FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1368

6月8日に発足した缶直人政権で留任して胸を撫で下ろした滋賀景子法務大臣が7月11日の参議院選挙で落選してしまった。神奈川県の地域情報については横須賀市の住民である佳織から詳細に聞いているが、雀山政権が退陣する直前に連立から離脱した社人党が手のひらを返して拳を握ったような苛烈な反民政党の選挙運動を展開しており、中でも副党首などの要職を勤めながら離党して民政党に加わった滋賀景子大臣を標的にして選挙区の横浜市で執拗な中傷を繰り広げたらしい。滋賀大臣の支持者は社人党と民政党に二股をかけていたのだから民政党政権の内情を口汚く吹き込まれれば大臣個人の業績には興味を持たない一般の市民たちは一斉に外方(そっぽ)を向き、一溜まりもなかったはずだ。
「モリヤ2佐が大好きな滋賀大臣が落選してしまいましたね」「やはり交代でしょうね」朝、出勤すると先に来ている曹長と1曹はテレビの報道番組を眺めながら声をかけてきた。この2人が見るのは保守系の8チャンネル=フジテレビなので今回の参議院選挙で民政党が政権交代の躍進から失速したことよりもそれを象徴する滋賀大臣の落選を前面に掲げて報じている。
「前から聞こうと思っていたんですが、あの小母ちゃんみたいな熟女がタイプなんですか」1曹が快哉を叫んでいる曹長の横から訊いてきた。そう言われてテレビに映っている滋賀大臣の憔悴した顔を見てみたが、知性的な女性が好みの私としては嫌いではないが13歳年上で還暦を過ぎていては「タイプ」と言うには少なからず抵抗がある。
「君はウチの女房を見たことなかったかな」「モリヤ佳織1佐ですか。何度か来られているので会っています。全くタイプが違いますね」この表現は比較すること自体が失礼だ。しかし、そこに還暦=定年直前の女性事務官がコーヒーを持ってきたのでそれ以上は深入りしなかった。
しかし、女性が若いか高齢かは性行為の対象として考えるから問題になるのであって、その能力を喪失している私は人間的魅力だけを基準にすれば良いのだ。その意味では滋賀法務大臣の見識と立ち振る舞いは無能なド素人集団の民政党政権の中では評価に値します。それにしても知性を欠片も持ち合わせていなかった美恵子と結婚する羽目になったのは何故だろう。
結局、滋賀景子は「元」議員になっても法務大臣の職にとどまった。これを自民党や保守系のマスコミは「選挙で示された民意を無視する暴挙」と批判しているが、民政党に所属している弁護士出身の議員たちの顔ぶれを見ると爆発物送付事件の裁判の被告人側弁護士として勝訴を奪い取った千石由人官房長官に代表される学生運動出身の反政府系弁護士ばかりなので、迂闊に滋賀大臣を追い落とせば私が担当している護衛艦と漁船の衝突事故を含む自民党政権を告発した訴訟に公然と介入してきかねない。自分自身も弁護士出身の自民党の総裁は果たしてその点が判っているのだろうか。
そんな滋賀大臣は私が見込んだ通りの職務を遂行した。7月24日に宇都宮駅前通りの宝石店で宝石を奪った上、店内に放火して女性ばかり6人を焼殺した篠沢一男・59歳と埼玉県熊谷市で未成年の愛人が二股をかけていた若者を手下と一緒に殺害し、口封じのため手下にも重傷を負わせた暴力団員の尾形英紀・33歳の死刑を執行したのだ。
「ほーッ、流石だな。法務大臣としての職務を誠実に遂行したじゃあないか」私は昼休みに売店の食堂のテレビでこのニュースを見て少し大き目の感嘆の声を上げてしまった。周囲には市ヶ谷駐屯地で勤務する2佐以下の隊員が列を作っている。今や制服を着た人間で民政党政権に賛同する者は誰もいないため私は一気に浮いてしまった。
「2佐は陸幕の法務官ですよね」「いいえ、法務官室付の平(ひら)の法務幹部です」私の態度に興味を持ったのか、後ろに並んでいる航空自衛隊の3佐が声をかけてきた。
「それでも現役の弁護士なんでしょう」「はい、一応は」私の返事を聞いて前後と席について食事を始めている隊員たちは顔を向けて私を注視した。
「やはり弁護士の目で見て死刑の執行は凄いことなんですか」「刑の執行自体は法律に基づいて粛々と実施されるべき業務なんですが、滋賀大臣個人にとっては特別な覚悟を以って決裁した重大事のはずなんです」説明しながら前進していたため気がつくと私もトレイを取る位置に来ている。すると後ろ3等空佐は私の後ろに続いてオカズを選び、飯を盛り、汁を取って茶を汲んで一緒の席に座った。どうやら見知らぬ相手と時事阿呆談を始めることになりそうだ。
「ところで3佐は空幕ですよね」「はい、空幕装備部の椋本3佐です」装備部と言えば整備や補給、輸送などの後方業務担当のはずなので特に警戒する必要はなさそうだ。
「滋賀法務大臣は就任するまでは死刑廃止議員連盟で社人党の徳島水子や元自民党の鶴井静香なんかと一緒に積極的に活動していたんです。ところが就任に当たって『死刑を決済する職務の妨げになるから』と脱退しています」ここでも私の病気が始まってしまった。
スポンサーサイト



  1. 2018/11/10(土) 09:58:32|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11月10日・中国人民海軍・漢型原子力潜水艦領海侵犯事件 | ホーム | 11月10日・アメリカ海兵隊の創設が決定した。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5003-14ed6c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)