FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

9月16日・最強記録保持「嵐」である第2室戸台風が上陸した。

野僧が生まれて2ヵ月半後の昭和36(1961)年の明日9月16日午前9時頃に第2室戸台風=昭和36年台風18号が名前の通りに高知県の室戸岬付近に上陸しました。
室戸台風と言えば昭和9(1934)年にほぼ同じコースを通過して大阪を中心とする関西圏に甚大な被害をもたらした台風が有名ですが、こちらも昭和26(1951)年に占領軍が測定の数値を国際規格に統一して以降では最大瞬間風速の84.5メートルと上陸時の最低気圧の925ヘクトパスカル(当時はミリバール)の最強記録を保持しています(初代・室戸台風の上陸時の最低気圧は911.6ヘクトパスカル)。ただし、最大瞬間風速では昭和41(1966)年の第2宮古島台風の85.3メートルの方が強いのですが、沖縄が本土に復帰する前なので測定したのは日本の気象庁ではなく国内の記録としては参考扱いです(初代は当時の器材は瞬間風速が記録できず、最大風速も限界値が60メートルだったためこの数値になっています)。
そして何よりこの台風は世界の海洋気象を測定・評価しているアメリカ海軍が風速65メートル以上のスーパー・タイフーンとした期間が6.00日間と現在も最長記録です。
ちなみに明治以降、最大の台風と言われている伊勢湾台風は上陸時の最低気圧は920ヘクトパスカル、最大風速は60メートルでしたが、名古屋への最接近が満潮と重なったなどの悪条件と社会党系の名古屋市長が自衛隊の事前出動を拒否した政治的失策によって河川の氾濫と高潮による甚大な被害が発生して死者4687名、行方不明者401名の台風による被害としては最高数を記録しています。
第2室戸台風は死者2702名、行方不明者334名の犠牲者を出した前回の室戸台風と同じコースを辿りましたが、今回は台風の速度が最終的に93キロに達するほど高速だった上、第2次世界大戦の空襲で木造家屋の大半が焼失し、戦後に都市が復興されていく中で新築された建物は比較的堅牢であり、最大の被害を出した伊勢湾台風から2年しか経過していなかったため自治体や個人の対応も迅速で的確だったこともあって死者194名、行方不明者8名に留まりました。
それでも上陸後も勢力が衰える暇もなく高速度で通過したため低気圧による海面膨張で4.12メートル(初代・室戸台風では4.50メートル)の高潮が発生し、工業化による地盤沈下の影響もあって大阪市全域の4分の1が水没しました。それでも高潮と洪水による死者はありませんでした。
さらに激烈な瞬間風速の威力は凄まじく、大阪以外でも京都の木津川沿いの送電線の鉄塔が10数基なぎ倒され、日本海に出てからも鳥取・京都から北海道に至る各地の沿岸に暴風雨と高潮の被害を与えながら北上したのです。
第2室戸台風の風速が弱まり、昭和28(1953)年からの基準である風速17.2メートルを切って熱帯性低気圧になったのは樺太を通過してオホーツク海に入ってからでした。それまで台風の目が確認できたと言われていますから過去の超大型台風に比べて被害者数が一桁低かったことが奇跡です。
スポンサーサイト



  1. 2019/09/15(日) 11:40:04|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1675(かなり実話です) | ホーム | 振り向けばイエスタディ1674(かなり実話です)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5630-2d2e02ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)