fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

2月25日・菅原道真の命日

903(延喜3)年の明日2月25日(太陰暦)は菅原道真公の命日です。菅原道真公にはこんな和歌があります。

心だに 誠の道に 叶ひなば 祈らずとても 神や護らん

天神様は本来、天候気象の神様で、菅公(道真)が太宰府で亡くなった時、京都で激しい落雷があり、菅公を陥れた者たちにそれが当って死んだので、「雷神になった道真公の祟りだ」と畏れ慄き、天神(雷神もメンバー)として一緒に祀られたのです。ですから本当は天災除けが本業で、学問は後から付けた副業・余技なんです。
ちなみに福岡の太宰府天満宮は菅公の墓所、京都の北野天満宮は屋敷跡ですが、「三天神」と一際高く声を上げている山口県の防府天満宮は、旅の途中に立ち寄って(当時は船旅でした)、山から眺めた風景が気に入って「死んだら魂はここに還ってくる」と言い遺したところだそうです。三天神の中では防府が1番古いのですが、太宰府と北野に比べるとマイナーなので、東京では「湯島」天神が三天神だと思っているし、大阪では「テンテン天満(てんま)」にある天神さんが三天神だと思っているようです。ところで菅公が祀られる前には天災除けを祈る神社はなかったのでしょうか?
さらに言うと菅公は大宰府に流され、困窮の中で亡くなったとされていますが、実際は大宰府の長官に就任して奥さんを京都に残し(同行を拒否したとも言われています)、息子2人を連れて赴任したのです。太宰府の長官と言うのは、対中国、対朝鮮外交、貿易の窓口であり(正式な外交関係を断ったのは菅公でしたけど、それは遣宋使になりたくなかっためと言われています)、不平分子が多かった西日本防衛の責任者であり、大穀倉地帯の年貢を徴収する財政の責任者でもあったので、京都の大臣から太宰府の長官になったのは決して左遷ではなく、それほど困窮していたとも考えられません。単に京都が恋しく、田舎が嫌でホームシックになっただけかも知れません。

東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ

菅公が太宰府でこの歌を詠んだら、京都の屋敷の庭の梅が飛んでいって咲いたと言う「飛び梅」の伝説がありますが、記録ではそれ以前に奥さんから「梅は欲しがる人に売って生活費の足しにしました」と言う手紙が送られていて、また京都よりも太宰府の方が梅の開花時期はかなり早いので、どこまで信じていいのやら。しかし、太宰府天満宮では「飛び梅」にあやかってパイロットや旅行者向けの「飛行安全」のお守りが売られています。安易だなァ。
  1. 2013/02/24(日) 09:23:05|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<2月27日・水戸光圀が「大日本史」の編纂を始めた。 | ホーム | 2月24日・切支丹禁教の高札を撤廃した。>>

コメント

自然数の日

2月25日を、
自然数の日に・・・

自然数は、[絵本][もろはのつるぎ]で・・・
  1. 2020/02/25(火) 20:25:51 |
  2. URL |
  3. 絵本のまち有田川 #mnNq5YWQ
  4. [ 編集 ]

式神(『刀札』)

『刀札』の絵本から・・・

自然数の『幻のマスキングテープ』は、
令和2年5月23日~6月7日 の間だけ
  射水市大島絵本館 
 『かおすのくにのかたなかーど』で出会えるとか・・・
  1. 2020/05/20(水) 16:14:41 |
  2. URL |
  3. 心はすべて数学である  #mnNq5YWQ
  4. [ 編集 ]

カオス ⇔ コスモス

『HHNI眺望』で観る自然数の絵本あり。
有田川町電子書籍 「もろはのつるぎ」

御講評をお願い致します。
  1. 2020/06/04(木) 16:43:04 |
  2. URL |
  3. 式神自然数 #mnNq5YWQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/546-6625b0bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)