FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1453

11月に入って正常な政権なら苦悩するはずだが、缶内閣は激怒する事態が続生した。千石官房長官が強権で揉み消し、大手新聞と系列テレビも糊塗に協力した尖閣諸島海域での中国漁船による巡視船への体当たりの記録動画がインターネット上で流出したのだ。動画自体は祝日明けの11月4日・金曜日の21時頃に投稿されたらしいが私は翌朝のニュースと新聞で知った。案の定、出勤すると職場でもその話題で持ち切りだ。
「モリヤ2佐は誰が流出させたと思いますか」最近、陸上幕僚監部法務官事務室では私がコメンテーターになっているらしい。確かに私は石垣島までこの事件の取材(?)に行っているのでテレビの解説者以上の情報を仕入れている。実は石垣島の海上保安部でこの動画も見せてもらったのだが、固く口止めされているため淳之介にも漏らさなかった。
「これは海上保安庁内では資料扱いで各部隊に配布されている画像だからその資料に接することができる人間なら誰でもコピーできるんじゃあないかな」海上保安庁では「部隊」ではないが組織の呼称を知らないのでこうなった。私の見解を聞いて曹長は広げた新聞の紙面を見回してネタ元を探し始める。そこに女性事務官がコーヒーを持って来てくれた。
「つまり何でもない資料映像を政府が国家秘密扱いにして封じ込んでいたと言うことですね」「うん、今の政権にとって不都合な事実が映っているんだろう」テレビでは繰り返し流出した動画を放送しているため「不都合な事実」も明らかになっている。
「要するに事故ではなく故意に衝突させていることが判ると、告訴を待たずに釈放させた政府の責任を問われるから絶対に隠蔽しなければならなかったんですね」どうもこの曹侯学生の後輩である1曹は私のミニチュア化しているような気がする。かつて守山で机を並べた田島2尉もそうだったが、あちらは幹部だ。陸曹で幹部並みの見識を持つと部隊に帰って敬遠される危険がある。そう言えばバカ田大学出身の松山3尉も預かった気がするが彼はどうしてしまったのだろうか。私が久居で勤務していた頃までは噂が流れて来たが、殺人犯として塀の中の生活を送っている間に音信不通・所在不明になってしまった。
「結論的には海上保安官の内部告発と言うところですか」「内部告発とは少し意味合いが違うけど政治的意図を持っている可能性は疑われるだろうな」自衛隊を含めて官公庁と言う組織は隊員・職員の政治的言動が発覚すると背後に政治勢力の存在を疑う体質にある。曹長の意見におおむね賛成して朝礼前の時事阿呆談を終わることにした。
この話題は統合幕僚監部の首席法務官室でも花が咲いた。首席法務官は海上自衛官だから見解が専門的でテレビの報道番組よりも内容がある。
「あれは明らかに衝突を狙って操舵しているな」「やはりそうですか」私は石垣島で淳之介から同様の見解を聞いているので相槌を打っただけだったが、弁護士2人は身を乗り出して続きを促した。こうなれば境1佐が独演会を始めるのは仕方ない。
「漁船は船首から突っ込んでいるが、あれは巡視船の機関部の位置だ。つまり操縦不能に陥らせて、あわよくば爆発による沈没を狙っていたのかも知れないな」いつもはサイレント・ネービーらしく控え目な発言に心がけている境1佐にしては推理が暴走気味だ。
「やっぱり船長は軍人なんでしょう」「うん、中国海軍のな。我が社の艦(ふな)乗りたちは民間船以上に安全運航に努めているからあんな危険な行為はできてもやらないぞ」滝川弁護士の常識的な質問にも回答が飛躍した。これでは護衛艦と漁船の衝突事故の議論が始められなくなる。尤も好景気に沸くまでの中国では車両や船舶の免許は軍隊で取得するのが早道だったそうだから船長の大半は元軍人のはずだ。完全志願制である自衛隊の日本の感覚で徴兵制の国を見ると本質的な点で理解を誤る危険性がある。
「しかし、今の政権は放置しないでしょう。海上保安庁は徹底的な身辺検査を始めなければならなくなりますね」私としては野党時代の民政党は政策上、公表できない外交や経済の情報まで開示要求を繰り返し、それに応じない自民党政権を「隠蔽体質だ」「国民の知る権利を否定している」と激しく攻撃していたのだが、自分が政権についてからは批判に同調していた大手新聞や系列テレビ局が全面的に支援しているため、自民党政権どころか戦前のような言論封殺を始めているように感じている。
「今、我々が警戒しなければならないのは缶政権、事実上のトップである千石がこの裁判を自己弁護に利用することだ。海上自衛隊のイージス護衛艦が漁船に衝突して沈め、親子が死んだことに比べれば中国業船の衝突事件などは軽いと言い出して、大手新聞が書き立てれば裁判に影響が出るのは避けられない」境1佐の推理はこれまでの暴走から一転、沈痛になった。しかし、缶政権が始まって半年足らずの惨状を思えば必ずしも被害者妄想とは言い切れない。
スポンサーサイト



  1. 2019/02/04(月) 10:01:13|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月4日・赤穂浪士46名が自刃した。 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1452>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5175-1cedbb87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)