FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1456

時間の経過と共にニュースには付加価値が入ってきて見応えが増してきた。杉本は頭の中で記憶のノートを記述しながらニュースを注視した。
「延坪島を守る我が海兵隊の装備を説明しておきましょう」映画などとは違って着弾すれば閃光が走り、爆発音が響いて黒煙が上がるだけの中継映像を4分の1に縮小した画面でアナウンサーが原稿を読み始めた。杉本は長年にわたって朝鮮半島の専門家を自負してきたが、最前線の国境の島の防衛態勢を知らなかったことには汗顔ものだ。
「ふーん、自走榴弾砲を配備しているのか」先ずはこれに感心した。国境付近では敵の侵攻を破砕するために火砲が配備されているのは常識だ。ならば位置は特定され、初弾必中できるように照準されている。それに備えて堅牢な陣地を構築するところまでが杉本の認識だった。ところが韓国軍は延坪島に固定式野砲の他にも自走榴弾砲も配備しており、敵の先制攻撃で陣地が破壊されても反撃できる態勢を整えていた。
「自衛隊の自走砲は北海道優先だからな。その点、韓国軍の方が恵まれていると言う訳だ」と呟いた後、日本にとっては北海道が前線だったことを思い出して首を振った。
「本日、我が軍は毎月定例の実弾射撃訓練を実施ており、今回は自走155ミリ榴弾砲6門のうち4門が南南西方向に4.8キロの海上に向かって60発を発射したところで砲撃を受けた模様です」「ふーん、韓国軍側が砲撃訓練をやっていたのか。韓国側も一触即発の国境付近で挑発するんだな」日本やアメリカは北朝鮮による軍事的挑発ばかりを批判しているが、実際はお互いさまらしい。
「これを受けて北韓(=北朝鮮)は事前に訓練の中止を通告し、領海内に着弾した場合は対抗処置として砲撃を加えるとの警告を与えていたようです」ここでニュースは妙な配慮を見せた。杉本は駆逐艦・天安の撃沈事件の時、韓国政府が「北朝鮮の魚雷によって撃沈された」と断定したことにマスコミ各社が一斉に疑問を展開したことを思い出した。これも同様の報道を行うための伏線かも知れない。
「まだ国防部の公式発表はありませんが。仁川支局が確認している戦況としては14時34分頃に初弾が着弾しました。初弾4発のうち少なくとも1発が陣地を破壊して保管してあった砲弾か燃料が炎上して爆発した模様です」「あの黒煙はこれだな」本来であればこの解説に仁川支局が撮影した砲撃を受ける延坪島の遠景の映像を重ねると緊迫感が増すのだが、まだそこまで綿密な編集ができる状況ではないようだ。ここで杉本は開けたままにしていた缶ビールを1口飲んだ。今思えばアルコホールで頭がしびれるのは避けるべきだったが、安楷林は他に買っていないので仕方ない。
「それにしても初弾の着弾が14時34分頃ならニュースが始まったのはその10分後だな」これはテレビを点けた直後に確認しているので間違いない。その前に安楷林が知らせてきたと言うことは国防部への伝達も驚くほど速い。かつて韓国海兵隊はイスラエルの空挺旅団と並び「世界最強の精鋭部隊」と称されていた。金大中・盧武鉉政権の軍弱体化政策で骨抜きにされた聞いているがまだ捨てたものではない。
「これを受けて合同参謀本部は14時50分に延坪島地域に珍島犬1号を発令しました」続くアナウンサーの説明で合同参謀本部の決定の前にニュースが始まったことも判った。少し手回しが良過ぎるような気もしてくる。
珍島犬1号とは北朝鮮との軍事的非常事態に際して発令される警報で、平時は3号、2号は武装ゲリラの潜入、1号は軍事衝突が発生した最高度の緊急事態で、軍だけでなく関係する官公庁も対処する。決定の影響が大きいため多少の手順を踏んでも不思議はない。
「仁川支局からの情報では砲声から換算して北韓は15時40分時点までに170発を発射して80発が着弾、90発は海に堕ちた模様です。一方、我が軍は80発を応射したようです」「えらく命中率が低いな。陸上自衛隊なら部隊の恥として中隊長は坊主刈りだぞ」これはかつての同僚の実話だ。陸上自衛隊は東富士演習場で火力展示演習を公開しているが、あれは精鋭中の精鋭部隊である教導連隊が演じるから驚異的な命中率と高度な操縦技法を披露できるのであって、某方面総監の肝煎りで実施した地方版の火力展示演習ではあまりにも失態が続出して参加した各級指揮官は5厘刈りにさせられた。
「なお、砲撃戦が一時的に停止した15時頃、観光客200名が高速船で脱出しています。一部の島民も漁船で脱出しましたが大半は島内の避難所に収容されているとのことです」杉本はこの補足説明を聞きながら平時に発生した武力衝突でも隙を見つけて住民を避難させる離島の行政機関の対処能力に感嘆してしまった。今の日本では想定すること自体が許されないだろう。
スポンサーサイト



  1. 2019/02/07(木) 12:33:16|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1457 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1455>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5181-de682a4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)