FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

9月7日・長沼ナイキ訴訟一審で「自衛隊違憲」の判決が出た。

昭和48(1973)年の明日9月7日に札幌地方裁判所の福島重雄裁判長が昭和44(1969)年に防衛施設庁(当時)がナイキJ地対空ミサイルの長沼分屯基地を建設する用地確保のために農林省(当時)に国有保安林の指定解除を申請、認可したことを政治団体の支援を受けた一部の地域住民が認可取り消しを求めて起こした行政訴訟で「自衛隊違憲」の判決を下しました。
当時はベトナム戦争の激化により、70年安保闘争の反戦気分が日本中に蔓延しており、自衛隊を巡る訴訟が相次いでいましたが裁判所が違憲判決を下したのは極めて異例で、マスコミは拍手喝采・万歳三唱、前年の日中国交回復で国民の支持を獲得していた田中政権にイキナリ煮え湯を飲ませ、冷水を浴びせることになりました。
この裁判は建設予定地を北海道夕張郡長沼町に決定した防衛施設庁が夕張川の洪水防止の目的で農林省が指定している国有保安林の指定解除を上流にダムを建設することで危険を回避し、森林法第26条が定める「公益性の理由」に基づいて申請・認可したことを「憲法違反の自衛隊の存在・活動に公益性はない」として起こしたものです。
この判決で福島裁判長は「自衛隊は憲法第9条が禁ずる陸海空軍に該当し違憲である」と断定した上で、「世界の各国はいずれも自国の防衛のために軍備を保有するのであって、単に自国の防衛のために必要であると言う理由では、それが軍隊ないし戦力であることを否定する根拠とはならない」と自衛隊創設時から歴代政権が主張してきた「自衛力は憲法が禁じる戦力ではない」との解釈論を一刀両断したのです。さらに「保安林解除の目的が憲法に違反する場合、森林法第26条に言う『公益上の理由』にはあたらない」として「保安林の解除処分は取り消しを免れない」と原告の訴えを全面的に認めました。おまけに「保安林の指定解除処分とナイキJの発射基地の設置により、有事の際には相手国の第1目標になるため、憲法の前文に言う『平和のうちに生存する権利』を侵害されるおそれがある」とこの裁判によって原告が享受する利益にまで言及しました。
当然、政府の怒りを受けた法務省、最高裁判所以下の上層部は福島裁判長を指弾しましたが、すると札幌地方裁判所長が「原告の申し立てを却下するように」と記したメモを渡していたことが暴露され、同時に全国各地で福島裁判長を賞賛・擁護する集会が開催されて本来は中立公正でなければならない裁判長が完全に反戦平和の名を借りた反米親ソ親中勢力が担ぐ神輿になっていったのです。
その後、2審の札幌高等裁判所は憲法判断を避けて「ダムの建設によって原告が要求する利益は確保できる」とする逆転判決を下し、最高裁判所も「高度で明確な違憲状態以外の統治行為の審判は司法の範囲外」として2審を支持する判決を下しました。
ちなみに福島裁判長は昭和20(1045)年に海軍兵学校に入営したものの敗戦後に京都大学法学部に進学し直して卒業後6年目に司法試験に合格した人物で、この判決後は東京地方裁判所の手形係、福島家庭裁判所、福井家庭裁判所に左遷され続けて1989年に依願退職して以降は故郷の富山県で弁護士を開業しているようです。今年89歳ですが。
スポンサーサイト



  1. 2019/09/06(金) 11:48:34|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1666 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1665>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5612-8e4cd2f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)