けるような不始末を犯してしまった以上、ほとぼりが冷めるまで結婚などの慶事は先送りにするはずだ。その点、淳之介の両親とあかりの母親は「常識」ではなく「良識」で思考するから世間一般とは出す結論が違う。いよいよ2人の結婚には出港の汽笛が鳴ったようだ。
  1. 2018/02/18(日) 10:10:04|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1104 | ホーム | 2月18日・スコットランド女王・メアリー・スチュアートが処刑された。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/4462-e5471b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)