FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

11月26日・もっと高く評価されるべき人物・小村寿太郎の命日

明治44(1911)年の明日11月26日は足元もおぼつかない新生日本の外交を一手に引き受けて奇跡的な成果を上げながら今も変わらぬマスコミの不当な世論操作によって低く評価されている偉大なる外交官・小村寿太郎さんの命日です。56歳でした。
小村さんは安政2(1855)年に日向国の飫肥藩(現在の日南市と宮崎市の一部)で産物方を務める藩士の長男として生まれました。9歳になると幕末の混乱は対岸の火事だった飫肥藩の藩校に入りますが、政変後の明治2(1870)年には藩費で長崎に遊学し、英語を学びました。翌年、藩の推薦を受けて後の東京帝国大学に入学すると国費でアメリカのハーバード大学法学部に留学することになったのです。
帰国後は司法省に入省して大審院(=最高裁判所)の判事などを務めますが、明治17(1884)年に外務省に移り、いよいよ外交の表舞台に立ちました。その切っ掛けは父親が事業に失敗して作った巨額の借金を抱えて給料では生活もままならなかった小村さんが、外交を取り仕切っていた陸奥宗光さんに副業として励んでいた翻訳で学んだ紡績の専門知識を進講する機会を得て、その博識を誉められると「私をここにいる原敬(後の総理大臣)くんほどに用いて下されば相当のことを致します」と答えたことで気に入られたのでした。
外務省では明治26(1893)年から清国代理公使を務め、日清戦争から日韓併合の発端となった乙未事件=閔妃殺害事件を現地から外交的解決に導きました。その後も在韓弁理公使、駐米、駐露公使を歴任し、明治33(1900)年の義和団事件では講和全権として活躍しています。翌年、第1次桂太郎内閣で外務大臣に就任すると義和団事件で各国大使や職員とその家族を暴徒から守り抜いた柴五郎中佐以下の日本軍人の軍規と勇気に感銘を受けていたイギリスとの同盟の締結を実現しました。
こうして日露戦争を迎えるとアメリカの仲介による早期講和を目指してこれまでの人脈を駆使してセオドア・ルーズベルト大統領への接近を試み、奉天回戦と日本海海戦での勝利と言う絶好の機会に帝政ロシアを講和会議に応じさせることができました。
しかし、日露戦争は軍事的には未決着で講和会議も単なる停戦交渉に過ぎず、むしろ帝政ロシア側には陸海軍共に十分な経戦能力が残存しているのに対して日本側は戦力が尽きており事実上は降伏に近い状況だったのです。そのことは帝政ロシアの全権代表・セルゲイ・ヴィッテも認識しており強硬な態度を取り続けましたが、小村さんの粘り強い交渉とルーズベルト大統領の助力で千島と南樺太の領土の割譲と南満州の権益を勝ち取ることができました。
ところが日本国内では平民新聞を除く大手新聞各紙が連日、勝利を喧伝しており、日清戦争以上の巨額の賠償金を期待する世論を扇動していたため小村さんは「売国奴」扱いされ、それを現在も引き摺っているらしく司馬遼太郎先生の「坂の上の雲」以外の時代小説や歴史の教科書では陸奥宗光さんよりもはるかに軽く扱われています。日本への貢献度から言えば明らかに小村さんの方が格上なのですが申し訳ないことです。
スポンサーサイト



  1. 2018/11/25(日) 11:38:03|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1384 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1383>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5034-114f1a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)