FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1600

6月6日の顕忠日までのテレビ番組は岡倉が生まれ育ち、大学生になった昭和の時代の「終戦の日」特集のようだ。居間では義父も一緒にテレビを見ているが、岡倉の不快感が少しでも軽くなるようにテレビのリモコンを手渡し、チャンネル権を譲ってくれた。
「終戦の日」特集では国営放送と民間放送でも題材や内容は大きく違ったが、民間放送は完全に左右に分かれていた。保守系のテレビ局は東宝争議で極左映画人と袂を分かった制作者と俳優が創設した新東宝の比較的軍人を肯定的に描いた戦争映画の特集を組み、左傾は特別攻撃隊の悲劇や戦死者の遺族の悲嘆を描いた長編ドラマが多かったように思う。ところが韓国では反戦平和ではなく抗日活動家の賛美と明治以降の日本を断罪する番組一色で急速に言葉を覚え始めている聖也(セオンヤ)に見せるのは避けるしかない。
「何だ、これは」岡倉はチャンネルと送っていて法衣姿の坊主が目に入ったので変更を止めた。するとそれは義母が言っていた佛教界の抗日活動家だった。
「本日は日本に奪われた本尊の銅造観世音菩薩立像と寺宝の大蔵経の返還を求めている浮石寺(プソクサ)の円牛住職にお話をうかがいます」司会のアナウンサーに紹介されて坊主は合掌して頭を下げたが、表面上は温和な雰囲気を演じる日本の僧侶とは違い、話す前から眉間には血管を浮き上がらせている。ここで場面には2人の背後に韓国全土の地図が合成された。
「浮石寺は忠清南道瑞山市にある曹渓宗の古刹です」司会者が説明すると地図は北朝鮮との国境に近い黄海側の忠清南道を拡大し、内陸に寺の位置を表示した。
「浮石寺は元々は華厳宗の寺だったようですが現在は曹渓宗なんですね」「はい、曹渓宗では禅は佛教の基盤となる行であり華厳や天台の教義も包括すると考えていますから発展的な合流です」「だから我が国の佛教界では最大勢力を確保しているんですね」司会者が納得すると坊主は誇らしげな顔でうなずいた。この表情も宗教家と言うよりも組織経営者のようだ。ここで場面は立ち姿の古びた観世音菩薩像に変わった。これが問題の銅造観世音母獺立像らしい。
「本尊を奪われたのは何時頃ですか」「日本は倭寇の時代から韓半島(=朝鮮半島)を荒らし回って幾多の民族の至宝を奪い去ってきたんだ」司会者の質問に坊主は唾を飛ばしながら一方的に非難した。禅宗の僧侶の問答や喝でもこのように攻撃的ではない。おまけに「倭寇による略奪」と説明しても山間部にある浮石寺から海賊が奪い去るのは無理がある。それでも韓国が史実して認めていない神功皇后による三韓征討までさかのぼらないのは流石だ。
「日本人はそんな悪事を恥じることもなく自分の寺の本尊として占有している。おまけに他国からの略奪品を長崎県の文化財に指定して出処を隠蔽しようとしている。我々は本尊を返還するように長崎県対馬の寺に申し入れているが全く聞く耳を持たない。本尊を祖国に帰らせようと言う気持ちすら持ち合わせていないんだ。それが真摯な信仰と言えるか」ここまで口汚く誹謗されていることを韓国のテレビ放送が受信できる対馬の寺の住職は知っているのだろうか。とは言え大半の日本人は韓国語を習っていない。
「そもそも対馬自体が日本にとっては海の果ての離島でも我が国にとっては不法占有されている対岸だから寺も返還させても良いのかも知れないな」坊主の話が暴走し始めたが、司会者は真顔でうなずいている。つまり抑制するつもりはないようだ。
「倭寇に続く壬辰倭乱(豊臣秀吉の朝鮮出兵)でも文化財だけでなく多くの陶工たちが連行されて、彼らの手による陶芸を日本の伝統文化にしています。これまで我々は日韓合邦(日韓併合)による伝統文化の破壊ばかりを問題にしてきましたが、日本による民族の至宝の略奪が遠い昔から繰り返されてきたことをもう一度検証し直す必要がありそうです」ここで司会者が番組の区切りとして坊主の一方的な主張に同調するような総括をした。
「コイツらは一体何を言っているんだ。我が国では儒教に傾倒した太宗と世宗の廃佛毀釋で山奥の寺院以外は破壊され、金属製の佛像は改鋳されて貨幣や生活用具になったんだ。この佛像が金属製なら日本に逃れたから立派に残ったんだろう」岡倉よりも先に義父が怒り始めた。李承晩政権が済州島で北朝鮮に同調する住民を大量虐殺した惨劇から逃れ、ソウル市内のカソリック教会のアメリカ人神父に預けられて育った義父は英語の教師であっても民族の歴史を研究しており、他の韓国人のように味噌も糞も区別なく全てを誇示し、誇示できない負の部分は日本を原因にするようなことはしない。
「それにしても対馬が韓国領と言うのは私が思っていた以上に常識なんですね」「それこそ元寇に同調して対馬と壱岐島を侵略した悪事なんだが、我が国の人間こそ恥じることを知らないんだ」義父は苦々しい顔で視聴者として番組を総括した。その間も番組では日本に存在する韓国渡来の文化財を紹介しており、その中には法隆寺の国宝・百済観音像も含まれていた。
スポンサーサイト



  1. 2019/07/03(水) 14:02:51|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1601 | ホーム | 7月2日・「ロリータ」の作者・ウラジミール・ナボコフの命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5479-c30ec423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)