FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

アニメ作家・中邨靖夫さんの逝去を悼む。

10月25日に55年間にわたり天気予報を兼ねたコマーシャルとして親しまれてきた「ヤン坊マー坊」の生みの親であるアニメ作家の中邨靖夫さんが亡くなったそうです。78歳でした。
あのコマーシャルは昭和34(1959)年の気象記念日である6月1日から放送が始まっていますから野僧は生まれた時から見ていたことになります(テレビは母親が嫁入り道具に持ってきた)。その後、愛知県岡崎市の農村地帯に引っ越したため保育園や小学校の同級生には農家の子供が多く、下校時に耕運機が通ると(当時は荷車を曳いて移動していた)あのコマーシャルの歌を大声で口ずさんでいたため完璧に憶えてしまいました。
「僕の名前はヤン坊、ぼくの名前はマー坊、2人揃ってヤンマーだ、君と僕とでヤンマーだ。農家の機械はみなヤンマー、漁船のエンジンみなヤンマー、ディーゼル発電、ディーゼルポンプ、建設工事もみなヤンマー、大きな物から小さな物まで、動かす力だ。ヤンマー・ディーゼル」そんなコマーシャルも放送開始55周年の2014年3月31日で終了したのですが(何故、5月31日ではなかったのか?)同居人が働いている会社はヤンマーの系列のためその後もカレンダーはヤン坊マー坊です。したがって小庵では今後も中邨さんの遺作を眺めることになりそうです。ご冥福を祈ります。
スポンサーサイト



  1. 2018/12/04(火) 10:29:34|
  2. 追悼・告別・永訣文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<言論人・勝谷誠彦さんの死去を送る。 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1392>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5052-7076aa63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)