FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1620

私の職場に中華民国陸軍第6軍団指揮部法務官の王茂雄(ワン・マオシィォン)中校(=中佐)から返事が届いた。王中校から突然で初めての書簡が届いたのは「玉城美恵子の判決が下りた」と言う連絡だった。あの時は「玉城美恵子と言う人物とは一切関係を持っていない」と返事をしたのだが、今回はその無関係なはずの人物の釈放と国外退去=強制帰国を問い合わせる羽目になってしまった。どこまで行っても迷惑をかける女だ。
「これは英語で住所を書いていますが、切手に中華民国とありますから台湾ですか」女性事務官は命令と一緒に受け取ってきた書簡類の中に私宛ての私信を見つけて確認してきた。職場に届いた外国からの書簡は私信でも差出人を記録することになっているのだ。
「王中校からだね。ローマ字なら読めるでしょう」「SとHとYはシィって発音すれば良いんでしょうか。だったらワン・マオシィヨンさんです」事務官は誕生日付の自衛官とは異なり、年度一杯の3月31日付で一律に定年退職するが、今年度は大震災の影響で希望者のみ半年延期になっている。曹長と1曹は交代で仙台駐屯地の統合任務部隊司令部に出ているが、これだけ頭の回転が円滑なら大丈夫だろう。その1曹は体力練成で外周走路を走っている。
「そうなると中身も英文だね。しばらく翻訳にかかるからよろしく」封書を受取ってハサミで開けると今回もタイプで打った英文だった。少し長いようなのでパソコンのインターネットの翻訳サイトで済ませることにした。ただし、インターネットの翻訳サイトは原文の言語の言い回しを無理に解釈する誤訳が多いので頭の中でも読解する必要がある。
「お問い合わせの玉城美恵子については暫緩緩刑(=執行猶予)満了の当日に台北地方裁判所で確認公判を受け、刑罰中の生活態度に問題がなければ釈放となりますが、同時に国際退去処分を受け、そのまま台北発で那覇行きの国際フェリーで出国する予定です。フェリーになったのは本人に航空券を購入するだけの資金がなかったからです」英語の表現は単刀直入なので議論や演説には向くが、説明を日本語に直訳すると身も蓋もないことになる。要するに美恵子は航空券が買えないから船旅になって淳之介が迷惑をこうむることになったようだ。
ここで私には2つの選択肢ができた。1つは当初の予定通り淳之介に代わって石垣港で美恵子を出迎え、入国管理局の事情聴取に立ち合って次のフェリーに乗せること。もう1つは航空券代を送って台湾から那覇空港に直行させて関わりを持たないかだ。
現在の私は引き続き担当しているイージス護衛艦と漁船の衝突事故の控訴審は新たな展開もないまま海難審判と1審の事実認定の齟齬だけが論点になっている。大震災の災害派遣は8月一杯を目途に撤収が予定されており、法律上の問題は発生しそうもない。福島原発の冷却作業に従事した隊員の健康被害も現時点では報告されていない。つまり私には比較的余裕があるのだが、その貴重な時間を美恵子に使うのには抵抗がある。その一方で弁護人として入国管理局の事情聴取に立ち合い、日本での過失致死罪での立件を表明して本人を精神的に追い詰める加虐趣味な楽しみ方もある。石垣港から乗せるフェリーから身投げしてくれれば禍根が断てる上、少しは腹も癒えると言うものだ。
「モリヤ2佐、何だか凄く悪い顔をしてますよ。いつもは有り難い坊主さんの頭が反社会的勢力の人みたいに怖ろしく見えました」2つの選択肢を思案していると書類を整理し終えた女性事務官が声をかえてきた。視線を向けると少し怯えたような顔になっている。
「凄く悪いこと」を考えていたのは確かだ。下手すれば舌舐めずりした涎(よだれ)が垂れていたかも知れない。淳之介とあかりの間に恵祥が生まれ、眼前に明るい未来が開けたように感じているところに私自身も決して許すことができない過去の悪夢を甦らせるような帰国だ。こうなれば猫が捕まえたネズミを殺す前に玩具にするように玉城美恵子と言う女を徹底的に苛め抜いてやらなければこの悪縁に区切りをつけることはできそうもない。モリヤ家と同じく距離を置くことで封印してきた私の中の憤怒と憎悪が一気に燃え上がったような気がする。
「貴女はそう言うけどワシは3人の若者をこの手で殺した阿修羅だよ。下手なヤクザ屋さん・・・元へ、反社会的勢力の人間よりも血に塗(まみ)れているんだ。貴女はたまたま素顔を覗いてしまっただけだよ」私の返事に女性事務官は何故か哀しげな顔になった。
「私もモリヤ2佐の事件は知っています。だけどご一緒に仕事をさせていただいてあれは自衛官と言う職業が負う責任の遂行だったと納得しています。そんな風に自分を傷つけるような言い方はしないで下さい」これでは早く1曹が帰ってこないと危ないことになりそうだ。
「法然上人は幼い頃、屋敷を襲撃した敵を弓で殺したんだ。その罪から救われる教えを探し求めて念佛に至った。その点が女好きを重罪だと悩んだお公家さんの息子の親鸞とは次元が違うんだよ」とりあえず場違いな法話で怪しい空気を拭き消した。「カーン」=不倫の鐘ではない。
スポンサーサイト



  1. 2019/07/23(火) 12:20:25|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1621 | ホーム | 7月23日・サンダース軍曹を演じたヴィック・モローが殉職した。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5519-ed81a248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)