FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1434

高校1年生の2学期の中間テストが終わった夜、本間郁子は「打ち上げ」に誘われて同級生の照美の男友達のアパートに連れられていかれた。そこには男友達と新吾と呼ばれる若い男がいた。
新吾はオールック・バックの髪をポマードで固めており、年齢は20代半ばくらいだろう。
6畳1間の狭い部屋に男女4人、本間以外は煙草を吸い部屋は煙でかすんでいる。照美と男たちがスケベ話で盛り上がったところで新吾が持ち込んだブランデーを取り出して「飲もう」と言った。すると照美が台所からコップと水割りのセットを持ってきた。
本間は初めてのブレンデーを口にした。そして注がれるままに飲み、「強い」と誉められるままに杯を重ね、始めは薄く作ってあったブレンデーは次第に濃くなっていった。しかもそれ以上に酔わす「何か」が入っていると思った時、本間は意識を失った。
「苦しい・・・」本間は何か重いモノにのしかかられた苦しさで目を覚ました。するとルーム・ランプだけの薄暗い部屋で何か黒い大きな影が上から覆いかぶさっている。
「夢?」本間は恐怖に凍りつきながら必死にそう思おうとした。すると影は「声を出すな」と言うと左手で口を塞いだ。その声は先ほど照美と男友達が新吾と呼んでいた若い男だ。男友達と同じ機械工場で工員として働いていると言っていた。
「郁子ちゃん、好い子だからお兄さんの言うことをききなさい」新吾はブランデー臭い息で声をかけながら胸までかけていた毛布を剥ぎ取った。
「嫌ァーッ!」本間は真吾の手のひらの中で叫ぶと体をよじって逃れようとする。しかし、体は重く痺れ思うように動かない。真吾は馬乗りになって脚で下半身、右腕でクビを固めてこの獲物を逃さなかった。
「郁子ちゃん、いまさら遅いんだよ。照美の紹介なんだからね」新吾はかすれた声で本間の耳元でささやいた。本間の脳裏に照美の顔がよぎり、公立高校に失敗して虹ノ花高校に入学したことを「恥」と公言する父親への不満を聞いて同調し、街で楽しく遊び歩くことを教えてくれた照美との付き合いが甦った。照美は男友達と出かけているらしく他の人間の気配はない。
「言うことをきけばいいんだ、お前も大人の世界を知りたいんだろう」幼い本間には真吾の言い訳を今から自分の体に起きるのであろう事とどう計ればいいのか判らなかった。本間は全身の力が抜けて人形、真吾の性玩具になった。
「そうだ、好い子だ」真吾は好色に笑いながらブラウスの胸元に手をかける。そしてアルコホール臭がする息を荒く吐きながらボタンを外し、スカート、ショーツまで手際よく脱がせて、この女子高校生を全裸に剥いた。
「郁子ちゃんの身体は照美よりも格好良く引き締まってるね。こう言う女はナニの締まりも良いんだってな」新吾は何の意味も持たない誉め言葉を口にしながら再び本間の上に覆いかぶさって唇を重ねてきた。本間には口づけさえも初めての経験だった。
新吾にブランデーの味がする舌を口に入れられ本間は吐き気がした。新吾は少女から大人になりつつある本間の乳房を両手で鷲掴みにして揉み始めた。幼い頃から少林寺拳法に励んできた本間の胸に膨らみはなく逆に筋肉質で固い。その白い平面に肌色の乳頭が飾られている。
「青い果実ってのはいいな」真吾は、そう言うと乳房の弾力を作るようにしつこく愛撫を続ける。本間には今、自分の体で行われている経験のない行為が理解できないでいた。
突然、乳頭が熱くヌルッとしたものに吸いつかれ本間はゾクッと悪寒を覚えた。新吾はチュウチュウと音を立てながら、まだ固い乳頭を吸っている。新吾のざらついた舌が乳頭を嘗め回す感触に本間の体が小刻みに震えた。
「美味しいよ」新吾はこの残酷な儀式の手を緩るめず快楽のままに任せていた。
「ヒッ」真吾はいきなり性器に指を差し込み本間は体の一部を引き裂かれたような痛みに小さく叫び声を上げた。
「黙れ」新吾はあわてて逆の手で口を塞いだ。小心なこの男は隣人に女子高生を犯していることを知られることを心配しているようだ。
真吾は差し入れた指で本間のまだ何も受け入れたことのない性器をゆっくりかきまぜるように刺激し始める。それは痛みを与えるだけの拷問であった。
「感じないのかァ?俺のを入れられれば今度は好くなるぜ」そう言うと本間の身体の上で位置を変え、両膝の間に腰を割り込ませてくる。固い棒状のモノが性器の入り口に触れているのを感じて本間は恐怖と嫌悪を覚え、固く目を閉じた。次の瞬間、自分の体で行われる未知の行為は想像することも恐ろしく、おぞましい。新吾はためらわず一気に貫いた。突き抜けるような痛みが本間の体と心を引き裂いた。
スポンサーサイト



  1. 2019/01/15(火) 10:46:30|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<女優で声優の市原悦子さんの逝去を悼む。 | ホーム | 1月15日・東京に警視庁が設置された。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5137-40bfddd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)