FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

9月20日・根拠は滅茶苦茶な記念日「空の日」

明日9月20日は日本の空をかつてはソビエト社会主義共和国連邦、現在は中華人民共和国に売り渡している売国官庁・国土交通省航空局が所管している記念日「空の日」です。
その由来=根拠は神道が科学的根拠もなく皇紀2600年と称した昭和15(1940)年に徳川好敏大尉と日野熊蔵大尉が明治43(1910)年に代々木練兵場で日本人初の飛行に成功して30周年を記念して6月28日に制定された「航空日」ですが、実際に2人が飛行したのは12月19日なのでこの時点からすでに根拠は破綻していました。
それでは何故、この日になったのかと言うと陸軍記念日が日露戦争の奉天会戦に勝利し、大山巌元帥が奉天城に入った3月10日、海軍記念日は日本海海戦が始まった5月27日のため春に制定しても陸海軍の祝賀式典に埋もれてしまうからと航空機の展示飛行を考慮して秋の晴天の特異日の1つである9月20日に変更したのだそうです。ところで前回の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日も同様の理由で選定されましたが、当時でも「9月20日では残暑が厳しい」と考えたのかも知れません。果たして8月中の実施で大丈夫なのでしょうか。
この記念日は陸海軍が国民に航空戦力を誇示し、士気を高揚するとともに納税意欲を鼓舞することを主たる目的にしていたため(実際に募金で製造された機体には「××号」などと賛同者や地区名が命名・表記されていた)敗戦と同時に廃止されましたが、昭和28(1953)年に運輸省が復活させ、1992年に民間航空再開40周年を記念する「空の日」で制式化して同時に9月20日から30日までを「空の旬間」にしました。ところが民間航空業界では昭和26(1951)年に設立された日本航空(実際はノースウェスト・オリエント社への委託運航だった)の旅客機「もくせい号」が羽田から伊丹を経由して福岡まで飛行した10月15日を「民間航空記念日」にしていますからここでも根拠は破綻しています。要するに国土交通官僚が得意とする無理なこじつけなのでしょう。
ちなみに「もくせい号」は第2次世界大戦中に活躍したダグラスDC3輸送機をマーチン社がライセンス生産した双発レシプロのプロペラ機で(日本航空としては「きんせい号」「もくせい号」「すいせい号」「どせい号」「かせい号」の5機)を借用していましたが、昭和27(1952)年4月9日午前7時42分に羽田を離陸して伊丹経由で福岡に向かって濃霧・暴風雨の悪天候下で伊豆大島の三原山(標高754メートル)に激突して、日本人の乗客34名とスチュワーデス1名、アメリカ人の正副操縦士2名が死亡しました。
この「空の日」と「空の旬間」中は実際の空の主役である航空自衛隊は9月下旬から10月上旬にかけて総合演習を実施しているため航空祭が実施できず、それを狙ったかのように国土交通省が所管する民間空港などではエア・フェスタと称する行事が開催されていますが、民間の旅客機は料金を払えば乗ることができる上、機種もそれほどのバリエーションがなく、最近では若く可愛いWAFの方が年増で気位が高そうなスチュワーデス=キャビンアテンダントよりも人気があるため航空祭ほどの人手はないようです(野僧は両方とつき合った経験がありますが後者の方が・・・でも金はかかった)。
スポンサーサイト



  1. 2018/09/19(水) 09:51:31|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1317 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1316>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/4895-e7781543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)