FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1595

「志織がハイ・スクールでレイプされそうになったのよ」「何ィッ」夕食を終え、久里浜版パジャマ・ミーティングを始める前に佳織が大変な話を持ち出した。酒を飲む前にしたのは極めて適切な判断だ。淳之介とあかりの間に初孫の恵祥を授かり、控訴はされたものの前潟3佐と大岩3佐が現場復帰を果たした喜ばしい出来事の後にこれは重大で深刻に過ぎる。
「それで志織は何をされたんだ」「その点は大丈夫、ナイフを突きつけられて校舎の裏の倉庫に連行されそうになったけど定規で一撃して失神させたらしいわ」私としては居合道の技を使うのなら真剣で首を切り落とさせてやりたいところだが、日本よりも正当防衛の成立要件が緩いアメリカでもナイフ対日本刀では過剰防衛になる可能性が高い。それでは父子揃って刑事裁判の被告人経験者になってしまう。
「志織にはそんな性的魅力があるのか。ワシとしては色気を全く感じなくて逆の心配をしていたんだが」「確かに私の高校時代よりも子供ね・・・」佳織は自分と比較しておいて後悔したように唇を噛んだ。佳織は日本に帰国して転入した中学校で担任の教師に性行為を強要された過去がある。だから高校時代には性体験だけは大人の女だったのだ。
「相手はどんな奴なんだ。あの地域は日系人も多いがまさか同胞じゃあないだろう」「それが韓国系の同級生なんだって」韓国系と聞いて私は大震災以外のニュースを流し始めた朝日新聞が喧伝している韓国の従軍慰安婦少女像の設置運動を思い出した。この問題は日本が大震災に見舞われる直前、韓国では挺身隊問題対策協議会なる民族主義者の団体が(いわゆる)従軍慰安婦の銅像をソウル市鍾路区の日本大使館の前に設置することを区長に相談したと朝日新聞が報じたのが発端だった。すると区長は「記念碑の設置は道路専用許可が必要だが、銅像なら芸術品なので対象外だ」と回答したため反日的銅像を数多く手掛けている作家に制作を依頼したと言うのだ。日本が未曾有の大災害に見舞われて塗炭の苦しみを味わっている間も韓国では反日活動を激化させており、その発端を作った朝日新聞は大震災が発生して以降は日本国内では報道しなくなったものの英語版では海外に向けて発信し続けている。
「志織はどうして韓国系の生徒に目をつけられたんだ。訳が判らんぞ」志織は小学校からアメリカ空軍横田基地のインターナショナル・スクールに通い、アメリカ本土に留学した上、ハワイで中学校を卒業しているからアメリカ人の生徒の中では標準的な人間性のはずだ。すると佳織はグラスに泡盛を注ぎ、自分の分は水割りにしてから話を続けた。
「韓国系の生徒がホーム・ルームの時間に日系人の生徒が取り組んでいる募金活動を批判して『東北の震災はカミが罪を悔い改めない日本に下した罰だ。滅びてしまえ』って発言したから、志織がその罪に反論して完全に論破したらしいの」どうやら私に原因があるようだ。しかし、志織に教えた東洋の近代史は合理的根拠に基づいた正論であり、韓国が国際社会に向けて主張する批判に対して日本政府が堂々と反論してくれば朝日新聞が常態化させている売国的捏造報道もここまで拡大することはなかったはずだ。
「その生徒は退学になって、父が警察に志織の安全を守るための対策を呑ませたから、取り敢えずは大丈夫だろうけど・・・ハワイの韓国系移民は戦前の日韓併合中に日本人として移住してきて442部隊の犠牲的活躍で日系人の地位が向上したのに便乗して社会進出してきたから一般のアメリカ人には日系人との見分けがつけにくいのよ。だから報復される危険はつきまとうわ」「武家の娘のように懐剣(短剣を帯に差す)させないといけないな」「それも警察に呑ませたみたい」流石にアメリカ空軍中佐の政治力は弁護士でもある2等陸佐の比ではない。
「それにしても今の韓国は酷いな。日本のマスコミは『隣国だから運命共同体だ』としか言わないが実態は対岸の敵だろう」ロシアと中国は大震災後に偵察機や軍用艦艇、潜水艦を接近させて自衛隊の防衛能力の変化を公然と確認しているが、韓国軍には防空識別上のシンボルは「F=フレンドリー=友軍」に準ずる「K=コリア=韓国」を付与しているため問題視していないだけで実際は偵察行動を続けているのではないか。
「最近は幹部候補生学校の防大と一般の候補生を韓国研修に行かせて韓国陸軍の士官候補生と交流を持たせているみたいだけど本当に信頼関係が構築できているのかは不明ね」それを言えば佳織が陸上自衛隊の指揮幕僚課程に入校している時にも陸上幕僚監部から入校していた同期が韓国陸軍からの留学生に部内秘の情報を漏洩して課程免になっている。日本人は「友好」と言えば全面的に信用する大甘な軽率さがあるが、外国では親しい友人こそ裏切れば身近から危害を加えて来る脅威になるので交際には細心の注意を払う。
「志織に居合道を勧めてくれた貴方の見識には感謝するわ。他の武道では短期間でナイフを持った相手を倒せる技量は身につかなかったよ」オチは私への賛辞になって酒も美味くなった。
スポンサーサイト



  1. 2019/06/27(木) 11:56:35|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月28日・福井地震が発生した。 | ホーム | 哀し過ぎる野良爺さん一家の消滅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5466-351b7035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)