FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1578

「名寄の自衛隊の皆さんは宮古市で献身的に働いていて、慣れない仙台でのラジオ番組を収録してきたことで被災者のために働いたと満足していた自分が恥ずかしくなりました」安川3曹はその帰り道に宮古市に寄って自分たちを慰問した雪うさぎに敬意を抱いて、「貴女も立派ですよ」と独り言をつぶやいた。
「自衛隊の皆さんは見渡す限りの瓦礫の山になっていまっているかつての市街地で黙々と撤去作業をしながら家族の思い出の品を見つけるとそれを回収していました。私には見ませんでしたが犬や猫、鳥籠の中で死んでいる鳥なんかを見つけると優しく運び出していたんです」この説明に聡美は夫の横顔を見たがラジオに意識を集中させているようで反応しなかった。
「そんな現場とは別に避難所の前では隊員さんたちが被災者に暖かい食事を出そうと調理の腕を揮っていました。私が恋をしたのはそこでした」話が佳境に入り、安川3曹は身を乗り出し、聡美はそれが不思議そうに見入った。
「彼は野菜を切っていたんですが、その目が本当に真っ直ぐで野菜を調理していると言うよりも真剣勝負をしている侍のようでした」確かに森田曹侯補士には単純な作業にも異様に真剣に取り組むところがある。それが周囲にも真面目な仕事を促す面もあるが、その一方で敬遠される原因にもなっている。雪うさぎはそこに魅力を感じたようだ。
「私もバツイチで30過ぎの小母さんだから2度と恋なんかしないって決めていたんだけど、彼の視線の先に立ってしまったら気持ちを射竦められて(いすくめられて)しまってもう駄目でした。あッ、口が滑っちゃった」今まで雪うさぎは「個人情報は内緒」で通してきたのだが、年齢と離婚歴を告白してしまった。
「それで彼の手料理を食べた後、話をしたんだけど私よりも10歳も年下なのに考え方が父親よりも祖父に近くてお祖父ちゃん子っだった私はメロメロになっちゃったと言うことです。K&Sさん、『年下の男の子』を流した理由が判りましたか」「はーい」ここで何故か聡美が返事をした。安川3曹が呆れて顔を見ると聡美は肩をすくめて舌を出した。
「でも先日、彼から手紙が届いてまだ宮古市に残って仕事を頑張ってるみたいです。だからあの歌はフライングでした」ラジオとは言え番組の内容がそのまま家庭に直結するのは妙な気分だ。安川3曹は雪うさぎこと広橋照子が森田曹侯補士に恋した現場に立ち会っていた。それを告白させたメールを送ったのは聡美だ。2人は顔を見合わせた。
「ここで士別市の北キツネさんからのリクエストです。この間の『年下の男の子』は懐かしかったです。ああ好かった」自分でフライングと認めた選曲が喜ばれて雪うさきは安堵したようだ。
「そこで4月21日に亡くなったスーちゃん、田中好子さんがメイン・ボーカルで唄っていたデビュー曲の『あなたに夢中』をリクエストします。そうですね。田中さんは4月21日に亡くなったんです。私の浮かれた気分とは別に追悼の気持ちを込めてこの曲をお送りしましょう。キャンディーズのデビュー曲、『あなたに夢中』です」雪うさぎは先ほどまでとは口調だけでなく声まで換えて曲を紹介した。
「貴方が好き とっても好き 私は貴方の全てに いつも夢中なの こんな広い世界の中 私が愛する人なら 貴方一人だけ・・・」聡美も前回の「年下の男の子」でキャンディーズの曲に好感を持ったようで顎でリズムを取りながら聴いている。キャンディーズは世代的には2人よりも両親の方が近いが相手を思う感情は変わるはずがない。むしろそれを素直に表現しているところが嬉しくなって来る。2人は互いの顔に視線を送りながら歌を聴いていた。
「愛よりもっと強い言葉 私は欲しいの 貴方にそれを告げたいの・・・貴方がいて私がいて この世は回るの 2人の愛を乗せながら」今時の歌に比べて短いが2番まででレコードは終わった。すると雪うさぎはいつもよりも長めの間を置いてから話を始めた。
「田中さんの追悼のつもりで聴いていましたけど、この曲は『年下の男の子』よりも私の気持ちにピッタリくるようです。特に『愛よりもっと強い言葉 私は欲しいの 貴方にそれを告げるため』のところは今の私の想いそのままです」これも聴きようによってはただのお惚気(のろけ)だが雪うさぎの口調は真剣だった。
「ねェ、愛よりも強い言葉って何」ラジオがキャンディーズ特集になって「春一番」が流れている時、聡美が真顔で訊いてきた。その目が少し潤んでいるように感じた安川3曹は立ち上がって隣りに座ると抱き締めて口づけを交わし、そのまま押し倒した。これが「愛より強い言葉」だとすれば「ボディトーク」と呼ぶのだろうか(少し意味が違う)。
翌朝、安川3曹は出勤して聡美と聴いた雪うさぎのラジオ番組の話を書いた森田曹侯補士宛ての手紙を中隊から派遣部隊に送る書簡の中に紛れ込ませた。葉書の束と切手は前回送っている。
スポンサーサイト



  1. 2019/06/09(日) 10:15:57|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月10日・第1次世界大戦でオルティガーラ山の争奪戦が始まった。 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1577>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5430-dd01f1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)