FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1438

「いい加減に止めろ。この人に訴えられたらお前は台湾に残って裁判を受けることになるぞ」偶然に万年商業大樓の公衆トイレで本間を見つけた大野新吾は時間を20年以上巻き戻したかのような態度で身体に触れてきた。しかし、それは常識的に見て痴漢行為であり強制猥褻に踏み込みつつある。会社の同僚らしい仲間たちは新吾を制止しようとするが執拗に本間を掴まえて放さない。本間の胸には高校時代に味わった屈辱の記憶が甦ってきた。
「あの時、ジャンケンで負けなければ俺が女にしてやったのになァ」あの日、修は新吾と照美が快楽を満喫している布団の脇で本間の上に覆いかぶさると独り言を呟いた。2学期の中間試験が終わった夜、本間が純潔を奪われたのは本当に軽いゲーム感覚だったようだ。修は本間の首筋に強く激しく吸いつき耳に舌を差し入れた。
「キスマークを付けて学校に行ったら先生に怒られちゃうかな」この台詞は本間を現実に引き戻し、その瞬間、修は挿入した。
「郁子ちゃん、2人目ェ」「俺たち兄弟」修が嬌声をあげると照美を抱きながら新吾が顔を向けて笑い、対抗するかのように激しく照美を責め始めた。本間は挿入されている異物=男根の大きさ、固さが違うことを感じていた。修の男根は細長く思えた。それはあくまでも新吾と比べてではあったが・・・。
「郁子ちゃん、照美が使えない時に姦ってやるよ」「不感症でもセンズリよりはましかァ」本間の頬に再び涙が流れた。それは本間が女として流した最後の悔し涙だった。
消息を絶った同志・盧暁春が中国当局に拘束されて殺されたとすれば、その前に極限に達する凌辱を受けたことはあの美貌から考えて間違いない。それは本間自身が経験した女性としての屈辱などとは比べ物にならないはずだ。
「バン ウォ(助けて)、ヨウレン ライリ(誰か来て)」ここで本間が大声で叫び始めた。今までは警察沙汰になって身元調査を受けることを避けるため黙って耐えてきたのだ。
「馬鹿、大声を出すな」慌てて新吾は掴む乳房はないので胸に押し当てていた手で口を塞いだ。その指を本間は前歯で噛み、中国語で叫び続けた。
「ほら見ろ、やっぱり中国人じゃあないか。お前の人違いなんだよ」そう言って仲間の男は財布から数枚の台湾ドル札を取り出すと本間が手をついている洗面台に置き、もう1人と新吾の両腕を引いて商店が並ぶ狭い廊下へ出ていった。
「絶対に間違いない。アイツは郁子だ。俺が女にしてやったんだ・・・帰ったらトコトン調べてやるぞ」廊下から新吾の叫び声が響いてくる。それと入れ替わりに警備員が早足でやってきた。本間の叫び声を聞いて知らせた人がいたようだ。
「貴女が被害者ですか」警備員はトイレから出てきた本間に声をかけたが、「メイヨウ(いいえ)、ウォ ブーシー(違います)」とだけ答えて早足で歩き去った。
本間はキュロット・スカートを衣料品店で買ったバミューダ―・パンツにはき替え、パットが入った胸部の下着を外している。こうしてひさしが大きい野球帽を目深(まぶか)にかぶれば短髪で女性としての肉感がない本間は小柄で細身の少年にしか見えない。
本間は万年商業大樓の入り口の脇に立って中から出てくる客と前の歩道を通る人々を眺めていた。おそらく新吾たち3人は初めての台湾旅行であり、未知の外国では道を探しながら歩くのには不安を感じるものだ。ましてや中国語が理解できないとなるとホテルに戻るのも同じ経路を引き返すはずだ。本間は衣類を買って公衆トイレで着替えただけなのでそれほど時間は要していない。その一方であの3人は騒ぎを起こしたことを気にしていれば早急に退去するはずだが、そこまで理性的に行動するかは判断しかねる。
「台湾は去年で売春が禁止になったんだってよ」「誰だ、台湾に行けば若い娘を抱き放題なんて言いやがったのは」店内のロビーから下卑た日本語が聞こえてきた。本間が入口の柱の陰に身を隠すと案の定、先ほどの3人組が出てきた。どうやら日本語が通じる案内カウンターで売春街の場所を訊いたようだ。それにしてもデパートの形式を取っている万年商業大樓の案内係は制服を着た若い女性だったはずだ。そこで恥じらいもなく質問したらしい。
「だから郁子を捕まえておけば好かったんだよ。そうしてらお前らに回してやったのに。アイツが高校時代にも仲間と回したんだぜ。ただの観光旅行にするよりか年増でも一発姦った方が好いじゃんか」前を通り過ぎて歩道に出た3人の尾行を始めると大声で聞くに堪えない暴言を連発している。新吾は四半世紀の時間が経過しても人間として全く成長していないことが判った。
本間は家族を失い痕跡を消してきた自分の存在を日本の地元で再生させる危険性が高いこの男を処理することを決めている。この確認は躊躇を解消するのには極めて有効だ。
スポンサーサイト



  1. 2019/01/19(土) 10:37:52|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1439 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1437>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5145-eceb677d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)