FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

2月4日・赤穂浪士46名が自刃した。

元禄16(1703)年2月4日(太陰暦)に現在もドラマ「忠臣蔵」で国民的英雄になっている大石内蔵助良雄さん以下46名(寺坂吉右衛門は逃亡した)が身柄を拘束されていた肥後熊本の細川家・伊予松山の松平家・長門の毛利家・三河岡崎の水野家の各江戸藩邸で切腹し、暗愚なる主君の軽挙妄動に殉じました。
昔の「忠臣蔵」は年末の定番ドラマとして史実とは真逆の「勧悪懲善」の粗筋を無理矢理作っていましたが、最近は史実に近づきつつあるようです。
先ずは事件の発端となった江戸城中、松の廊下での刃傷沙汰ですが、これは皇室からの使者の接遇と言う大役に際してその道に熟達した吉良上野介義央さまの厳しくも懇切丁寧な指導を侮辱と逆恨みした浅野内匠頭長矩くんが抜刀厳禁の殿中で犯した不始末であり、切腹は当然の処罰でした。確かに当時の武士の処罰慣習としては原因の所在に関わらず「喧嘩両成敗」の原則があり、赤穂藩士が浅野くんだけを切腹させたことに不満を抱いたとするドラマもありましたが吉良さまは抜刀しておらず、浅野くんが一方的に切りつけたのであれば喧嘩ではありません。また逃亡して負った後ろ傷を恥辱として処罰する場合もありますが吉良さまは額にも傷を受けているため該当しません。
何にしても口頭での叱責を侮辱と受け取って藩が改易になることも考えず刃傷に及んだ浅野くんは完全な馬鹿殿であり、その軽挙妄動を擁護するために殊更に吉良さまの人格を傷つける逸話が捏造されていたのが昔の年末ドラマでした。ところが吉良さまは自領が矢作川の下流にあり、毎年のように水害が発生して領民が困窮していること知ると(大名ではないため参勤交代はなく江戸に常勤していた)、屋敷の改築費用を全てつぎ込んで堤防建設に乗り出し、自領に帰って工事の陣頭指揮を取り、その時に農耕用の赤馬に乗っている姿の土人形は遺徳を偲ぶ郷土玩具として作り続けられています。逆に浅野くんは改易になった後、領民たちは餅をついてお祭り騒ぎを繰り広げたと伝わっています。
余談ながら「尊皇」攘夷の扇動者である吉田松陰くんはペリーの黒船に乗り込んで密航を申し入れた罪で江戸から萩へ護送される際、浅野くんと赤穂浪士の墓がある高輪・泉岳寺の山門前で「かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂」なる歌を詠んでいます。おそらく吉田くんは浅野くんが皇室からの使者の接遇と言う大役を放棄して刃傷に及んだことも知らずに賞賛したのでしょう
結局、幕府は浪士たちの行動を「主人の仇を報じ候と申し立て、徒党を組んで押し込みを働いた」罪で切腹に処したのです。つまり浪士たちの主張は幕府の裁定を不当と断ずるものであってこれは認めず、集団で他家の屋敷に押し入った狼藉の罪で処断したのです。ただし、通常は浪人が重罪を犯せば斬首ですが武士としての切腹と言う栄誉を与えたことで「以って瞑すべし」としたのかも知れません。 
余計な迷惑を被ったのは毛利藩で他藩は浪士たちを義士として処遇したのに対して預かった10名を完全な罪人扱いしたため、その噂が広まると「武士道を弁えぬ」と陰口を叩かれました。確かに怨嗟と打算が行動原理の毛利藩に武士道などは存在しませんが。
スポンサーサイト



  1. 2019/02/04(月) 10:05:41|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1454 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1453>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5176-560d2058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)