FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

3月28日・アメリカ陸軍元帥・アイゼンハウアー大統領の命日

1969年の明日3月28日は第2次世界大戦におけるヨーロッパ戦線の連合国遠征軍最高司令官から陸軍参謀長、北大西洋条約機構(NATO)軍最高司令官を務めた陸軍元帥でもあるドワイト・デビット・アイゼンハウアー大統領の命日です。
アメリカ軍士官の友人たちの間では野僧と同世代はドナルド・ウィルソン・レーガン大統領、年長者はドワイト・アイゼンハウアー大統領が絶大な人気を獲得していました。
ところが日本ではマスコミの扇動に乗せられて60年の安保改定に反対した都市部の愚民たちがアイゼンハウアー大統領の訪日阻止を叫び始め、事前調整のために来日した大統領報道官が羽田空港から出られず海兵隊のヘリコプターで脱出するほどの憎悪の対象になっていました。しかし、実際のアイゼンハウアー大統領は大富豪のお坊ちゃんで病的女色癖を患っていたケネディ大統領などよりもはるかに日本人好みの苦労人でした。
アイゼンハウアー大統領は1890年にテキサス州のヨーロッパ系移民(姓はドイツ系)の7人兄弟の3番目として生まれました。2歳の時にカンザス州に転居し、そこで高校を卒業しましたが次兄と共に大学進学を希望したものの弟たちが就学中だったため学費が確保できず、仕方なく兄と1年交代で大学へ通い、仕事に励んで学費を稼ぐ約束を交わしたのです。このためバター工場に就職して兄の学費を稼いだのですが、約束を違えて「継続して2年次も通学したい」と言い出したため仕事を続けることになりました。そんな折、友人から「ウェストポイントの陸軍士官学校やアナポリスの海軍士官学校に入れば給料をもらって学ぶことができる」と誘われたため両方を受験し、どちらも合格しましたがアナポリスは年齢制限に引っ掛かったためウェストポイントに入営することになったのです。
1915年の卒業後は歩兵部隊で勤務し、第1次世界大戦に登場した新兵器・戦車の部隊に配属されるとヨーロッパ戦線への派遣を希望しましたが実現しませんでした。その後は将軍の副官としての勤務が続き、高所大所から考察する習慣を身につけたようです。
ところが少佐の時、ダグラス・マックアーサー将軍の副官になったことでフィリピンに同行する羽目になり、占領下の日本でも見せた君主気取りの行状で続発する問題を押しつけられたまま16年間も昇任せずに過ごすことになりました。結局、1936年に中佐に昇任すると第2次世界大戦が勃発していた1940年に本国に転属し、順調に昇任して行きましたが実戦経験がないため指揮官よりも参謀として人事管理されていたようです。
ところが1941年末にアメリカが参戦するとアイゼンハウアー准将の企画・立案・調整と苦情処理に長けた行政能力が高く評価され、連合軍最高司令官に任命されることになりました。こうしてジョージ・スミス・パットン大将やバーナード・モントゴメリー大将などの荒くれ者や虚栄心だけのフランスの軍人たちを使いこなし、ソ連の侵攻をベルリン付近で喰い止めることに成功したのです。
なお、アイゼンハウアー元帥は戦争終結後のヨーロッパからトルーマン大統領宛てに原爆の使用に反対する書簡を送っており、大統領就任後も「原爆投下はアメリカの罪」と明言していたそうです。口だけのオバマ大統領よりも尊敬に値するのではないでしょうか。
スポンサーサイト



  1. 2019/03/27(水) 09:21:46|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1505 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1504>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5281-f756cabf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)