FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1586

「8号車、森田士長を下車させて面会者に『あと20分待ってくれ』と伝えさせろ。森田士長はそれだけを伝えたら車両に戻るように」警衛所の前を通過して間もなく1号車の松山3佐から無線が入った。車長も事情を承知しているので「了解、終わり」と即答し、操縦手は車両を路肩に寄せて停車させた。森田曹侯補士は銃手席から後部座席を抜けるとドアを開けて下車した。
雪うさぎは警衛司令に促されて警衛所の角に立ってこちらを見ている。森田曹侯補士は全力疾走で駆け寄った。気持ちとしてはその場で抱き締めたいところだが、公務移動中に中隊長の温情で許された特別処置だから行動は慎まなければならない。したがって2メートル手前で立ち止った。雪うさぎも30歳を過ぎた大人らしく黙って顔だけを向けている。
「会いたかったです。本当に会いたかったです」出会いから1ヶ月、胸にため込んでいた想いが湧き上がってきてこの言葉しか出てこない。雪うさぎも小声で「私も」と繰り返している。しかし、車両が待っているから用件は手短に終えなければならない。
「あと20分待っていてくれ」「はい」森田曹侯補士は息を大きく吸うと胸を張って松山3佐から与えられた台詞を吐き出し、返事を聞くと挙手の敬礼をしてから回り右すると基本教練の駆け足の姿勢で走り出した。
今回、96式装輪装甲車と3トン半大型トラックに分乗して帰隊した400名は下正門通りを抜けて隊舎街を回り込むように中央グランド前の道路に到着車すると演習用の大型バッグと衣納を持って連隊長朝礼場に整列し、移動指揮官である松山3佐に人員と異常の有無を報告した。そこに連隊長が入場し、登壇、部隊の敬礼、報告、訓示、もう一度、部隊の敬礼が終われば移動は完了になる。実際は大型トラックに搭載してきた資材の卸下(しゃか)と倉庫への一時収納などの作業があるのだが森田曹侯補士は免除された。
森田曹侯補士は営内班に荷物を置いて警衛所に走っていくと警衛司令に挨拶し、羨ましいそうな顔をしている受付係の士長は無視してプレハブ別棟の面会室に向かった。すると雪うさぎは裸の蛍光灯の下の机で書き物をしていた。
「待たせたね。会いたかったよ」「番組の構成を考えながら待っていたから時間を無駄にしてないわ」雪うさぎは資料を綴ったバインダーとノートを閉じると顔を向けて微笑んだ。
「手紙を有り難う。葉書や切手が買えなくて返事が出せなかったんだ。御免」「そうね。こちらから送れば良かったわ。御免なさい」2人だけで話すのは初めてだが口調は自然に恋人同士になっている。森田曹侯補士にとっては高校時代の女生徒遍歴以来だ。
「お前がラジオでかけた『年下の男の子』『あなたに夢中』は宮古で現地先任に習ったよ。嬉しかったな」宮古市では安川3曹からの手紙で雪うさぎがラジオ番組で流したキャンディーズの2曲を松山3佐に質問したが世代が違い、翌朝、40歳代後半のベテラン陸曹たちに確認したところ現地部隊先任陸曹が大ファンだったことが判明した。そのため作業の合間にはヒット曲を習うことになってしまった。
「あれから番組にもリクエストが届くようになってシリーズ化してるのよ」この情報は現地部隊先任だった1曹に伝えなければならない。森田曹侯補士自身もキャンディーズの素朴な歌で「恋心」を再学習しているから楽しみだ。
「ところで本当に私で良いの」会話に間が入った後、雪うさぎが真顔になって訊いてきた。森田曹侯補士も安川3曹に送ってもらった切手で返事を送り率直な恋心を告白している。雪うさぎとしては交際を始めるに当たり年齢差や離婚歴の問題を確認することから始めなければならないのは常識的な手順だ。
「俺がお前に惚れたのは理屈じゃあない。だからって軽率な衝動でもない。ビビッて・・・」「来たのね。私も一緒。身体の芯まで痺れちゃった」森田曹侯補士が「似合わない」と迷いながら口にした台詞を雪うさぎが引き継いだ。いわゆる「ビビッとカップル」らしい。
「ところでお前は俺なんかで良いのか」森田曹侯補士も返事の中で略歴と自分が直面している人事上の問題も説明している。したがってこの質問への返事はうなずくだけで十分だ。気がつくと10歳年長の雪うさぎを「お前」呼ばわりしている。それに違和感がないのも「ビビッ」と感電して磁力を帯びた2人の気持ちの密着度なのかも知れない。
「それじゃあ外出できる日が決まったら電話で連絡するから」「うん、駅で待ち合わせね」森田曹侯補士は立ち上がると忘れないように最終手順を踏んだ。面会者の来訪と言う特別な事情で作業を免除してもらっているのでそろそろ中隊に戻らなければならないのだ。
「今度は『アン・ドゥ・トロワ』の予定よ」「貴方の胸に耳を当てれば・・・」唄いながら両肩に手をかけると雪うさぎは実演してきた。しかし、森田曹侯補士は窓とドアを確認していた。
スポンサーサイト



  1. 2019/06/16(日) 12:58:22|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月16日・新潟地震が発生した。 | ホーム | 6月16日・アメリカのロケット開発の中心人物・フォン・ブラウン博士の命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5444-f6df40bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)