FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1555

早いもので淳之介の単身生活は半月になろうとしている。本土のマスコミはバブル崩壊後に長引く不況で「沖縄の観光客は激減している」と報じているようだが、実際はバブルの頃には海外旅行に出かけていた準・富裕層が沖縄の離島や北海道の辺地に流れているため年齢層が上昇しただけで八重山方面にはそれなりの客足があった。そう言う訳で淳之介は忙しい。
「嫁さんはまだ腹から出さんか」朝礼前の雑談でも他の社員たちは淳之介をからかうことを楽しみにしている。殊更に生命の継承と血統の維持を尊重する沖縄の人たちにとって若い夫婦に子供が生まれることは何よりもの慶事なのだ。すると淳之介は申し訳なさそうな顔をして小さく首を振った。
「初産は産道が固いから子供が出てくるのに苦労するんだ。だから父親が軽くゴーヤで突っついてやるんだよ」ここで言うゴーヤは野菜の苦瓜ではなく男性器の隠語だ。しかし、淳之介はあかりが早産になった原因を知っているだけにこの有り難い助言を実行する気にはなれない。それでも子沢山の同僚たちは熟練の技を伝授しようと熱弁を揮い始めた。
「それでもホーミー(宝味=沖縄本島の方言の女性器)の中でいっちまうと子供が生まれた時、頭に白い液体が着いていて医者や看護婦にばれるから軽くチョンチョン程度にしろよ」毎度のことながら初めて父親になる若者への助言はワイ談に堕ちていく。毎回、似たような展開になるのだがワイ談に飽きはこないものらしい。
「そうそう、あまり深く入れると子供の頭が凹んじまうんだ。赤ん坊の頭は柔らかいからな」ここまで来ると信憑性も急激に堕ちていく。安里家の母子は下に落ちた話はしないから女性の立場の見解を聴く機会はない。生みの母親だった美恵子は得意そうでも本人は台湾で執行猶予中の出国禁止だ。何にしても淳之介の頭の中では裸のあかりが一体になるのを恥じらいながら待っている悩ましい姿が再生された。
「安里、鼻血が垂れてるぞ」そこに朝礼場である待機室に入ってきた社長が淳之介の顔を見て指摘した。社員の顔色で健康状態を確認するのは経営者としての基本である。淳之介は持ち主の意思に関係なく膨らんでいる股間を隠すため腰を引いた。
「溜まり過ぎだな。エロDVDを見てセンズリを掛け」そんな様子を見て単なるスケベな中年親父になっている同僚たちは朝礼を忘れて盛り上がってしまった。
「俺が好いのを貸してやるよ」「嫁さんがいなけりゃ見放題じゃあないか」実は淳之介は視覚障害者であるあかりには気付かれないエロ漫画をオカズにしている。写真雑誌ではなく漫画なのは中学時代に父が本棚に並べていた劇画「子連れ狼」や「新カラテ地獄変」などで覚えたばかりの自慰行為に励んで以来の常食なのだ。それでも単身生活の楽しみ方としてはエロDVD鑑賞には興味が湧いた。そう言えば父の本棚には日活ロマン・ポルノのVHSビデオもあった。題名は「キャバレー日記」だったが「キャバレーの軍隊式店員教育が面白い」と幹部自衛官の夫婦は子供が寝てから音量を落として鑑賞していた。
淳之介は石垣島と西表島の間の5つで4つの島を巡る航路の船内でも乗客に質問攻めになっている。5つで4つと言うのは南に並ぶ雲島の隣りの新城島(あらぐすくじま。通称はしんじょうじま)は上地島と下地島の総称なのだ。
「船長さん、マイフナー(八重山方言の良い子)は生まれたねェ」「ティダヌファ(太陽の子=八重山方言で逞しい子)に育てないとね」「アッパリシャンな女の子かも知れないさァ」淳之介が沖縄に来ることを決めたNHKの連続ドラマ「ちゅらさん」は小浜島を舞台にしていたが、美人を意味する「チュラカーギ」は沖縄本島の方言であって八重山方言では「アッパリシャン」若しくは「カイシャ(「美しゃ」と書く)だ。
「予定日は5月7日なのでまだです」「そうねェ。初産は遅れ気味だからワジル(八重山方言でイライラする)ことないさァ」淳之介は別にイライラしていないが、ここまで周囲の人たちから期待されていると早く吉報を届けたいような気分となるべく待たせて喜びを爆発させたい悪戯心が交錯してくる。
「それで子供の名前は考えてるねェ」「家の通字(とおしじ)は何ねェ」これでは朝礼だけでなく出航の時間まで遅れてしまいそうだ。
「安里家はメグミの恵ですよ。本土ではやっていません。出港しますから席について下さい」淳之介は質問に答えながら乗客たちを客室に押し込んだ。1人で過ごす長い夜に子供の名前を考えているのだが沖縄の作法が判らず候補も決められていなかった。淳之介と言う名前は父が生まれた時に読んでいた本の作者の吉行淳之介から取ったので参考にはならない。
竹井みどり「キャバレー日記」竹井みどり主演「キャバレー日記」
スポンサーサイト



  1. 2019/05/17(金) 12:50:20|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1556 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1554>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5383-839a31d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)