FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

ジャニー喜多川さんの逝去を追悼する。

今や初期の所属タレントが熟年の域に達して単なる男性アイドルの発掘、育成、管理、企画のトップ・メーカーではなくなっているジャニーズ事務所の創業者で社長のジャニー喜多川さんが7月9日に亡くなったそうです。87歳でした。
野僧は基本的に歌謡番組は見ないため喜多川さんのことも「(今では時代劇俳優のあおい輝彦さんが所属していた)ジャニーズのリーダーが芸能事務所を立ち上げた」と思っていましたから訃報を伝えるニュースに続く報道バラエティー番組が揃って特番化していた業績や影響については全く理解できませんでした。
あおいさんが所属していたジャニーズはアメリカ西海岸で暮らしていた日系2世の喜多川さんが昭和28(1953)年に在日アメリカ大使館の通訳として来日した際に住んでいた代々木で近所の子供たちベース・ボールを教えていたチーム名でした。ある日、雨で練習ができなくなって映画館で「ウェスト・サイド物語」を鑑賞すると子供たちが非常に感動したため教えるのがベース・ボールからダンスやコーラスに変わりました。喜多川さんは戦後間もない頃、日本からアメリカに出稼ぎに来る芸能人の公演に通い詰めて日本的歌謡曲の要素を体得しており、4人の子供たちは当時としては珍しい唄って踊れる美少年グループとしてたちまち脚光を浴び、昭和39(1964)年末にレコード・デビューすると翌年の紅白歌合戦に出場したのです。このジャニーズが昭和37(1962)年にバック・ダンサーとしてデビューして間もなく結成されたのがジャニーズ事務所でした。
ジャニーズ事務所タレントについてはミーハー路線まっしぐらだった妹の男性アイドル遍歴で知るほかないのですが最初が保育園時代の「フォーリーブス」、何故か郷ひろみさんを跳ばして次はジャニーズにしては珍しく非実力派の「たのきんトリオ」でした。続く「しぶガキ隊」「少年隊」でようやく現在も継承されている唄って踊れる実力派アイドル・グループ路線が確立され、さらに「光GENJI」「男闘呼組」「SNAP」「TOKIO」「V6」「Kink Kids」「嵐」「タッキー&翼」「KAT-TUN」とジャニーズ事務所の売り上げに全面協力していたのは間違いありません。
そうは言ってもジャ―ニーズは各グループがバラ売りで役者になっているため、野僧も映画やドラマの名演技に感激しているとジャ―ニーズ出身と判り、グループ名を教えられることの繰り返しになりました。本木雅弘さん(しぶガキ隊)に始まって東山紀之さん(少年隊)、草彅剛さん(SMAP)、岡田准一さん(V6)など幾らでも出てきます。
つまり能力が高い個人をまとめ売りして知名度を上げ、その後にバラ売りで個性を発揮させる経営戦略だったようです。それにしてもこれだけの才能の持ち主を発掘・育成する組織力と教育力、スキャンダルをほとんど聞かない躾指導と生活管理は本当に凄いです。
ところでテレビの報道バラエティー番組では「ジャニーさんは第2次世界大戦と朝鮮戦争に従軍しているため若者がアイドルに熱狂できる平和を守ることを願っていた」と繰り返し強弁していましたが男性タレントでは目的から外れています。そもそも反戦平和が軍事力の完全否定を意味するのは憲法9条教徒の日本人の非常識です。冥福を祈ります。
スポンサーサイト



  1. 2019/07/13(土) 12:46:52|
  2. 追悼・告別・永訣文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1611 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1610>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5500-67ed3b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)