fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

2月4日 スリランカ 独立記念日

明日2月4日は実在する佛国土・スリランカ共和国の独立記念日です。1948年のことでした。
野僧は日本とスリランカの間で紛争が起これば佛教者として迷わずスリランカ側に立つでしょう。
以前にはインドやイスラム過激派による間接侵略を担い、妻子を人質にして住民を戦闘に参加させていたタミル・イーラムの虎との内戦を遂行していたスリランカ政府軍に義勇軍人として参加しようとしていたのですから、例え相手が日本国でも現世の佛国土を犯すなら躊躇することはありません。
日本の保守系の人たちは皇室を世界で唯一の「万世一系の皇統」と誇りますが神話ではなく史実として実証できているのは意外と最近で、釋尊の頃から1815年にイギリスによって廃位させられるまで続いていたスリランカのシンハラ王朝と比べれば歴史は短いのかも知れません。
何よりもシンハラ王朝は日本のように権威(天皇)と権力(為政者)の二重構造ではなく王自らが佛教の慈悲に根差した善政をしき続けていたのですから素晴らしいです。
スリランカの話は月刊「宗教」講座の第7回(5月)と連続ブログ小説「続・亜麻色の髪のドール」スリランカ編で詳しく述べています。
余談ながら先の大戦でインド方面に攻撃を加えた海軍機がスリランカに不時着し、地元民に保護されています。そうなるとあの大戦が日本にとって大東亜戦争、太平洋戦争なのか首を傾げてしまいます。

みんなで歌おうスリランカ共和国国歌「スリランカ マータ(1番)」

スリランカ マーター(母なるスリランカ)
アバ スリーランカ ナモー ナモー ナモー マーター
(私たちのスリランカ 偉大なる 偉大なる 偉大なる 偉大なる母よ)
スンダラ スィリ バリニー スレンディ アティ ソーバマナ ランカー
(美しくとても綺麗なスリランカ=輝ける島) 
ダーニャ ダナヤ ネカ マル ハラトゥル ピリ ジャヤ フーミヤ ランミャー
(米や宝、花や果実に満ちあふれ 勝利の地は美しく輝いています)
アパハタ サパ スィリ セタ サダナー ジイワナイェ マーター
(私たちに楽しいことや美しいもの 素晴らしいものを与え 生かしてくれる母)
ピリガヌ メナ アッパ バクティ プージャ ナモー ナモー マーター
(私たちは敬意を捧げます 偉大なる 偉大なる母よ)
アパ スリー ランカ ナモー ナモー ナモー ナモー マータ
(私たちのスリランカ 偉大なる 偉大なる 偉大なる 偉大なる母よ)
アパ スリー ランカ ナモー ナモー ナモー ナモー マーター

シンハラ語の歌を聴いて書き留めましたから正確ではありませんがこれで通じるでしょう(曲は残念ながら「童謡のようで楽しくなる歌」としか伝えられません)。
スリランカ王の祖先は獅子であったと言う伝説があり、国旗はそれを表しています。
れ・スリランカ国旗
  1. 2013/02/03(日) 00:05:36|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月7日・一ノ谷の合戦 | ホーム | 2月3日 札幌オリンピック開幕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/495-e2713200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)