FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1576

名寄駐屯地の本当の最寄り駅は宗谷本線でも名寄駅より1つ先の日進駅で、ここからは3キロないので普通科の隊員にとっては徒歩で十分だ。大型車両の大半を現地に残してきたため移動手段は徒歩にせざるを得ず、この超ローカル無人駅で下車することになった。しかし、この駅のホームは車両1台分の長さしかないので2両の連結部で停車し、それぞれ片側のドアから下りなければならない。それにしても2010年までの1日当たりの平均利用者数は2名だから1回で100日分を増加させたことになる(現在は1名を切っている)。
ところが家族からの問い合わせを受けた留守番部隊が駅への到着予定時間を答えたため瞬く間に口コミで広まり、ホームと木製の骨組みにベニヤ板とトタンを張っただけの本当に小さな駅舎の間の広場には官舎の住人を中心とする出迎えが集合していた。
「貴方、おかえりなさい」「貴方、お疲れさま」「お父さん、どこにいるの」「僕はここだよ」時間としては幼稚園や小学校の低学年は帰宅しているので出迎えは子供連れも多い。家族たちは列車の到着と同時に熱狂的に歓声を上げた。
「足元に気をつけろ」「ホームを踏み破るなよ」家族たちの姿を見て隊員たちは焦ったようにホームを歩きだした。ホームの板も踏めばたわむような造りだから200名が同時に乗ってしまうと強度が心配になる。間もなく旭川に引き返す列車が出発し、隊員たちも広場に整列した。ここでも先ず編成を取って人員掌握するところが自衛隊だ。本部管理中隊長から整列の報告を受けた連隊長は家族に向かって挨拶した。
「ご家族の皆さん、お出迎え有り難うございます。3月13日の出発以来、1ヶ月余り岩手県宮古市での行方不明者の捜索、犠牲者の収容、被災地の復興、避難者の生活支援などに当たってきましたがようやくボランティアが入るようになり、連隊も規模を縮小して交代での派遣態勢に移行することになりました。それでは15分間、自由行動としよう」連隊長の挨拶が終わると本部管理中隊長が「気をつけ」の号令を掛け、「15分間、自由行動。別れ」と指示した。家族も自衛隊の厳格な規律を目の当たりにして真顔になって待っていたが、隊員たちが家族を探し始めると子供たちが争うように掛け寄って騒ぎを再開させた。
安川3曹は家族単位の固まりの中を縫うように歩きながら聡美を探した。子供連れの家族が多いため再会の光景も熱さよりも暖かさが漂っている。
「貴方、お帰りなさい」人の輪の間から隠れん坊で鬼を覗くように聡美が顔を見せて呼び掛けた。ここは駆け寄って抱き締めたいところだが束の間の家族団欒の空気を乱すことは控えた。
「ただいま。長い出動だったけど大丈夫だったか」「うん、連隊が現地の様子を知らせてくれたから貴方から連絡がなくても心配しないですんだよ。それに官舎の奥さんたちで助け合って私も子供さんを預かっちゃった。職場の人たちもニュースで見る自衛隊の活躍に感動して私まで尊敬されてたの」安川3曹は聡美の簡潔な報告に第3普通科連隊と名寄市にはイラク派遣の経験が家族への配慮としても生きていることを噛み締めた。
すると聡美が姿勢を正しながら身体の力を抜き、顔を向けて目を閉じたため抱き締めて口づけをした。それも若い夫婦の自然な姿だったらしくそれどころではない周囲は反応しなかった。
「あッ、鼻血が・・・」口づけを終えて向き合うと聡美が1歩身を引いた。鼻の下を指で擦ると人差し指が真っ赤に染まった。これは完全に溜まっている。実写版のキス・シーンには反応しなかった周りの夫婦たちもこれには爆笑した。
「安川、10カ月後にはお父さんか」「奥さんはウチの子で練習したから大丈夫ね」「明日、寝過ごすなよ」「頑張れ」夫婦たちが代わる代わる冷やかすと何故か聡美がうなだれた。
「・・・私、生理中なの。ごめんなさい」「ブーッ」この言葉に安川3曹が息を吐いたため鼻血が噴き出した。これぞ谷岡ヤスジの「鼻血ブー」だがこの夫婦は世代が違うので知らない。
「旭川FMの雪うさぎが来たんでしょ」聡美は夕方の仕事を休ませてもらえたため夕食は手造りになった。腕を揮った料理を食卓に並べて手を合わせた後、思い掛けない質問をされた。
「うん、仙台での番組が終わって帰る途中で慰問に寄ってくれたんだ」安川3曹としては森田曹侯補士の件が気になっているので答えが慎重になる。
「再開した番組で宮古市の自衛隊の様子を説明していたのよ。昨日なんて『明日、名寄の第3普通科連隊が帰ってきます。皆さんで歓迎しましょう』って呼び掛けていたわ」ここで料理に箸をつけた。派遣中に料理の腕も上達しているように感じた。
「でも歓迎の歌って言いながら『年下の男の子』って懐メロを掛けたの。この選曲は何」安川3曹は営内班で先輩が聴いていた自作CDでキャンディーズのこの歌を知っていたので、雪うさぎの想いが理解できた。やはり彼女は本気らしい。
し・葦田伊織イメージ画像
スポンサーサイト



  1. 2019/06/07(金) 11:45:08|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1577 | ホーム | 6月6日・ザ・ロンギスト・デー=史上最大の作戦が始まった。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5426-ab48731b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)