FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1441

「私、民国(中華民国=台湾)のツアーで上海国際博と北京を観光してこようかと思っているんですが」本間の唐突な申し出に王中校はそれを予想していたかのように黙ってうなずいた。
「反日暴動が起こっている地域は中共によって封鎖されていて外国人は立ち入れないことは知っているな」「はい、今回は現場に入って実情を確認するつもりはありません」本間の返事に王中校は無表情にもう一度うなずいた。これまでの本間であれば盧暁春の死に関する痕跡を察知すれば安易に突き進む危険性があったが、今は冷静沈着に自制することができるはずだ。
「まさか上海国際博を観光したくなった訳ではあるまい。目的は何だ」「一度、中共の空気を吸っておこうと思いまして」これは嘘ではない。本間自身も今回の入国に特別な目的を持っている訳ではない。ただ中央道が最期を遂げた天安門広場と死に場所さえも判らない盧暁春の足跡を辿ってみたくなったのだ。
「中共は大気汚染が深刻だから吸っても健康を害するだけだぞ」王中校は軽いジョークで本間の申し出を承認した。実際、台湾でも偏西風に乗って汚染の物質が流れてきているのだが、何故か沖縄県は被害を認めておらず地元マスコミも全く報じていない。
「それで我が国の正式な偽造パスポートが欲しいんだな」「はい、ご無理をお願いします」真意を見抜かれて本間は苦笑しながら会釈をした。本間が台湾に来るのに用いたアメリカ政府発行のパスポートでも台湾の旅行社のツアーに参加して共産党中国に入ることは可能だが、入国手続きで別扱いになるため当局に不信感を抱かれ、監視対象にされることは間違いない。幸いにして広東語に熟練してきた本間であれば中華民国発行のパスポートでも違和感はないはずだ。
「早急に手配しよう。先ずは写真だがウチの報道部に撮影させることにする。その服装で大丈夫かな」そう言われて本間は自分の服装を思い返したが、確かに身分証明書を兼ねるパスポートの写真としては軽装に過ぎる。本来は陸上自衛隊の方面隊総監部に相当する軍団の指揮部に立ち入るにもいささか失礼な服装なのだ。
「仕方ない、年齢層は合わないがウチの事務官のブラウスを借りることにしよう。写真に写るのは上半身だけだから問題ないだろう」王中校の迅速で強引な対応は「用意周到」「動脈硬化」と評される古巣の陸上自衛隊では有り得ない。これが陸上自衛隊であれば外国軍の諜報要員に協力することの是非だけで関係者が集められ延々と会議が始まるはずだ。その点、中華民国軍は職務権限の範囲内での自己判断が確立されており、指揮官の即断即決を可能にしている。
「森志玲(セン・チーリン)さまですね」翌日、本間は何故か用意されていた白紙のパスポートに借り物のブラウスを着た写真を張った偽造品を持って台北市内の大手旅行社で上海国際博と北京観光ツアーを申し込んだ。
今回の偽名は台湾の人気モデルで女優の林志玲(リン・チーリン)の盗用だ。本当は大学時代に中央道に勧められて読んだ山崎豊子の小説「大地の子」の主人公・陸一心の妻・江白梅(ジィァン・ユェメイ)にしたかったのだが、陸上自衛隊に入ってから放送されたNHKのドラマでこの役を演じていた中国人女優・蒋文麗が丸顔だったため少なくとも顔の輪郭が似ているこちらを選んだ。似ているのはあくまでも輪郭だけだが。
「上海国際博は今月一杯で閉幕しますから大変な混雑が予想されます。それでもよろしいですね」「こんな駆け込みでも参加できるなら異存はありません」本間の答えを聞いて同世代の定員は申し込み用紙をカウンターの上で向きを変えて滑らせてよこした。本間は王中校に教えられた森志玲と言う架空の女性の生年月日、住所、電話番号、勤務先、国籍の所在地などを書き連ねていく。ここで手間取ることがあれば不信感を抱かせることになる。台湾国内であれば何とかなっても共産党中国では命取りだ。しかし、本間はまだ盧暁春の後を追うことはできない。
「急な申込みですから料金は先払いになりますが」「はい、結構です」本間が書き終えた申し込み用紙を確認した店員は事務的に仕事を進める。台湾はアジア圏では最も日本式の接客態度を踏襲しているはずだが、やはり仕事感が見え隠れする。
「失礼ですが、森さまには北京語の訛りと日本人的な癖があるようですから海外旅行には慣れておられるのでしょう。したがって細かい説明は省略させていただきます。上海は初めてですか」店員の指摘に本間は顔以外の部分で緊張した。自分としては広東語も完全にマスターしたと思っていたが接客に熟練した定員の耳は誤魔化せないらしい。つまり共産党中国で警戒している防諜要員の耳が更に敏感である以上、この指摘に合致した森志玲と言う人物像を創作し、演じ切らなければならない。広東語を急速練成する時間はないのだ。
「はい、日本に留学していた頃に大学で習った北京語を試すために1度だけ行ったことがあります」森志玲は日本の大学に留学した経験がある台湾人女性と言うことになった。
林志玲林志玲上尉(=大尉)
スポンサーサイト



  1. 2019/01/22(火) 10:46:59|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1442 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1440>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5151-58d690d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)